me
農園便り
事業を支えるため、本の種まきだけでなく、畑の種まきもして、自給自足の生活を支えています。
500坪の土地で育てている野菜や花、ハーブのレポートです。
2011年 2012年1月~6月 2012年7月~12月

7月14日(土)梅雨明け前の花

 小雨の中で、この時期にしか咲かない花たち。
nハンゲショウ
nヤブカンゾウ
nメドウセージ、タイマツソウ

7月10日(火)里子に出す

夕方、四匹の子猫たちのうち、
てんてん(生まれてすぐ頭頂にうっすらとグレーの斑点があった)ちゃんが、
里子一号として引き取られていった。
n n
一緒に過ごした二か月足らずの日々。
こんな光景も、もう二度と見られない。
夜になって、母猫がキョロキョロ探すそぶりをしながら、大声でちょっとだけ鳴いた。
なんか切ない響きが胸に迫る。
(大丈夫よ。いいところにもらわれていったんだから!)
残った子猫たちは、いつの間にか書架の3段目まで上っていたり、
立ててある本の後ろに潜り込んでしまったりと、
変わらず元気いっぱいで、こちらは目が離せない。
あとの子たちの里親が見つかるまで、
当分仕事に集中できない日々が続きそうだ。

7月7日(土)小暑

ニイニイゼミが鳴き出した。
雨の合間を縫って、伸びた樹木の剪定に精を出す。
n

7月7日(土) 心配したほどのこともなく

 ワクチン接種後の子猫たちは、
一晩経ったら、食欲も戻り、元気に走り回るようになった。
とりあえずホッ。
あとは、本格的な里親探しです。

7月6日(土)ワクチン接種

子猫たちの里親探しには、ワクチン接種が必須条件なので、
4匹まとめて動物病院へ。
事前説明で、副作用が出ることもあるので、
午前中なるべく早く来て接種し、模様を見て下さいと言われていた。
体重測定、検温、聴診で異常がなく、次々に注射。
チビがちょっと鳴いて動いたが、他は何の抵抗もなく終了した。
場合によっては重篤な症状が出ることもあるという医者の説明があった。
夕方お客が見えた頃は、ちょっとぼーっとした感じで、一様にうずくまっていた。
早めの夕食で、食べない子がいたら要観察と言われていたので、
全く食べずうつらうつらしていたいちばんチビが気になってならなかった。
他の三匹も、いつもの食欲はない。
さすがに母猫は、子猫たちの異変に気付いているらしく、餌を全く食べようとしない。
こっちも気がかりだ。
n n

7月3日(火)手術

母親猫の手術の日。
怨みの目で見られるのは辛いから、
親猫の入った捕獲器をシーツで覆い、朝一番に動物病院に。
日帰りになるか、一泊になるかは、手術後連絡しますとのことで、
待っていたら、5時半に引き取りに来てくださいという連絡が入った。
体に吸収される糸を使用しているので、抜糸の必要もなく、
そのまま野外に放っても構わないということでびっくり。
ただ、いくらそう言われても、雨が降っている中、外に放すわけにはいかない。
半日ぶりで親子の対面となった。
医者は、痛みが残っているだろうから、
おっぱいはあげたがらないと思うと言っていたが、
普段と変わりなく子猫たちに接していた。
ただ全体的に、目立つくらいほっそりしたように見えた。
泣きわめいたのだろうか・・・声も涸れている。
勝手な人間の都合で、つらい目にさせてしまった。
なんか詫びたい気持ちでいっぱい。
ただ、逃げたり、恨みがましい目をしたりしていないので、
ちょっと救われた気分ではある。。
n

7月2日(月)手術に向けて

カラスに襲われている猫の親子を助けた時、
母猫は肩が深くえぐられて傷口が開いていた。
動物病院に連れて行きたかったが、どうしても捕まえることができず、
やむなく抗生剤を出してもらい治療した。

子猫たちは、長毛白色の仔猫だから、何とか里親が見つかると思う。
しかし、気ままな暮らしをしてきた親猫は、
子猫たちがいなくなったら、また野良に帰っていくだろう。
こんな騒動に巻き込まれたおかげで、
今まで関心がなかった野良猫のこともいろいろ調べるはめになった。
ねずみ算ならぬ猫算というのがあるらしい。
一匹の雌猫は一年間に、5,6匹ぐらいずつ2,3回出産する。
その子どもたちは、半年過ぎると出産可能になるから、
猫算によると、1匹の雌猫を野放しにすると、一年で50匹にも増えるそうだ。

あいにくと我が家の周りは危険だらけ。
カラスの集団、トンビやハヤブサも普通に見かける。
そして最近何よりも恐ろしいのが、のねずみ退治の毒餌だ。
近所の農家で盛んに使っているらしく、カラスが運んできて、
よく家の敷地内にも落としていっている。
我が家の周りで見かける野良猫は、一昨年ぐらいまでは13個体はいたのに、
最近めっきり見なくなったのは、毒餌のせいに違いない。
屋敷の内で、野鳥の餌になっても、毒死してもあまり気分は良くない。
とにかく猫が増えないようにするために、
野良猫に餌を与えたら責任をとって避妊手術は必須だと覚悟を決めた。

動物病院から指定のあった手術日は、7月3日の午前中。
それまでに絶食した親を捕獲して病院に連れて行かねばならない。
どうしても捕まえられないと相談したら、
板を足で踏むとガチャンと扉の下りる捕獲器を貸してくれた。一週間前だ。
「うまくかかるでしょうか?」と恐る恐る聞いたら、
「皆さんけっこううまくかかってくれますよ」」って、事も無げな返事。
一週間くらい、いつも餌を食べる場所に捕獲器を何げなく置いておいて、
罠を危険物ではないと認識させることが、捕まえるコツだと伺う。

夕方、捕獲作戦開始。
お腹のすいている母猫を外に出し、
その間にキャリーバッグに子猫4匹を詰め、母屋に連れていく。
罠に餌を仕掛け、外に出ていた母猫を事務所に呼び入れ、
二時間して見に行くと、あっけなく罠の中にいた。
あの用心深くすばしっこい母猫が!
その後、子猫たちを事務所に戻し、そのまま朝を迎える。

7月1日(月) 梅の季節

猫騒動に巻き込まれている最中、実家から10キロ近い青梅が届いた。
いちばん簡単にできるので、まずは梅酒を4本分。
あとは、大実と小梅の赤紫蘇入りカリカリ梅。醤油味のカリカリ梅。
青梅のはちみつ漬け、青梅の砂糖漬け。
残ったもの全部で梅干し・・・ああしんど!
n

6月29日(金) 空梅雨気味

東京は、早々に梅雨明けらしい。
ドクダミは今が満開。
n
空梅雨気味で、ラズベリーは無事に収穫最盛期を迎えたが、
ジャム作りしている暇も無し。
n

6月25日(水)子猫の近況

子猫たちの目薬が切れたので、動物病院に連れていく。
体重は750グラム前後になっていた。
色々診てもらったが、特に問題もなく、
800グラムになったら一回目のワクチン接種に連れてくるように言われた。
4匹とも冒険好きで、とにかく元気。
なかなかカメラに納まってくれない。
n
新刊展示のお客様相手に、積極的に里親探しをしているのですが・・・
不思議なくらい、皆さんネコを飼っているのですよ、もう9割方!
本好き=猫好き
そういう法則ってあるのかしら?

6月23日(土)バショウ開花

今年の冬はことのほか寒く、バショウの生存が心配だった。
ここにきて、葉の繁り具合はよくないにもかかわらず、二本の開花が見られた。
バショウも、何の役に立つというわけではないけれど、花が見られると毎年ホッとする。
n

6月22日(金) ジャム作りの季節

ハスカップとブラックカーラントは三度目の収穫。
n
ラズベリー初収穫。
n
今年は空梅雨気味で、ジャム用果樹が豊作だ。

6月21日(木) 成長著しい

 朝見に行ったら、こんなところで寝ていたり、
n
昼間はテラリウムに入ろうとしたり、
n
夜には椅子に上っていたりして、行動範囲が広がっていく。
n
もはや事務所は運動場になって、
n
ご飯茶碗も一つでは間に合わなくなった。
n

6月19日(火)里子に出す準備

 人慣れするように、訓練中。
n

6月16日(土) 野良猫騒動

ここ数年、家の周りで時々見かけていた野良猫のうちの真っ白なのが、
5月に入ったくらいから、大きなお腹で屋敷に頻繁に見かけるようになって、
終には勝手口で毎日待機。
その後、一週間くらいぱったりと見かけなくなったので、
どっかで出産したのだろうと思っていたら、また現れだして、
外に出ると追いかけてくるようになった。
真正面から見据えて、訴えるように鳴きたてる。
見れば、肩のあたりに深手を負って、肉がえぐれている様子。
その後で、1匹の子ネコを銜えて、隣のハウスの方から屋敷に入ってくるのを見かけた。
と思ったら、いつのまにか土蔵の軒下にいて、子ネコは4匹にもなっていた。
キッチンの窓から丸見え状態。
n
フキの葉陰で二日ほど野宿した夕方のこと。
屋根の上で、カラスが薄気味悪い声でがなり立てだした。
それを合図に、カラスが次々10羽もやってきて、
猫たちを見降ろしながら、屋根の上でビンビンはね始めた。
「カラスたちが猫を狙っている!」
と思った瞬間、とっさに行動していた。
まず、親を肉で誘って事務所に閉じ込めた後、軍手をして段ボールに子ネコたちを確保。
意外と簡単に事は運んだ。
n
保護してしまったからには、責任をとらなくてはいけない。
子猫は里親を探し、親は避妊手術して解放してあげようと決めたものの、
猫を飼った経験がないので、経験者の娘からいろいろお知恵を拝借することに。
幸い、親は落ち着いて子ネコのそばにいてくれるので助かった。
子猫4匹のうち3匹は、瞼が目やにでふさがったままなのが気がかりだった。
濡れガーゼで吹いてあげても、朝には閉じたままになっているので、
とりあえず検査も兼ねて動物病院に連れていくことにした。
ついでに親も診てもらおうとしたが、捕獲に失敗し、
トイレの天井に隠れられてしまった。
仕方なく子猫のみ受診になる。
牙の状態から生後一カ月半くらい、オスメス、ブルーアイ2匹ずつということが判明した。
ちなみに、皮膚病、寄生虫、ノミダニはなし。
眼は、目薬を差せば治るとのことで、とりあえず心配するようなこともなく帰宅。
帰ると、親は少し警戒の気配を見せていたが、すぐに子ネコの世話をし始めた。
n
子猫たちの目は、3回ほど目薬を差したら、パッチリと開いた。
保護して今日で10日。
子猫たちは、活発に動き回り、よく食べよく眠り、
トイレもすっかり覚え、何の問題もない。
n
ところが、つきっきりで面倒を見ていた親猫は、ここにきて、
戸口でしきりに子猫を外に誘いだそうと鳴きたてる。
野外訓練を始めたいらしい。
子猫の牙が生えてきたせいか、おっぱいも飲ませたがらなくなってきた。
なるべく早く里親探しをしなければと、あちこち宣伝活動を開始したところ、
二匹は身内から引き取ってもらえることになった。
あと2匹は里親募集中です。
n
ふわっふわの白毛で、元気な子猫たちです。
どうぞよろしく。

6月15日(金) むりやりの同居

岡崎おうはん4羽の成長がとんでもなく早く、小屋が狭くなってしまった。
仕方がないので、名古屋コーチンの鶏小屋に同居させることに。
多勢に無勢で、数で負けるコーチンは、止まり木から降りられず。
n
「不審者闖入!!」
とがなり立てっぱなしとなる。
さぁて・・・いい関係が築けるかしら?

6月10日(日) 初収穫

 初めての収穫で、最後の収穫。 古い種はこんなもんでしょう。
n

6月9日(土) 花の季節

 アシードのシンボルツリーのニシキウツギが満開です。
n

6月8日(金) カラスにやられる前に

  さっさと収穫します。
去年からほったらかしの割には、けっこう実っています。
n
肝心の味は、酸っぱくて、香りもあまりしません。
やっぱり手はかけないと。

6月6日(水) キュウリ初なり

 初なりは果したら、カラスに齧られないうちに、すぐ取らないといけません。
n

6月5日(火) 何としてくれよう

せっかく袋かけしたばかりのリンゴが、カラスから袋ごとつつかれて落とされた。
しかも、実まで齧っている。
n
腹が立つったらありゃしない。
どうしてくれよう・・・いろいろ思案するが、仕返しが怖しくて今一つ行動に出れない。
トマト、キュウリ、ズッキーニ、トウモロコシ・・・去年もいろいろやられた。
ああ、憂鬱。

6月2日(日)真夏日

事務所の温度が31度になったのでクーラーを試運転する。
うかつだった。
水漏れするのをすっかり忘れていた。
購入して7年だから、買い替えは仕方ないかな。

手水鉢に野鳥が来て盛んに水を飲んでいる。
便乗して、野良猫も。
木の葉と汚れた水を浚い、きれいな水を張ったら、見た目にも涼しくなった。
n
白猫は、10日ほど見かけなかったから、どこかで出産したのだろう。
でも、このところは、7時に定刻出勤して、家の周りで見かけることが多くなった。
もう授乳の必要はなくなったらしい。
子どもは、カラスかトンビかハヤブサにさらわれたか。
もしくは、誰かに見つかって、川に流されたか・・・
と思っていたら、今朝、手のひらに載るくらいの白ネコを銜えて、
畑を突っ切り、藪の中に消えて行った。
声をかけても、まったく振り向きもしない。
n
そのくせ日中は、ストーカーのように、外を移動する私の周りに出没している。
朝の光景はまぼろし!か?
手を出せば、尻尾を揺らして寄ってくるが、決して触らせない。
誇り高い天晴れな野良だ。
野良猫といえば、病気や事故などで、平均寿命は3年位だそう。
日々生きているのが奇跡かもなぁと思ったら、改めて神々しく見える。

6月2日(土) リンゴの袋かけ

去年の農作業は、とかく雨にたたられた。
リンゴの袋かけが思うようにできず、病気と虫食いで、散々だった。
今年は、結果数は少ないものの、しっかりした実がなっている。
晴れているうちに、秋映えと国光併せて30個分の袋かけ完了。
n

6月1日(金)余った種

多本種少量栽培だから、野菜の種は、とかく余りがち。
本業が忙しいので、今年は畑から撤退しようと思っていたが、
去年の使いかけの種を見つけたら、やっぱりもったいない気がして、蒔いてしまった。
でもって、芽が出てくると、やっぱりワクワクしてしまう。
n
ただ、畑は雑草だらけ・・・
「これからどうすんのよ?発芽させるだけじゃすまないでしょ!」
という心の声が。
うーん、悩ましい。

5月27日(日) ベリー類

ストロベリーは収穫に向けて、毎日カラスの夫婦が下見に来ている。
n 
ラズベリーは着果したばかり。
n
ブラックベリーは花盛り。
n

5月24日(木)梅雨間近の花たち

イワチドリとカザグルマ
n n

ミヤコワスレとアヤメ
n n

5月23日(水)やれやれ

今年は、百姓は止めようと思ったのに、
余っている種を見たら、やっぱり蒔いちゃった。
n

5月20日(日) ピンクパンサー

もう何時のことだったか忘れるくらい昔、
山形市の植木市で買った一株の『ピンクパンサー』。
はかなげな風情にもかかわらず、とても逞しい。
所かまわず増えていって、今年も集団で5月の風にそよいでいる。
n

5月20日(土)今年も出遅れ

今年の日々暮らしの優先順位が、
仕事>書道教室>畑
となっている。
おかげで野菜の植え付けは、今のところ去年の5分の1の状況。
n
見渡す限りの雑草をやっつけて、例年のレベルまで持って行くのは、いよいよ無理かも。

5月18日(金)集中豪雨

秋田を中心に記録的豪雨に見舞われた。 庭園の枯山水の池は、かつてないほど満々と水をたたえ、 母屋からアシードに行く道も、川のようになった。
n n

5月13日(日)季節は進む

今年の冬はとりわけ寒さが厳しくて、春が待たれたが、
来たら来たで、ものすごいスピードで季節が進んでいっている。
どの花も美しいが、華やかなのはクリンソウとサクラソウ。
n n
開花の季節に晴天が続いて、果樹のリンゴとブラックカーラントは順調に着果ようだ。
n n
芭蕉だけは復活できず、株を半分に減らして、見るからに痛々しい。
n

5月10日(木)お引越し

家に来て三週間たった岡崎おうはん。
お腹が破裂しないかとハラハラするくらい、ただただよく食べる。
n
気温も上がったことだし、程よく大きくなったので、外の鶏小屋に移す。
順調にいけば、卵を産み始めるのは秋ごろになる。

4月22日(日) 屋敷猫

 どこからみても『ラガマフィン』に見える。
ペットショップにだってこんな立派な猫はいないほど。
これが野良だなんて、信じられない。
最近、朝は勝手口の窓の下で、日中は事務所の裏口で、必ず見かけるようになった。
人を見ても寄ってはこないけれど、逃げる気配もない。
屋敷猫志望だろうか・・・
見かける度に、柴犬クロから吠えまくられているが、
繋がれているとわかっているので、全く動じない。
まだ家に上がり込む度胸はないようで、じっとし続けているだけ。
n

4月21日(土) 岡崎おうはん

 名古屋コーチンの産卵数が減ってきたので、新しく岡崎おうはんを迎えた。
n
純国産の鶏だそう。
とにかく、心配になるくらいよく食べる。

4月19日(木)どちらも満開

ハクモクレン
n
ソメイヨシノ
n
ツバキ
n

3月31日(土)早春の花たち

n
スイセンの中でも一番早く咲くミニの品種。
n
雪融けと同時に咲き出すクリスマスローズ。
n
厳しい冬でいじけてしまったヒマラヤユキノシタ。

3月30日(金) 入院!手術?

家人が畑で耕運機を動かそうと準備をしていたら、
ハウスで花栽培をしている隣の奥さんから聞かれた。
「最近、お宅の奥さんの姿を見ないけど、入院して手術でもしたの?」
「いや、本業の仕事が忙しいから、畑に出て来られないだけで」
と答えて置いたら、次の日、今度はその旦那さんから、
「お宅の奥さんずっと姿見ないけど、身体悪くして入院でもしているのかい?」
と、言われたそうな。
どうやら、ご近所では、私は手術して入院していることになっているらしい・・・
たしかに、去年はずっと天気が悪くて畑仕事はあんまりできなかった。
その上、本業が忙しくなってしまって、
事務所にこもりきりか遠出の仕事をしているかだったから仕方ないけれど。
なんだか益々外に出づらくなってしまった。

3月21日(水)昔話の中に

n
「おじいさん、明日の朝は“半殺し”にしましょうかねぇ?
それとも“皆殺し”がいいでしょうかねぇ?」
というのがあったけ。
今日は、お彼岸なので、我が家は小豆と胡桃の半殺し。

3月18日(日) お久しぶり

花壇で見かけた野良猫。
四、五カ月ぶりかな。
私が密かに『100万回生きた猫』の白猫と呼んでいるの。
こちらの姿を認めると、ササっと寄ってきて座った。
見るからに、餌をもらい慣れている様子。
それはそうだろう、見たら餌をあげたくなるような気品だもの。
n
「ことさら厳しい冬もよく耐えたね~」
と声を掛けたら、ぶっといお腹が見えた。
三匹くらいは抱えているかも。
n
お見それしました。想像以上に逞しいのねぇ。

3月15日(木) 春一番の花 

クロちゃんのドッグランの付近の福寿草が満開。
n

3月11日(日)春に近づく 

大震災から7年。
ガラスを通して入ってくる日差しが、わずかずつ明るく強くなってきている。
n

3月4日(日) 北帰行

 寒さが急に緩みだし、裏の田んぼでも白鳥の北帰行が始まった。
n
例年と比較しても、明らかにほっそりな姿。
雪も多く厳しい冬を物語るようだ。
n
次々とシベリアに向けて飛び立ち、瞬く間に青空に吸い込まれていった。
n
今晩のストーブメニューは、牛スジと大根の煮物。
n
やっぱり熱燗で一杯!だね。

3月3日(土) お雛祭

 まだまだ寒い時期に、
土蔵の中からお雛様を運んで、座敷に雛壇をつくるのは、
この時期の最大の仕事。
それでも、一昨年までは何とか頑張って飾っていたが、
娘たちも帰らないこともあって、今年も出さずじまいで終わってしまった。

キッチンではヒヤシンスが満開。
やさしくなまめかしい白の香りが春を呼んで来そうで一番好き。
窓の外はピカピカの青空。
n
雪の消えた先から、待ってましたとばかり、フキノトウが出現する。
n
木いちご畑は、まだまだ雪の中。
n
去年の悪天候で,農園は荒れ放題になってしまった。
もうお百姓には戻る元気も体力もないかも知れない・・・

3月2日(金) 暴風警報の後

 一昨日栃木から帰ろうとしたら、
強風で陸羽西線が運休になっていて大変な目にあった。
昨日はまた40メーター近い強風で2階が揺れてほとんど眠れないほどだった。
n
今日はやっと風も止み、雲がきれいに吹き飛ばされて、久しぶりに月が拝めた。

2月25日(日)春の気配

外はまだまだ雪模様だが、早くもキッチンのヒヤシンスがほころび始めた。
この白の香りがたまらなく好き。
n

2月7日(水)大寒波襲来

-10度で、獅子柚子もザボンも枯死してしまった。
特にザボンは、父の形見だったのに・・・
n
雪の上に残る猫の足跡が痛々しい。
あの野良猫の親子は、そろって越冬できるだろうか・・・
n
温水器のパイプがどこかで凍って、風呂もキッチンもお湯が出ない日が続く。
最悪の冬。

12月23日(土)キウイ収穫

ちょっと晴れ間が見えたので、ほったらかしにしておいたキウイを収穫。
3割くらいは、野鳥につつかれてものにならない。
ついでに剪定作業もちょこっと。
n n

12月21日(木)貴重な晴れ

12月の入って初めての青空がのぞく。
外は「枯れ木残らず花が咲く~」状態。
n

12月15日(金) ストーブの季節

アトリエに焼き芋のいい匂いが漂う。
n

12月8日(金) 避寒

南方系果樹のジャボチカバ。
耐寒性はあるというものの、簡易ハウスの中での越冬はきついかもと、家の中に取り込む。
目に見えて葉色の退色が目立ってきているのは、日照不足のせいね。
n

12月7日(木) 銀杏大豊作

n
今年は30キロくらい収穫できた。
ただ、天候のせいで、もっちり感はいまひとつ。

11月24日(金) 初雪

 今年は初雪が早い。
しかも降雪量も多いらしい。
新しい冬タイヤが届くまで、無理な遠出は控えよう。
n

11月16日(木) 芸術の秋

 酒田市の中町キャンパスで、理事が主催する篆刻刻字研究会の展覧会。
n
今年は20回目。
n
年一回だから、懐かしい方々との再会も多かった。

11月13日(月) 収穫いろいろ

獅子柚子は今年12個収穫。
n
あまりの大きさにクロちゃんもびっくり!
n
葉柄を食べる珍しいケンポナシ。
n
殆ど野鳥の餌になって、残ったのはこれだけ。
拳骨より大きい巨大むかごの宇宙芋。
n
スライスしてポテトチップスが美味。

11月12日(日) 冬準備着々

芭蕉の雪囲い作業。
n
ラズベリーの剪定。
n

11月1日(水) 未だ修行中

 今日は窯出しの日。
今回は大物に挑戦したが、色といい形といい、なかなか思うようには出来上がってくれない。
これでまた止め時を失ってしまう。
n

10月28日(土) アピオス

軽く霜が降ったようだ。
となりのツンベルギアはまだまだ元気なのに、あんなに蔓延っていたアピオスが枯れた。
土を掘り返したら、里芋ほどもある立派な芋が出てきてビックリ。
問題は味ね。
n n

10月27日(金) 風が吹く度

n
落葉が積もっていく。

10月26日(木) 待ち伏せされている気がする

n
まずいぞ・・・しかも玄関先にいる!
よく見なくても『100万回生きたねこ』みたいなオーラがあるのは恐怖だ。
情に流されないで、このまま無視し続けられるか・・・?

10月18日(水) 紅葉が見ごろ

毎日書道展を見に行ったら、山形美術館前の樹木が美しく紅葉していた。
n

10月17日(火) 里芋収穫

作付けの半分を収穫。
今年は芽欠きや間引きをさぼったので、小粒です。
n

10月6日(金) 無用の情け

一か月くらい前、車で家に帰る途中のこと。
事務所から300メーター位手前の田んぼのあぜ道に、仔猫が4匹固まって泣き叫んでいた。
人家はないので捨て猫だと一目でわかったが、
ここで情けを掛けたら大変と、そのまま通り過ぎた。
毎日行き来する道なので、通る度にどうなったかと気になっていたが、
まさか、その4匹が一か月もして、うちの屋敷に流れ着くとは・・・
 一週間前、獅子柚子を植えている簡易温室に、キュウリを収穫に行った時のこと。
n
キュウリをもいで、ハウスを出ようと方向転換した時、何気なく地面を見たら、
そこにぎょっとするようなものが落ちていた。
「ありえない!」
もともとは50センチくらいあったと思われる、真っ二つにちぎられたシマ〇ビ。
「えっ!!誰がハウスの中にまで運び込んだの?
タヌキ?トンビ(銜えて飛んでいるのはたまに見かける)?」
不審に思いつつ、あまり気持ちのいいものでもないので、
とりあえずほったらかしにして、ハウスを出た。
二日ぐらいして、一緒に育てているフェイジョアやジャボチカバに水遣りしなければならなくて、
ハウスに行くと、何かの生き物がササッとに二方向に散った。
動きが固まった先にいたのは、ガリガリに痩せた白とトラの二匹の仔猫。
どちらも2,3ヶ月位か。
例の真っ二つの亡きがらは、きれいになくなっていた。
「子猫でもあんなものを食ってしまうのか?」
急いで、家人に知らせにいくと、
「野生のものには手を出すな」
と一言。
で、その日はそのままにし、次の日、行ってみると、今度は動きが三方向に分かれた。
えっ!と思ったら、トラがもう一匹増えていた。
それからちょっとして、コンポストに生ごみを捨てようとして、台所の戸を開けたら、
目の前1.5メーター位のところに、痩せてガリガリの若い白猫がいて、目が合った。
逃げない。
金色の目を見開いて牙をむき、すごいうなり声でシャーっと威嚇してくる。
その1メーターほど背後には、ハウスにいた子猫たちが三匹。
さては、田んぼで見かけた4匹は親子だったのか?
親にしては華奢すぎるが、でも明らかに仔猫ではないところを見ると、やっぱり親だ。
威嚇していても逃げようとしない。
とっさに台所に戻り、やいてあった豚ロースを見せたら、
牙を見せ威嚇しながら、そろそろと近づいてきて、肉を奪い取るなり、
後ろ向きになって歩き出した。
「やっぱり母親だ、仔猫にあげるんだ」
と思って見ていたら、仔猫の目の前で、あっという間に食べてしまった。
振り返って、またこちらに寄ってきたので、もう一枚肉を持ってきたら、
同じように手から奪い取って、仔猫に見せびらかして、きれいに食べてしまった。
子どものことをかまっていられないほど、自分が生きるのに必死なのか、
自分が栄養をつけておっぱいをあげようとしているのか?
いずれにしても、もう餌を上げるのはよそう。
一瞬でも、情にかられて、肉を上げてしまったことを反省した。
それでなくても、屋敷周りには、10個体以上の野良ネコがいて、増え続けているのだ。
つまりそれは、放っておいても生き延びられる環境なのだ。
野良猫は増えても、家宅侵入させなければ、さほどの実害はないし。
その辺にいるタヌキやイタチと同じ野生生物だと思えばいい。
もし、この先も、あの4匹の猫たちが、ハウスに棲みつくようなら、
非友好的な柴犬クロを出動させなければならない。
だから、それ前に、どうかよそに行ってくれますように!

10月5日(水) 白鳥飛来&初冠雪

 白鳥飛来も鳥海山の初冠雪も、例年と変わりありません。
花壇を賑わしている今年最後の花たち。
nホトトギス
nスプレー菊
地面が木の葉で覆いつくされる季節ももうすぐです。
n

10月2日(月) カボチャ収穫最盛期

n
今年は5種。
ハロウィンパンプキン、ロロン、zucca、豊産カボチャ、スィートきんちゃん、宿儺カボチャ。
10日ほど置いておくと、追熟し甘みが増す。

10月1日(日) 保存食品の常備菜

 生ゴーヤが消費しきれないので、乾燥させて佃煮にし、冷凍にする。
n n
シラスと胡桃とゴマと黒砂糖とで、最強の取り合わせ。
そう言えば、最近、滋養があるなんて言葉使わなくなったわね。

9月30日(土) 近作

n

9月30日(土) 秋の花たち

nシュウメイギク
n彼岸花
nアメジストセージ
nオレガノ
n
春に苗で購入したツンベルギアは優秀で、まだまだ花期が続きそう。
来年もきっと植えよう!

9月27日(水) 色付く秋

n
ムラサキシキブは、野鳥が種をそこいら中に落としてくれるので増える一方。
n
ナツメは近年にない不作で味も今一つ。
n
庄内柿はムクドリとヒヨドリの餌になって、人の口には入らない。

9月25日(月) 予行演習

イタリアカボチャZUCCA。
普通のハロウィンパンプキンは、食材には向かない。
が、これは飾りにも使えて、しかも食べられるという。
高い種だったが、一石二鳥に釣られて育ててみた。
いつもお世話になっている保育園に配る約束をしていたので、
収穫直後、ハロウィンの細工の予行演習に挑戦。
果肉は思ったよりずっと柔らかくて、包丁がサクサク入る。
物の10分もしないうち完成。
n
肝心の味は、甘みもコクもなく、食べ慣れている日本のカボチャの旨味からは程遠い。
ジャガイモやタマネギと一緒に煮込んで、野菜スープとか、
砂糖をどっさり入れて、クッキーやパンとかなら、食べられなくないです、
くらいの感じかな。
ちょっとがっかり。

9月24日(日) 芸術の秋

寄る年波に抗って、体力と精神力をどこまで維持できるか・・・
n

9月23日(土) 秋映え

次女が種から育てたリンゴ『秋映え』
薬剤散布しなかったら、ご覧の通り。
果樹栽培の本によると、1カ月に2~3回は消毒しないとものにならないとある。
n
甘みもあるし、歯ごたえもあるので、来年は消毒がんばろう。

9月21日(木) 台風にもめげず

 風速35メーターの暴風が吹き荒れた割には、野菜は無事でした。
雑草だらけの畑で、風も通り抜けできなかったのでしょうか。
n
イタリアカボチャ
キュウリ
ズッキーニ
縞瓜、丸ナス
インゲン
ピーマン
ゴーヤ
バナナマクワ

9月9日(土) もうすぐ稲刈り

n
庄内平野は、見渡す限りの、黄金の田んぼになりました。
稲刈りはあと10日もすれば始まります。

9月3日(日) 完敗

朝方六時前、枝豆を収穫に行く。
天候がたたって、粒がそろわないので、鞘もぎしようとかがんだら、
根元に食い散らかした殻がどっさり。
一番端のほとんど雑草の中の一本だけ。
これは、間違いなく両手が使えるタヌキの仕業。
n
もう今年の畑は、見事に雑草に完敗です。
リンゴの『秋映』も虫に食われ、鳥につつかれ,病気にかすられ、
木にしがみついているのが6個だけになってしまった。
n
この後期待できそうなのは、ハロウィンカボチャと獅子柚子くらいしかないか。
何とか収穫までこぎつけてくれますように。
n n

8月27日(日)朝餉の足しに

二人の食卓にちょうどいいくらい。
結局今年は、どこにも宅配できなかった・・・
n

8月25日(金)秋海棠

この花が咲き始めると、もう秋。
n

8月15日(火)完敗

袋なんかかけても何のその。
野鳥はリンゴをすべてつついて落としてくれた。
悔しいからひと口齧って見たら、懐かしい夏リンゴの味がした。
n
トウモロコシも、どっちが先にあり付けるか鳥と競争だ。
食われる前にと収穫したが、やっぱりちょっと早かった。
すんごく甘いのがくやしい。
n

8月14日(月) 期待できるもの

今年の畑は、もうカボチャだけが頼り。
n
あとは、ハロウィンパンプキンだが、雨続きで、着果率がすこぶる悪い。

8月13日(日)夏の郷土料理

帰省の折に必ず振舞われるもの。
n
ユウガオの葛まわし、シソ巻き、だし、枝豆。

8月12日(土) 季節外れの

n n
去年の秋植えのジャガイモが、春先芽を出してしまったので、
土に埋めておいたら、見事に育っていた。
大きさだけは立派だが、味は水っぽくておいしいとは言えない。

8月10日(木) 早くも秋の気配

台風は日本海沖で低気圧に変わってくれたので、
畑の被害は思ったほどでなかった。
これから収穫期を迎えるアーモンドも無傷。
n
台風が行ってしまうと、途端に朝夕の風がひんやりし始め、秋の花が目立ってくる。
nアピオス
nキキョウ

8月8日(火) 台風が来るというので

風のあたる表面積を増やして、落果を促しそうなので、リンゴの袋掛けは止めた。
n n
収穫が本格化するキュウリにだけは、防風ネットを施す。
n n
ナスは倒伏防止のため剪定し、収穫可能な作物はすべて収穫してしまう。
あとは、台風が逸れていってくれることを祈るのみ。
ハウスが欲しいと思うのはこんな時だ。

8月2日(水) せめて

雑草で手が付けられなくなった畑。
5種類20本のカボチャは何とか救ってやろうと、除草して敷き藁を施す。
n

7月31日(月) ちょっと留守の間に

仕事で、5日ほど家を離れ戻って見ると、けっこう悲惨なことになっていた。
n
畑に向かう道は、いろんな草が一斉に生い茂って道を塞いでいるし、
n
今年一番楽しみにしていたリンゴは、野鳥がつついて地面に落としていた。
n n
カボチャのツルは、耕運機に絡みつき、里芋は雑草に埋もれていた。
n
40センチもあるおばけズッキーニ。
大雨が降ったこともあって、作物は全体的に軟弱かつ巨大化してしまった。
収穫の時期が一気に終了してしまいそうな気配。
n

7月21日(金) 暑中見舞い

n
せっかく作ったのに。
大雨続きで、どうも投函する気分になれないまま、ずるずると日にちが過ぎていく。

7月20日(木) だだちゃ豆

n
今年三度目のエダマメの播種。
結局その後の大雨のあおりを食らって、ふやけたまま腐ってしまった。
う~ん、今年の畑は何かと呪われている気がする。

7月18日(月) 落果

100%の着果率だった獅子柚子、高温続きがたたったのか、落果が止まらない。
n

7月17日(日) 前後不覚

陸羽西線で移動中、ぐっすり寝込んでしまったらしい。
乗務員から、
「もしもし、お客さん、終点の新庄ですよ」
って、誰も残っていない車内で、肩をたたかれてしまった。
このところ、ずっと4時半から畑の早朝作業での疲れがたまっていたらしい。
どんなにゆっくり寝ていたくても、目が覚めてしまうのは、老化の証拠だそうな。
睡眠エネルギーがどんどん減っていってる気がする。

7月7日(金) ジャガイモの収穫

n
とりあえず、茎が枯れてきた男爵とキタアカリを収穫。
今年は、土寄せを回数多くしたので、ネズミの被害も少なく残存率が高かった。

7月2日(日)や~っと!

見ることができたケンポナシの花。
n
5,6年で開花と植物図鑑には載っていたから、
けっこう容易く結実すると思って育てていたのに、植えて十何年たっても、気配なし。
日陰にはなるし、場所も取るし、今年咲かなかったら伐採して、
刻字の板にでもしようと思っていたところ、
6月に入って、ついに花芽のついている枝を発見。
一枝だけど。
果実酒が美味と聞いたので、今から秋の収穫が楽しみ、楽しみ。

7月1日(土) 梅雨の花

nドクダミ
nアジサイ
nハンゲショウ

6月30日(金)ラズベリージャム

ラズベリーが収穫最盛期に入ったと思ったら、明日から一週間雨という予報。
雨に濡れると、熟した実はすぐにカビにやられてしまうので、
採れるものは全部収穫し、即ジャムに加工する。
500グラムの瓶詰が4本できた。
n n

6月28日(水)完食

月末の支払いに行っているわずか一時間ほどの間に、
枇杷が完食されてしまった。
袋を破って中だけ食べたのもあれば、
n
袋ごと落下させて、中を食べたのもある。
n
30個はなっていたのに・・・にっくきはヒヨドリのやつ!

6月25日(日) アスパラガスレスキュー

 今年は本業が忙しくて、とかく畑まで手が回らない。
あっと気付いた時には、アスパラガスは雑草の中に埋まっていた。
クラクラ眩暈がしそうな繁り具合。
n
それでもまあ、
「千里の道も一歩から!」
の掛け声をかけて、二時間ほど雑草抜きに苦闘。
n
アスパラガスの復活はもう望めないかも…
だから、悪の火種はちっちゃいうちに!
後悔先に立たずとは、正にこのこと。
畑は、現実と結果のみ。

6月25日(日) みんながみんな

何が原因か、この根性曲がり。
n

6月24日(土)今朝の花たち

ルドベキア&コリアンダー               ビジョヤナギ
n n
 ダイヤーズカモミール                    チコリ
n n
フランネルソウ                      マロウ
n n
ホタルブクロ                        ツユクサ
n n

6月23日(金) 果樹近況

ビワは袋かけの暇がなかったので、ヒヨドリに食われるのは必至。
n
ラズベリーは晴れ間が多い日が続き、今のところ順調。
n
カーラントは二年目にしては上等。
n
リンゴ秋映は初っ端から袋かけ失敗で後が続かず。
n
山椒はかつてない大豊作で、冷凍保存で無駄なく活用。
n
ハスカップは果実酒にしたから長期間楽しめそう。
n

6月20日(火) 収穫と植え付け

冬の寒さがたたったか、追肥が効かなかったか、今年の玉ねぎは小粒。
去年は、もったいながって消費しなさ過ぎた。
結果、春先に破棄する事態を招いてしまったので、
今年は後で買おうとも、消費先行で行く。
n
保存しておいた秋収穫のジャガイモが発芽按配だったので、
畑に埋めて置いたら、一週間で見事に育つ。
しかも、二芽しか残らないようにして芽欠きしておいたので、間引きの手間が省けた。
春植から二か月遅れで、収穫の時期はいつになるのだろうか。
n

6月19日(月) 過干渉

開花すれば、100%着果すると言われる獅子柚子。
毎度毎度着果数を数えるのが手間だと思って、ナンバリングをしてみた。
n
26個確実!

6月13日(火) 試行錯誤

スナップエンドウを、防虫ネットで一面覆ったら、
暴風対策にもなったようで、今までになく上作。
n
ジャガイモの花を摘むと、芋が太るという情報を得たので、今年は徹底的に摘蕾。
n
これで、地面の下からネズミが来なければいうことなしなのだが・・・
とりあえずマルチのビニールをはがし、ネズミトンネルの破壊も兼ねて土寄せを行う。
土の間からのぞくジャガイモは7割方まで成長しているが、
チラホラとネズミが齧ったあとがある。
気が抜けないと言っても、これと言った対策もないのがもどかしい。

6月11日(日) リンゴ栽培日記④

摘果して施肥したら、見る間に大きくなっていく。
そろそろ袋かけの時期。
どこかから探してこないと。
n

6月10日(土) 天候不順につき

イチゴの色付きが悪い。
完熟まで待っているうちにカビが生えてしまうので、早めに収穫。
もちろん味は良くない。
n
木陰では、ムラサキナギナタタケがゾックリ生えている。
n
スープやてんぷらにするとおいしいとあるが、見ただけで勘弁してもらいたい。

6月9日(金) ニューフェイス果樹

n
ツルコケモモ

6月8日(木) 今朝の花たち


n

ユキノシタ

n

マロウ


n

ベルテッセン

n

テッセン


n

ツンべルギア

n

タニウツギ

6月7日(水) 今年のバラ

天候のせいか、肥料のせいか、小さめです。
n n
n n

6月6日(火) カルガモの親子

夕方、事務所の前の水路で、カルガモの親子を発見!
ここに事務所を構えてから、カルガモの親子を見かけるのは二回目だ。
ヒナは10匹。
母親のお尻にくっつくようにして、行ったり来たり。
群れから離れないように、
しっかり一つにまとまろうとしている様子が、必死なのだけれど、かわいい。
n
母親が、時折水路から陸地に上がり、ヒナを水から上げようとするが
水位が低くて、ヒナたちはどうすることもできない。
夕飯の支度の時間になったので、気になりつつも、母屋に戻った。
翌朝には、親子の姿はどこにも見えなかった。
無事水路から上がれたかなぁ。

6月4日(日) だだちゃ豆とハロウィンカボチャ播種

n
ついでに去年の残り種のトウモロコシ、キュウリ、インゲン、オクラ、金時豆も、
その辺の空き地にばらまいておいた。
趣味の野菜栽培の場合、少量多品種栽培したいから、結局種を余らしてしまう。
うまく苗になってくれたら儲けもの。

キウイは開花の時期に必ず強風で枝を折られる。
n
うっとしい季節は、ブルー系の花が気持ちをカバーしてくれる。
n n
n n
n n

6月3日(土)果樹の手入れ

 アーモンドの摘果。
n
ブルーベリーの剪定と下草刈り。
n
リンゴの消毒と下草刈り。
n
獅子柚子の受粉作業。
n
縁側で三時のお茶をしていたら、ムクドリがモクゲンジの洞にいたヒナに餌を運んで行った。
一瞬の出来事。
n n

6月2日(金)怨みの雨

 咲いたばかりのバラ。
n
イチゴを食ったのは、カラスかヒヨドリか。
n
カモミール茶用の花も摘まないうちに終わってしまいそう。
n
ラズベリーも色付かないうちにカビる気配。
n

5月31日(水) 大忙し

 梅雨入り宣言も聞かないのに、ぐずぐずと雨がちの天気が続いている。
今朝は、久々の太陽が姿を現したので、たまりにたまっていた農作業を再開。
n
畑のお医者さんと言われるカモミールが見事に群落を形成していた。
お医者さんばっかりで、患者は何処?というくらい。
雑草をむしり、草の中に埋まっていたニラを刈り、
n n
とりあえず、必要な分だけの畑を耕し、一番気がかりだった里芋の植え付けを済ます。

n
ピンポン玉の大きさになったので、トマトの追肥もを行う。
n
夜は、ご飯茶碗を持ったまま眠ってしまいそう。
定年就農は体力勝負。
世間で思っているほど甘くない。

5月28日(日) 梅雨時の憂鬱

 ここまで順調に生育してきたイチゴと木イチゴ。
n n
例年、色付くころが長雨の時期と重なる。
湿気が多いから、実は徐々に腐れていって、収穫までこぎつけられないことが多かった。
さて、今年はどうしたものか…
雨が掛からないように、屋根でもかければいいところだが、
どちらも4畳半くらいの面積だから、ここを覆う資材もないだろうしなぁ。
今年も思案投げ首のまま終わるのか。
そう言えば、この地で90年も生きているバショウ。
この冬の寒さがたたったのか、株数を減らしていて元気がない。
今年は花が見られないかもしれない。
n

5月27日(土) 生きる場所

その土地で生きていくのに合うか合わないかは、野菜が決める。
去年収穫した三尺ササゲの余ったものを、籾殻の中に埋めて置いたら、いくつかが発芽した。
n
ここからものになりそうなのを畑に本植えする。

5月26日 リンゴ栽培日記③

摘果の時期を迎えた。
房の中心の一番大きいのを残すといいらしい。
n

5月22日(月) 留守の間に

 鹿児島に入っているほんの五日ほどの間に、
ジャガイモが蕾を持ち、
n
サヤエンドウとトマトの花が咲き、
n n
去年のジャガイモ畑は、カモリールとコリアンダーの花で埋め尽くされていた。
n
この場所に、里芋を栽培するはずだったのに・・・
帰宅そうそう、孟宗竹3本とワラビ10キロが届いて、
旅の荷物をほどく間もなく、台所作業開始。
n
ワラビは、木灰をまぶし、熱湯をかけて一昼夜おいてあく抜き。
新鮮な孟宗竹は、あく抜き不要で、厚揚げと豚肉を入れ、味噌と酒粕でじっくり煮込む。
n
旬の食材は元気の素。
いくら食べても飽きることがない。
5月の食卓は、孟宗汁で明け暮れ、後は来年の五月まで待つ。

5月14日(日)花の季節

次々にいろんな花が開花し、季節が慌ただしく過ぎていく。
n
今日の早朝作業は、イチゴの藁敷き。
n
ほったらかしにしておいた方が、生育がいいというのはどういうわけか。
だが、ここで藁を敷いておかないと、ワラジムシに食べられて、
目も当てられないことになってしまうので、とっとと作業をでかす。

5月13日(土) 新入り

アシード農園27番目の果樹『ジャボチカバ』 ブラジル原産のフトモモ科の常緑性果樹別名『ブラジリアングレープ』と言われる。 耐寒耐暑性があり、割と丈夫な植物のよう。 予約注文でやっと手に入れて、改めて育て方を調べたら、3m以上になるって。 うわっ!今更・・・。
n

5月12日(金)リンゴ栽培日記②

所々受粉に成功した模様。
n

5月9日(火) GW

GWに帰省した次女は、くるくるとよく働いて、
トマト、ナス、ズッキーニ、カボチャを植えるのを手伝って帰って行った。
おかげで遅れぎみの農作業が一気に進んだ。
n

5月8日 花の季節 木の花

n

5月4日(金)りんご栽培日記①

次女が大学に入った年のこと。
食べたリンゴの種を鉢に埋めておいたものが発芽し、
それを地植えしたら、十数年経って花が咲いた。
品種は『秋映え』
今日から収穫まで、経過を追っていく。
受粉樹で購入した3年目の国光がちょうど開花し、
蜂もにぎやかに飛来していて、何だかいい予感。
だめ押しで、毛ハタキで受粉しておく。
n
長年アズサの洞を住処にしていたミツバチたち。
数年前に集団引越しして、以来戻ってくる気配がなくて、
近年果樹の受粉率はめっぽう悪い。
n
例年よりやや遅れて、鶴岡市湯田川の孟宗が販売されるようになった。
キロ1000円。
n
アク抜きしなくてもおいしく食べられ、しかも根元まで軟らかい。
孟宗汁は、厚揚げとシイタケを入れ、味噌粕味が基本。
一日3食いただくと、もう他の孟宗は食べる気がしない。
旬のものを、たらふくいただくのが元気の素。

5月1日(月) 種まきの季節

鳥海山に種まき爺さんが姿を現すと、どうしたって種まきしないわけにいかない。
n
今日は、トウモロコシ、パクチョイ、レタス、カボチャを播種。
n

4月30日(日) 朝の食卓

草取りの仕上げに、蕗と山椒を収穫。 食卓には、蕗の煮びたしと佃煮。山椒とじゃこの佃煮が並ぶ。
n n

4月29日(金) ルーティンワーク

早朝のルーティンワークはガーデンの一時間の草取り。
必死になっても、どこを取ったのやら?の感じです。
n n
隙あらば、どこへでも出てくる雑草たち(これはトラノオ)
n
ラズベリーの下も、一面のハコベ。
n
黒スグリの周囲も草だらけ。
n
水仙の花後は、花柄摘んで、葉を縛り、日当たりと風通しを良くする。
腰を伸ばそうとして、見上げると、
n
オオヤマザクラと二十世紀梨と椿が花盛り。
遠くでアオバトの鳴く声がする。
高音と低音を流れるように行き来する響きは、笛の音のよう。
ムクドリなどは雑音に聞こえる。
草取りをして、下を向いているうちに、春は往ってしまいそうだ。

4月28日(金) 11年目の開花

次女が大学に入った年に帰省した時、
10センチほどのリンゴの鉢苗を持ってきた。
食べた富士リンゴの種を鉢に埋めて置いたら、発芽したとのこと。
地植えして、10年近くなった頃、
開花したら受粉樹がないと結実しないからと、国光の苗木を買った。
去年になって、富士が全く花芽を持たないうちに、国光の方が一足早く開花してしまった。
受粉しようもないので、同じバラ科のよしみでということで、
全くあてずっぽうに、マルメロを受粉したら、
なんと!見事に結実して、国光とは似ても似つかぬ甘いリンゴが4個収穫できた。
そしてこの春、富士に念願の花芽を10房発見!!
実生は開花まで10年くらいかかるのが普通らしい。
毎年開花を待ち続けていたので、感激もひとしお。
n
国光には花芽が50もついていて、こちらはすっかり頼もしい。
n
さあて、今年は何個収穫できるか、楽しみ、楽しみ。

4月27日(木)畑の近況

ジャガイモは10畝になった。
n
苗ものは、トマトが一番乗り。
目をつむって食べると、サクランボと間違うような『ぷちぷよ』8本。
n
簡易温室では、エンダイブが食べ頃。
n
ブロッコリーは花が美しすぎて倒せない。
n

4月24日(月) タヌキ再び

4月18日に、勝手口にタヌキがチラッと現れてびっくりしたところだったのに、
今日はもろに遭遇した。
早朝作業で取った畑の草を、裏の藪に捨てようと持って行って、
また畑に戻ろうとしたら、防風柵の所にタヌキ発見!
n
気づかれないよう、そっとUターンし、遠回りしてカメラを持って、正面から近づく。
そっとそっと2メーター近くまで寄っても、じっとして顔も上げない。
n
夫から見てもらったら、頭から脇腹、足にかけて毛が抜け落ちて、
相当大きな傷跡が見えるとのこと。
目をつむって、うつらうつらしている。
弱っていて動けないのか、寝ているのか?
痩せてガリガリなので、犬の餌をやっていいかなぁ?と聞いたら、
「野生動物に情けはかけないほうがいい」
と言われたので、そのままにして、その場を離れた。
その後も、気になって仕方ないので、
30分位して、犬の餌を持って行ってみると、まだその場にいた。
餌を鼻先に置くと、目を開きゆっくり顔を上げて、少しずつ食べ始めた。
n
また一時間後に行くと、畑のビニールマルチの所で横になっていて、
私の姿を見ると、のっそりと動き出した。
数メートル離れた草の茂みに落ち着いたようなので、
後は放っておこう思いつつ、昼に見に行ったら、もうどこかに姿を消していた。
餌のおかげで動けるくらい元気になったのであれば、とりあえずよかった…のか。
n

4月22日(土) 作業日和

 二人しかいない家族が、二班に分かれて。
n n
じゃがいもの植え付けと芭蕉の冬囲い撤去作業。
春先の天候不順がたたって、今年の農作業は特に遅れ気味。

4月21日(金) 低温続き

数日前、暴風が吹き荒れて、枝ごと落ちた桜もあった。
それなのに、今年の桜は、例年よりずっと長持ちしている。
n
事務所の窓を開けると、はらはらと風に舞う桜が見える。
ウグイスの鳴く声が一日中聞こえていた。
春が駆け足で過ぎていく。

4月20日(木) 季節限定の味

早朝に、アリスイの初鳴きを聞いた。
どこからやってきたのか、いつの間にか庭に育っていた楤(タラノキ)。
初収穫したものが今朝の食卓に載る。
野趣豊かな胡桃の切り和え。
晩酌のお伴に絶品です。
n

4月20日(木) 暴風警報

やっと満開になった事務所脇の桜。
昨日は一日、風速30メーターの風が吹き荒れたせいで、枝ごと落下した。
桜の季節は、例外なく天気が荒れる。
n
椿や辛夷、木蓮の花びらも茶色く傷ついて、見るからに痛々しい。

4月18日(火) タヌキ!!

 朝6時過ぎ、畑へ食材を取りに行こうと、普通に勝手口の戸を開けたら、
目の前に1.5メーター位のところに、こげ茶と黒の薄汚い猫がいた。
この辺をうろつく野良猫だったら、人を見ると即座に逃げるのに、立ったまま動かない。
「なんか変?」
と思ってよく見ると、鼻先がシュッと尖っているし、尻尾がぼってりと太い。
「ありゃぁ、これはタヌキだわ!」
毛がボッサボサでつやが無く、かなり御老体。
しかも眼のふちに大きな傷跡がある。
お互いに突然の出会いで、固まってしまったようだ。
ほんの十秒くらい睨み合っていたかも。
動く様子もないので、夫に知らせようと、そっと戸を閉めた。
10秒もしないうち、戸を開けた時には、もうどこにもその姿はなかった。
タヌキは夜行性だというから、寝ぼけて出てきたのか。
そういえば、最近二回ほど、ネギの幼苗が引っこ抜かれて固めておいてあった。
あの不可解な出来事は、タヌキの仕業か。
近くの国道では、最上川の河川敷が近いことから、タヌキが頻繁に交通事故に会っている。
n
事務所の裏にゼンマイが生えるような環境だから、
屋敷内にタヌキがいても、ちっとも不思議はないが、
バッチリ出会うと、やっぱりニュースだわ。

4月16日(日) 無情の嵐

  花々が咲き始めたのに、雨と強風が続く。
n

4月13日(木) ハーブガーデン

 新たに15種のハーブが仲間入り。
n

4月9日(日) 植え替え適期

恐るべし、畑で雑草を駆逐するカモミール!このままでは野菜を植えられない。
n
目についたところから掘り起こし、ガーデンに移す。52株。
まだこの三倍くらいは、畑に残っていそう。
n
鑑賞用菊も株が混んできて、花付きが悪くなったので株分けして移植。
n
サギ草も植え替え完了
n

4月8日(土) ルーティンワーク

去年の春は、大した理由もなく、ガーデンの草取りに身が入らなかった。
そのため、初夏にはすでに、家の周りは雑草屋敷と化してしまい、
一年中嫌な気分を引きずった、
なので、今年は、春から早朝の草取りを日課とすることに決め、着々と頑張っている。
いくら環境が適しているにしても、ヒメオドリコソウのはびこり様はすごい。
カーペットを引っ剥がすように抜いていく。
n
今朝は、ついでにヨモギを収穫。
ホームベーカリーで簡単にヨモギ餅ができたが、古米なので…おすそ分けするほどのおいしさではなかったなぁ。
n n

4月7日(金)西の空

日中ぐずついていた雨も上がり、
雲間からハッとするほど鮮やかな夕焼けが見えた。
トランプ大統領が、シリアを爆撃したニュースでもちきりの一日。
「韓国のミサイルが飛んでくるとしたら、この方向になるんだよなぁ」
なんて、つい思ってしまう。
不気味な赤色の太陽が、雲の中に埋もれていく。
n

4月6日(木) 耕運機始動

n
例年より10日以上遅れて、耕運機が畑に入る。
雑草に埋もれていたセロリカブ、ニンジン、チコリ、エンダイブを強制撤去。
n n
セロリカブは未だかつてないほどの大きさで、テニスボール位になっていた。
採りたて野菜のイタリアンサラダ。
外葉は寒さと風で痛めつけられて、半分は物にならないが、
中はシャキシャキの歯ごたえで、抜群の甘さ。
もう外でサラダは食べられない。
n

4月5日(水)自家製ハトムギ茶

ハトムギ茶がお肌にいいというので、
鹿児島で有機栽培された出来合いのものを購入して飲んでいた。
でも、日常的に飲み続けるには、ちと高い気がしたので、
去年から栽培して見たら、割と簡単に収穫できた。
ドライフードメーカーで乾燥させて保存しておいたものを、
飲むときに少しずつ加工する。
焙烙で香ばしく炒って、ミルサーで粉砕し、お茶パックに入れて、
5分ほどに出して出来上がり。
n
n
n
市販のものと比べると、ほんの少しとろみがある。
漢方薬の効果としては、肌のトラブルに効く他、健胃作用もあるらしい。
畑仕事でのシミをどれだけ防いでくれるか大いに期待したいところ。

4月4日(火)早くもキノコ

枯れてしまったので、去年の10月に木挽きに倒してもらった庭の栓の木。
薪ストーブにするため雨ざらしにしておいたら、もうキノコが出ていてびっくり。
図鑑で調べたら『チャヒラタケ』という名称で、北半球では一般的なものらしい。
今まで、家に敷地で見かけたキノコは、15種にのぼるが、この種類は初めて。
n
今日の畑仕事はタマネギの最後の追肥にキャベツの移植。
n n

4月3日(月) 椿三種

椿が開花する頃は、大気が不安定で、とかく突風に見舞われる。
今年のツバキも、みんな手傷を負っている。
n n
n

4月2日(日) 春の最新作

n

4月2日(日) 贅沢な一品

ビニールトンネルで冬越ししたエンダイブ。
苦味が甘味に代わってとても美味。
外側の葉は名古屋コーチンの餌になる。
n
n
それが資になった卵は、黄身がオレンジ色に近い。
卵かけご飯にすると食べ余してしまう位に濃厚だ。
中心に近い葉は、チコリと一緒に焼きそばに入れる。
n
炒めると、甘すぎて、もはや何の野菜かわからなくなるほどだ。

4月1日(土) スタートダッシュで出遅れる

 春先の天候が不順で、土が乾かず、畑に耕運機が入れない。
しょっぱなから出遅れた。
そのアオリを食らうと、播種~収穫と、後手後手になる。
今年の畑は、もう既に暗雲が立ち込めている感じがする。
その間に、雑草がどんどん地面を覆いつくしていく。
n
ジャガイモの跡地も、雑草がしっかり蔓延ってしまった。
でも、そんな中で、カモミールとコリアンダーが負けていない。
あちこちに、塊で目立つ。
早く掘り出して、移植しなくてはと気が焦るものの、この時期、本業が一番忙しい。
ああ、身体がもう一つ欲しい。

3月31日 (金) 開花状況

n
小梅が豊後梅や他の梅に先駆けて開花。 冬場の低温がたたって、庭の花たちは、例年より一週間以上遅れているようだ。
nクリスマスローズ
nヒマラヤユキノシタ
nラッパスイセン
n房咲きスイセン
nソメイヨシノ

3月18日(土) 野鳥たち

早朝、野鳥の鳴き声で目が覚める。
シジュウカラ、山鳩、ヒヨドリ、モズ、トンビ、スズメ、ムクドリ・・・
うるさくて寝てられない。
春まであと一息だなあ。
n
台所の窓から、ヒヨドリが木蓮の蕾を食べているのが見える。
椿の花を食べている鳥たちもいる。
まだまだエサが見つからない季節と見える。
天気がいいので、そこら中に野鳥の餌をばらまいた。
n

3月17日(金) 早春点描

クロッカス。
n
桜はやっと蕾が動きだす。
n
冬を越したら苦味控えになったチコリのカステルフランコ。
n

3月16日(木)早春点描

 満開です。
nフクジュソウ。
nガーデンシクラメン。
nフキノトウ。
庭先の桜の蕾も、急にふくらみが目立ってきた。

3月14日(火) 何とか

 厳しい冬は越したようです。
n
ザボン、獅子柚子、グレープフルーツなどの柑橘類は、落葉しないで済んだ模様。
n
タマネギのパーフェクトは、謳い文句通り9か月持ちこたえたが、
紫タマネギは長期保存が無理で、芽が出てしまった。
やっぱりおいしいうちにさっさと消費すべきだったなぁ。

2月28日(火) 寒肥

極寒中の果樹の選定と消毒、寒肥の施肥は、冬季の作業で欠かせないものだ。
しかし、今年は仕事とダブったり、天候不順だったりで、遅れに遅れてしまった。
n
久々の晴天。
金山町での仕事を午前中で済ませ、昼食も車の中でパンをかじりながら済ませ、畑に直行。
雪の重さにもめげず、ビニールトンネルの中では、高菜がいい塩梅に柔らかく育っていた。
n
雪もほとんど融けたなぁと見渡すと、
畑は既に青々とした雑草だらけで、思わずため息が出る。
果樹には根の周囲に穴を掘り、肥料を埋めていく。
n
黒スグリ、リンゴ、獅子柚子、文旦、フェイジョア、ハスカップ、
豊後梅、小梅、スモモ、アンズ、銀杏、サルナシ、杜仲、
ケンポナシ、木イチゴ、枇杷、洋梨、和梨、キウイ、胡桃までは
一本ずつだから割と簡単に済んで、柿15本は後回し。
果樹もそうだが、2月末と3月末は必須のタマネギ800本の追肥もしなければならない。
n
速攻で頑張ったので、手元が見えるうちに作業は終わったが、
明日から2,3日は内腿が痛くてまともに歩けないかも。
例年のことだが、冬の間、怠けた体に、畑事始めはかなりつらい。

2月27日(月) 春の兆しここにも

  極寒の間お休みしていた名古屋コーチンの産卵が再開した。
n
久しぶりの卵かけご飯。
余りの黄身の濃厚さに箸が止まる。

2月25日(土) 開花の準備

 なかなか気温も上がらず、太陽も見えないが、花たちの準備は着々です。
n
去年、暴風で花芽を吹き飛ばされて結実しなかった露地栽培のフェイジョア。
丸ごと囲ってあげた甲斐があるかどうか?
n

2月24日(金) 形見のシンビジューム

この冬の積雪量は例年ほどではなかったと、気を許していたのがまずかった。
二十日に一度の水遣りに行った時に、温室のシンビジュームが一気に枯れているのに気付いた。
ローズマリーやフェイジョア、獅子柚子、ザボンは何とか持ちこたえてくれたのがせめてもの救い。
防風ネットを張り、透明波トタンで囲っただけの簡易温室では、連日の-5度は堪えたらしい。
シンビジュームの好きだった義父の亡き後、3年に一度の株分けで40鉢近くまで増やし、
ちょっとした財産だったのに・・・
今日は命日なので、団子を備えて、仏壇に向かって謝っておいた。
n

2月20日(月) 野鳥の取り分

畑の雪もだいぶ解けてきて、雪の下からキャベツが顔を出す。
それを待っていたかのように、ヒヨドリやムクドリがやってきて、食べまくっている。
n
でも大丈夫!人間の取り分には、しっかりとビニールシートが掛けてあるから。

2月3日(金) シメ

朝方、昨日新たに降った雪掻きをする。
ざっと終えて、事務所に入ろうとしたら、
事務所のドアの前にスズメとヒヨドリの中間位の大きさの鳥を見つけた。
淡いグレーの襟巻がかわいらしい『シメ』だ。
この辺りでは、あまり目にすることができない鳥で、間近かで見たのは初めて。
n
昨日の吹雪で体力も尽きたか、動かない。
そう言えば、この冬は忙しさにかまけて、野施行をしてなかったなぁ・・・。
この天気が晴れたら、あちこちに、野鳥の餌をまいてあげよう。

2月2日(木) ホワイトアウト

 一日中暴風雪警報が出て、新幹線も飛行機も止まった。
吹雪で、時折視野がまるっきり見えなくなることも。
事務所の前の道も人跡が消えた。
外へ出かける仕事が無くて助かった。
こんな日はどこへも出かけず、静かにしているに限る。
n

1月21日(土) 運動不足解消

何となく体が重たい気がする。
雪に振り込められて、かなり運動不足になっているようだ。
一日300歩も歩いてないかもしれない。
このままではだめだ。
春になって、スムースに畑仕事に取り掛かれるだけの筋力は維持しておかないと。
ということで、年明けからステッパーを踏み始めた。
ステッパーは、健康オタクだった父の形見。
もう10年も眠っていたものだけど、このあたりで日の目を見せてあげよう。
目標は、一日通算300回。
体を捻ると倒すに腕の動きをプラスすると、筋力増強にもなるらしい。
20日続けての実感・・・前かがみにならなくなってきた!
なかなかいいかも。

1月19日(木) キャベツの掘り出し

 名古屋コーチンの餌にする青菜がなくなったので、畑に探しに行く。
あたりは一面の雪景色。
n n
30センチの雪をかき分け、紫キャベツ2個ゲット。
これで10日は持ってくれるかなぁ。

1月16日(月)保温対策

簡易ハウスの植物たちに、10日に一度の水遣りをしようとしたら、
中に置いてあったバケツの水が、ガンガンに凍りついていた。
寒に入り、零下になる日はまだまだ続きそう。
せめてもの保温対策。
獅子柚子や晩白柚、フェイジョアを、藁で囲ってあげた。
n

1月14日(土) 寒波襲来中

n
お客用に事務所の前だけは、駐車スペースを確保しておきたいが、腰が・・・痛い。
積雪早や30cm。
しかも、この先の週間天気予報には、ずらり雪ダルママークが並んでいる。

1月11日(水)一晩で

n
石灯籠に20cm。
一番の冷え込みで、事務所の屋根からは見事な氷柱が。
n

1月7日(土) 七草

我が家の七草は、全部自家製。
高菜、冬菜、チンゲン菜、からし菜、ルッコラ、パセリ、ブロッコリー。
畑にある青菜7種で間に合わせる。
n n
小寒の頃に咲くのは、枇杷だけかと思っていたら、
今年はブロッコリーの花が満開。
n
でも今週の天気予報は、雪だるまマークばかり。
遅ればせながら、雪に閉じ込められる日々がやって来ると思うと、ちょっと憂鬱になる。

去年のように、雪が少なくてよかったとホッとしていたら、
3シーズンで降水量の辻褄を合わされてしまい、
ぐずつき気味の天気のせいで、野菜が生育不良だったなんてこともある。
だから、雪は降る時に降ってもらわないと、実は困るのだ。

1月3日(火) ネーブル&獅子柚子ピール

お歳暮のみかんも消費しきれないでいるところへ、 アメリカの従弟からたくさんのネーブルが送られてきた。 おいしいうち何とかしなくてはと、 家で取れた最後の獅子柚子とネーブルを丸ごと使ってピールを作ることにする。 くし形に薄切りしたものを、3回茹でこぼし、水に晒す。
n 砂糖の糖度を上げながら二日間かけて煮詰め、 ドライフードメーカーで乾燥させて、飴色ピールの出来上がり。 ブラックコーヒーと相性抜群で、病みつきになる味です。
n

1月1日(日) 元旦

二階の窓から初日の出を拝む。
雪のない穏やかな正月です。
n

12月31日(土) 年越しそば

今年も大過なく穏やかに過ぎた一年だったことに感謝して、
友人が届けてくれた手打ち蕎麦で年越し。
n

12月28日(水) 諺じゃなくて

リアルに飼い犬から手を噛まれてしまった。
暗闇の中逃走してしまった柴犬クロを家に連れ戻そうとして、
不覚にも抱っこしたのが悪かった。
(柴犬は抱っこでパニックになるのを忘れていた)
抱っこしたまま、やっとのことで夫に渡したら、夫も噛まれて二人で負傷。
ふだんから長男扱いでかわいがっているのに!!
んもぅ~、家に入れたら無邪気に尻尾を振っている。
噛まれたのは右腕。
骨に響いて、鍋も持ち上げられない。
今年のお節料理は、簡単にするしかないか。

12月23日(金) 今年最後

アシード農園の今年最後の野菜の宅配は、
キウイとリンゴのジャムと、獅子柚子のマーマレード。
n

12月18日(日) 手仕事

 何年か前にむち打ちを患ってから、
気温が下がると頭が締め付けられるように苦しく、冬には帽子が離せない。
今被っているお気に入りは、もうふた冬目で、人前に晒すのはそろそろ辛くなってきた。
というわけで、実家に泊まりに行って、
壊れたテープを始終巻き戻しているような母の話に合いづちを打っているうち、
ベレー帽が一つできちゃった。
n

12月11日(日) 長靴通勤

 昨日の夜から、本格的な雪になる。
n
母屋から事務所までわずか35歩でも、長靴じゃないと通えなくなる日々が始まった。

12月9日(金) 揃いました!

明日のおはなし錬成会のランチの自家製食材です。
n
メニューは、
・銀杏と胡桃のパン
・獅子柚子とキウイのジャム
・野菜(カボチャ、セロリアック、ポロネギ、ジャガイモ、タマネギ、ニンジン)のポタージュスープ
・ドライアップル

12月4日(日)獅子柚子レシピその2

ママレード。
柑橘類はすべてジャムと言わず“ママレード”というそうな。
ざく切りにしたものを三度茹でこぼし、40%の砂糖で煮詰める。
皮、中綿、身が混然一体となって、しかもきっちりと固く仕上がる。
ほんのり苦くて、さらりとした甘みがたまらなく癖になる。
もうスプーンが止まらない!
n
アラジンストーブはいいお仕事します。

11月29日(火) 陶芸大反省会

 仲間三人とやっている趣味の陶芸。
今年は、今までになくめり込んでしまって、通算7回窯焚きをした。
そして今日は、年一回の大反省会。
n
n
n
こうして並べてみると、焼き上がった直後は納得の作品でなかったものが、
時と共に変色し、いつの間にかいい味が出ていたりする。
割らずにおいてよかったと思う瞬間である。
n
秋刀魚皿も使い方次第ではけっこうおしゃれ。
前菜の、
・鰰の燻製アヒージョ風(妹のお手製!)
・オランダ産スモークチーズのエンダイブ巻き
・獅子柚子の砂糖煮

11月28日(月)獅子柚子レシピその⒈

あっさりと『砂糖煮』。
イチョウに切って二度ほど茹でこぼし、砂糖:日本酒:みりん=1:1:2
で煮詰めるだけ。
捨てるところは何もない。
ほろ苦くて酒のアテにおつです。
n

11月27日(日)果樹収穫

フェイジョア初収穫。
花がたくさん咲いた割に、三個とは寂しい。
n
キウイは、今年5キロ収穫した。
ていねいに摘果した割には、実は不揃いで、小さめ。
肥料不足だったかな。
n
獅子柚子は、7割がた色付いたら収穫時期だそう。
n
鉢植えは2年前収穫したことがあったが、露地植えは初めて。
12個のうち恐る恐るまずは4個。
とにかくデカくて、一個で1キロ近くある。
n
中身はグレープフルーツほどの大きさで、味も似たようなもの。
n

11月26日(土) 今年最後の花たち

n
ガッチリ氷が張るようになって、畑の花たちも、一気に終わりになる。

11月25日(金) つや姫発送

田の神上げが終わると、家の田んぼで取れた米を、お世話になった方々に発送する。
つや姫はブランド化促進で、栽培面積が限られているため、殆どは贈答用に使われる。
n

11月24日(木) 田の神上げ

23日は、田んぼの神様にお帰りいただく”田の神上げ“日。
お神酒と御馳走を上げて収穫に感謝し、神様をねぎらう。
今年は、仕事で23日の夜に時間が取れなかったので、
神様に御免していただいて、一日遅れで実施となった。
n

11月17日(木) 秋ジャガイモ収穫

去年、二期作栽培で大成功したジャガイモ。
味を占めて、今年も挑戦したが、
ネズミの被害がひどく、全部食われる前に収穫することに。
予定より二週間は早いので、芋の大きさは小粒な上、味も熟してなくて水っぽい。
n
収穫できたのは、たったこれだけ…
あと、この四倍は取れるはずだった。
n
この広さの畑だもの。

11月15日(火) スーパームーンリベンジ

n

11月14日(月) スーパームーン

雲の切れ間から、一瞬顔をのぞかせた。
n

11月13日(日)最高の紅葉

今年の秋は、ずっとぐずついた天気が続いて、
畑の成果は良くなかったが、庭の紅葉は今までになく綺麗。
n

11月12日(土) 例年より遅く

雪囲い作業終了。
n
今年の秋は晴天の日が少なくて、落ち葉掃きもままならず、積もりまくっている。
n

11月7日(月) ネズ忌避剤

今年の冬は、豪雪なのだろうか?
ニンジン、チコリ、サツマイモ、ジャガイモ・・・秋からネズミの被害が広がっている。
犬がいるので、薬剤は使いたくないと、殺鼠剤ではなく、忌避剤を作って見た。
n
穀物酢に刻んだ鷹の爪を入れて出来上がり。
顔を近づけただけで、咳と涙が出てくるほど強烈!
これを被害を受けそうな野菜の株元に埋めていく。
ちょっと手遅れ感があるけれど、来年のためにも、兎に角試してみよう。
明日はまた天気が悪くなるという予報が出たので、
何としても今日のうちにと、タマネギ植えをがんばる。
今年は去年の半分で、500本。月が出る頃やっと作業が終わった。
n n

11月5日(土) 貴重な農作業日和

早朝、畑で作業をしていると、白鳥たちがうるさいほど鳴き交わしながら、
最上川河口から、庄内平野の田んぼ目指して出勤していく。
n
羽越線を走る列車の音と、港に停泊している船の汽笛が近くに聞こえる。
空気が一段と澄んで、冷たさを増してきた。
久しぶりの天気に、農作業や冬支度が捗る。
芭蕉の雪囲いは、茎を130cmでカットし、もみ殻で埋め尽くす。
わけても困難な作業で、体力があと何年続くやら。
n
低温で、芭蕉の実の成長もこれで限界。
n

11月3日(木) 雪囲い開始日のはずが

例年なら、雪囲いを始める日。
それなのに、朝から暴風警報が出、雨が降ったりやんだりですっきりしない。
お昼頃の一瞬青空が見えたが、あとは横殴りの雨と風。
庭のケヤキの葉もだいぶ吹き飛んだ。
n
地面がぐちゃぐちゃなので、雪囲い作業は見送りに。
これからは、寒くなる一方だし、遅れる分、冬支度もしんどくなる。
考えただけでも憂鬱。
おまけに、秋の天候不順で、作物の出来も今一つ。
木いちごは、収穫する前にみんな腐ってしまって、ジャムは一度もできなかった。
サツマイモはネズミに食われ、ニンジンは発芽前に雨で流されと、散々なことが続いた。
かろうじて、キャベツと大根は収穫までこぎつけたけれど、
日照不足で味は今一つというところ。
n n

10月29日 (土) 冬近し

ニュージーランドへ行った次女から、
お土産にとポッサムと羊毛のセーターと帽子が届いた。
なめらかな手触りで、軽くあったか~い。
n
事務所では、ストーブを焚き始めた。
n
熱々の焼き芋と、ふわっふわの紅茶ラテが恋しい季節。
n
外からも内からも温めて厳しい冬に備えなくては。

10月27日(木) 実は獅子柚子は

ユズという名前がついているが、ミカン科ミカン属ブンタン類だそう。
確かに実は巨大で、子どもの頭ほどもあるので頷ける。
ほんのり色付いて、収穫まであと一月ほどか。
n

10月21日(金) 10月の畑点描

そろそろお終い。
n白ナス
nズッキーニ
こぼれ苗の移植。これらの花が咲くころは、もう春です。
nコリアンダー
nカモミール
nエンダイブ

10月20日(木) 第20回会員展

主催する篆刻刻字研究会の会員展が、今年も出羽遊心館で開かれた。
n n
会員も年々高齢化する一方だが、何とか例年通りの規模を保てたのは何よりだった。

10月15日(土) 木挽きの仕事

庭の栓の木が枯れてしまった。
樹齢100年は経ったと思われるかなりの大木だ。
大風が吹いて、家の屋根に倒れるとまずいというので、
9月に入ると木挽きに伐採を頼んでいたが、
この秋はずっと天候不順で、作業に来てもらえずにいた。
このまま冬を迎えるかと思っていたら、急遽半日で伐採するという連絡が入った。
n
チェーンソーで、二人がかりで下へ下へと、何回にも分けて、幹を裁断していく。
午後一で取り掛かって、暗くなる前になんとか作業を終えた。
痛々しい切り口に、ちょうど夕日が乗っかり、栓の木のお弔いのようになった。
ご苦労様!長いこと暴風から家屋敷を守ってくれて。
n

10月9日(日) 

ジャガイモが開花したというのに、またもや朝からぐずぐずした天気。
加えて台風並みの風が吹く。
防風のための不織布は、そのまま霜よけに代わるだろう。
n

10月8日(土) 大ショック!

n
柴犬クロちゃん、朝のお散歩の後は、芋掘りのお手伝い。
n
鼻の頭を泥だらけにして、ラッセルするも、出てくるのは殆どネズミに食われたものばかり。
n
一畝にたった一本のところもあって、真ともに収穫できたのは、ほんの一割。
畑の被害としては、今年最大級だ。
n
ネズミたち、まさかサトイモまでは食わないと思うが、万が一ということもある。
n
さっさと掘って、とっととほしい人に送ってしまおう。

10月7日(金) 天候不順

長雨と日照不足で、柿の落下が止まらない。
n

10月3日(月) 再生力抜群

イタリア野菜ノプンタレッラ。
花が咲いた後、根を残して切り詰めると、見事に再生します。
n n
ほろ苦い葉と茎は、柔らかいうちにサラダや炒め物に。
どう見たってタンポポ!
タンポポも食べたら同じような味がするのだろうか。

10月1日(土) 色付く野菜たち

n鷹の爪
nバナナピーマン
n万願寺唐辛子

9月30日(金)収穫時

nハトムギ
n胡桃

9月29日(木) 燻炭作り

稲刈りが始まると同時に、頼んでおいた籾殻が大量に届く。
秋の天気が変わりやすいので、ぐずぐずしていられない。
天気のいい風のない日は、早朝から燻炭作りだ。
n
籾殻の焼けるいい香りがあたり一面漂う間に、短い秋が過ぎていく。

9月25日(日) 秋の花たち

n

9月24(土) 枝豆コンパニオン

根粒細菌で、地力を増してくれるありがたい枝豆。
n
今年は、いろんな野菜のコンパニオンプランツとして活躍してもらった。
おかげで大甘唐辛子、オクラ、大根、ポロネギなどが、とてもうまく育った。
野菜の成長に合わせて、何度も種まきしたので、枝豆は優に10月までも食べられそうだ。

9月23日(金) 秋の山の恵み

毎年生産者の方に頼んでおくサルナシと山ブドウ。
長い冬の間の楽しみに、果実酒とジャムに加工しておく。
n

9月15日(木) 赤紫蘇ジュース

いつも野菜を届けている仕立て屋さんが、
毎年、夏バテ防止のために、赤紫蘇ジュースを作る。
n
いくら多くてもいいというので、今年は赤紫蘇の栽培面積を二坪に増やした。
地上部を15センチほど残して刈り取った後、施肥しておくと、けっこう再生してくる。
五度目あたりで花が咲きそうになったので、もはやこれまでと思い、
最後の刈り取りをして、我が家用にジュースを作る。
葉を揉みだしてあく抜きした後、熱湯で茹で、茹で汁に砂糖を入れて煮詰め、
クエン酸を添加して出来上がり。
焼酎割りして飲むと、ほんのり甘くて、病みつきになる。
n

9月14日(水)

冬場のための薪造りもぬかりなく。
n

9月13日 (火) マイクロミニスイカ

こぼれ種で出てきた日陰の西瓜。
小さいなりにがんばって実までつけた。
芽を出したからには、何が何でも子孫を残そうという根性には頭が下がる。
n n

9月12日(月) ロッサビアンコ

イタリア野菜のロッサビアンコ。
去年、種から育てて、食べきれないほど収穫できた。
今年は、採種もうまくいって、結実までは順調だったが、
一部立ち枯れ病になったり、好天に恵まれなかったりで、思ったほど結実しない。
自家採種もまずかったのだろうか。
n

9月1日(木) 天気予報では

9月に入っても、真夏日は続く模様。
とは言え、ここそこに秋の気配がする。
n
バラは、鮮やかさを増し、秋海棠は今が盛り。
n
この前、ジャム作りが終わってホッとしたばかりの二季成りラズベリーが、
あっという間に実をつけた。
n
何か、急かされる気分だなぁ・・・

8月31日(水) 台風一過

台風が通り過ぎて、朝からピッカピカの晴天。
n
台風10号は、大雨で、岩手や北海道は死者が出るほど甚大な被害をもたらした。
幸い、山形は、奥羽山脈に守られたようで、
うちの畑もヒマワリが枝豆の上に倒れたくらいで済んだが、秋の天気には何かと気をもむ。
n

8月28日(月) 迷走台風

台風10号が、史上初の太平洋側からの襲来だそうで、ニュースが喧しい。
備えあれば憂いなし。
ハロウィンパンプキン、キャベツ、白菜、大根、地這いキュウリなど、
これから収穫を迎える野菜たちに暴風対策を施す。
n n

8月21日(日) ニューフェイス

煮豆の中で最高においしいという評判のトラ豆です。
n n
虎の模様と言われてみれば、たしかにね。

8月18日(木) 台風一過

久しぶりにまとまった雨が降り、畑もホッと一息。
n
大根が順調に芽を出し、ハロウィンカボチャもすくすく。
n n
台風は恵みの雨をもたらした一方、収穫前のリンゴを落としていった。
紅玉にしては、まだまだ赤みが足りないが、味は思いのほか甘みがあっておいしかった
n

8月15日(月) どうしてどうして

立派なものですよ。芽欠きして捨てるところを挿し芽して育てたミニトマト。
いわば暖簾分けみたいなものです。味も本家本元とちっとも変わりません。
n

8月14日(日)時期は守る

お盆すぎたら、何をさておいてもやらねばならない作業。
n
キャベツと白菜の植え付け。大根の種まき。

8月12日(金) 水涸れ

今日も朝からピッカピカの晴天。
n
井戸水が涸れてしまったせいで、野菜に十分灌水できなくなった。
いちばん被害が目立つのは、葉の面積の広い里芋で、もう瀕死。
n
こうなったら、水道代がどうのこうのと言ってられない。
水道水を積めるだけ積んで畑を往復。
50キロの積載量に、ボロ一輪車は底が抜けそう。
いい加減に人雨降ってくれないと、腕もバリバリで身体も持ちそうにない。
n

8月10日(水)勝負ご飯

外に仕事に行くときは、
ふだんの二倍くらいガッツリご飯を食べないといけないので、
いつも名古屋コーチンのたまかけご飯。
ミョウガのかきたま汁、紫キャベツの酢キャベツ、平莢インゲンのピーナッツ和え。
今日は山形市、がんばろう!
n
名古屋コーチンは、毎日イタリアメロンがデザートです。
人間には物足りない甘さでも、大喜び。
n

8月8日(月) まぁ!久しぶり

 雨水をためている貯水槽に拳ほどのカエルがいた。
生のカエルを見るなんて、何十年ぶりだろう。
近づいても全く動く気配が無い。
珍しいので、カメラを撮りまくる。
n
図鑑で調べたら、『ダルマガエル』とのこと。
しばらくは、ここが棲家となりそうだ。
n

8月6日(土)恐れていたことが現実に

連日30度超えの暑さが続く。
農園の野菜は種類が多い。
井戸の水涸れを避けて、乾燥に弱いものだけに選んで灌水してきた。
n
いちばん水を欲するのが里芋類。
n
こうも日照りが続くと、さすがに朝毎晩ジョロ二つの水遣りもしんどくなってきた。
畑の真ん中にある貯水槽から、里芋畑までホースを伸ばしたのはいいけれど、
n n
水が桶に半分も満たないうちに、井戸水が涸れてしまった。
n
台風は困るが、適度な雨は欲しい!
その一方で、水なんか無くたって全然平気な奴もいる。
あと20日もしたら、ロッサビアンコ天国になる予感。
n

8月5日(金)どんどんでかくなりすぎる

n獅子柚子
nながちゃんカボチャ
nズッキーニ
nはぐら瓜

8月4日(木)季節はどんどん進む

n
ついこの間、ジャム作りしたと思ったラズベリーが、
あっという間に、また実をつけた。
n
黄インゲンは、収穫が追い付かなくて、豆になってしまった。

8月3日(水)ネットメロン

n
簡単に露地栽培ができるという触れ込みの『サンライズ』
4個収穫です。
初めての栽培なので、食べ頃がわからない。
とりあえず一個、採りたてに包丁を入れて味見してみる。
ややガツガツしていて甘みも薄い。
というので、レストランのように生ハムを載せてみた。
さらりとした塩味が、甘みを呼んで、なかなか上品な味だ。
n
こちらは『プラチナコーン』
ただ甘いだけで、今一つトウモロコシの風味に欠ける。
n

8月2日(火)産直便

野菜が収穫最盛期に入った。
キュウリ、ミョウガ、バナナピーマン、万願寺唐辛子、ミニトマト、
ナス、シソ、オクラ、タマネギ、ジャガイモ。
本日は、佐賀、松本、相模原の友人に宅配。
n

7月31日(日)太陽熱土壌消毒

畑一面を黒ビニールで覆って、太陽の熱で土を消毒。
農薬を使わずに、害虫や病原菌をやっつける。
n
8月末には、ここにジャガイモを植え付ける。

7月30日(土)収穫最盛期

n
ブラックベリーは酸味が強く、ジャムでしか食べられない。
n
収穫のタイミングが難しい露地メロンのサンライズ。
n
ブルーベリーは、毎年野鳥の餌に栽培しているようなもの。
n
漬物やかきたま汁で毎日食べたい夏ミョウガ。

7月29日(金)梅雨明け宣言

平年より4日遅いとか。
夏らしい花が咲きそろう。
n
分枝系ヒマワリ大雪山
n
9月にしか咲き出さなかった西洋系朝顔ヘブンリーブル―が改良され、
早咲きのカレドニアブル―となって登場。
やっぱりこの色は、盛夏にピッタリ。
n
オキシペタラムはブラジル南部原産の夏花。
ベビーブルーはなかなか見かけない色だ。
n
暑い時期に暑苦しく咲くカノコユリ。

7月28日(木)ニンジンリベンジ

n
野菜栽培の中で難しい部類に入るニンジン。
毎年挑戦するが、なかなかうまくいったためしがない。
n
蒔いた後は、平手でバンバン叩いて、土を鎮圧し、種を落ち着かせる。
この後、発芽まで、水を切らさないようにするのがポイント。
めげずにリベンジするも、収穫は11月上旬。
季節は容赦なく移っていくなぁ・・・。

7月27日(火)失敗作あれこれ

n
植えて6年目のスモモ。
冬場三回消毒すべきところを、二回しかしなかったので、害虫と病気で寂しい収穫。
n
キャベツは密植し過ぎで巻かずじまい。
トウモロコシは、受粉の頃雨が続き実入りが悪い。
ニンジンは、播種時に大雨で種が流され一割の収穫。

7月25日(月)早朝点描

日中は高温になるので、畑仕事はもっぱら早朝。
4時半ごろだと、生き物たちの動きも鈍く、カメラにすんなり写ってくれる。
nアオスジアゲハ
nニイニイゼミ
n生まれる一方で、早くも命尽きたものも。
n収穫も朝のうちに。

7月23日(土)明日は

地域の一斉野外消毒の日。
やっと熟し始めたブラックベリーをできるだけ収穫する。
n 
砂糖を掛けて、半日たってから煮て、種を裏ごしし煮詰めると、
無添加ジャムの出来上がり。
n
抗がん作用があり、若返りや美白にもいいらしい!

7月22日(金)秋野菜の準備

ルッコラとチコリ播種。
n 
そして、これを口にする頃は、もう秋。
季節はどんどん進みます。

7月21日(木)カラス対策

その1.トマトの風車
n 
その2.トウモロコシのネット
n
何かと頭を使わなくてはなりません。

7月20日(水)果実酒ベスト3

年間10種類以上作る果実酒。総合ランキングベスト3は、
サルナシ種、ボケ種、そしてこのハスカップ酒。
n 
色と風味はなかなか。
でも、ハスカップは収穫量が少ないので、ちびりちびりしか飲めない。

7月18日(月)お手軽増産

n 
脇芽を欠いたトマトを挿し木したら、見事に活着。
更に15本のトマトが収穫できることになった。

7月17日(日)ニューフェイスな作物たち

nサンライズメロン  
nイタリアメロン
nイタリア黄莢インゲン
nハト麦
n赤豆三尺ササゲ 
nハロウィンパンプキンズッカ

7月14日(木)花盛り

n黄花コスモス 
nアピオス

7月13日(水)ジャム作りは続く

 ラズベリーが終わったと思ったら、今度はブラックベリーの季節です。
n

7月7日(木)新種かと思ったが

n
家の周りで、今まで4種類のカミキリムシに出合った。
きょう玄関に侵入してきたのは、ニューフェイス。
わくわくして図鑑を調べるが、意外と普通にいる種類だった。
キボシカミキリ。

7月5日(火)大雨の予報が出ました

大慌てで、タマネギを吊るし、
n
ジャガイモを掘り上げる。
n
今年は、十勝こがねとキタアカリが畑ネズミに食われて散々だった。
来年からは、赤いデストロイヤー種を多く植えよう。

7月2日(金)朝仕事

 明日からまた雨ふりだというので、今朝は5時から8時まで朝仕事。
n
一輪車一台分の草を取り、
nイタリアメロンの摘心
n青ウリの整枝
n里芋の土寄せ
nズッキーニの受粉
nハロウィンパンプキンの種まき
n黄インゲン収穫
畑にいると、作業することが次々出てきて、どんどん朝ご飯が遠くなる。
雨が降らなきゃ4時半起床の日々。
これで痩せないわけがない。

6月29日(木)窯出し反省会

 年に何回か、陶芸が趣味の友人二人と、焼き物を焼いている。
そして、窯出しの後は、一席設け、出来立ての作品を鑑賞しながらの大反省会となる。
殆どの食材は、畑にあるもの。
n n
本日の献立は、小粒ジャガイモの丸ごと煮、ポテトサラダ、オカヒジキとスモークチキンの辛し和え、
ハナニラのカツオ醤油、ツルナの胡桃和え、南禅寺の山椒の実添え、キュウリとショウガの漬物、
てんぷら(サヤエンドウ、ゴボウ、荏胡麻、ナス、万願寺唐辛子)
ナスのシギ焼、ズッキーニのチーズ焼き、小玉ねぎと豚肉の角煮。
n
今回は、出来が良くなかったので、酒が捗った。
そして、反省点を忘れないうちに、また作品を作ろうということになって、
一か月後にまた窯焼きをすることになった。

6月26日(月)怒り心頭

カラスの食害は、キュウリにとどまらず、
カボチャ、ズッキーニ、ナスと拡大していく。
せっかく順調に実がなりだしたのに、もう憎らしいったらありゃしない!
大体4羽一組になって、畑にやってくる。
一羽は見張り役で、高い離れたところから、周囲を見回している。
そして、畑に人が入ってくると、大声で仲間に危険を知らせるのだ。
見事なまでの連係プレーだから、余計シャクにさわる。
n n
n
改めて周囲を見渡すと、あちこちの畑に防鳥ネットが張られている。
近年にない光景だ。

6月23日(土)キウイ摘果

n
摘果して実を大きくすれば、数は減る。
そのままにしておけば、実は小さい。
毎年悩むところではあるが、今年は大きい実を目指すことにした。

6月22日(金)ラズベリー最盛期

n n
毎日二瓶ずつのジャムができる。

6月21日(火)果樹順調

n
露地植えの獅子柚子が、今年初めて10個の実をつけた。
n
結局、紅玉リンゴは、五個結実した。
n
今年初めて植えたフェイジョアは、今が花盛り。
n
今年は、一本しか開花しなかったバショウ。

6月20日(月)ラズベリーの季節

n n
今年は、梅雨の晴れ間が多いので、いつになく収穫量が多い。
香りと風味は、圧倒的に草イチゴに勝る。

6月16日(木)ビワをめぐる攻防戦

n
袋を掛けて、なんちゃってカラスを置いても、
n
ものともせず、袋を破いて失敬していくやからがいる。
収穫するには少し早いが、酸味があるので、ジャムには最適。
n

6月11日(土)疑問

春先、アイスプラントの種を買って蒔いた。
柔らかい葉を摘んでサラダにして数回食べたところで、いきなり花が咲きだした。
これは、本当にアイスプラントだったのだろうか・・・?
n

6月9日(木)恨まれる覚えはないのに!

朝、畑のみ回りをした時、柿の枝に何かの気配を感じた。
目を凝らしてみると、親ガラスが一羽。
近づいて行っても、逃げる気配もない。
羽が折れて動けないようだ。
n n
気にはなったが、遠出の仕事があったので、そのまま出かけた。
夕方帰宅した時には、影も形もなく消えていた。
翌朝、からすが食い散らしたと思しきキュウリが6本、転がっていた。
n

6月9日(木)初夏の花

n n
ホタルブクロ
nユキノシタ
nドクダミ
nアジサイ
涼しげな花が目立ちます。

6月8日(水)コンパニオン始動

n
畑のあちこちで、ナスタチウムが咲き始めた。
野菜の間に植えておくと、病気や害虫を減らしてくれて有り難い。

6月4日(土)収穫の季節

nタマネギ
nラッキョウ、ニンニク
nズッキーニ
n n
山椒の実は、醤油漬けに。
n n
アイヌの不老長寿の木の実ハスカップは、収穫する先から果実酒に。

5月29日(日)留守の間に

次女の結婚式で、三日ほど家を空けていたら、
庭の花たちはあっという間に終わろうとしていた。
n除虫菊
nカモミール&コリアンダー
nバラ
nシャクヤク
不安は的中し、防鳥ネットを掛けたイチゴは、しっかり野鳥に食べられていた。
n
それでもいくつかは収穫して、ジャムを作る。
ちょうど、Eテレの『グレーテルのかまど』で、『漱石のジャム』というのをやっていたのでグッドタイミング。
グラニュー糖とレモンしか入っていないとびっきりのジャムができた。
ヨーグルトにかけたのがあんまりおいしくて、朝昼晩と、日に三回も食べ続ける日が続く。
n

5月22日(日)三日も家を空けると

天気も良かったせいで、畑はけっこう様変わりしていました。
nニンジンが発芽し、
nズッキーニは、雌花が付き、
nジャガイモは開花し、 
nアイスプラントは葉が増え、
庭は、様々の花が咲きだしていました。
nアヤメ
n黄アヤメ
n除虫菊  
nシャスターデージー 
nピンクパンサー  
nアガパンサス
nカモミール 
nコリアンダー
nカザグルマ 
nクレマチス
nミヤコワスレ
nタマスダレ
一年中で、一番花がにぎわう時期です。

5月19日(木)気がかり

仕事で、今日から3日間岩手行き。
農繁期にこんなに長期間家を空けることがないので、
芽出し最中の野菜の水遣りやら、色付き始めたイチゴのことやら、心配なことばかりです。
n

5月18日(水)疑問

植えてから初めて咲いた紅玉に、
相手がいなかったので、同属のカリンを受粉したら、どう見ても着果したようです!
さて…食べられる実になるのでしょうか??
n

5月17日(火)思ったより

 育てやすいアーモンドです。
植えて三年目で、摘果しなければならないほど、結実しました。
n n

5月5日(木)相手がいない!

植えて6年目のリンゴ紅玉が、初めて開花した。
薄紅色の花がとっても可憐だ。
n
そもそもは、実生フジリンゴが10年経ったので、
開花した時のために受粉樹として購入しておいたもの。
なのに、本家本元が花芽をつけなかったので、あだ花となってしまった。

5月3日 GW返上

 例年、GWは農作業に明け暮れる。
結婚して初めての帰省となった次女は、黙々と畑仕事を手伝ってくれた。
n
ジャガイモの芽欠きをし、
n
里芋を植え付け、
n
イチゴの受粉を済ませ、
n
ビワの袋かけをして帰っていった。
ふだん一人で働いている時は気づかないが、若い人と一緒に働くと、
自分がいかにロートルになってきたかを痛感する…。

4月29日(金)ザボンの移植

 もう20年近く前、
長崎に旅行した実家の父がお土産にと、ザボンの実を送ってくれた。
秋に、種を二つの植木鉢に埋めて置いたら、年を越してチューリップに咲くころ、芽を出した。
マイナス9度以下だと、枯死するというので、鉢植えで大事に育ててきたが、
一鉢はもう合うのがなくなるほど大きく育ってしまった。
仕方がないので、柚子のために作ってあった簡易温室に地植えすることに。
n
「桃栗三年柿八年柚子の大馬鹿十八年」
という諺があるくらい、柑橘類は結実が遅いらしい。
いつ花が咲くかわからないが、父の形見と思って、この先も大事に育てていこう。

4月28日(木)慈雨

キュウリ、トマト、ナス、ピーマン、里芋の移植がやっと終わった。
n
異常乾燥注意報が出ていたので、ありがたい雨ふりです。

4月22日(金)花盛り

nイチゴ
nハスカップ
nアーモンド 
nブロッコリー
花に見とれている暇もないくらい農作業が忙しい。
nジャガイモの芽欠き 
nズッキーニ移植
nサヤエンドウ移植
n畑から拾ったトマトのこぼれ種
nいくら忙しくても、番犬は見ているだけです。

4月10日(日)白モクレン見納め

せっかく満開になったのに、明日は雨の予報です。
n

4月9日(土)我が家の桜

開花宣言。
n
ちょうどいい具合に育ったヨモギがあちこちで目に付く。
そしたら、作るしかないでしょう!草餅。
ヨモギを蒸して、小豆を煮て・・・
n n
・・・出来上がりの写真撮る前に、みんな食べてしまいました。

4月3日(日)無情の雨

白モクレンは、やっと咲きそうになったところなのに。
n
満開の水仙にも。
n

4月2日(土)ジャガイモ植え付け

3日続いた晴天が今日までだというので、頑張ってジャガイモを植える。
丁度、長女が帰ってきていたので、戦力は1.5倍になり、3時間で150個植え付け完了。
例年より、二週間早い。
n

4月1日 早春点描

n
ミツバチがいなくなったせいで、梅の受粉は手作業でしなければならなくなった。
ブンブンいう羽音が聞こえなくなって、4,5年経ったろうか。
イチゴが蕾を持ち始めた。
この時期の手入れは、株元の土をかき回し、根に空気を送り込むこと。
どうやら冬眠中のカエルを起こしてしまったらしい。
n
パプリカは集合住宅から一戸建てへお引越し。
n n

3月27日(日)太陽の代わり

 3月初めに蒔いたキャベツ、パプリカ、ネギの野菜たち。
ヒート板のおかげで、発芽までは順調だったのに、
日照不足のせいで、今だもって双葉も出てこない。
t
ここに来て、大分日照時間が増してきたが、外気温が低くて、まだ外へは出せない。
4月20日ころまでは、しっかりした苗に育て上げて、畑へ植えられるようにしなければ。
というわけで、強力な助っ人を頼みました。
野菜用のLED照明です。
窓からの光なんて比べ物にならないくらい明るい。
効果は如何に?

3月18日(金)耕運機始動

水仙の花が咲きだす頃になると、耕運機が仕事開始になる。
n
ちょっともったいないけど、畑を空けるため、冬越しキャベツを一気に5個収穫。
n
外葉を、名古屋コーチンの餌にしたら、大人気で奪い合いするほどだった。
n
一時間かけて、フカフカの畑ができた。
後は、天気を見計らって、ジャガイモの植え付ける予定。

3月18日(金)記念樹

我が家は、何かあると記念樹を称して、果樹を植えてきた。
由緒が判明しているのは、
夫の誕生記念の栗、姉は無花果、長女は誕生の時はプルーンとキウイ、結婚の時はアーモンド。
次女誕生には木苺とブルーベリー。
退職記念には、銀杏と杏と李と小梅。
他に、何の名目で植えたかわからなくなっているので、
もはや記念樹と呼べないような、
サルナシ、柚子、カリン、マルメロ、枇杷、リンゴ、サジー、ケンポナシ、杜仲、ハスカップなど。
土地があるからか、ことあるごとに何か植えたくなってしまう家系らしい。

2月に次女が結婚した。
当然何かは植えねばというわけで、いろいろ調べ、
花が美しく実もおいしく手もかからなくて、いいことずくめのフェイジョアと、
ポリフェノール豊富なカシスに決めた。
ネットで購入し、雪が消えるまで温室に待機させ、
20度近く気温が上がった今日、地面におろした。
n n
立派な枝ぶりで、今年から花が咲きそう。
うれしい予感がする。

3月10日(日)パプリカ

1日に播種した野菜たち。
発芽まで、キャベツとチコリは二日。ネギとエダマメは4日。
n
パプリカは、やっと今日。
芽が出るのも遅ければ、苗になるのもあきれるほどゆっくりだ。
でも、その分、霜が降るころまで収穫できるから、文句は言えないか。

3月8日(火)ヒヤシンス

確実に春の気配を目で確かめたくて、やっぱり今年も買ってしまった。
香りがいいから、白と決めているのだが、今年は、咲いてみたらクリーム色だった。
同じような香りかも。
n

3月5日(土)啓蟄

 久々の青空。
待っていたように、フクジュソウが開花した。
n
畑では、雪にしたから、野菜たちが一斉に現れた。
雪の季節は生きものたちも餌探しに必死だったらしい。
キャベツの一番おいしいところが、そっくり無くなっていた。
おそらく、畑ネズミの仕業。
n
雪が消えると、畑事始めになる。
ラッキョウ、タマネギ、ニンニクは、覆っていた不織布を剥いで、追肥。
雪に潰されて、見るからにメタメタですが、心配ご無用。
二回の追肥で、見事にシャンとなるのです。
n n
イチゴは、追肥してビニールマルチ。
n
急に外仕事始めたら、身体の節々が痛い。
やっぱり冬の間、楽していた分、身体が鈍ってしまっているなぁ。

3月1日(火)今年は早め

 例年より二週間以上早く、芽出し用ヒート板を使用して播種。
エダマメ、キャベツ、紫キャベツ、チコリ、パプリカ、十国ネギを、ほんのちょっぴりずつ。
n n
キャベツとチコリは、とても早くて、二日で発芽する。

2月27日(土)三歩進んで二歩下がる

雨が降って雪が消えて、また雪が降って…の繰り返しが続くこの頃。
この冬は暖冬のはずじゃなかったんだっけ?
n

2月19日(金)待っていたように

雪の下からいきなり現れる春の花たち。
nヒマラヤユキノシタ
nクリスマスローズ
nフクジュソウ
そして、畑の野菜たちも、雪の重みに耐えていたとは思えないような復活ぶり。
nイチゴ 
nチコリ
n壬生菜
このまま、即、春!とはいかないだろうけど、雪が降ってもたかが知れてるかな。

2月15日(月)雪融け

雨が続いて、どんどん雪融けが進む。
晴れ間を縫って、果樹の選定と消毒作業を進める。
n

1月29日(金)寒中お見舞い申し上げます

寒の頃は、野鳥たちが餌を取るのも困難になってくる。
そこで恒例の野施行の開始です。
n
土蔵の前にぶら下がっているのは、一昨年の干し柿。
いよいよ食べるものが無くなったと見えて、ヒヨドリが毎朝つつきに来る。
上から几帳面に食べていって、もう先端の方しか残っていない。
シジュウカラ、ヤマガラ、メジロなどがやってくるのが、キッチンの窓からよく見える。
カメラのシャッターを押そうとした瞬間を待って、逃げていかれちゃうのが残念。
この時期、畑から、名古屋コーチンに食べさせる餌を見つけるのが一苦労。
今日はトンネルの中から、『つぼみっ娘』を掘りだす。
n n
ザーサイの仲間です。
外側は、名古屋コーチンにあげて、人間が内側を食べます。
n n
これがちょっと珍しい野菜です。
葉の内側に一つずつ育った子どもを食べるのです。
多産系で一株から、10個以上の子どもができます。
天ぷら、漬物、サラダ、炒め物と、何にしてもおいしい。

1月28日(木)着々準備

春になったら育てる野菜の種を、少しずつそろえていく。
冬籠り中の最大の楽しみ。
n
「これってどうやって食べるの?」
そう言われるのが楽しみなニューフェイスたちです。

1月27日(水)積雪35センチ

母屋から出て、右は事務所への道。左の畑への道は途切れている。
n

1月21日(木)冬籠り

正月気分がぬけたら、寒波襲来。
低温続きの中、古いストーブで一酸化炭素中毒騒ぎがあったので、新しいのを購入する。
n
炎が何層もの虹の輪っかになっていて美しい。

12月24日(木)雪のないクリスマスイブ

ぴっかぴかの青空。
n
水仙が開花した。
n

12月22日(火)冬至

カボチャも柚子も自家製で。
n

12月4日(金)芸術家たちの反省会メニュー

書家と陶芸家の仲間が集まって、年間反省会。
懇親会のメニューは、大体は畑の食材で賄う。
チコリ、エンダイブ、ニンジン、パプリカ、高菜、ジャガイモ、
大根、柚子、ヤツガシラ、銀杏、コリアンダー、シュンギク、ルッコラ
n
n煮豚
nイタリアンサラダ
nふろふき大根の柚子味噌
nヤツガシラの芋煮汁
nポテトサラダ、ポテトチップス、名古屋コーチンの茶碗蒸し

11月30日(月)松の勧進

羽黒三山神社の松の勧進で、山伏さんがいらっしゃいました。
大晦日に羽黒山山頂で行われる「松例祭」を賄う浄財を募るのです。
ご寄進すると、ほら貝を吹いて、お札を置いて行かれます。
お願いしたら、ニコニコと撮影に応じて下さいました。
n

11月29日(日)暴風の季節

がっちり抑えをしても、暴風にはひとたまりもない。
風のため剥がされたのは、三回目のザーサイ。
n
風速30メーターでは、殆どの作物がボロボロ。
いい機会なので、食料にならない作物は、撤去にかかる。
コンパニオンプランツのマリーゴールドとナスタチュームもご苦労さん。
来年のために、こぼれ種はそのままに。
n n

11月25日(水)二期作ジャガイモ大成功

n
春植えよりも立派なものができた。これは、大阪の居酒屋さんに送る分。
n n
最終的に柚子ハウスは、波トタンで囲われ、温室になった。
中はかんきつ類や観葉植物の避寒場所に様変わり。

11月13日(金)二期作ジャガイモ

 東北では不可能と言われていたジャガイモの二期作栽培に成功。
春作よりも大きくて甘みもあり、数も同じくらいはある。
しかも、開花せず、葉茎も枯れず、芋だけが大きくなっているところがすごい。
周囲に聞いても、この辺りで二期作なんて聞いたことが無いという。
n
やはり、温暖化のせいなんだろうか・・・?

11月7日(土)雪囲い

穏やかな日が続くと、外仕事が捗っていいが、
身体はミシミシいって疲労が溜まっていく。
今日は、屋敷の周りを防風ネットで覆う雪囲い作業。
n
どこもかしこも落ち葉だらけ。
n
nクロちゃんの運動場も。
n雪囲いの時期は、キウイの収穫時。
n今年は、7キロ取れました。

11月6日(金)野鳥たち

この季節、早朝になると、
白鳥たちが最上川河口から、庄内平野の水田に出勤していく。
n
二三日前から、鳴き交わす白鳥たちの声に混じって、
キツツキのドラミングが聞こえてきた。
n n
ポプラとイチョウの朽木を軽快に叩いている。
中が空洞なので、とても良く響き渡る。

11月5日(木)柚子ハウス完成

露地栽培の柚子が、例年冬場の暴風のせいで落葉し、
いつまでたっても結実する気配がない。
去年は少し手をかけて、ビニールトンネルにしたら、落葉は防げた。
今年は少しグレードアップね、と思っていたら、
波トタンをかけて周囲を防風ネットで覆っただけの簡易ハウス。
ちょっとした温室くらいにはなるのかと、期待していたのに・・・
n
こちらは、同じ時期に植えた鉢植えの獅子柚子。今年は3個結実した。
n

11月4日(水)ネズミの仕業?

n
二期作ジャガイモの親芋が食べられて、跡形もなくなっていた。

11月3日(火)秋野菜栽培状況

レタスの仲間エンダイブはものすごく苦い。
葉先を輪ゴムで縛って、日光を当てないようにしたら、
見事に色がぬけて、軟化栽培がうまくいった。
ただし、苦味はそのまま。
でも、苦いほうが好き!という人もいるから、せっせと葉先を束ねていく。
n
ここに来て、20度前後の穏やかな日が続いているせいで、葉物野菜は至極順調。
nビニールトンネル栽培の茎シュンギク。
n壬生菜とパクチョイ。
n体菜(杓子菜)
n結球高菜

10月26日(月)今朝の収穫

n
第二弾のハロウィンパンプキン。誰かにあげるには、時期が遅すぎた。
n
茎ブロッコリー、パプリカ、イタリアナス、コリアンダー、エンダイブ、大根、里芋

10月25日(日)木枯らし

昨晩から、風速10メーターを超す風が吹き荒れている。
北海道は雪が降るという予報が出た。
ケヤキの葉が、降るように落ちてくる。
庭一面、枯葉のじゅうたんになる日も、もうすぐ。
n
春先の菜の花が見たくて、茎たち菜(アブラナ)の種を蒔く。
保温のための不織布が、いい働きをしてくれる。
n
仕事場の室温は、13度。
省エネ対策も兼ねて、防寒用に、ボアの室内履きを買った。
n

10月20日(火)移植の季節

去年8株購入して栽培してきたイチゴ。
ランナーで増殖させ、60株移植できた。
来年は、たくさんのイチゴジャムができそう。
n
フェンネル、パセリ、エンダイブ、チマサンチュ、カモミール。
こぼれ種で増えた苗を拾って移植する。
n
コリアンダーは、こぼれ種が、雑草のようにはびこって、手が付けられない。
n
タマネギは、苗を100株購入して、第一回目の移植が終わる。
あと、通販苗で600株植える予定。
n

10月18日(日)二度目の災難

n
以前、台風でボッキリ折れた梓の木。
脇から枝が出て、何年かかけて、花が咲くまで復活したのに、
最近の台風余波の大風のせいか、気付いた時には、側枝の一番太いのが折れていた。

今日、初霜が降りた。
例年より冬が早く来ている気がする。
n 

10月17日(土)秋の花たち

nローズマリー 
nマリーゴールド 
nナスタチューム   
nツワブキ

10月16日(金)最後の収穫

ケヤキの紅葉が始まると、野菜は次々最後の収穫時期になる。
n
nゴーヤは乾燥させてゴーヤ茶に。 
n金時豆は煮豆にして保存食に。
n
子どもの頭ほどになるロッサビアンコは、今年一番珍しがられた。
n n
秋の天候不順にたたられ、ラズベリーも例年より一カ月早く終わった。

10月8日(木)収穫あれこれ

ニューフェイスたち。
nホワイトピーマン
n霜降りササゲ
n八つ頭

そして、今日は、サツマイモ掘り。
愛犬クロちゃんに、ちょっとお手本を見せたら、すぐに芋掘りに夢中になった。
n n
n
意外な才能が見つかった。

10月7日(水)大風

台風崩れの大風がくるというので、片っ端から覆いをかける。
n
ジャガイモは難を逃れたが、ラフランスはけっこう落下した。
n
コンパニオンプランツのマリーゴールドやナスタチューム。
オクラやナスなど、面倒見るお相手がお終いになってきているのに、ますます元気だ。
n

10月6日(火)燻炭作り

近所の農家から、頼んでいたもみ殻が届いたので、早朝から燻炭作り。
n
無風の晴天の日でないとできない作業で、半日かけて、もみ殻を炭にする。
一面立ち込める香ばしい匂いに、冬の気配が混じっている。

10月5日(月)レース職人

n
白菜は、まるで精巧なレース編みのように、すき間だらけ。
しっかり防虫ネットを掛けていても、土中から湧いて出る虫たちには、手の施しようもない。
無農薬栽培の限界を思い知らされる。

10月2日(金)セロリアック

n n
肥料をたっぷり与え、雑草の中に埋もれさせ、地上を茂らせなかったのが幸いしたよう。
香りはセロリ、舌触りは、サトイモとジャガイモの中間のような感じで、おいしい。

10月1日(木)冬支度

n
鳥海山に初冠雪があった。
n
いつもの年より、二週間近く早く、白鳥が飛来した。

渋柿をさわす。
n

n
近所の田んぼでは、晴れ間を見ながら、稲刈りが、どんどん進む。
n
ストーブ用の薪も準備できた。
n
煙突周りの木の枝を払った。
もういつでも、ストーブに火入れできる。

9月30日(水)今朝の収穫

n
オクラ、とうもろこし、きゅうりは、最後の収穫。
紫大根初収穫。

9月20日(日)栗ご飯

今年の丹波栗は小粒で、少量。
たくさん採れたら、マロングラッセと思ったのに。
結局、茹で栗と、栗おこわになる。
n

9月19日(土)シルバーウィークのお客様

次女のところに、二番目が授かったとかで、帰省する際、連れてきた。
やんちゃ盛りで、一時もじっとしていない。
n
芸術作品の上もひょこひょこ飛び歩き、ひやひやし通し。
n
かわいいから怒れないんだけど、展覧会、近いのよね。

9月12日(土)久しぶりの青空

久しぶりに青空が見えた。
見上げれば、ナツメは色付き始め、
n
ヒマワリから、菊の季節に変わっていた。
n n
ハロウィンカボチャは第二ラウンドに入り、
n
だだちゃ豆は、ちょっと見ないうちに収穫最盛期を迎えた。
n
季節は、加速度的に進む。

この地は、最上川が近い。
以前、堤防が決壊し、浸水したこともあるという。
非難するとしたら、土蔵の二階か。
シュミレーションはしておかないと!

9月11日(金)採れすぎたナスは

採っても採っても、毎日採れるナスたち。
n
スライスして、片っ端から、ドライフードメーカーへ。
8時間かけてできた干しナスは、冬場の貴重な食糧となる。
n

9月8日(火)どこから侵入?

n
壁の葉祥明の額に、どこからか緑のツタが!
おなかが空いたか、羊さん。
仕事机の真上の壁なのです・・・

9月5日(土)前に進む季節

最近の気温の下がり具合が極端で、体がついていかない感じだ。
あったかい食べものが、身にしみる。
昼食は、圧力鍋で丸ごと煮込んだトロットロタマネギをベースにした、金山豚のラーメン。
お肉が、歯に当たった瞬間にほろほろ砕けて、旨すぎる!
しばらくは、外でお金を出して、ラーメンは食べなくていい。
n
気が付けば、胡桃はどっさり落ちているし、木イチゴも端から色付いてきている。
20日前には、33度もあって、暑い暑いと言っていたのが、嘘のようだ。
n n
季節も時間も、前にしか進まない。

9月1日(火)夏野菜の始末

n
バナナマクワ。
大きさはあるが、気温が下がってきて、これから甘みはでない。
潔く撤去。

収穫して、一カ月たった長ちゃんカボチャに包丁を入れる。
3キロ近くあって、使い勝手がある。
スタンダードに甘辛煮と、デザートにカボチャ寒天。
実よりも三倍栄養があるという皮は唐揚げに。
これが、甘みと風味があって、一番おいしいかも。
n n
イタリア丸ナスのロッサビアンコ。
このところの雨続きで巨大化し、700グラム級がぞろぞろ。
中はしっかり種が入っていて、食べるとゴソゴソする。
うまく種が取れそうだ。
n n
というわけで、自家製種採種が、また一つ追加になった。
n
ハロウィンカボチャ。
なんとしても、ハロウィンの日まで持たせないといけない。
腐らないように、毎日扇風機で風を送り続ける。
n

8月28日(金)秋の気配

お盆すぎたら、秋が駆け足でやってくる気配がする。
n
秋海棠が優しげな花を咲かせ、秋一番乗り。
二季成りイチゴのインディアンサマーが、また赤くなり始めたので、
下草を刈って、風通しを良くし、倒伏防止の支柱を立てる。
初夏も良く実ったが、秋も雪が降るまでなり続ける。
n
ジャムは、秋採りの方が、きりっとしたいい味になるような気がする。

遅蒔きのトウモロコシの花が咲きだした。
種袋に記載してあった播種期間ぎりぎりセーフで蒔いたものだ。
n
春に蒔いて、余った種を片付けた格好だが、うまくいったらもうけもの。

8月26日(水)ジャガイモ二期作

野菜の苗や種は、大体通販で買う。
栽培する土地の適期に合わせて送ってくれるので、
ちょうどいい時期にHCに買いに行けない身としては非常に助かっている。
ある時、カタログを見ていたら、二期作用のジャガイモの種イモというのが目に留まった。
主に西日本以南の暖か地方でないと栽培不能をあったが、
近年は温暖化が進んでいるし、もしかしたら、ここでだってうまくいくのではと、
一度ジャガイモの二期作栽培に挑戦してみることにした。
今年の春作は、水不足のせいか、収穫量が思ったよりずっと少なかったということもある。
二期作のポイントは、それ用の品種を使うことだそうで、
『アンデス赤』と『デシマ』『ニシユタカ』を注文。
n
それから、植え付けは、春植えのようにカットしないで、丸ごと植えること。
地温が上がらないように、藁をかぶせることだそう。
一応、教科書通りに植え付け完了。
霜が降る前に、うまく収穫できるでしょうか。

8月25日(火)台風被害

今年は、春から風の影響はほとんどなく、畑は至極順調だった。
春から、台風はずっとやってきていない。
台風15号も、かなり遠くのルートを通って行ったので、直接影響はないかと思われた。
が、日本海側に抜けたことで、予期しないあおりを食らった。
一晩中風速10メーター前後の、最近にない風が吹き荒れた。
成り始めた秋キュウリやエダマメ、今が盛りのナスやパプリカ、発芽したばかりの大根類。
穂が出だしたトウモロコシ・・・など、夜中、風の音が気になって、ほとんど眠れなかった。
朝5時に起き出して、畑に行って見ると、
バンカープランツとして、畑の縁取りに植えていたヒマワリが、なぎ倒されていた。
n n
サトイモ、エダマメは傾き、イタリアナスやパプリカは、茎が裂けていた。
トマトの支柱は傾き、キュウリの葉はボロボロでつるはヨレヨレ。
大根に掛けていた不織布は剥がされ、あちこち見るも無残。
どこから立て直していったらいいのか、しばし呆然。
お百姓はお天気稼業という言葉を、すっかり忘れていたことに、今更ながら気が付く。
今週は、本業の仕事も忙しいから、ぐずぐずしていられない。
目につくところから、修復していく。
「そろそろ朝飯にしよう!」と声を掛けられたときは、8時を回っていた。

『天災は忘れたころにやってくる』
と言ったのは、寺田寅彦だったけ?と、思い出して、ちょっと調べてみたが、
文献の中にそのままの言葉は残っていないとのこと。
有名な言葉だと思ったのですが、不思議なこともあるものです。
そういえば、高校の頃、好きでよく読んでいたなぁ。
寺田寅彦の随筆。

8月22日(土)新旧交代の時期

お盆が過ぎたら、即、キャベツ、白菜、大根、ホウレンソウ、ニンジンなど、
秋野菜の準備に入り、畑の顔ぶれも変わる。
まだまだ、害虫も多いので、しっかり防虫ネットでガードしないと!
一番の、悪者はコオロギで、白菜なんか、跡形もなく食べつくしてくれる。
n
こちらは、まだまだ現役続行中の、ナス、パプリカ、オクラ、キュウリ。
涼風が立ってきたら、目に見えて収穫量も落ちてきた。

サトイモ、サツマイモは、これからが本番。
n
お盆を境に、雨や曇りの日も多くなり、もう秋がそこまで来ている。

8月21日(金)持つかなぁ

ハロウィンパンプキンの収穫の目安は、播種後120日。
n
細工するには柔らかい方が適しているので、少し早目に収穫して下さいと、
種の袋に書いてあった。
仰せに従い、今日9個全部収穫。
それにしても、ハロウィンまであと二月余り。
腐らせず、無事保存しておくことができるだろうか?

8月20日(木)ウリ類好調

 バナナマクワは、滋賀県のご当地野菜だそう。
最初の頃、実のつき方が悪くて気をもんだ。
つるが伸び出しても、なかなか結実する気配が無く、またまた気をもんだ。
でも、ここに来て、根元の葉が枯れ始めたら、ようやっと次々採れるようになってきた。
n
しかしこれが、収穫のタイミングがなかなか難しい。
あたりに、ほんのりとした甘い香りが漂うからと、収穫してみると、
熟しすぎになっていて、フカフカの不味いのを食べる羽目になってしまったりする。
あらかたバナナ色になりつつ、黄緑がうっすら残るくらいが収穫適期のようだとわかるまで、
4個ぐらい食べたかな。

片や、マクワウリも、いつの間にか、目につくほどよくなっている。
n
巷では、少雨高温で、野菜は不作と聞くが、アシード農園は、どこ吹く風です。

8月18日(火)さすがに

イタリア丸ナスのロッサビアンコが収穫最盛期になった。
播種後、初期生育が軟弱で、ものになるか散々気をもんだけれど、
ここに来て、信じられないくらいがっちりとした風情になった。
握りこぶし二個分ぐらいの大きな実が、次々になるのはいいけれど、
さすがに一本の幹から6個もなったものは、重みに耐えきれなかったらしい。
n
幹が、根元から真っ二つに裂けてしまった。
手の施しようもない。

8月14日(金)イチゴの苗作り

イチゴは、春の結実が済むと、ランナーと呼ばれる蔓がのびる。
土に触れたところから、根と葉が出てあちこちに小苗ができる。
それをポットに移すと、あっけないくらい簡単な、来年の苗の出来上がり。
7本の親株から、34株の子苗が取れた。
n

8月13日(木)報復の恐怖

お盆です。
この付近では、もうお精霊棚を作る家庭もないようです。
n n
カラスのプレゼントの西瓜とカボチャも、無事お供えしました。
カラスからしてみれば、
「略奪された!」
でしょう。
報復が怖い。

8月12日(水)井戸水涸れる

夏は、畑の水やりが一番の仕事だ。
水は、家の敷地にある井戸からポンプでくみ上げ、
それを50メーターのホースで、畑の貯水槽まで引いている。
何年か前の猛暑の時、一度水が涸れたことがあった。 
今年も、7月からずっと高温が続き、雨も降らなかったので、
水が尽きませんようにと、祈るように大切に使っていたのだが、
今朝、とうとう、貯水槽を満水にしたところで、水が切れてしまった。
n
天気予報では、明日から何日か雨が降るらしい。
それに期待を繋ごう。

手水鉢を掃除して、きれいな水を入れ、野鳥の水浴び場を作ってあげた。
n
よほど水不足と見え、ハトやヒョドリが頻繁にやってくるようになった。
しかし、テリトリーに入るよそ者に容赦しない番犬クロちゃんは、
いちいち見逃さず、本気で吠えたてる。
まあ、集落のはんずれだからいいようなものの。

水不足でもいいこともある。
ブラックベリーが、例年より遅くまで収穫できるのだ。
例年なら、収穫が梅雨の時期に重なり、熟すと早々にカビが生えるのだが、
今年はいつまでたっても、ピカピカのかっちりとした実がなっている。
ジャムの仕上がりも、固くていい感じだ。
n

8月10日(月)深まる疑惑

n
種をまいた覚えもないのに、一人で出現した西瓜。
『カラスのプレゼント』
とか言って、うきうきと収穫の日を待ちわびていた。
が、しかし、ここに来てムクムクと湧いてきた疑惑の念。
カラスが蒔いたのだもの、カラスが収穫に来るのじゃなかろうか・・・?!

8月8日(土)猛暑続く

n
余りにも暑いので、白鷺草も数日持てばいいところ。

順調なイタリア野菜たち。
nイエローカナリアン
nロッサビアンコ 

8月7日(金)更新剪定

ナスは、成り疲れを防ぐため、8月に入ると、更新剪定をする。
実を全部取り、丈を三分の一に剪定する。
こうすると、木が復活し、元気な脇芽が出て、霜の降るころまで収穫できる。
n n

7月26日(日)今朝の収穫

梅雨末期の大雨のせいで、どんどこ大きくなります。 今日の初物は、ミョウガとツルムラサキ。
n

7月21日(火)生育状況

7月下旬は、ウリ天国です。
n

7月12日(日) シンデレラ農法

畑の野菜に片っ端から、草木灰をふりかけ、灰かぶり(=シンデレラ状態)にする。
灰は、一冬かけて、ストーブの薪を焚いて作ったもの。
これが、病害虫予防に、緩やかに効くという話を聞き、ただ今実践中。
n

7月11日(土) トラップ(罠)いろいろ

収穫目前のトウモロコシ4本が、カラスの食害にあった。
まだ、30本は残っているので、これ以上被害に合わないよう、防風ネットで覆った。
n
その上、カラスの嫌いなキラキラテープを、縦横にはりめぐらした。
これで、カラスは立ち入れないはずだ。
n
報復してくるだろうか・・・?

いろんな野菜を作るのに、なるべく農薬は使いたくないと思う。
しかし、敵は四方八方、土の中からも押し寄せてくる。
消極的な方法と知っていながら、何がしかの効果を期待して、いろいろとやってみる。

・虫取り粘着シート→アブラムシ、アザミウマなどがかかる
n
・ストチュウ(酢+焼酎+黒砂糖)→蛾や蜂が飛び込む
n

7月10日(金) 雨不足のせいで

ニンジンを収穫したが、木の枝をかじっているように固い。
このままではとても食べられないので、すべて、細かくスライスして冷凍にした。 圧
力鍋で、他の野菜とコトコト煮て、ニンジンスープにする予定。
ゴボウも、木の根っこをかじっているみたいだ。
雨不足の影響は、いろいろと出ている。
n
ジャガイモの葉が、いつまでたっても枯れこまないので、収穫できずにいた。
しかし、植えつけてから、100日が収穫の限度。
n n
天気もいいことだし、全部掘りあげる。
十勝こがね、シンシア、グランドペチカ、ニシユタカの四種。
例年より小粒、芋の数も少ない。
土は水分がなく、からっからで、芋までぱきっぱきしている。
包丁を入れると、固いものに当たる感じ。
さくっと入っていかない。

7月8日(火) 梅仕事

今年は、梅が不作の年だった。
収穫した分は全て梅酒にし、あと今年の梅仕事は終わりと思っていたら、とんでもなかった。
老木で、毎年義理程度しかならない別の木に、枝が折れるほどなっていた。
いろんな木が茂り、梅を隠してしまっていたのだ。
で、結局、遅ればせながら、今年も梅干しをつけることになった。
n

7月6日(月) ベジタリアンの晩酌

n
・オカヒジキの辛し和え
・エダマメ ミニトマト
・トウモロコシ
・ニラ穂のカツオ醤油
・蒸しカリフローレ
・焼きナスの唐辛子かけ
・キュウリの浅漬け
・インゲンのラッカセイ和え

7月5日(日)今年のニューフェイス

n長ちゃんかぼちゃ
n白ズッキーニ
nマンダウリア(丸キュウリ)
nカリフローレ
nハロウィンパンプキン

7月5日(土) 異変といえば

今年は、降雨量が特に少ない。
高温が続いているせいか、アメシロなどの毛虫類をほとんど見ない。
その代り、コガネムシや、テントウムシダマシの大量発生が目立つ。
n
乾燥した日が続いている。
伐採して積んでおいた柿の木を、薪に裁断しようと、
ちょっとボロボロになった幹を動かしたら、中からカブトムシの幼虫が現れた。
きれいなオレンジ色!
n

7月3日(金) 選手交代

梅雨に入り、ラズベリーの収穫ができなくなった。
まだ実はついているけれど、秋に向けて、実のなっていた幹を伐採し、新梢だけを残した。
こうやっておくと、10月には、もう一回また収穫できる。
n
少し時期がずれると、選手交替。
今度はブラックベリーの収穫時期がやってくる。
n

6月28日(日) とんだ災難

敷地に生える三大雑草、スギナ、ドクダミ、オランダヤブガラシ。
わけても一番厄介なのは、別名『貧乏づる』の異名をとるオランダヤブガラシ。
n
これが屋敷のうちに生えると、家が貧乏になると言われて、嫌われてきた。
冬以外は、土があるところ、どこへでも生えてきて、ジャングルのようにはびこる。
しかも、切られても、根が数ミリあっただけで再生する。
植物版プラナリアみたいな奴だ。
それで、つるを見かけた時は、こまめに、引っこ抜く習慣にしていた。

今日も、アジサイの茂みの中から、ひょーんとつるが出ていたので、
茂みに中に深く手を入れ、何気なく引っ張った。
その瞬間、手のひらに刺すような痛みが走った。
慌ててつるを手繰り寄せてみたら、アシナガバチがくっついてきた。
しまった!と思ったときには遅かった。
痛みとともに、手はみるみる腫れていく。
すぐに、毒を吸出し、アイスノンを持ってきて、ガンガン冷やした。
最初の処置がよかったのか、一時間ほどで腫れは引き、事なきを得た。
とんだ災難だった。

とんだ災難といえば、二週間ほど前の話。
玄関の脇で、犬と遊んで、後ろ向きに方向転換しようとした時のこと。
靴底に何か柔らかいものを、ぐにゃっと踏みつけた感触が走った。
「まったく、クロちゃんたら、こんな玄関先にウ○チして!」
と思って、何気なく足の下を見たら、シマ○ビが踏みつけられて動けなくなっていた。
玄関から二歩出たところに、何でこんなものがいるのか!
と、まじまじ見ているうち、やつは、すぐショックから立ち直って、
するすると縁の下に潜り込んでいった。
とんだ災難だったのは、あちらの方だったに違いない。

次の日、アジサイの茂みの中を見たら、結構な大きさの巣が見えて、ぞーっ!!
n
それにしても、刺されたのが顔でなくてよかった。

6月27日(土) 梅雨入り

やっと梅雨入りしました。
n
雨不足で、ひび割れを起こしていた大地に、水が浸みていきます。
なんて、喜んではいられない!

雨が多くなれば、乾燥を好むひよこ豆は、うまく収穫までいくかどうか。
n
開花中のトウモロコシやカボチャの受粉率も下がりそうで気がかり。
n
極度の乾燥の中に置かれたジャガイモやニンジンは、急激な雨で身割れを起こしてしまう。
そうなる前に、何を置いても、さっさと収穫せねば。
ジャガイモは、まだ花が咲いているものも多く、ちょっと早い気がしたが、
いざ掘ってみると、結構いい感じになっている。
とりあえず、本日は、三分の一程度掘りあげる。

畑では、購入した種ジャガイモ三種類を栽培していた。
その他にも、去年収穫し、食べ余して発芽してしまったジャガイモが、もったいないというので、
畑の周囲の空き地に穴を掘って埋めておいた。
ほったらかしにしたわけではなく、ちゃんと草取りをして、施肥もした。
甲斐あって、小ぶりだがきれいなものが、そこそこ収穫できた。
n
タマネギもジャガイモも、今までで一番の収穫量だし、
野菜専用冷蔵ストッカーの購入を考えねばならないか・・・

6月26日(土) そろそろ梅雨入り

n
せっかくヒマワリが咲きだしたというのに、明日は、梅雨入り宣言がありそう。

大豊作で、毎日収穫して、ジャムにしていた二季成り木イチゴのインデアンサマー。
まだたくさんなっているのに、雨が降ったら、実崩れ起こし、もうものにならない。
たぶん、今日採った分が、最後のジャムになる。
n n

6月25日(木) 始動

野菜たちのそばで、虫を病気から守ってくれる、
かわいいコンパニオンさんたちが、働きだした。
n n

6月22日(月) タマネギ収穫

タマネギは、球を大きくするために、2月と3月下旬の追肥は必須である。
去年は雪が多く、うまくできなかったが、今年の冬は、雪融けが早かったので、
教科書通りバッチリ施肥でき、おかげで000個以上収穫できた。
雨が少なかったおかげで、玉のしまがよく、糖度10度前後と、かなり甘い。
n n

6月20日(土) 果樹実る頃

 ホタルブクロの花が終わる頃は、果樹の収穫作業で忙しくなる。
n
今年は雨が少なく、果樹の出来は最高。
nハスカップ
n木いちご
n
nビワ
新鮮なうちに、ジャムにして、果実酒にして保存する。
ついでにラッキョウの収穫もこの時期。
n
これも保存食。たまり漬け、甘酢漬け、シソ漬け。
n

6月11日(木) ひまわりプロジェクト

こぼれ種のヒマワリがあちこちで大きくなり始めた。
その中から頑丈そうなものを40本ほど、畑を囲む防風柵の支柱に沿って植え、
バンカープランツツとして、働いてもらうことにした。
n
虫たちが、野菜に行かないように、ヒマワリに囮になってもらう作戦。

6月9日(火)自家製健康茶づくり

材料は、その辺にふんだんにある。
杜仲、ドクダミ、桑、ミント、レモンバーム、カモミール、ローズマリー。
n
ドライフードメーカーが、とても役立つ。
それぞれ8時間くらいかけて、じっくり乾燥させて完成。
ブレンドした方が、くせがなくて飲みやすい。
n n

6月3日(水) 怨みを買う

朝、畑で作業をしていると、ハシブトガラスやってきて、こっちを睨み鳴きたてる。
距離にして2メーター足らずの防風柵の上から。

間近で見ると、体はもちろん、嘴も目もけっこうでかい。
と思っているうちに、地面に降りてきて、サツマイモの敷藁を止めている丸太を、
嘴で、ガンガンたたきながら、こっちを見ながら、吠えるように鳴きたてる。
どう見ても威嚇しているとしか思えない。

かと思うと、近くの柿の枝に移り、嘴で枝を折って落としてよこす。
明らかに脅している。
これはもう絶対に、意図して復讐している。

心当たりはある。
毎年、収穫時期になると、トマトやキュウリが食い散らかされるので、
今年はそれを阻止しようと、番犬クロちゃんに、カラスを指さしながら、
「吠えろ!!」
と教えたのだ。

クロちゃんは、初め首をかしげていたが、5回言われて、理解した。
TVのアンテナの上にいた奴に、かなりしつっこく吠えまくった。

そして、その日から、あからさまに、カラスの悪さが目立つようになったのだ。
サツマイモの敷き藁を、あちこちに散らかす。
ナスやキュウリをかじって、これ見よがしに投げておく。
移植した苗を引っこ抜く、等々。
n
それはそうと、
n n
植えたはずのないところに、カボチャとスイカの苗が。
これはもしかして、カラスのプレゼント???
一体、敵なんだか味方なんだか。
こういうはっきりしない行動する奴は、なんかいやだ。

6月1日(月) 巣立ち

毎年、胡桃の洞で子育をするムクドリの夫婦がいる。
今日はどうやら、雛の巣立ちの日らしい。
朝から、巣の中の雛たちに向かって、
「早く出てきて飛び立ちなさい」
と、けたたましく鳴きたてている。
n

5月30日(土)バラの季節

n
今年は晴天が続き、虫も病気もつかず、いい具合。

そして、晴天続きに最適なのが、ハーブティー作り。
今日は、桑の葉、杜仲、レモンバーム、ミントを収穫しました。
n

5月28日(木)今日も暑い日

畑の番犬。
n
畑のオアシス。
n
宮沢賢治が、田んぼの真ん中にヒマワリを植えたというエピソードに、大いに共感する。
花があると、心が和み、農作業の辛さが和らぐ。

5月26日(火)求む!

去年のこぼれ種で増えたカモミール。 お茶にするのに、大分花を摘んだが、忙しくて、もう手が回らない。 誰か、来られる人いませんか? 全部差し上げますから、摘んでいって下さ~い。
n

5月25日(月)ポタジェのその後

4月3日、畑から拾ってきたいろいろな苗を移植したところ。
n
5月25日の同じ場所。二か月足らずで、もうこんな感じ。
n
季節は、劇的に進んでいる。

5月23日(土)一雨欲しいところ

しばらく高温で晴れの日が続く模様。
おかげで、去年雨で溶けてしまったひよこ豆が、今年は至極順調だ。
n
獅子柚子もたくさん花をつけたので、収穫が楽しみ。
n
一方、高温で強風の日が続くので、苗の移植が捗らない。
目下、カボチャ類がスタンバイ中。
n
なかなか思うに任せないお天気商売ではあるが、
そんな時、畑の片隅の花たちがくじけそうな心を救ってくれる。
このところの、緑だらけの畑の中で、除虫菊がひときわ鮮やかだ。
n n
バショウの向こうの空はすでに初夏のたたずまい。
n
今からこんなじゃあ、この夏はどうなることやら・・・

5月22日(金)イチゴたち

今年初めて植えた草イチゴ。
着果したのが5割。
なかなか難しい。
n
木イチゴは赤も黒も、どちらも豊作の気配。
今年は、ジャム作りが忙しくなりそう。
n n
ブラックベリー種。
n
インディアンサマー種。
今年は、クマンバチさんたちがものすごく働いている。

5月21日(木)こぼれ種

これは、ミニトマト。
n
他にも、シソ、カボチャ、ツルナ、ヒマワリ、ナスタチウム、コリアンダー、ワサビ菜・・・
耕運機で起こした後の畑からは、こぼれ種が続々芽を出す。
もちろん、ものになりそうなのは、拾って植えつける。
が、F1の種の子孫だから、先祖返りして、
“味は今一つ”
ということを、毎度毎度、食べてから思い知るんだよなぁ。

これもこぼれ種で、見事に増えたカモミール。
n
例のピーターラビットが、マクレガーさんの畑でレタスを食べ過ぎてお腹を壊した時、
お母さんが飲ませてくれたのが、これを煎じたもの。
こぼれ種の花を集めただけで、結構なカモミールティーができそう。
コリアンダーは、最初種を買って蒔いた時、なかなか発芽しなくて苦労した。
が、今は雑草と同じ位、こぼれ種で増え、そこいら中にはびこっている。
繊細な花に似つかわしくない逞しさだ。
n

5月14日(木)生け花

 木を弱らせないために、早めに鋏んだ牡丹。
ちょっと前衛的にアレンジしてみた…のは、連れ合いです。
n

5月12日(火)果樹の世話

去年は8個ぐらいしか実らなかったビワが、今年はたくさん結実した。
摘果し、袋掛けをしたところを見たら、まるで大輪の花が咲いたよう。
n
ラフランスの実も、びっしり。
とりあえず摘果して、木をさっぱりとさせた。
n n
どうやら、今年は果樹の生り年らしい。
お隣さんのハウスでは、田植え用の稲の苗がスタンバイしている。
あっという間にそんな季節だ。

5月9日(土)移植最盛期

野菜苗は、毎年通販で取り寄せている。
n
今年は天気のせいか、例年より20日くらい届くのが遅かった。
しかも、貧弱で心もとない。
さて、今年の天気は・・・?

去年収穫して、食べ余したジャガイモ。
萎びて、芽が伸び切った状態でも、土に埋めておけば、結構ものになる。
n
こちらは、買った種芋を植えたもの。
成長の度合いは、そう変わらない。
n

5月8日(金)にくきもの

畑に出没するカラス。
今日は、発芽したばかりのゴボウの芽をすっかり食べていった。
n
そればかりか、胡桃のうろのムクドリの雛を食べようと、しつこく狙っているようだ。
カラスを追い払う母鳥の必死の声が、頻繁に響き渡るのでよくわかる。
この前は、ニワトリの卵を盗んだし、
時には、ケヤキの細枝を嘴で折って、人間めがけて落としてよこしたりもする。
とんでもない奴だ。

5月7日(木)新規開拓

余った野菜の種を消費するため、畑の周りの、雑草だらけの土地を開拓し、
ちょっとずつ畑に変えていく。
まず、雑草を根からざっくり掻き取る。
n
今回は、レタスミックスとアブラナ科の野菜の混合。
取り合わせて栽培すると、病気や害虫に強くなるという。
n n
種を蒔き、水をかけ、乾燥防止のもみ殻を掛けておしまい。
n
家で、人と鶏が消費するくらい収穫できることを期待して、今日の朝仕事終了。

5月6日(水)盗難現場目撃

ここ10日ほど、何かが鶏小屋が荒らしていた。
棚のものを引っくり返した上、卵を二個も盗んでいった。
アオダイショウ、タヌキということもあるが、
屋敷の周囲に野良猫が7,8匹出没するのでその仕業と思って、
入り口に1.5メーターの金網を設置しておいた。

ところが今日、その金網の上の30センチほどの空間から、
卵をくわえたカラスが飛び去る現場を目撃してしまった。
まさか、犯人がカラスとは!!
以前、発芽したばかりの枝豆を引き抜いたり、収穫した胡桃を持って行ったりした輩。
最近悪さをしないと油断していたすきを狙われたようだ。

5月5日(火)花の季節

どちらを向いても花盛り。
n
一年で一番華やかな季節。

5月4日(月)雪が降るように

敷地に樹齢100年近いケヤキの木があって、今はちょうど開花の時期。
今年は4月に晴天が続き、かつてないくらい花が咲いたせいで、異常事態が起きた。
風が吹くと、花ガラが降ってくるのだ。
信じられないが、もう雪のように。
屋根や地面はおろか柴犬クロの背中にまで、降り注ぐ。
その量、半端じゃなく、地面も覆い尽くされた。
n
これで、秋になったら、どれだけ実が落ちてくるか・・・
想像するだけで恐ろしい。

5月2日(火)バージョンアップ

よもぎ大福作りも、三度目にもなると、バージョンアップする。
今日はいちごよもぎ大福。
いちごを餡で包むところだけがちょっと手間だが、やってみると意外と簡単。
いちごのさっぱりした触感で、三つくらいは食べられそう。
n

4月30日(木)湯田川孟宗

 鶴岡市の湯田川地区は、おいしい孟宗竹が取れるので有名。
この時期になると、農協の支所で、期間限定の朝市が開かれる。

明日は、地域のお祭りなので、定番メニューの孟宗汁用にと、タケノコを買いに出かける。
朝7時15分前に支所に着いた時には、すでに人だかりができていた。
番号札を取ったら、31番。
タケノコを積んだトラックが次々到着する中、30分ほど待って、みずみずしいのを買えた。
n

4月28日(火)4月終わりの点描

ソメイヨシノが散り、オオヤマザクラが満開の頃、ケヤキの新芽が、青空に美しく映える。
n n
ハナミズキの隣のバショウの雪囲いも撤去された。
n n
種まきする端から、どんどん発芽。ぱっぱと植え付けていかないと追いつかない。
n n
アスパラガスとタマネギは、どうみても水不足ぎみ。
n n

4月19日(日)花の季節

家の前の桜も、あっという間に散り始め、
n
入れ替わるように、咲くのがラフランス、アーモンド。
n n
ハスカップとプラム。
n n
この時期、果樹の花盛り。
珍しい野鳥もやってくる。
年に一度見るか見ないかというオオルリ。
n
動きがすばやいので、ピントを合わせている暇がなかった。

明日はまた雨の予報。
n n
剪定した果樹の枝をチップにして、バラの根もとに敷き詰める。
これも循環型社会の実践ね。

4月13日(月)

n
晴天が続かず、種芋で買ったジャガイモの植え付けに何日もかかってしまった。
芽を出して余っていた自家製のジャガイモは、もったいないので、穴を掘って空地に埋めた。
去年はこの方法で、予期せぬ収穫があった。
n n

4月11日(土)スローフード

n
ヨモギの大群を見ると居ても立ってもいられない。
n
思い立ったら、90分ほどで、草餅の出来上がり。
豆から煮たあんこ、入れすぎで、皮が破けそう。

4月10日(金)菜種梅雨

晴天は続きません。
冷たい雨ふりのさなかでも、花は次々に咲く。
n
義父の形見の桃色椿。
n
水栽培後、地植えしたヒヤシンス。
n
数ある中で、一番遅く開花する水仙。
n
レンギョウ。
n
白モクレンの向こう、ソメイヨシノは三分咲き。
n
例年より遅くなってしまった鷺草の植え替え。

4月3日(金)

朝方、お隣の梅の木のあたりから、ウグイスの初鳴きが聞こえてきた。
n
午後から、荒れ模様の天気なるというので、5時半から農作業を進める。
耕運機で起こす前に、畑に残っていたいろいろな苗を撤去。
n
使えそうなものを、畑から拾ってくるという感じで、
カモミール、パセリ、コリアンダー、フェンネル、レタス・・・
配置を考えて、花壇に植え付け、ポタジェ完了。
暴風警報が出たので、敷き藁をする。
n
午後からは、本降りの雨。
咲いたばかりの水仙がかわいそう。
n

4月2日(木)ジョウビタキ

 春先、「ヒッ、ヒッ・・・」と鋭い声を響かせるジョウビタキ。
なかなか活発な野鳥で、カメラに収めるのが難しい。
今日は、たまたまユズリハの陰にいたところをパチリ。
慌ててシャッターを切ったので、少しピンボケになってしまった。
実際は、黒とオレンジのコントラストが鮮やかな鳥です。
n

4月1日(水)毎年確実に

増えていく、水栽培後のヒヤシンス。
n

3月31日(火)長柄鍬

長い柄の鍬がずっと欲しかった。
赤木さんから、
「沖縄のお年寄りは、みんな柄の長い鍬を使っているから、腰曲りはいないんだって」
というお話を聞いてから、ずっと思っていた。
何しろ、前のが壊れないことには、買うわけにもいかないし。
義父の代からのを、ずっと使い続けていたが、
秋口、サトイモを掘っていた時、めでたく柄が、ボッキリ折れた。
喜び勇んで、春になると同時に、早速買い求めたのがこれ↓
n
ステンレス製で、軽~い。
今までより、黄色い分が長~い。
仕事が捗る、捗る。
7千円は決して高くないですよ。
n
気分良くお仕事して、キャベツとサヤエンドウの植え付け完了。
月明りで帰宅。

3月28日(土)えっ、もう?

モンシロチョウですよ!
アオムシは、どこに潜んでいたのかしら?
カメラを向けたが、逃げられた。

3月26日(木)東京では

n
桜が咲き始めたようですが、我が家の桜はまだまだ蕾が固い。
で、今満開なのは、サカキ。
地味ですが、このびっしり着いた花は見事です。
n

3月24日(火)やっぱり雪

n
ガーデンシクラメンがかわいそうなことになりました。

3月22日(日)明日から雪

キッチンの窓から、干し柿をくすねるヒヨドリが見える。
今年は雪が少なかったから、餌には困らないはずなのに。
n
防寒と防風の不織布をはがしたら、ちょうど食べごろの寒風菜が現れた。
n n
畑ネズミが、つくね芋の周囲にトンネルを掘ったので、芋が地上に露出したようだ。
惜しいけど、朝の食卓に。
n
チンゲン菜、カツオ菜、ワサビ菜。
温室の中の野菜は、油断すると、すぐに花が咲きそうになる。
n

3月20日(金)気が付いたら

ブロッコリーが、防鳥、防虫ネットの中で、花が咲きかかっていた。
n
蒸かして食べたら、思ったより柔らかくて、甘みがあった。
久しぶりの露地野菜は感動的。

3月19日(木)早春の花

水仙、ヒマラヤユキノシタ、クロッカスは、大体同じ時期の開花。 花壇が、少しずつ、冬籠りから目を覚ます。
n n
n

3月17日(火)タマネギ追肥

毎年、この時期は年度末で忙しい。
よって、タマネギ、ラッキョウ、ニンニクの追肥は、どうしても後回しになってしまう。
適期に肥料をやらないと、収穫期まで、うまく太れない。
とわかっていながら、後手後手に回ってしまい、毎年後悔しきりだった。
で、今年は、カレンダーにがっちり追肥の日を書き込み、無事遂行。
n
あとは、一か月後にもう一回だ。

3月16日(月)気が早いかも知れないけど

今年は例年より一カ月早く雪が消えた。
それだけでうれしくて、しかも、ミニ温室があるから、種まきまで早めてしまった。
サヤエンドウ、エダマメ、キャベツ、ネギ、ピーマン、トウモロコシなど。
n
さぁ、吉と出るか、凶と出るか・・・?

3月11日(水)見るも無残

夕べから、風速30メーター近い暴風が吹き荒れ、野菜たちに被害が出た。
今まで何とか冬の寒さに耐えてきたのに、ここに来て、風焼けで、チリチリ。
黄金菜、ホウレンソウ、白菜。
せっかく今まで頑張ってきたのに、何にもならないことになった。
お天気商売は、自然からのしっぺ返しを食らうこともある。
報われない話だ。
n

3月1日(日)早春点描

nガーデンシクラメン
n水仙
n野鳥の餌になった春キャベツ
n生育旺盛のラッキョウ

2月20日(金)柴刈り

今まで剪定して畑に置きっぱなしだった果樹の枝集めをする。
n
乾燥させて、シュレッダーで粉砕して、畑の通路に敷き詰める。
これも無駄にしない工夫です。

2月20日(金)春の兆し

雪の下に隠れていたフクジュソウが、雨の後、姿を見せた。
いきなり蕾という準備のよさだ。
n n
今日は、久々の青空になった。
庭の雪が、瞬く間に消えた。

2月17日(火)今年も二本

n
柿の木を、二本伐採する。
老木になると、よく根元にサルノコシカケなどが生えてくる。
キノコが生えてくるようになったら、寿命が尽きたサインだ。
薪で焚かれた後に残った灰は、肥料として畑に蒔かれる。
これも、循環型農業。

2月13日(金)暴風雪警報

朝方、酒田市の飛島で、地元気象台始まって以来の、
風速40メーターの風が吹いた。
今日は一日中、警報発令。
気がかりな、柚子ハウスは、屋敷と、畑と、ハウスの三重の防風ネットに守られ、
なんとか大丈夫そう。
n
庭のクリスマスローズは、蕾のまま固まっている。
n
先週までの一日平均3個の卵が、今週は1個。
半地下なのに、よほど寒さがこたえているらしい。
n
週間予報は、雪だるまがずらりで、気が滅入ってしまう。
立春は過ぎたという先入観があるから、この寒さは、却って堪えるなあ。

2月12日(木)窓辺の春

n
あっという間に、開花してしまいました。
天然の芳香剤。
ヒヤシンスの香りは、なんといっても白が一番です。

2月9日(月)雪窓展へ

加藤雪窓は、明治時代に、酒田を中心に活躍した絵師。
その作品展が、鶴岡のアートフォーラムであるという新聞記事を見た。
我が家と少し縁がある人だったので、これは外せないと、出かけていく
会場には、掛け軸から屏風まで40点ほど。
n
ゆったりとした中で、20人ほどの人たちと一緒、学芸員のギャラリートークを聞く。
日本武尊や菅原道真など、日本や中国の、
お馴染みの故事来歴をモチーフに描かれたものが多く、親しみがわいた。
n
今回の展示は、公共施設で所蔵しているものが大半。
個人で所蔵されているものを含めると、相当数が庄内にはあるという話だった。

2月6日(金)3ヶ月経過の万次郎カボチャ

n
11月下旬に収穫して、追熟させていた(といっても新聞紙にくるんでおいただけだが)
万次郎カボチャを味見することに。
外側はつやつやしていてよかったが、中は少し若取りしてしまったようだ。
種が熟していない。
n
薄くスライスし、油で揚げただけで、シンプルにいただく。
カボチャの風味は感じられなかったが、
クリームパンのクリームくらいの甘みがあって、ちょっとおかしな感じ。
今度は、スープにしてみよう。

2月5日(木)剪定日和

雪や風のない穏やかな日は、果樹の剪定に追われる。
夢中でやって、体のあちこちがいたくなってくると、早や夕暮れ。
n
散らばった柿の枝は、雪が消えてから撤去して、次の冬の薪にする。
n
実生から育てているリンゴの木が、10年近くなるのに、一向に花が咲く気配がない。
無理やり麻糸で引っ張って、枝を撓め、開花を促してみる。

2月4日(水)ちょっと遅れましたが

n
春の訪れを目で感じたくて、今年も、飾った白のヒヤシンス。

2月1日(日)大寒点描

n
雨のち雪で、庭は、どぶどぶ。
n
移植したシャクヤクが雪の中で息づく。
n
バリバリベジタリアンの名古屋コーチン用に、雪の中から掘り出した野菜。
これで、卵の黄身の色が濃くなる。
n
野鳥のために提供した干し柿は、ヒヨドリが完食。

1月23日(金)真冬の鳥たち

ここに来て吹雪。
とうとう、干し柿に、ヒヨドリがやってきて、ついばみ始めた。
n
プルーンの枝には、風を避けるようにして、
n
スズメ、鈴なり。

1月18日(日)振り回され感がたまらない

久しぶりに孫(分というべきか)が、長女とやって来て賑やか。
初めは人見知りして、ソファの陰なんかに隠れていたが、
あっという間に態度がでかくなって、目が離せない。
n
あらま、そこは、下敷きですよ!

1月17日(土)キッチンガーデン

n
ニンニクの水栽培。
一日に5ミリずつ、春が近づく。

1月16日(金)温室は

ちょっとだけ寒さが緩む。
レタスが確実に成長している。
n
柚子を選定して、花芽が着くように、枝を曲げてやる。
n

1月15日(木)果樹の手入れ

果樹の手入れは、冬場が肝心。
雪の切れ間をぬって、消毒と剪定を行う。
n
切った枝を集めてくれるくらい賢いと助かるんだが・・・
見てるだけです。
n n
キャベツやレタスのトンネル栽培は、無残。
雪に潰されたまま、春まで頑張る。

1月12日(月)寒中お見舞い申し上げます

n
時折、気まぐれのように、雲の隙間から青空がのぞく。
n
あたりはすっぽり雪で覆われ、餌を見つけられない野鳥のために、干し柿を提供する。
n
薪のストックが少なくなってきて、ストーブはいつまで焚けるか心配。

1月1日(木)昔ながらの元旦

n
神様を拝み、
n
家長が炭で餅を焼き、
n
手作りのお節料理に、
n
雑煮は、丸餅、芋がら、ワラビ、栗、銀杏、油揚げ。
トッピングに、いくら、納豆、岩海苔。
何もかも昔のままの元旦です。

12月27日(土)雪に埋没する

畑もハウスも白菜も。
n n
n

12月26日(金)厳冬続く

n
毎日、最低気温は零下。
かつてない厳しい冬になっている。

12月14日(日)毎日銀杏

今年は、たまたまあちこちから銀杏をいただくことが多かった。
n
茶碗蒸し、焼き銀杏、銀杏おこわと、新しいレシピを見つけてはせっせと消費。
一通り作って、ねた切れとなったので、今日は、オリジナルを開発。
『はちみつ入り銀杏パン』
n
よく膨らんだが、あれれ・・・銀杏の風味はどこへ?

12月13日(土)大寒波襲来

せっかく花芽をたくさんつけたビワなのに、雪で折れそう。
n n
納屋の屋根には、つららが下がりっぱなし。
終日、零下。

12月11日(木)暴風の後

先日の風速30メーターの暴風が荒れ狂った。
温室のビニールは、東西方向に、ずたずたに引き裂かれてしまった。
n
仕方ないので、さらに上から防風ネットを掛けて、補修する。
n
最低気温は、0度近くなることもあるが、レタス類は元気。
n
イチゴやタマネギも順調そう。
でも、簡易温室だから、積雪量が多くなったら、つぶれる…間違いなく。

12月9日(火)恒例行事

庄内地方では、12月9日の夜、『大黒さまのお歳夜』の行事を行う。
商売が繁盛(商家の家)、子孫繁栄、家内全員がマメで暮らせますようにと、大黒様に拝む。
お膳の献立は決まっていて、ハタハタの田楽と、豆尽くしの料理。
n
未婚の女子は、縁遠くなるからと、お膳に上がったものが食べられないという決まりになっている。

12月8日(月)窯だし反省会

年に4回くらい、陶芸が好きな仲間と3人で、いろいろなものを制作する。
そして、焼き上がったものを並べ、あれこれ品評しながら、一杯やるのも楽しみの一つ。
今回は、土が古かったので、肌がきれいに仕上がらず、悔しかった。
どう見ても、酒器が増えていくような気がする。
ということで、今回は、たまかけご飯用の茶碗を一つ焼いた。
n n
自家製食材は、だんだん乏しくなる時季だか、あるもので腕を振るう。
n
<本日のメニュー>
・宇宙芋のおこわ
・漬物三種(菊芋とミョウガの粕漬け、高菜の醤油漬け、紫大根の酢漬け)
・煮豚と名古屋コーチンの煮卵
・鮭ときのこの包み焼
・レタス13種のミックスサラダ
・胡桃豆腐
・万次郎カボチャと宇宙芋のチップス
・黄金菜の胡桃和え
・銀杏の串焼き
(胡桃豆腐は、20分かけて煉るとか、結構腕を振るったつもりなのに、
スライスして素揚げしただけの宇宙芋チップスが一番人気だったとはね・・・)

12月6日(土)本格的な雪

12月に入ると同時に、青空は姿を消した。
毎日、霙か雨ばかり。
そして、とうとう明日からは、本格的な雪になりそう。
昨日、ぎりぎりセーフで、冬タイヤに取り替えた。
備えは万全だが、できることなら、暖冬であってほしい。
n

11月30日(日)『万次郎カボチャ』の収穫

明日は大嵐で、明後日からは、本格的な寒波が襲来するとの予報が出た。
もはやこれまでと、延ばしに延ばしていた『万次郎カボチャ』を収穫する。
一株から、25個採れて、最大で、6キロ弱あった。
受粉用の『ポアロ』(縞模様のひょろ長いの)からは、5個収穫でき、これはおまけ。
n n
できれば、あと10日くらいは畑に置きたかったけど、
先日の強霜で、葉は壊滅状態だし、雪が来るのでは、どうにもならない。
n
しかし、収穫しても、しばらくは“お預け”。
糖度を増すために、最低30日は、追熟期間がだという。
せめて、冬至の頃までは、どうぞおいしくなっていますように!

11月26日(水)『つや姫』

新嘗祭が終わると、新米を袋詰めして、お歳暮用の発送に取り掛かる。
例年並みの出来に感謝だ。
n
我が家では、近年『はえぬき』から、『つや姫』と『ひとめぼれ』に変更している。

11月23日(日)判明

夕方、事務所裏の大島桜の枝で、シジュウカラがさえずっている。
何気なくメロディを追っているうち、ふと閃いた。
『鳥のみ爺』に出てくる、
「あやちゅうちゅうこやちゅうにしきさらさらみよのごようまつもってまいれぴぴらぴー」
と鳴いたのは、間違いなく、シジュウカラではないかと。
n
だって、何よりも人懐っこくて、人がいても逃げないし、
鳴き方が複雑で、長いメロディを何度も繰り返す。

一人寂しく、単調な畑仕事をしている時、ふと幸せな夢を見たくなる気持ち。
充分うなずけるなぁ。

11月18日(火)紅葉

今年の紅葉は、かつてないほど鮮やかで、且ついつまでも落葉しない。
n

11月17日(月)ミニ温室

住人がそろいました。
n
ネギ、タマネギ、レタス、チンゲン菜、カツオ菜、柚子。

11月16日(日)防風ネット設置終了

ここ庄内地方は、冬になると、連日暴風警報が発令される。
日本海からの海風と、最上川からの川風が、風速30メーターで吹き付けてくる。
特に集落のはずれである我が家は、
敷地をぐるりと防風ネットで囲わないと、揺れと風音でおちおち眠れない
n
11月に入って、天候不順が続き、作業は遅れがち。
やっとのことで、道路側のネット張りが完了した。
冷たい風が吹きつける中で咲く最後のバラが、健気に見える。
n

11月14日(土)近況

四姉妹はそろってなかなかの美人に成長しました。
n

11月14日(金)柚子ハウス

獅子柚子が植えてから五年たつ。
今までずっと、冬越し対策に難儀してきた。
耐寒性はあるが、風に弱いので、たやすく枯れてしまうというので、
葦簾でぐるぐる巻きにしたり、不織布でくるんだり、もみ殻で覆ったり。
いろいろしてきたが、春には毎度瀕死状態の繰り返し。

だったので、今年は思い切って、パイプ車庫のような、柚子ハウスを設置した。
二本の柚子が、一度に納められるようにしたら、3~4畳くらいの広さになった。
空いているスペースで、タマネギや野菜も育てられそうな感じ。
n
ちょっとしたミニ温室のようだ。
冬でも、雨でも、作業ができるなんて、なんか、わくわく。

11月12日(水)万次郎カボチャ収穫

万次郎カボチャ。
もうちょっと畑に置いておきたかったが、
どうやら雪が近いという予報が出たので、やむなく収穫する。
まだ花が咲いているのもあるので、根元に近い方から、三分の一ほど。
n
最大3.7キロ。
2ヶ月くらい追熟しないと、糖度が上がらないそう。
食べられるのは、年を越してからかな。

11月11日(火)イタリアンサラダ

バターレタス、ルッコラ、パセリ、チコリ、シュガーリーフチコリ、
エンダイブ、小タマネギ、キャベツ。
n
材料を、全部自家製でまかなえる幸せ。

冬越し野菜を除き、畑に残っているものは、きれいに撤去して、来年の準備に入る。
コンパニオンプランツとして働いてくれたマリーゴールド。
一本で、こんなに見事な株になっていたので、記念撮影をしてあげた。
n
長期間、野菜を守ってくれてありがとう!

11月7日(金)タマネギ移植

苗が届くのが遅かったので、移植が例年より二週間ほどずれた。
タマネギ、ラッキョウ、ニンニク合わせて1400本。
保存がきくし、活用範囲も広いということで、去年より五割増しになった。
一か月後、一回目の追肥。
二月末と三月末に追肥。
手間はそれだけで、おいしいタマネギができる。
n

11月6日(木)冬支度の手始めに

まず、芭蕉の雪囲いを済ませる。
n
ついでにキウイの収穫も。
今年は少な目で、ジャム5瓶ほど。
n

11月5日(水)宇宙芋レシピ開発

宇宙芋が収穫時期を迎えたようだ。
空中にぶらぶらなっている芋が、風が吹く度、地面に落下している。
n
n
とりあえず、日当たりのいい3本を収穫する。
皮をむいてすりおろせば、こしの強いとろろ芋なのだが、少し苦い。
野性味と言えなくもないが。
すりおろして、片栗粉とだし醤油で練って、海苔を巻いて、磯辺揚げ。
パン生地に練りこんで焼いてみる。
いろいろやってみたが、人に差し上げられるレベルになったのが、『サーターアンダーギー』
n
形さえそろえば、製品化できそうなくらいの出来だ。

10月31日(金)雹害

万次郎カボチャの葉が、根元に近い方から、穴だらけになった。
n
実までは、被害が及ばなかったようで、一安心。
糖度を上げるため、収穫はせめて、11月中旬まで待たなければ。
n

10月30日(木)初冠雪

天気が上がったら、鳥海山の山頂が白くなっているのが見えた。
n
裏の田んぼでは、白鳥たちが、終日餌を見つけている。
天敵もいなくて、な~んとなくゆったりした雰囲気。
n

10月28日(火)冬支度そろそろ

荒れた天気になり、雹が降った。
n
バショウの雪囲いも早く済ませないと。
慌てて、事務所にストーブを入れる。
使い初めは、焼き芋から。
n

10月26日(日)収穫は続く

n
二季成り木イチゴ『インデアンサマー』
n
鬼胡桃
欅も紅葉し、こんな青空も貴重になってくる。
n

10月26日(日)白鳥たち

最上川河口で夜を過ごした白鳥たち。
朝五時過ぎから、庄内平野の田んぼに出勤していく。
飛びながら、鳴き交わすその声は、あっちからもこっちからも。
n
頻繁に飛んでいるのに、望遠レンズのカメラでうまく捉えるのは難しい。

10月25日(土)個性

 名古屋コーチンたちの産む卵は、個体差があるようだ。
三色に識別できる。
n
どうやら、四羽のうち、三羽が産んでいるらしい

10月23日(木)ポアロ

ポアロは、万次郎カボチャの受粉苗とて植えたもの。
いい塩梅に実ったので、色よく仕上げようと、玉廻ししたら、
ポキッという音とともに、あっさりもげてしまった。
収穫には、ちょっと早かったかなぁ。
n
仕方ないので、事務所に飾る。
見映えはいいが、ぺぽカボチャの類なので、食用には適さないとのこと。

10月20日(月)干し柿づくり

n
今年は、畑に気を取られて、手が回らず、柿の出来が良くない。
と言いつつ、年越しのお膳に欠かせない『柿なます』のための準備は、しなくてはならない。

10月19日(日)ジャム作り

この時期、木イチゴが、三日に一回収穫できるので、その度、一瓶ずつジャムができる。
ジャム作りは簡単。
フルーツに40パーセントのグラニュー糖をまぶし、一時間ぐらいおく。
そのまま鍋に入れ、中火で焦げ付かないように、水気がなくなるまで煮詰めるだけ。

今日は、ダークレッドのリンゴ『秋映』を使い、色付けに、皮も入れて煮てみる。
淡いピンクの、予想外に、きれいな色が出た。
甘く硬い品種なので、酸味に乏しく、ジャムとしては今一つ物足りないかも。
n

10月17日(金)秋野菜

そろそろ収穫期に入る大根、ブロッコリー、キャベツなど。
n n
n n
万次郎カボチャは、台風で、あちこち葉が痛めつけられた。
それでも、現在まで、29個着果とは立派!

10月14日(火)台風襲来

今年は、庄内地方を、割と逸れていた台風。
しかし、この度は、避けられなかった。
最近にない風の強さに、芭蕉の葉が、みるみるズタズタになってゆく。
n
畑では、何といっても、収穫を一月後に控えた『万次郎カボチャ』が、一番心配。
n
どうか何事もなく、通り過ぎて行ってくれますように!

10月11日(土)散歩のしだめ

台風が来るという。
夕方、玄ちゃんの散歩距離を、最上川の土手まで伸ばす。
n
鳥海山がきれいに見え、白鳥も横切っていく。
日が短くなり、影の長さが、冬間近を知らせている。
n

10月11日(土)また台風が来るというので

早朝から、畑仕事に余念がない。

シャクヤク植え替えし、カボチャの受粉を済ませ、
里芋とサツマイモ、大根、木苺、ナツメの収穫をする。
n
つるボケしたようで、やや貧弱。
チェリーセージが咲きだすと、事務所脇の大島桜の紅葉が進む。
n n
ビワの花が香りだすと、一気に冬が近くなった気がする。
n

10月10日(金)秋のランチメニュー

今日は、遠方より、絵本を楽しむ会の7人が、お見えになることになっていた。
季節の野菜をフル活用して、朝からランチの仕込みに取り掛かる。

・三尺ササゲの炊き込みご飯
・芋煮汁
・漬物二種(キュウリのみそ漬け、ショウガの酢漬け)
・カラトリと菊のラッカセイ和え
・秋野菜(ナス、シシトウ、万願寺唐辛子)の素揚げナンプラー風味
・栗の渋皮煮
・ヨーグルトの木苺ジャム添え

超ヘルシーなアシードランチができました。

10月9日(木)マロングラッセ

丹波栗の木があるので、毎年、収穫する度、
「今年こそは、マロングラッセを作ろう!」
と思うのだが、なんだかんだできずじまいでいた。
三回茹でこぼし、砂糖の濃度をあげ、煮詰めて行って、5日間で完成。
手間を考えると、惜しくて食べられない。
n

10月8日(水)皆既月蝕

n
貧弱なデジカメでは、このくらいがやっと。

10月7日(火)台風一過

とりあえず、今育ちざかりのカボチャを一番心配していたが、
この度の台風は、全く被害が出なくて、ありがたかった。
柿の木の鳩の雛たちも、無事な様子。
n n
急に気温が下がったと思ったら、白鳥が飛来のニュース。
n
三尺ササゲは、一メーター超え。
次々収穫できる。
n
早朝作業で、ラッキョウ、ニンニクの植え付け完了。

10月2日(木)はかない卵

春から飼い始めた名古屋コーチンが、157日目でやっと、最初の卵を産んだ。
記念すべき一個目は、卵かけご飯でいただく。
n n
肝心のお味は・・・うーん・・・うすい・・・というか、なんというか。
そう、はかないっていう感じの味わい。

9月29日(月)子どもに還る日

n
いくつになっても楽しい栗拾い。

9月28日(日)結果

手が足りなくて、放置された柿たち。
n
甘柿はムクドリ、ヒヨドリの餌に。
n
渋柿は、端から落下。
見るたび心痛む。
とは言え、剪定、施肥、5回の消毒、受粉、摘果、収穫と、
手間がかかりすぎて、ついつい畑の後回しになってしまう。
毎年3本ぐらいずつ倒して、ストーブの薪にしているが、まだ20本は残っている。
50年前ころは、柿の需要は高く、木ごと買っていく業者がいたという。
本当に、時代は変わる。

9月25日(木)お疲れ様

沖縄赤毛ウリ撤去。
n n
瓶に入る分だけ粕漬けにする。

9月24日(水)第二の人生を謳歌

野菜の育ちを良くするために植えられたマリーゴールドとナスタチウム。
n
本家本元の収穫が終了し、畑から撤去されても、まだまだ頑張っている。
気温が下がってきたら、花の色も冴え冴えとして、より生き生きして見える。
まるで、第二の人生を謳歌しているようだ。わが人生も、かくありたいもの。

9月7日(日)どのくらい大きいかっていうとね

というタイトルの絵本があったっけなぁ。
宇宙芋の巨大むかご。
隣のちっちゃいのが、普通の大きさのむかご。
n

9月1日(月)想定外の縮み

新しいサンマが手に入ったので、先日焼き上がったサンマ皿をおろす。
ちょっと長さが足りなかったようで。
n

8月31日(日)収穫最盛期

ドライフードメーカーを、保存食づくりに購入してみた。
5ミリくらいに厚さをカットし、セットして、スイッチオン。
8時間前後で完成。水分抜かれるので、量が減ってしまう。
手間がかかる割に、あっという間に食べてなくなっちゃう。
うーん…買ってよかったかどうかは、微妙だな。
n
最盛期のゴーヤ三兄弟。
アップルゴーヤ、マイルドゴーヤ、願寿ゴーヤ。
ミックスして調理しても、違和感なし。
n
沖縄ご当地野菜の赤毛瓜。
キュウリがおしまいになった頃になり始めるので重宝する。
白い幼果はキュウリと同じに、成熟果は、瓜と同じに使える。
n
土佐の『万次郎カボチャ』
超豊産性種。
一本の苗で、ただ今20個着果。
目指すは50果。
n n
メロンの『イエローカナリアン』
たった一個だけど、収穫に向けて、着々。
n
ショウガはえらい!!
子どもをちゃんと育てて、なおかつ自分も現役なんて。
n

8月29日(金)戻ってきたミツバチ

土蔵の裏の、樹齢90年くらいの梓の木には、長いこと日本ミツバチが棲んでいた。
ところが、2012年5月に、突然、丸ごと集団家出をしてしまった。
それからちょっとして、6月に大嵐が来て、
梓は地上から数メーターのところで、ボッキリ折れてしまった。

偶然なのかどうかわからない。
ミツバチはこの災難を予知していたのだろうか?

木を、折れたままにしておくのはあまりに痛々しいので、
先端を、電動鋸で平らに切り、切り口から雨水が入らないよう蓋をしてあげた。
n
そしたら、その年のうち、幹から枝が繁りだし、何と今年は花が咲くまで復活した。

今朝、畑の取った草を片付けようと、梓のあたりを通ったら、ぶんぶんという音が聞こえた。
驚いて木のそばに寄ってみたら、なんと!信じられないことに、戻って来てる。
n
日本ミツバチは、かなり神経質だという。
一旦巣を捨てたら戻らないと聞いていたので、ビックリするやらうれしいやら。
何かいいことが起こる予兆だといいな

8月28日(木)デジタル糖度計

だんだん終わりになってきた今年のトマト8種類を、糖度計で測ってみる。
n
最高は、黒トマト『チアちゃん』9.6。
n
他は、6前後でどんぐりの背比べ。
なかなかです、この糖度計。
水分があれば、なんでも測れる。

畑は、秋野菜に取って代わる。
キャベツ、白菜、大根、ニンジン。
とっとと種まき完了。

だけど、今年もまた遅れを取った。
お盆過ぎたら即、秋野菜の準備なのに、どうしてか、毎年、この時期は台風や大雨が続く。
やはり畑は、お天気商売。歯がゆい、歯がゆい。
n
左隣は、サツマイモ。右隣は、万次郎カボチャ。

8月26日(火)窯出し&大反省会

n
会心の出来は、二割五分・・・
前回より確実に進歩。

8月25日(月)三尺ササゲ

別名十六ササゲというのは、サヤに豆が16個入っているからだそうだ。
n
n
実際にはもっと多くて、20個なんてのも。
豆は小豆ほどで、小さい。
けれど、黒くて艶があって、くせがないので、豆ご飯や、甘納豆に最高。
n

8月25日(日)ギネスのヒマワリは

高さが、なんと8.75メーターだそう。
我が家は、今年、直径が世界最大のヒマワリ『タイタン』を植えてみた。
高さは、やっと3.5メーターということころ。
n

8月23日(土)夏の終わりの農園点描

nキツネノカミソリの群落
n巨大むかごの宇宙イモ
nクルミ大豊作
n6キロのユウガオ
n苦さ格別アップルゴーヤ
n秋野菜植え付け完了
n
ここの地域だけ、大雨がそれた。
申し訳ないくらいの美しい夕焼け。

8月21日(木)落ちている!

この辺りは、畑にしろ、屋敷にしろ、ちょっと気を許すと、草がはびこる。
それを、自然に恵まれているとは思わないけれど。
時には、
!!!
っというようなものが落ちていて、たまげることがある。
nきれいな水色の野鳥の卵だったり。
n
n
ヒヨドリの雛?
カラスかトンビにさらわれたのが落ちたのか。
しかも、玄関先に。
どんなことがあっても、雛は拾ってはいけないと、
絵本作家で鳥の巣研究家の、鈴木まもるさんからお聞きしていたので、
ここは、何があっても、放置、放置!
でも、内心、心はグラグラだーっ。

8月10日(日)放鳥とはいうけれど

放虫とは言わないかなぁ。
いろいろ訳ありで飼っていたカブトムシとクワガタムシを、畑の脇にあるクルミの木に放してあげた。
一斉に、上へ上へと登っていき、細い枝から、風に乗って飛び立ち、見えなくなった。
n n
n
ひときわ立派なカブトムシとクワガタは、岩手に行った時、
小1の男の子とそのお兄ちゃんから、絵本の代金?としてもらったもの。
手作り絵本講座で、モデルも務めてくれて、立派に働いてくれた。

その経緯をうまく書けたら、それだけで、いい物語にできそうなのに。
これほど、文才がなくて悔しいと思ったことはない。

8月9日(土)農園が一番忙しい季節

収穫最盛期。
nミョウガ
nショウガ
n三尺ササゲ
n漬け瓜
イコール加工最盛期。
次々保存食となる。
n

8月7日(木)無事に成長

n
4月8日に、畑の腐葉土の中から、カブトムシの幼虫をたくさん出てきた。
知り合いの4保育園に聞いたら、どこも欲しいというので、50匹くらい分けてあげた。

うまく成虫になるか心配だったので、自分でも、10匹くらい水槽で飼ってみる。

二つの保育園は、あげて二ヶ月過ぎて無事カブトムシになったが、家のは、水槽に緑の苔が生えても、音沙汰なし。

今日になって、周囲で、何かがぶんぶんとうるさい音がしたので、気を付けて見回したら、4匹が成虫になっていた。
ちょっと小ぶりだけど、とりあえず、よかった。
n n

8月5日(火)ミニ産直

n
札幌出張で、4日間家を空けたら、自宅で、産直ができるほどになっていた。

7月30日(水)有機無農薬栽培四年目の実績

n
モンシロチョウが飛び交い、蝉の抜け殻もあちこちに。
今年は特に、クモの巣が多くて、畑移動の度、ひっかかりまくり。

7月22日(火)驚異の長さ

n
ニューフェイスアフリカ原産の三尺ササゲ。
三尺とは大げさだけれど、しかし、二尺は十分ある。
花は、楚々として美しい。
n n
株元では、コンパニオンプランツのマリーゴールドが、十分に役目を果たしている。
今年は、最高に、病害虫も台風も少なくて、いい塩梅だ。

7月19日(土)またもや豊作

 ジャガイモ、総収穫量80キロ。
買った種イモはもちろん、自家採取の食べ余してしまったのを、空き地に植えたら、それも全て、実ってしまった。
あっちもこっちも豊作で、今年は天気に恵まれていることを実感する。
n

7月18日(金)梓復活

 家の裏にあった樹齢90年の梓の木。
一昨年の6月の台風で、地上3メーター位のところで、ボッキリ折れてしまった。
折れたところを、きれいに鋸で引き、切り口を手当てしてあげたら、
去年は葉を茂らせ、今年は、花まで咲かせてくれた。
情けをかければ、植物だって、十分応えてくれる。
n

7月16日(水)朝の宅配野菜

 n
どこのお宅の食卓を賑わすことでしょう。

7月15日(火)加工品

 カモミール茶とゆすら梅酒。
n
n

7月12日(土)豊作

 今年は、梅が10キロも採れて、てんてこ舞い。
梅干しは例年通り漬けて、新たにカリカリ梅に初挑戦。
梅酒も、3本作り、傷んだ梅は、アルコール漬けにして、殺虫剤として使うことに。
n
n
n

7月9日(水)畑の見張り番

ヒマワリ『大雪山』
n

n
トウモロコシの収穫も間近です。

7月8日(火)ハーコット

カナダ産の大実アンズ初収穫。
大きいものは、一個150グラムもあって立派。
n
早速、ジャムと果実酒に加工する。

6月25日(水) 今のところ

ここは空梅雨のようで、開花が例年より早い。
nコリアンダー
nひまわり大雪山
nバショウ
n
おかげで、おいしいカモミール茶が飲めそう。

6月20日(金)大豊作

今年は、らっきょうが採れすぎて、漬物に大わらわ。
n n
タマネギも結構収穫できた。
n
フェンネルも初めてにしては上出来。
太田胃酸や仁丹の材料になるウイキョウだから、ホワイトリカーに漬けて漢方酒に。
n n

6月13日 近況

n長男 11ヶ月
n4姉妹 2ヶ月
n孫その1 10ヵ月

6月13日(金) 大玉キャベツ

 春に、苗で買って植えたキャベツが順調に育ち、収穫期を迎えた。
n
今年は、特に大玉。
それにしても、防虫ネットなしでの栽培は、考えられないかも。

6月12日 罠(トラップ)

ワタノメイガの幼虫は、トウモロコシの実に取り付いて、ボロボロにすることが多い。
先手必勝というわけで、専門書の記事を頼りに、罠を仕掛ける。
焼酎に三割の酢、それに砂糖を少々混ぜ、窓を開けたペットボトルに入れて、
トウモロコシの近辺につるしてみた。
n
原始的な方法で、半信半疑だったが、どうしてどうして、一晩で、産卵前の蛾が5匹もかかっていた。
環境にやさしい害虫対策で、試してみる価値あり。

6月8日(日)コンパニオンプランツ

野菜を隣同士植えるのにも、お互い相性がある。
トマトにはパセリ、ナスにはネギ、トウモロコシにはエダマメなど。
害虫を寄せ付けないとか、病気を遠ざけるとか、いい関係になるらしい。
生育を助ける方は、コンパニオンプランツと呼ばれ、有機無農薬栽培では、重要視する人が多い。
ナスタチュームは、ナス科野菜を応援する、もっともかわいらしいコンパニオンだ。
n

6月7日(土)大がかりな

本格的な梅雨入り前に、早朝から、サツマイモ植えに取り掛かった。
n n
午後から雨の予報だったのに、正午近くなっても、かんかん照りで、苗が焼死しそうな気配になった。
慌てて、空中に、寒冷紗で、四方八方から覆いをする。
4年前、初めてサツマイモを植えた時、同じ状況で枯らしてしまったっけ。
お天気商売は、なかなか大変。

6月6日(金)健康茶作り

あっという間にバラの季節が過ぎ、
キウイの花が咲きだす頃は、毎年大風に見舞われる。
梅雨入り前の、この機を逃さず、薬草茶作り。
n n
n n
n n
クワ、杜仲、ミント、レモンバーム、ドクダミetc.
風速9メーター。
いい塩梅の風だ。

6月1日(日)ぐうたら農法

元京都大学農学博士の西村和雄さんが考案した『ぐうたら農法』が面白そう。
ぐうたらとは、耕さず、畝も立てず、施肥は最小限。
草は取らず、伸びたら刈るというもの。

空地は至る所にある。
4月中旬から、とりあえず、畳二枚分くらいのところで、実践してみた。
土の表面を薄く削り、シュンギク、小松菜、カツオ菜、ホウレンソウなど、余り種を混ぜて播種する。
混植すると、虫のつかないホウレンソウやシュンギクなどが、
虫の付きやすいアブラナ科の野菜たちを守ってくれるかと期待したが、
まったくそんなことはなくてがっかり。
隣同士でも、カツオ菜や、小松菜は穴だらけになった。
外周のものは、結構伸び伸び成長し、中心付近の、密植気味のところははっきり貧弱。
やはり、株間はゆったり取れということだ。

連日の暑さに、野菜たちは敏感だった。
小松菜は、ちょっと目を離したすきの開花していた。
一度も食べないうちに。

n
野菜たちは、ストレスが掛かって、結実を焦ったらしい。

ぐうたら農法は、一般の栽培法と比較すると、収量は期待薄だ。
しかし、ほぼ放っておいても、毎日の味噌汁の実ぐらいは確保できるのはうれしいかも。
第二ラウンドも挑戦しよう。

5月31日(土)初夏の彩り

連日、気温の高く、いきなり初夏が来たよう。
ブルー系の花が、いかにも涼しげに見える。
nミヤコワスレ
nセージ
nインカの何とかという名のジャガイモ
nベルテッセン

5月29日(木)健康茶の材料

n
天気が続き、杜仲の葉がいい塩梅に繁ってきた。

5月17日(土)忘れるところだった

n
ニューフェイスのそら豆!

5月15日(木)忙しくしているうちに

 花はどんどんと咲いていって、
n4月22日夜桜
n4月22日モクレン
n4月26日紫コブシ
n5月13日ボタン
畑は、七分通り植え付けが終わった。
去年より、作付面積を3割拡張した。
n
トマト4種、ナス4種、ピーマン、トウガラシ2種、ズッキーニ2種、漬けウリ2種、
ユウガオ、キュウリ2種、ショウガ、ネギ、エダマメ3種、トウモロコシ、大根2種、
カブ2種、ニンジン2種、ゴボウ、ジャガイモ4種、サラダ菜、レタス、玉ねぎ2種、
キャベツ2種、ゴーヤ3種、サヤエンドウ、トウモロコシ、ホウレンソウ、シュンギク、
カツオ菜、チンゲン菜、ツクネイモ、宇宙イモ、オクラ、エンサイ、オカヒジキ、
インゲン2種、スイスチャード、サトイモ3種、フェンネル、シソ、
セロリ、セロリアック、パセリ、アスパラガス

来た当初から、寝ているとき以外は食べている4姉妹はというと、
孵化して三週間たち、しっかりニワトリの顔になってきた。
n

4月27日(日)昨日生まれたばかり

予約していた名古屋コーチンの4姉妹がやってきた。
まだまだ寒いので、熱帯魚の水槽に入れ、ひよこ電球をつけて、キッチンに置いた。
n
自家製野菜で飼育し、肥料は畑に施す。
循環型農法の協力者になってくれるかな。

4月11日(金)よく見るとかわいい

ジャガイモの植え付けで、作業道具置き場と畑を行き来しているうちに、
ふと目が止まったもの・・・モグラ??だ!
n
周囲をよく見ると、通路と畑のしきりに使っている瓦に沿って、穴が開いている。
そこから間違って出てきたらしい。
間違って、というのは、そこここにモグラが掘った土山は見かけるが、
本物のモグラは一度もお目にかかったことがないからね。
カメラを向けても、逃げようとしない。
すべすべしたなめらかそうな毛、ピンクの鼻、コロンとした体つき。
な、なんだか、かわいい。
n
ずいぶん昔、『ねずみ浄土』の紙芝居を作る時、モグラの絵がなかなか描けなくて苦労したっけなあ。
そんなことを思い出してか、気が付いたら、バシャバシャと、写真を撮りまくっていた。
騒ぎまわるということもなく、穴の入り口を見つけたら、頭からするすると、穴の中に消えていった。
n n
ここに住むようになって4年。
まだまだいるんだなぁ、会ってない生き物たち。
見たことはないが、お向かいには、ハクビシンが出たというし、近所の竹藪には、タヌキが棲みついているという。 
家の屋敷にしたって、アトリエに脱ぎ捨ててあった1.8メーターもある抜け殻の持ち主のアオダイショウは、何処におわす?

4月10日(木)ジャガイモ植え付け

n n

4月8日(火)カブトムシゴロゴロ

屋敷のうちに、樹齢100年に近い欅の木が三本もあって、
その落ち葉を一坪くらいの場所に集めて、腐葉土を作っている。
熟成させて、三年目。
いい塩梅になったので、ジャガイモの畑に漉き込もうと、掘り返したら、
ころころと太ったカブトムシの幼虫が、出てくるわ、出てくるわ。
三分の一くらいの場所しか掘ってないのに、100匹はいる感じ。
すぐに思い立って、知り合いの保育園4か所に電話したら、いずれも、
「ほしいです!!」
とのことだった。
早速、腐葉土ごと水槽に詰めて、持っていくことになった。
う~ん、人にあげることになると、まずは自分で、飼育してみないとねぇ。

4月7日(月)新しい試み

n n
例年、三月下旬の種まきは、温度が上がらず、失敗することが多かった。
そこで今年は、芽だしポットの下に、ヒーターパネルを敷いてみた。
超簡単な装置だが、地温は25度に保たれ、順調に発芽した。
さらにここから、陽のよくあたる室内の出窓に移して、立派な苗に育てる。
キュウリ、インゲン、トウモロコシ、ネギ、サヤエンドウ、エダマメ、着々だ。

4月4日(金)春一番の移植

ソラマメとキャベツ。まだまだ寒いので、不織布の中です。
n n

4月2日(水)防風ネット撤去

4月に入ったので、屋敷の周囲の防風ネットを外す。
n
約五ヶ月間、最上川からの川風と、日本海からの海風から、家と庭木を守ってくれたネット。
ご苦労様。

3月29日(土)農作業本番

耕運機始動。
n
播種後の、レタス、エンドウ、コリアンダーは、不織布で防寒対策。
n
咲き出した早春の花たち。
n

3月27日(木) 獅子ユズの雪囲い撤去

n n
葦簾と不織布の二段構えで囲っておいたのに、ほとんど落葉している。
枯れはしないが、今年も、結実は望めそうもない。

3月26日(水) 難儀な切り株

n
40本以上あった柿の木。
老木だし、果物としてのニーズもないしで、毎年3本ずつ倒していく。
難儀なのは、切り株の始末。
根を掘り出し、鋸で切っていくが、一日がかりの大仕事だ。

3月26日(水) 種まき初め

気温が15度近くになると、誘われるように、種まきが始まる。
同じ頃でも、去年は、思うように温度が上がらず、けっこう発芽しなかった。
今年は、温室に入れて、表面が乾燥しないように、ビニール袋の被いをしてみる。
結果は如何??
n
エダマメ、キュウリ、スィートコーン、エンドウ、コリアンダー、ネギ、ピーマン

3月21日(金)彼岸点描

n
梅の蕾は、まだまだ固い。
被いをかけなかった白菜やキャベツは、この時期、ムクドリ達の格好の餌になっている。
防虫シートで被ってあるほうは、なんとか難を逃れている。
結球して食べられるようになるまで、あと一ヶ月というところか。
n

3月14日(金)バンケ味噌

庭のあちこちで、雪の下から、バンケ(ふきのとう)が顔を出し始めた。
n
嫁いできたばかりの頃、祖母から、バンケ料理を、二つ教わった。

ひとつは、バンケ味噌。
あまり開いていないバンケを茹でて、水を何度も変えながら、アク抜きし、味噌、砂糖、酒で調味する。
長年この方法で作ってきたが、実は、何度も水を替え、一晩置くというのが、意外と面倒くさい。
そこで、今年は、新しい調理法を考えついた。
山菜は、てんぷらにすると、アク抜きできることからヒントを得て、洗ってすぐ油で揚げてみた。
n
きれいな色を残したまま、キッチンペーパーで油をしっかり吸い取り、バンケと同量の味噌、お好みの砂糖と酒で調味。
n
もう少しまろやかな味がお好みならば、卵黄一個を入れて、さっと火を通して出来上がり。
n
炊きたてご飯に、これがあれば、おかずは何もなくてもいいくらい。

もう一つは、バンケの味噌汁。
熱湯で味噌を溶いて、細かく刻んだバンケを、ほんの少しパッと散らす。
バンケは、とても香りがきついので、ちょっぴり入れるのが、おいしくいただくコツ。

子ども達が小さい頃、春先になると、風がびゅうびゅう吹く中でも、ほっぺたを真っ赤にしながら、
かごと包丁を持って、バンケ取りに夢中になっていたっけ。
考えてみたら『おばあちゃんの味』を、まだ伝授してなかったなぁ。

3月4日(火)鳶

家の傍の欅の木で、朝早くから、ピーヒョロ、ピーリョロロと、よく響く声で歌っている。
どことなく、春だなぁ。
n

3月2日(日)三月点描

n白鳥の北帰行
nガーデンシクラメンに蕾
nラッキョウ、タマネギの追肥

3月2日(日)供養

そもそも、先先代が植えた庄内柿が、30本はあったと思う。
年4回の消毒、真冬の剪定、春先の枝の皮むき。摘果、摘花、収穫と、とにかく手がかかる。
それに、大木になので、脚立での作業も危険が伴う。
あれこれと、体が回らなくて、年とともに維持管理が難しくなってきた。
昨今、新しいフルーツに押され、日持ちもしない柿は、あまり喜ばれなくなったということもある。
いろいろ理由をつけ、毎年、ニ、三本ずつ、倒していく。
老木とはいえ、まだ生きているので、鋸を入れるのは、かなり切ない。
n n
でも、倒されて役に立つということもある。
薪になり、灰になって畑に戻り、土を肥やす。
切り株は、キノコの住処となり、ゆっくりと土に返り、豊かな土壌に貢献する。
柿の木一般倒すだけで、驚くほど、見晴らしと日当たりがよくなることは事実だ。
コンデションのよくなった畑で、おいしい野菜を育てることが、柿への、何よりの供養かな。

2月27日(木)循環型生活

晴れ間を利用して、ちょこちょこと果樹の剪定。
柿、梅、アンズ、リンゴ、プルーン、ナツメ、カリン、どんどん枝がたまっていく。
それらを乾燥させて、チップにし、ストーブで燃やして灰を作り、その灰を肥料に使う。
これも一つの循環だ。
n
更に、今年は、ニワトリも飼って循環させる予定。
去年は、注文でしか買えないことを知らなくて、時期を逸してしまったが、
今年は早々に、ホームセンターに注文を出した。
名古屋コーチン4羽。
二人分の台所をまかなうには充分だ。
自家製野菜を食べさせ、卵と肥料を取り、畑に返す。
循環型生活で、大概のことがあっても、生き延びられるのではあるまいか。

2月25日(火)お雛さま

毎年、立春を過ぎると、お雛さまを飾る。 庄内地方では、華やかな練り菓子のお供えをするのがならわし。
n n

2月21日(金) まだまだ真冬日だけど

気温は、一日中零下。
時折、刺す様な横殴りの風と共に、雪が吹きつける。
キッチンの窓から、紫コブシの枝にヒヨドリがいるのが見えた。
羽を思いっきり逆立てて、限界まで体を膨らませている。
いつもは、カメラを向けられると、シャッターを押す間もなく逃げるのに。
今日は、あまりの寒さに、固まったきりだ。
n
事務所の前の道も、ひっそり。
n
新聞の、来週の週間天気予報欄は、曇りと晴れのマークばかりで、雪ダルマは全く見当たらない。
そうだといいけど・・・予報が、ちょっと信じがたい今日の寒さだ。

2月16日(日) 一足先に

n
香りだけでも、春の気分。

太平洋側は大雪だというけれど、こちらは冷たい雨降り。
でも、根雪を融かすまではいかない。
裏の森の枝の間を、時折、強風が吹きぬける一日。
n

2月13日(木) 厳寒

n
アトリエで毎日焚いていたストーブの薪が、あと一日分しかない!
n
このところ、ヒヨドリは、干し柿を求めて、日に何度もやってくる。
n
心も体も、縮こまっている。
置いてあるだけで安心しているもの。

2月8日(土) 第二ラウンド

仕込んで、6ヶ月経った粕漬けが、塩抜きの時期になった。
このままでは、塩辛いというより苦い感じで、とても食べられない。
何しろ、漬ける時、
『瓜の種を取ったくぼみに、塩をきっちりつめる』
というレシピを見た時、
「マジで!!」
というくらい、ドッサリ塩を入れたから。
そして、これは、しゃきしゃき感を出すためらしい。
n n
甕の封を解いて、瓜とミョウガの粕をふき取り、再び新しい粕に漬け直す。
蓋をして、あと3ヶ月寝かせる。
味見をして、まだ塩が抜けていない時は、第三ラウンドに持込まねばならない。
一ラウンド毎に、4キロの酒粕、一キロのザラメ、一合の焼酎が要る。
道理で、粕漬けが、高い訳だわ。
それにしても、こんなことやってる場合か?と、我にかえる。
来年度に向けて、レジュメ作り、ブッククラブのリストとチラシ作り、新しく出す本の原稿書きと、メチャクチャ忙しい最中なのに・・・
試験を前にして、他のことをやりたくなる受験生と同じじゃあないの。
精神的に追い詰められて、粕漬けになんざぁ、逃げ方としては、どうなのだろう。
しかも、今日は真冬日で、手も凍りそうだってのにさ。

再び、甕に封をして、
「あ~、でも、これを食べる頃は、ゴールデンウィーク頃なんだなぁ」
って想像したら、少し気が晴れた。
真冬の天気で、どうやら、ウィンターブルーになっていたらしい。

2月6日(木) 春蒔き野菜

通販で頼んでいた野菜の種が届いた。
野菜を作り始めて三年がすぎた。
『石の上にも三年』
とは、よくいったものだ。
何事も、三年がんばれば、道が開けるということか。
土も肥えてきたし、土地にあった野菜も見えてきた。
手の掛け方、手の抜き方もわかってきた。
去年は、天候不順で、うまく行かない作物もあったが、そこから学ぶことも多かった。
さて、今年は、どんな畑になるだろう。
新鮮野菜を待っている人たちの顔を励みに、がんばろう。
n

2月5日(水)ほれ、見たことか!

やっぱり、暴風雪警報ですよ。
n
天気が大荒れになって、餌が探せなくなったか。
猛吹雪の中、ヒヨドリが、干し柿にありつこうと、久しぶりに姿を見せた。

2月3日(月) 立春点描

n今年も白いヒヤシンス
n花壇の福寿草の芽
n水仙の蕾
n真冬に開花する枇杷
n自家製恵方巻

2月1日(土)寒起こし

冬の重要な農作業の一つに、寒起こしがある。
畑の土を起して、空気を入れ、土を細かくするのと、土中の害虫を減らす目的で行う。
なにしろ、去年と一昨年は、畑に70センチくらいの雪があり、近寄ることもできなかった。
ところが、今年は、異常といっていいほど、雪が少ない。
寒の最中だというのに、雨が降ったりしている。
このまま、雪なしで、春になってくれれば・・・なんてことは、まずありえない。
立春以降の大雪も普通にあることだから。

思ったが吉日。
野菜作りを始めて三度目の冬にして、はじめて寒起こしを決行する。
朝食が済むと、鍬を持ち出して、空いている畑の土を、端から起していく。
二ヶ月間、農作業を休んでいたので、鍬が重いし、手には、すぐに水ぶくれが出来そうな気配。
でも、途中でやめるわけにはいかない。
昨日は、風速20メータの暴風が一日荒れ狂ったが、今日は気温も上がり、うそみたい穏やかだ。
天気も味方してくれた。
4時までがんばって、何とか作業をやり終えた。
n
去年は、低温長雨などにたたられて、作柄は今ひとつだった。
今年は、寒起こしもしたことだし、畑の幸先は、いいのではなかろうか。

1月24日(金) 庄内柿の剪定

いつもは、雪が積もる前に終わしてしまうのに、今年は作業が、大幅に遅れている。
歳のせいにはしたくないが、やはり、冬場は、外仕事が億劫だ。
n
玄ちゃんは、五ヶ月になりました。
丈夫で、ガタイがいいのだけが取り得です。

1月10日(金) ストーブ料理

今週は、静岡味噌おでん、キウイとリンゴのミックスジャム、チキンカレーと、
事務所のアラジンストーブは、よく働く。
n n

1月7日(火) 七草粥

我が家は、毎年、七種の自家製葉もの野菜で間に合わせる。
今年は雪が少ないので、簡単に調達できた。
n n

1月1日(水) せわしない正月

雪のない珍しい元旦となった。
n
さて、今年は、かつてない、せわしない正月となってしまった。
年端も行かない長男がいるところへ、
n
長女が連れてきた外孫1。
n
次女が連れてきた外孫2.
n
ところが、人見知りが激しく、3ショットどころか、2ショットも叶わずで、
それぞれ、一部屋ずつ宛がわれることとなった。

去年までは、人間だけの家だったのに・・・
今年は、ニワトリやヤギも飼おうなんて言っている我が家。
なんだか、プロベンセン夫妻の『かえでがおか農場』まっしぐらではないか!
そういえば、昔、娘たちは、この本が大好きだったけ。

まあ、世話するものがいると、自分が病気なんかしていられないから。
健康にはいいかもね。

12月24日(火)  黒い爪

長期予報に反して、ここまでは、たいした雪にも見舞われなかった。
しかし、明日から、恒例のクリスマス寒波が来るらしい。
いよいよ根雪になるのかなぁ。

11月上旬、タマネギの植えつけ時に掛けた、暴風対策の不織布を剥がさねば。
雪が積もってしまえば、もう風の心配はいらないからね。
明日からは、東京だし、作業するなら、もう今日しかない。

というわけで、とっとと作業に取り掛かかる。
が、意外と、土が締まって、沈みこんでいることが判明。
そのせいで、ほとんどのタマネギの茎が浮き上がっている。
困った。
このままでは、しっかり根が張れないから、貧弱なタマネギにしかならない。
そこで、咄嗟に、籾殻くん炭で根元に覆いをすることを思いつく。
ついでに、ラッキョウも、籾殻で下部本を覆う。
保温にもなるし、根も固定でき、一石二鳥だけど、想定外の時間がかかった。
n n
明日は東京行きだというのに、気がつけば、くん炭のせいで、つめの周囲が真っ黒。
いくら爪ブラシでこすっても取れない。
黒い爪は、野菜作りの勲章なのだろうけど。
白い本の、ページをめくる時とか、ハッと、手を引っ込めたくなることが、時々ある。

12月22日(日) 冬至

植えて三年目で、たった一個だけなった獅子ユズ。
重さが400グラムあって、かなり立派だ。
今日は冬至ということで、冷蔵庫で追熟させておいたのを、割ってみた。
n
中の実は小さいけど、見たところ、グレープフルーツと同じ。
どんな味かと思ったら、ザボンと全く同じ味で、普通に食べられる。
皮はユズ湯にして、実は、果実酒にしよう。

12月16日(月) 越冬野菜

雪の重みで潰されないように、しっかりと、葉を束ねておきます。
n

12月16日(月)雪中シクラメン

n
鉢植えのパンジーはともかく、雪の時期、めげずに咲いているのは、これくらいのものです。
n
畑は、このまま、根雪になるのかなぁ・・・

12月9日(月)大黒さまのお歳夜

新潟と庄内地方限定で行われている年中行事。
ハタハタと豆腐の田楽。黒豆ご飯。黒豆なます。
納豆汁など、定番メニューで、大黒さまの歳取りをお祝いする。
n

12月8日(日) 黄金の贈り物

マルメロが、完熟して、落下しているのを見つけた。
25年位前、同じ官舎に住んでいた方から、マルメロの実をいただいた。
珍しかったので、種を蒔いたら、すくすく育ち、放任栽培でも、毎年実をつけてくれる。
今年も、これで、おいしいマルメロ酒ができる。
n

11月30日(土)ザーサイ豊作

n
畑から引っこ抜いて
n
茎と葉に分ける
n
茎は塩漬け、葉は一夜漬けや炒め物に

11月28日(木)冬支度完了


n

11月20日(水)先祖がえり

去年、ひょうたんカボチャ(バターナッツ)が上出来で、まるまる太った種も採取できた。
n
今年、それを蒔いたら、かなり時期が遅れて、立派なのが実った。
n
が、親の形には程遠い。
ひょうたんから駒ならぬ、楕円である。
どう見ても、見かけは、そうめんカボチャだ。
先祖がえりしたのかと割ってみたら、実がサクサク剥がれてこなくて、完全に出来そこない。
蒸かしてみたが、水っぽく、甘みもなく、いいとこなし。
自家製種は、なかなかうまく行かないというのが、よくわかった。

11月19日(火)お歳暮『つや姫』

今年我が家の田んぼで取れた『つや姫』を、袋詰めし、お歳暮として発送した。
n
天候不順の年だったが、作柄には響かず、ありがたかった。

11月16日(土)凍える晩には


n n
材料もあることだし、やっぱり、
n
クルミをトッピングした、ふろふき大根の柚子味噌ですねえ。
熱燗で一杯といきましょう。

11月12日(火)雪後の点描

南方系野菜へのダメージ。
n
エンサイは一気に枯死し、チコリは残る。
n
ツルムラサキは、低温でしもやけ状態。
n
干し柿は、雪が降ると餌が探せなくなる野鳥から、一気に襲われる。
なぜか、律儀に一列ずつ。
n
天然ナメコも、低温で成長が止まる。
n
白菜だけは元気!

11月9日(土)タマネギ植えて大阪へ

野菜苗の通販をけっこう利用する。
安いし、品物も悪くない。
欠点はいつ届くかわからないということ。
長く留守にするときとか、悪天候が続く時とか、
けっこうタイミング悪い時がある。
去年も、植えた直後暴風に見舞われた。
苗が引きちぎられ、800本が壊滅的な被害をこうむった。

今回のタマネギも、週末に大寒波で大荒れと言う予報の最中に届いた。
しかも、今日から三日間仕事で大阪という時に。
ぐずぐずしてはいられない。
朝食を早めに済ませ、とっとと植えにかかる。
今年は、暴風が来ても大丈夫なよう、不織布を掛け、更に鉄パイプで重石をした。
今後、大雪の予報が出たら、被いを除き、雪の下で冬眠させる。
n

11月16日(土)

n
たちまち、路上も走れるようになった。

11月12日(火)

n
やっと屋敷の周囲を一周できるように。

11月7日(木)クロのお散歩デビュー

n
予防注射も無事済み、始めて地面に足をつける。
怖くて、通りへ出られない。

11月6日(水)雪囲い始まる

n
トップバッターは芭蕉です。
1.5メーターでカットし、葦簾で囲って、中に籾を詰める。
n
一週間後、完了。
何になるというものでも無いけれど。
手間をかけられ、90年もここで育っている。
n
天気に恵まれ、今年は、干しナツメの出来も、上々。

11月3日(日)ストーブ火入れ

n
暖房のトップを切って、アトリエに火入れ。
杜仲とドクダミの薬草茶を煎じ中。
そのうち、煮豆の鍋が上に乗る。

10月30日(水)晩秋の事務所前風景

n
向かいのケヤキの落ち葉が、うちの屋敷を覆い尽くす。

10月26日(土)セロリカブ増産計画

n
今年、こぼれ種から、発芽したものを
n
移植して、間引きながら
n
大株にする魂胆。(去年の種でわずかに生き延びたもの)
1,2年目は、発芽率が悪くて、困難を極めたイタリア野菜のセロリカブだが、
この地になじんでしまえば、こぼれ種は、100パーセント発芽するという変わり身のすごさよ!

10月25日(金)収穫最盛期

n

10月24日(木)晩秋を彩る花

n

10月21日(月)干し柿

柿は、例年になく不作。
20本の木のうち、まともに収穫できるものはほとんど無いといっていいくらい。
しかし、我が家伝来の年越しメニュー“柿なます”は、外せないので、
かろうじて使えそうなのを取ってきて、干し柿を作る。
n

10月19日(土) 野鳥の餌

柿が色づく頃となった。
今年は天候不順で、落下したり、早く熟しすぎたりで、収穫できるものは無さそう。
木に、ならせっぱなしにしていたら、早朝から、野鳥が来ること、来ること。
終日、ムクドリや、ヒヨドリたちの大喜びの声がうるさいほどだ。
n

10月17日(木) 芸術の秋

主宰する篆刻刻字の『篁翠会』の展覧会が、今日から、出羽遊心館で始まった。
今年で17回目を迎える。
天気にも恵まれ、お客の出足も好調だ。
n

10月17日(木) 珍果キワーノ

瓜の仲間で、ツルや葉がとんでもなくはびこって、薮になる。
が、開花が遅いので、結実しにくく、今年も収穫できたのは3個のみ。
肝心の味は、キュウリの種をゼリー状にしたみたいだが、甘みは無い。
インパクトがあるのは、見たところだけ。
採種して、来年はグリーンカーテンにしてみよう。
n

10月15日(火) 冬準備着々

エンジュの枝が伸びて、薪ストーブの煙突にかかるので、伐採。
n
薪割りも完了。
n
薪ストーブの友も、どんどん増えていく。
n
サルナシ酒
ニンニク酒
山葡萄酒
ショウガ酒
ナツメ酒
ボケ酒

10月14日(月) 家族が増えた

n
ロコモ防止の決定打&老後の友!
昔、生まれたのが男の子だったら、玄(はるか)と決めていた。
しかし、二回も没。
お気に入りの、玄の字はお蔵入りになって、忘れ果てていた。
この度、やってきたのが男の子だったので、玄の字が日の目を見ることに。
玄(クロ)と、命名された。
黒柴で、まだ2ヶ月。
見ているだけで、かわいくて!かわいくて!
つい笑みがこぼれる。
家の中に笑い声が響くのは、何十年ぶりといっていいくらいだなぁ。

10月10日(木) 収穫たけなわ

秋の収穫期を迎えた野菜たち。
大根は、異常気象のせいか、どれもこれも、非常に辛い。
n

ショウガは、ショウガ酒と酢漬けに。
n

黒ゴマも、一年分採れた。
n

10月8日(火)春野菜の準備

キャベツ、白菜移植。
n

青梗菜、小松菜、大根播種。
n

10月7日(月)失敗作でも

使っているうちに、けっこう様になってくるじゃない、ね?
n

10月6日(日)燻炭作り

風の静かな日には、籾殻を燃やして、燻炭作り。
籾殻に火を入れて、炭になるまで、5時間は、目を離せない。
これを畑にすき込むと、土がさらさらになり、微生物が増え、有機栽培が促進される。
郷愁を誘うようなにおいが立ち込めると、一気に冬が近くなったと感じる。
n

10月5日(土) 秋のランチメニュー

秋野菜が順調に取れだしたので、ランチメニューが決まった。
n

n
・栗ご飯
・芋煮
・マンズナルの胡桃あえ
・ズイキ芋の含め煮
・カラシナの煮びたし
・漬物4種
小タマネギ酢漬、ショウガピクルス
タカナ漬 黒瓜浅漬 蜂蜜梅干
・ヨーグルトブラックベリーソース
・紅茶

遠方からのお客さまで、お昼時に当たった方にサービス中。
但し、前日まで、ご連絡下さい。

10月5日(土) 白鳥初飛来

朝、5時半ごろ、畑で葉野菜の種まきをしようとしていたら、突然かん高い鳴き声。
見上げると、薄暗い西の空から、白鳥の群れがやって来るのが見えた。
今年の第一陣だ!
去年より五日早い。
シベリヤからの長旅を終え、無事たどり着けたのが嬉しいのだろう。
ひときわ高い声で鳴き交わしながら、あっという間に、南の空に消えた。
今年は冬が早そうだなぁ。
n

10月4日(金) 畑の助っ人

ネギ苗が育ってきたので、移植。
90本あった。

今年の畑は、いつになくアマガエルが多い。
ちょっと歩くと、びっくりして、あちこちから、ぴょんぴょん飛び出してくる。
もしくは、野菜の中に入り込んで、じっと餌をねらっているのも目立つ。
どのカエルも、おなかがぶんぶくりんだ。
有機栽培3年目の成果が目に見える。
n

10月2日(水) 珍栽培法

うちの畑は、粘土質で、根菜類の栽培には向かない。
いくら砂や籾殻を添加しても、股根になってしまう確率が高い。
そこで、今回は、栽培の本で見た珍方法を試してみることにした。
角度を10度にした波トタンに、砂土を15㎝敷いて、そこでゴボウを育てる。
つまり、寝かせて栽培するというもの。
今、播種して、結果は来年の初夏に出る。楽しみが一つ増えた。
n

9月30日(月) 大反省会

10年前、仲間と一緒に、焼き物に随分入れ込んだ時期があった。
そのうちの一人が亡くなってしまって、10年近く土をこねていなかったが、
仲間の一人が、新しい窯を手に入れたのがきっかけで、
同好の士3人、また焼き物を復活することになった。
で、今日は、窯出しの日だったのだが、なんと、95パーセントが失敗。
初めての窯焚きで、温度調節がうまくいかなかったのが原因らしい。
形も色も、何もかもが思い通りに出来上がらず、鑑賞会が反省会と化した。
n

9月28日(土)異常気象で

今年の冬は、早く来て、雪も多いらしい。
このところ、空気が急に冷たくなって、冬支度をせかされる。
薪ストーブの出番も、例年より多くなりそうだ。
今年、新たに油圧式薪割り機を購入した。
直径35センチまでの木なら、楽に割れる。
これで、枯れたり倒れたりした柿の木の始末が、簡単になるぞ。
試運転で、ちょっと動かしただけなのに、薪の山がおもしろいように増えていく。 
n n

9月27日(金)抑制栽培

収穫時期を遅くして栽培すると、小さめで収穫量が落ちるが、
季節外れの味が楽しめる。
今の時期は、台風の被害を受けやすいのが最大の欠点。
nマンズナル 
nゴーヤ 
nジャガイモ

9月26日(木)色づく秋

nアスパラガス
nナツメ
nムラサキシキブ 
n庄内柿

9月19日(木)ペットまた

n
その辺に落ちているのを拾って歩くと、大変なことになりそう。
ミヤマクワガタとコクワガタ。
大きいミヤマクワガタは、冬が越せないらしい。

9月17日(火)サルナシ収穫

n
サルナシ酒は、天下一品です。

9月16日(月)台風18号襲来

夜どおし、台風が気になって、5時に起き出した。
随分日が短くなった。
外はまだほの暗いが、すぐ畑へ。
台風が来たら、一番被害を受けそうなエダマメの土寄せを、真っ先にし、
獅子ユズの大鉢を、陶芸小屋に避難させる。
n n

蔓野菜のキワーノ、マンズナルインゲン、ゴーヤは、風当たりが強そうだが、手の打ちようがない。
収穫末期の黒瓜だけは、漬物になりそうなのを、20本収穫。
味噌漬けにするのに、まず塩漬けをしてしまう。
n

昼ごろから暴風雨になった。
ゴーゴーと音を立てて吹く風の音を、久しぶりに聞いた気がする。
5時前、風がやや収まり、雨が上がった。
すぐ畑を見に行こうとして、事務所を出た途端、バショウの被害が飛び込んできた。
n
メチャクチャになぎ倒されていた。
一番心配したエダマメは、風に逆らわないでなびいているので、何とか大丈夫そう。

案の定、風があたる面積が大きい、インゲン、キワーノ、黒瓜は、支柱ごと倒されていた。
n
ヒマワリは途中で折れた。
ゴマは、束で斜めっていた。
もうちょっと収穫が見込めたナスも、かなり傷めつけられた。
防虫ネットがはがされた移植したての白菜は、傷んでボロボロ・・・
n
台風で恩恵があったのは、クルミのぐらい。収穫の手間が省けた。
n
このまま風が続けば、被害はまだまだ広がりそう。

9月12日(木) ペットになっちゃった 

もう10日も前の話。
畑の貯水槽に落ちていたクワガタ虫がいて、水の上にぷかぷか浮いていた。
羽もあるんだし、いずれ飛んでいくだろうと思っていたら、3日経っても、4日経ってもぷかぷか。
こいつは、よほどのバカか、体力がなくなっているかのどっちかだ。
と思って、拾い上げたものの、果樹を荒らす立派な害虫。
その辺に放すのも、潰すのもためらわれて、結局、家まで連れ帰ってしまった。

ちょうど、本場甲州のお高いブドウの詰め合わせが送られてきたので、試しに少し与えてみる。
最初は、反応がなかったが、そのうち、口を出したり引っ込めたりして、盛んに食べだした。
n
豆腐のケースに入れただけで、キッチンの出窓においている。
逃げようと思えば、いくらでも逃げられるはずなのに。
シャインマスカット、オリンピア、巨峰、ロザリオビアンコ。
日替わり定食が、よほど口に合っていると見える。
今日も元気。

9月10日(火) 鳥肌が立った 

風がサーッと吹いたと思った。
その瞬間、カサカサカサッと乾いた音がして、落ち葉が降ってきた。
見上げると、印度菩提樹が、いつの間にか紅葉している。
冬に向かって季節が転落していくと思った瞬間、ゾクッと寒気がした。
n

9月9日(月) 誰だ!

n
昨日の夕方、もうそろそろだと収穫時期を見計らっていた和梨。
朝に見たら、先を越された。
いち早く味見するやつは、カラスか、ヒヨドリか?
ひとつずつ完食して行けばいいものを!
あちこち片っ端からかじっていくのは、マナー違反だぞ~

9月7日(土)冬瓜大成功

瓜の仲間では、広い土地があれば、冬瓜(トウガン)ほど作りやすいものはない。
害虫も付かないし、病気とも無縁だ。
土地があればどこまでもぐんぐん伸びて行く。
上から眺める分には、葉だけだった夏も過ぎると、
栄養を独り占めしたように巨大なのが、一本の苗に一個の割で見つかる。
葉が枯れだしたからだ。
一番重量がありそうなのを秤にかけてみると、3,4ヶ月の赤ちゃんくらいの重さがあった。
n
取り立てて味がよいわけでも、栄養価が高いわけでもない。
長所といえば、冬瓜というくらいだから、冬まで貯蔵できることかな。

9月6日(金) 敗者復活

今年のトマトは、5種類。
大玉、中玉、房成り、イエロー。
それと、ダントツ高価だった『デルモンテぜいたくトマト』
糖度抜群、色艶最高という解説と、ネーミングに惹かれて、通販で苗を注文した。
が、到着した苗は、黄色くなって半分枯れかけていた。
すぐに植えたが、復活はしなくて、地上から、茎は消滅した。
絶対苗が悪いと思い、通販会社に電話し、事情を話した。
新しい苗ができたら送るからと、二週間後にぴんぴんしたのが届いた。
それから一ヶ月が経過して、枯れたはずの一本から、脇芽が吹き出した。
脇芽なので、新しく届いたのよりはずっと成長が遅かった。
秋に入り、ほかのトマトはほとんど枯れてしまったのに、ぜいたくトマトは、今が全盛期だ。
n
とはいえ、味の面では、異常気象には勝てなかったと見え、糖度不足なのは残念だ。
なんて文句は言えない。一度消えたのだから。
このきれいな色を残すなら、やっぱりトマトジャムでしょう。

8月30日(月) なんと美人な

これも新種です。純白のアップルゴーヤ。
n

8月28日(土)保存食

今年、黒瓜を初めて栽培してみた。
8月初めまでは、ボチボチだったが、末になると、どうにも始末に困るほど採れた。
浅漬け、ぬか漬け、キムチ漬け、めんつゆ漬け、からし漬け、塩昆布漬けと、
いろいろやってみて、どれもおいしかったのだが、さすがにもう飽きた。
というわけで、この辺で、粕漬けに挑戦してみることにした。
塩漬けして、干して、粕に漬け込んで、食べられるのは、6ケ月後。
さてさて、結果は如何?
n n

8月27日(金)こぼれ種

好きなところに、勝手に出てきたやつが、いちばん育ちがいいんだよなぁ!
n 大長夕顔

8月17日(土) 秋の気配

昔は、甥っ子姪っ子その親夫婦、祖母も両親もいて、お盆といえば、最高14人分のまかないをしたこともあったんだよねぇ・・・
誰一人来ないお盆なんて初めてで、気抜けする。
とはいっても、お精霊棚作りやお墓参りは、例年通り、サクサクとやり終えた。

見回せば、秋の気配はそこここに。
n丹波栗
nシュウカイドウ
n芋煮用サトイモ

そして、お盆が過ぎると、天気を見計らって、とっとと秋始末をしないと。
とかく種まきの季節は、天候不順が多いので、タイミングをはずしたら大変。
去年は、キャベツ、ゴボウ、大根の種まきが遅れて、年内収穫ができなかった。
その教訓があったので、今年は早めにと、かなりあせったか。
8月にはいるとすぐ、大根の種まきをし、キャベツの移植をしてみた・・・
が、さすがにこれはまずかった。
大根は、水不足で、筋だらけのちんちくりん。
白菜は、猛暑とコオロギと害虫で、いじけて大きくなれなかった。
n
で、結局のところ、8月中ぎりぎりセーフで、白菜、ザーサイ、タカナ、大根の播種が完了。
後は、台風と大雨が襲来しないことを祈るのみ。

8月16日(金) こんなところに天敵が

ふと見ると、いつも行き来しているキウイの棚から、ひょろりと細長いものがぶら下がっている。
すわっ!去年見かけた2メーター級のアオダイショウの抜け殻が頭をよぎる。

で、よくよく目を凝らすと、葉っぱの陰にいたのは、我が畑の天敵猫!
n
今年は、ニンジン畑を踏みつけ、転げまわって、全滅させるという悪行を働いたやつだ。

考えてみたら、キウイはマタタビの仲間。
猫が寄ってきても不思議はない。
しかも、今日も、34度。
猫だって、樹上で涼みたくもなるだろう。

8月8日(木)待ってました

晴れの日が続きそうなので、やーっと梅干が干せるぞーっ!
n

8月1日(木)シルバーサンシャイン

去年の秋、園芸店で、葉がシルバーでとてもよく分枝するヒマワリを見かけ、その清楚な姿に一目ぼれしてしまった。
なんとしてもこの種が欲しい!と思ったが、残念ながら、名札が付いてなかった。
根性で、ネットでなんとか名前を見つけ出した。
シルバーサンシャイン、別名大雪山。(え、どうして、英名と和名で、南方系と北方系になっちゃうの?)
で、更に時間をかけて、種を販売しているサイトを見つけた。
n
種を蒔いて、支えをして、肥料もよくやったのに~
世話をしすぎたのねぇ。
がっちり木ほどの幹に育ってしまった。
一本の茎に、15本も花をつけちゃって、清楚とは程遠い風情。
園芸店で見かけたはかなさは、間違いなく肥料不足のせいだわ。

7月31日(水) 野菜の花は美しい

n

7月30日(火) 今日の朝採り野菜

n
ミニトマト、トマト、エダマメ、ナス、
ミニキュウリ、ヘラササゲ、パプリカ、
伏見甘長唐辛子、チコリ

長雨と猛暑で、とにかく不作。

7月20日(土)今でしょ!

予報によると、晴れは明日まで。
そのあと一週間はまた雨だという。
ジャガイモ堀りは、今日をおいてない。
n
朝の五時から頑張るが、全体的に小粒。
芽が出掛かっているのや、腐り始めているのもあって、
収穫の喜びには浸れない。

傍らでは、第三ラウンドのジャガイモが、早くも発芽し、
すくすく伸びていたけど、あまり期待しないでおこう。

7月19日(金)やーーーーっと!

雨が上がったぁ。
早朝の鳥海山が清々しい。
n

7月18日(木)交通寸断

大雨洪水土砂災害警報で、山形県が全国ニュースになる。
土砂崩れ、河川氾濫、浸水により、あちこちで、交通機関がストップした。
山形出張が、今日だったら、無事に戻れないところだった・・・。

7月17日(水)今年の芭蕉

80年前にはすでに植えられていたという芭蕉。
35本ある茎のうち、2本に花をつけた。
6本なんていう年もあったから、今年は少ない。
n
段々に実がなっていく。
n
今年は、6月下旬から高温が続いているので、
追熟したら、バナナのように食べられるかも。
n

7月16日(火)笑ってはいられないが、

小鳥の餌台の中に置いた種から、発芽している!
n
傍の山椒の樹に、たくさん実がなっていた。
n
早速収穫して、冷凍庫に。
これで、おいしいちりめん山椒の佃煮が、いつでもできるぞ。

7月15日(月)被害甚大

洪水警報の続く毎日。
農園は、目に見えて被害が広がっている。
n トマトは実割れし、
n アーティチョークはしおれ、
nチコリは腐り始めた。
瓜類は、受粉せず。
カボチャに至っては、予想収穫数の2割も結実しないという悲惨な有様。

7月13日(土)大豊作

かつてないほど大豊作となった梅。
n
実家の分と合わせて、二本の樹から18キロも収穫できた。
三分の一を梅酒に、残りを梅干にする。

7月11日(木)第三ラウンド

去年収穫し食べ余したジャガイモ。
大きいのは、植えつけて、残った“みそっかす”も土に埋めおいた。
第二ラウンドは、二ヶ月半経って、三株掘ってみたら、結構カレーに使えるほど育っていた。
n
“みそっかす”の中の更に小さいのも、なんとなく処分できずホッタラカシにしておいたら、
腐ることもなく、ちょぼちょぼ緑の芽を出している。
見るからに、
「植えて!植えて!」
と、訴えている気がして、小雨を見計らって、大急ぎで土に埋めた。
n
第三ラウンド開始!
果たして、二ヵ月後は、どのくらいものになっているか・・・
いくら時間をかけても作りたい、“蜂蜜入り小粒ジャガイモの丸ごと煮”ができるくらいに育ったら、儲けもの。

7月10日(水)ニンニク収穫

早朝、ほんの一瞬雨が止んだので、大急ぎでニンニクを収穫。
n
夜のメニューは、これで決まり!
パリパリの羽根つき餃子です。
n
自家菜園から調達したニンニク、キャベツ、ニラ、ショウガ。
かなりのボリュームと思ったが、箸が止まらず。
ご飯無しで、完食してしまった。

7月9日(火)大雨洪水警報

4日過ぎから雨が降り出し、毎日うんざりするほど降る。
畑は、浸水し、カボチャ、キュウリ、ズッキーニ、ナス・・・
受粉できず、結実がパタッと止まった。
n

7月7日(金)珍野菜たち

n
みんな、ネットで種が買える便利な世の中です。

7月4日(木)ちょっとだけでも

雨が降り出すと、一晩でぐんと大きくなる瓜たち。
n

7月1日(月)豊作

春の低温と初夏の高温と水不足。
異常気象でも、恩恵があったのは、果樹たち。
気がついたら、近年にない豊作になっていた。
n
せっせと収穫しては、ブランデーと焼酎に漬け込む。
n

6月26日(水)もういい加減にしてっ

来る日も来る日も晴天。
しかも高温。
n
朝晩、10Lのジョーロを持って、貯水槽と畑を往復するのもしんどくなってきた。
ここまで申し分なく育ったチコリに、とう立ちや変色の高温障害が出始めた。
いい加減にしてほしいこの天気。
n

6月23日(日)ラッキー!!!

毎日、夕食が済むと、仕事をしに、35歩の道のりの事務所に戻る。
いつものように、玄関の戸を開けて外へ出ようとすると、磨いたようなお月さま。
n
ここは、日本海も最上川も近いから、常に上空の水蒸気が多い。
そのせいで、こんなに、冴え渡る空はまず見られない。
ずっとこのまま見とれていたい、そんなオーラがあった。

“スーパームーン”
あとからわかった。

6月15日(土)待望の雨

昨晩、実に久しぶりで、けたたましく音をたてて雨が降った。
こんなにありがたいと思って雨音を聞いたことはない。

朝になって畑の様子を見たら、どれもこれも、一晩でぐんと伸びているのがわかった。
n
しかし、畑の土を掘り返してみたら、しめっているのはほんの表面だけ。
しかも、厳しい暑さが続くという予報。
あ~ぁだなあ・・・
これ以上は、育苗ポットにおくのは限界と判断し、ネギ130本を畑に移植する。
収穫は10月ごろの予定。
うまく育ってくれますように!
n

6月14日(金)失敗作

タマネギ、失敗した。
去年植えた直後、防風に見舞われて、マルチのシートが剥がれ、苗がなぎ倒された。
正しくは、苗が途中でカットされた。
600本のうち、一割しか生き延びなかった。
しかも、情けないくらい小さいので、もうこれはピクルスいき。
n

6月9日(日)薬草茶作り

晴天が続き、薬草茶作りがはかどる。
レモンバーム、ミント、ドクダミ、柿の葉、桑、杜仲。
材料は、農園のあちこちに豊富にある。
せっせと採取しては、洗って蒸して、陰干しする。
n
晴天続きでいいことってこれくらいかな。
毎日水やりに、10リットルのジョーロを持って畑を往復しているので、腕の筋肉はカチカチ。
読み聞かせ講座の時、よく言われます。
「何冊読んでも、本を持つ手が、震えませんね」
って。
ダンベル使ってトレーニングよりも、間違いなく鍛えられてる。

6月8日(土)太すぎる

最上町からいらしたお客さまから、特産のアスパラガスをいただいた。
太い!
n
このボールペンは、ミニではないのですよ。
その辺のスーパーで見かけるのの3倍の太さはある。
でもって、食べ応えのあることといったら。
バター炒めはもちろん,さっと蒸して、浅漬けでもなかなかでした。

6月4日(木)成功しすぎて、キャンペーン

去年収穫したカボチャや瓜類やなにやら。
試しにと、種を自家採取した。
洗って冷蔵庫で保存し、春先に蒔いたら、呆れるくらい見事に発芽してしまった。
いくら500坪の畑でも、限りがある。
仕方ない、棄てるのはもったいないと、プレゼントキャンペーンを実施することにした。

6月中、お見えになったお客さまに、お好きな鉢苗をプレゼントします。
バターナッツ(ひょうたんカボチャ)、ちりめん瓜、ヒマワリ(大雪山)、キュウリ、ツルムラサキ、エダマメ。
合わせて、40鉢。
お好きなのをお好きなだけ差し上げます。
n

5月31日(金)収穫最盛期

nバターレタス
nタケノコキャベツ

5月27日(月)バラの季節

n
高温続きなので、あっという間に散っていく。

5月26日(日)ばっかり気象

雨が降らない!
全く降らない。
今朝も、4時半から、にくらしいほどピッカピカのお日さま。
n
そして、恨めしいほどの夕焼け。
毎日毎日。
n
低温ばっかり。
日照りばっかり。
高温ばっかり。
ばっかり、ばっかりが続く・・・
異常気象とは、つまりそういうことなのか。

5月24日(金)こんなにうまくいくとは!

去年はジャガイモが大豊作だった。
大きいのから、人にあげたり、自分で食べたりして消費。
春先には、ちびてシワシワなのばかり残った。
「種芋は、立派なのを購入しているから、去年の残りは棄ててもいいや」
と思って、手をかけた瞬間。
ちっちゃイクセに、ふてぶてしいほどぶッとい芽が、
n
「まだ、生きてるよ-!」
と、叫んだ気がした。
仕方ない。
ブラックベリーの通路を少々削り、ダメモトと思いつつ、芋を埋める。
ゴロゴロの塊り土の中に。
しかし、何と、十日もしないうちこんな感じ。
n
すごい生命力。
発芽率100パーセント!!
これで、今年またまた大収穫だわ。

5月20日(月)初物

去年の8月31日播種のリーク(ポロネギ)。
9ヶ月近くたって、やっと収穫。
日本ネギのようなクセのある香りはなく、あっさりしていて甘みもある。
シチューや、焼肉にピッタリの西洋ネギの一種。
n

5月19日(日)発芽を成功させるために

ニンジンをうまく発芽させられたら、野菜作りは免許皆伝だそうな。
土かけはごく薄く、発芽までは乾燥厳禁。
というわけで、新聞紙で被い、雨の降らない日は、一日五回、せっせと水掛け。

三月下旬、例年になく天気が良かった。
おかげで、耕運機が一ヶ月近く早く畑に入れた。
その勢いで、春まき野菜の種を、いつもより二週間早くまいた。
あまりの暖かさに、判断を誤ったらしい。
ネギ、エンドウ、レタス以外、ほとんど失敗。
瓜類に至っては全滅という悲惨な結果になった。
一ヶ月遅れてリベンジ!
n
黒瓜、ゴーヤ、ヘビウリ。
発芽成功の鍵は、時期なんだなぁ。
今ちょうど、鳥海山には、種まき爺さんが、きれいに見えている。

5月18日(土)果たして効果の程は?

5月1日に種をまいた小松菜。
やっと本葉が出たくらいなのに、既に虫の穴だらけ。
n
無農薬栽培にしても、早めに、なんか手立てを講じなくては。
早速、ネット検索をしてみると、虫取り粘着シートなる物が見つかった。
ゴキブリホイホイの畑バージョンか。
虫は、黄色を見ると、花だと思い寄って来る習性を逆手に取ったわけだ。
ぐずぐずはしていられない。
速攻でネット注文し、すぐに畑に設置。
n
そして、虫たちも、速攻で寄って来て、三日もしないうち、この有様。
トラップの威力は絶大と判明したが、虫は際限なくいるわけだし・・・
虫で真っ黒になったトラップを、せっせと棄てるだけにならねばよいが。

5月16日(木)越冬小松菜

春になって、日照時間が長くなると、あっという間にとう立ちしてしまう。
咲き初めの頃は、花をさっと湯がいて、菜の花パスタにする。
彩りがきれいでおいしい。
n
ついでにこちらはブロッコリー。淡いクリーム色。
これはこれできれい。
n

5月12日(日) カッコウの鳴く季節

毎年、事務所前のプランターの花を新しくする。
n
花壇も、どんどん生い茂ってくる。
花も雑草も競う。
n

5月10日(金)ようやっと

芭蕉の雪囲いを撤去した。
いまだかつて、こんなに遅かったことはない。
しかも、芭蕉は、いまひとつ元気がない。
n
そして、こちらもやっと、通販の野菜苗が届いて、畑に移植する。
ナス、トマト、パプリカ、キュウリ。
防寒、防風対策で、一ヶ月ほどは、あんどん栽培。
n
中のトマトは、こんな按配。
ぬくぬくです。
n

5月5日(日)人なつっこいお客

去年収穫だけして、ほったらかしにしておいたクルミ。
その辺で割れているのを食べに、カラスやシジュウカラなど、鳥たちが頻繁にやってくる。
今日は、ヤマガラ。
人が近づいても何のそので、一生懸命食べている。
しばし、かわいらしさにみとれてすごす。
n
今朝のNHKラジオの、『落合恵子の絵本の時間』は、鈴木まもるさんの、『おじいさんとヤマガラ』(小学館刊)だった。
びっくりするようなすてきな偶然。
あるんですね!

5月3日(金)春も天候不順につき

ジャガイモの植え付けが去年より二週間遅れた。
n
同じく、春菊、小松菜、オカヒジキなど、葉もの野菜の種まきも。
しかも、発芽率悪い。
n
発芽用温室の温度も、10度以下の日が続く。
今年の春の低温は、異常事態。
瓜類(キュウリ、ゴーヤ、メロン、漬け瓜)は、音なしの構え。
n
景気いいのは、雑草ばかりで、シャクに触る。
サルナシの周囲は、ヒメオドリコソウの花盛り。
n

5月1日(水)山菜いろいろ

桜散り初め。
n
この時期、昔から、畑の隅に勝手に生えてくる山菜たち。
nフキ
nウド
nミズ
nウルイ
で、早速まとめて、山菜のパスタにしていただく。
n

4月26日(金)冬越しキャベツ

去年の秋、畑は天候不順にたたられた。
秋まき野菜のほとんどは成長不良。
キャベツは、巻かないまま冬を越してしまった。
春になり放って置いたら、葉の付け根からどんどん蕾をつけた茎が伸び出してきた。
柔らかくておいしそ~に見えたので、試しに炒めて食べたら、結構いける!
これに味を占め、せっせと脇芽を収穫して、漬物にしたり茹でたり・・・
結局、普通のキャベツほど、充分に消費したかも。
こういうの怪我の功名という?
n

4月24日(水)桜も

n
見ごろです。

4月20日(土)水仙

n
見ごろです。

4月2日(土)前倒し

豪雪もあっという間に融け、
今年は、春先に晴天が続いた。
耕運機は、例年より二週間早く畑入り。
n

n
ポットの種まきもかなり早い。
ちょっと賭けかも。

3月23日(土)植樹

n
長女の結婚を記念してアーモンドを植えた。

n
次女が大学生の時、食べたリンゴの種。
鉢に蒔いたら芽が出たそうな。
地植えして、早や6,7年。
結構大きくなったが、まだ花は咲かない。

n
今年、隣に受粉樹(紅玉)を買って、植えてみた。
結実は、何年後だろう・・・か?

3月22日(金)春一番の作業

n果樹の剪定
n消毒

3月17日(日)冬越し野菜のサラダ

厳しい冬に耐えた野菜たちを掘り出した。
n n
紫大根、ニンジン、キャベツ、セロリカブ、パセリ。
色とりどりのスティック野菜サラダの出来上がり。
甘みがあって、おいしい。

3月16日(土)雪が融けたら

豪雪と防風で過ぎたこの冬。
爪あとはまるで台風の通り過ぎた後のように痛々しい。
あっちもこっちも、メチャクチャ。
n
それでも、べたがけシートの下で、めげずに生き延びた野菜たち。
nほうれんそう
nキャベツ
n雪菜
n
畑の片隅では、ふきのとうもしっかり顔を出す。

3月10日(日)キッチンガーデンその後

11月18日に種まきしたミニレタス。
n
北向きのキッチンが災いしたらしい。
40日経っても、情けない感じ。
でも、折角蒔いたのに、見捨てるのも忍びない。

12月29日、南向き廊下に設置したミニ温室に、プランターを移す。
4ヶ月近く経ち、何とか、種袋の写真と同じくらい成長した。
投げ出さず、気長に取り組めば、報われることもあります。
n

3月8日(金)ヒヨドリ

今日は、穏やかな日。
ヒヨドリが、リンゴを食べにきていた。
視界良好で写真写りも良好。
n

3月7日(木)長靴通勤が終わる日

雪よりも雨が降る割合が、日照時間が、少しずつ増えてくる。
雪がどんどん消えて、土が顔をのぞかせる。
母屋から事務所までの三十五歩。
長靴で通わなくてもよくなるまで、もうちょっとだ。
n

3月5日(火)早く片付けたかったのだが

お雛さまを片付ける。
花柄の着物を着て、はしゃぎながら歌い回っていた娘達がいなくなって久しい。
けれど、一年に一度は出してあげないと、人形が泣くと聞くので、喪中以外はずっと飾ってきた。
そしてその度に、3月4日には、ちゃんちゃんと片付けてきたが、
今年は、どうしても、スケジュールが立て込んでいて、一日延びてしまった。

せめて、手早くちゃっちゃとしまおうと思うものの、お道具が、こちゃこちゃと多くて手間取る。
その上、江戸時代の享保雛は、あちこち傷みが激しいときている。
今のうち、きちんと写真に残しておかなくてはと、写真を撮ったりなんだりで、
今年もしまうのに、二時間はたっぷりかかってしまった。
n

2月24日(日)大荒れ

もう二月下旬ともなるのに、この雪模様はどうだろう。
午前中は、ホワイトアウト。
事務所の前の道も、通行不能になった。
n
午後になって風が止んだ。
玄関の戸を開けるとこんな風景。
n

2月10日(日)いいとこ

冬の厳しさも、あと、一月というところか。
積もっても、なんとなく湿っぽいまとわりつく雪だ。
n
枯れ木残らず花が咲く光景。
n
キッチンのヒヤシンス。
春を待たず、どんどん咲いたが、開花するにつれて、頭がたれていく。

1月27日(日) 放鳥したけれど

朝起きてすぐ、ダンボールの中のムクドリを見る。
二羽とも無事。
おとなしくじっとこちらを見ている。
昨夜入れておいた白菜や焼き麩は食べた形跡がない。
荒れた天気もおさまったようなので、朝食の後、放鳥することにした。

ダンボールのふたを開けると同時に、一羽はパァーっと飛び立った。
一瞬で見えなくなった。
n
しかし、もう一羽は、飛べない。
雪の上を、ジグザグと跳ねるようにして逃げていく。
やはり足を怪我したか、羽が傷ついたか。
捕まえて、戻そうかとも思い、少し追いかける。
必死で逃げるところを見ると、やっぱり捕まりたくないのだ。
それに、箱に戻しても、餌も食べずに死なれるのは辛いかも。
そう思って、追いかけるのをやめた。
程なく、近くのツツジの茂みの下にもぐりこんだ。
ここなら雪も風も防げるだろう。
後は、なんとか、自分で生きていってね。
n

1月27日(日) 吹雪の救助劇

n
強風、吹雪、雷。
朝から暴風雪警報が出るほどの悪天候。
キッチンの窓からも、外はよく見えない。

こんな時だから、餌を見つけられない野鳥が、次々干し柿目指してやってくる。
神経質なオナガは、窓に人影が動いただけで、パッと退散する。
ひょうきんなヒヨドリは、オナガより五秒くらい逃げ足が遅い。
他の鳥が食べ飽きた頃やってきて、いつまでもいるのが、ムクドリだ。

朝7時半。
キッチンは全面ガラスだから、外の様子が嫌でも目に入る。
あれ?
ずーっと逃げないムクドリが1羽いる。
さっきから、動いてない。
他の鳥達は、せわしそうにホバリングしながら、柿をつついているのに。
柿を吊るすプラスチックに引っかかったまま同じ格好。
身動きがとれず、凍え死んだんだ・・・
仕方ない。
風が止んだら、片付けに行こうと思ってから、一時間が過ぎた。

仲間の鳥は、引っかかった鳥になんかお構い無し。
猛吹雪の中、5,6羽ずつやってきては、食べて帰って行く。
しかし、なんか様子が変だ。
時々、そろって傍のコブシの枝にとまっている。
一斉に、動かない鳥に、じっと視線を送っている。
食べては視線を送る。
何回かそんなことが繰り返された。
私もそんな鳥の視線が気になって、窓の外に目を凝らす。
その時、動いた!
死んだと思っていた鳥の羽が確かに。
ほんのちょっとの間。
あわてて外に飛び出す。
他の季節なら、裏口から10歩でいける場所なのに。
雪のせいで戸が開かず、玄関からグルッと五倍も遠回りをし,干し柿のところへ。
ムクドリは、プラスチックの輪に足を引っ掛けて、からまっていた。
n
やっとの事ではずし、雪の上に放してみたが、身動きしない。
逃げる体力も残っていないらしい。
仕方ないので、家につれて帰り、ダンボールに入れた。
危機一髪というところか。
n
少し傷ついたようで、血が出ていた。
一時間位して、やっと自分の足で立ち上がった。
やれやれ、よかった。
明日の朝、天気が穏やかになったら、外に放してあげよう。

ところが、ムクドリの救出は、これだけではすまなかった
更に一時間経って、皿洗いをしていたときのこと。
窓の外。
うそ!!!
信じられない。
同じ場所に、また別のムクドリが引っかかっている。

あきれた。
あれだけ見ていたはずなのに、学習しない奴らだったのね。
吹雪の中、再び救出に。
二羽目は、すぐ気づいたので、割と元気そうだったが、とりあえず家の中へ。
二匹一緒に、箱に入れた。
鳴くでもなく騒ぐでもなく、おとなしい。
n
三羽目がかかったら、
「干し柿吊り具は、ムクドリのワナになるかも」
と思ったが、さすがに、そんな間抜けは、いなかった。

一月は、ほとんど冬ごもり状態の日々。
そんな中で遭遇しためったにない事件だった。

1月24日(木)寒中野菜堀り

備蓄してあった野菜が尽きたので、畑に掘り出しに行く。
昨日、晴天だったので、雪が10センチくらい溶けたらしい。
60センチの長靴で何とか歩けるようになっていた。
n
溶けたのが凍って、雪は更に硬く重たくなっている。
スコップで雪をのけ、やっとの事で、白菜とキャベツ、セロリカブをゲット。
畑のあちこちをかき回したが、大根は終に見つからず。
体力が尽きた。

掘りたて野菜の一日目は、すぐにポトフ。
二日目は、シチュー。
風味と甘みは申し分なし。
苦労してゲットしただけのことはある味だ。 
n

1月20日(日)キッチンガーデンその後

11月18日播種のミックスレタス。
二ヶ月経って、これが成長の限度でしょうか。
n

1月20日(日) ニュー餌台

野鳥達は、干し柿を食べるのに難儀している。
くちばしがベタベタするので、気持ち悪いのだろう。
食べ終えてから、いつも木の幹にくちばしをなすり付ける。
何度も何度も。
見るからにお気の毒。

そこで、ニュー餌台を作ってあげることに。
そうめんの木箱にクリアファイルの屋根をつけて、オオヤマザクラにぶら下げた。
n

n
野鳥の餌をたっぷり入れたが、見るからに怪しげ。
食べ始めるまで、どのくらいかかるか・・・?

1月19日(土) メジロ参上

雪が積もって、餌を探せなくなった野鳥達が、庭の樹木の梢で、うるさく鳴きたてる。
まるで、
「餌が見つからないから、なんとかしてちょうだ~い!」
と訴えているように聞える。

12月に、事務所脇のオオヤマザクラの木に、干し柿をぶら下げておいた。
しばらくは、何の変化もなかったが、ここにきて、メジロが頻繁にやってくる。
単独だったり、4,5羽一緒だったり。
文字通り、目の周りが白く目立つ鳥だ。
小さくてかわいいけれど、結構人見知りが激しい。
カメラを向けただけで、パァッとどこかへ行ってしまう。

ただ、昨日と一昨日の吹雪のせいで、よほど飢えていたようだ。
柿に取り付いたまま、きれいにカメラに収まった。
食べるのに夢中で、人の気配なんてかまっていられなかったのだろう。
n

1月18日(金) 一足早く

春を迎える準備。
今年も、白いヒヤシンスを買った。
n
外はまだ60センチを超える雪。
去年ほどの積雪量ではないけれど。
最低気温マイナス3℃とか、結構厳しい日が続く。