me
農園便り
事業を支えるため、本の種まきだけでなく、畑の種まきもして、自給自足の生活を支えています。
500坪の土地で育てている野菜や花、ハーブのレポートです。
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年

4月25日(土)コロナ対策

一か月にもわたる引きこもり状態にも慣れてしまって、
無事仕事に復帰できる日はいつになるのだろうか・・・。
気休めではあるが、抗菌作用があるというのでレモンマートルをリビングに置いてみる。
n

4月24日(金)窓下のアピオス

4年ほど前に、「蒸かして食べるとおいしいよ!」と知人からいただいた5個のアピオス。
埋めっぱなしにしておいたら、毎年素晴らしいグリーンカーテンに育ってくれた。
近年一緒に植えてあった水仙の花付きが悪くなったので、
植え替えをしようと思って球根を掘り上げたら、
球根にびっしりとアピオスの芋が絡みついていた。
ジャガイモ位の大きさに育っているのもあってびっくり。
花が咲かなくなったのはアピオスが原因だったのだ。
n
アピオスとスイセンを掘り上げ、長期間咲き続ける花を選んで新しい花壇にした。
n
アピオスを10キロくらい収穫したところで、栄養価を調べてみたらとんでもなかった。
カルシウムはジャガイモの30倍、鉄分は4倍、繊維は5倍、たんぱく質6倍、
おまけにジャガイモにはないビタミンEや大豆イソフラボンまで含まれているという!
こんなほったらかしでも育って栄養価も優れているのに、
なぜ世に普及しないのかと疑問だったが、
結局のところあまりおいしくない・・・のだ。
煮たり揚げたり調理してみたが,唐揚げくらいかなぁ、また食べてもいいと思ったのは。
どこでもたくましく育つようだから、その辺の空き地に埋めておいて、
追々おいしく食べられる調理法を見つけるとしよう。

4月19日(日)一気に野菜の植え付け

サヤエンドウ
n
タケノコキャベツ
n
ズッキーニ
n
茎ブロッコリー
n
ついでに小松菜播種。
n

4月17日(金)水仙の始末

花柄摘みと葉縛りは、時間があればこそできる作業。
水仙はけっこう種類があるとは思っていたが、改めて数えてみたら13種類もあった。
n n

4月14日(火)ニラ株分け移植

日本ニラ、西洋ニラ、花ニラ。
こんなに増やしてどうする・・・
n

4月13日(月)畑仕事着々

ジャガイモ植え付け。
男爵、メークィン、シンシア、ディストロイヤー併せて10キロ。
n

4月13日(月)野鳥の餌台

仕事がなくなってあたりに目が行くようになったからか、例年になく野鳥が目につく。
シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ジョウビタキ、モズ、アオジ、センダイムシクイ・・・
名前の同定に野鳥図鑑は常に手に届くところに置く。
その野鳥たちがキッチンの窓から見えるシデコブシの花をつついて台無しにするので、
牛乳パックを加工して餌台を設置してみた。
ちょっと目立ちすぎて警戒されそうでもある。 
n

4月12日(日)水仙満開

n

4月9日(木)ソメイヨシノ満開

 猫だってお花見しますよ。
n

4月4日(土)白モクレン満開

純白が青空に映えて見とれる。
n

3月28日(土)花の季節

ソメイヨシノやオオヤマザクラに先駆けて啓翁桜が満開になりました。
n

3月24日(火)春の雪

 朝、目が覚めたら、窓の外は雪だった。
n
そう簡単に春は来てくれないということか。
せっかく咲き出した庭の水仙がお気の毒。
n

3月23日(月)モズ

花壇の一角を大いに日陰にしていたナツメとマルメロと大和柿を、やっと選定してもらい、
スプレー菊とアメリカ菊、エキナセアを株分けして移植する。
枝を落としたばかりの大和柿の枝にモズが止まって、ずっと作業を見ていた。
ほんの3メーター位の距離か。
カメラを向けても、全く動じない。
思ったより人懐っこいのかも。
n

3月19日(木)巣箱

 気温の高い日が続き、桜の蕾が日毎に大きくなっていく。
n
天気のいい日の庭は、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、ムクドリ、
モズ、ハト、スズメ、トンビなど、野鳥のさえずりで賑やかだ。
何年か前に作った巣箱、一度仕掛けたけれど、誰も使ってくれなかった。
頑丈に作ってあったのでもったいないと思い、菩提樹の木に設置してみた。
シジュウカラさん、見つけてくれませんか。
n

3月13日(金)落葉さらい

本来なら、葉が落ちきってしまう冬前に落葉の始末ができればいいのだが、
その頃は天気がぐずつくことが多く、結局落葉さらいは春最初の外仕事になってしまう。
n
花壇、通路、目のつくところを熊手でかき集めた落ち葉は、一輪車13台分にもなった。
埋もれていたクリスマスローズが、枯葉の下から賑やかに姿を現した。
n

3月11日(水)暴風警報

庄内地方は終日暴風警報が出ていて、外に出るのもままならない。
こんな日は大人しく家にこもって、熱々の焼き芋をほおばってやり過ごすしかない。
n

3月8日(日)剪定三昧

 久しぶりに天気が続いたので、やっと重い腰を上げ、果樹の剪定に取り掛かる。
今日は豊後梅、小梅、西洋梨、スモモ、アンズ、ケンポナシ、プルーン、杜仲まで。
植えてから十何年か経過しているケンポナシと杜仲は特に繁り放題で、
作物への日当たりを悪くしていたので、思いっきり切り飛ばされた。
久しぶりの外作業はやっぱりこたえる。
仕事が終わる頃には、肩が固まって動かなってしまった。
n

3月7日(土)タマネギ追肥

 去年はタマネギ栽培がうまくいかなかった。
秋に本業の仕事が忙しくて、植え時を失してしまい、それがどこまでも尾を引いた。
結果、小粒ばかりで収量も例年よりかなり少なかった。
そもそもタマネギ栽培は、2月と3月の二回の追肥が必須なのだが、
とかく悪天候にたたられることが多い。
今年も2月下旬予定の施肥が、やはり天候のせいで今日までずれ込んでしまった。
ただ、今回は無風の上天気だったおかげもあり、施肥した上に、
雑草止めのもみ殻のサービスができるまではかどった。
n
苗の生存率は75%というところか。
あと4月上旬にもう一回追肥して、6月半ばの収穫を待つ。
一面雑草に覆いつくされた畑の中で、
秋に消費しきれなかった高菜、スイスチャード、西洋カラシナ、フェンネル、
ネギ、コリアンダーがたくましく越冬していた。
n
しばらく食卓を賑わしてくれそう。

2月25日(火)春の気配

 宿根シクラメンと福寿草が満開。
n n

2月9日(日)停電の原因

 朝、8時過ぎいつものように事務所に出勤。
屋根には今年初めての氷柱が光っていた。
n
中に入ると、
「さむっ!」
一冬つけっぱなしのはずのエアコンが停止していた。
あちこち見たら、電話も空気清浄機も室内灯も作動しない。
室内のブレーカーは落ちていないところを見ると、雪のせいで外の電線が断線したらしい。
そう思って家人に点検してもらったら、どこにも異常は見当たらないということだった。
事務所だけの不具合なのでと、念のためブレーカーを入れ直したら、照明がついた。
n
ということは・・・猫がブレーカーに飛びついて動かしたとしか考えられない。
こんな足掛かりのないところでまさかと思うのだが、
すぐ下のカーテンレールの上を歩いたりしているところを見たことがあるからなぁ。
とにかく災難を招かなくてよかった。
n
お願いだから、招くのは『人とお金』にしてもらいたいですね!

2月8日(土)食欲不振

n
頻繁に外を通る除雪車と雪を運ぶ車が、事務所の建物を揺るがしてくれる。
10坪だから仕方ないけれど、猫たちは何事が起きたのかと不安で、
食が全く進まない状況に陥った。

2月6日(木)人跡絶ゆ

n
立春過ぎて、今年初めての本格的な降雪となった。
時折の強風と吹雪で30分前の轍もすぐにかき消される。
加えていきなりの零下。
ゆるい冬に浸りきっていた身にはいささか辛いものがある。

1月31日(金)情けは誰のため

冷たい雨のそぼ降る午前中、郵便局に手紙を投函しに行ったら、
入り口のところで斑の灰を投げたような色合いの長毛の猫が雨宿りしていた。
去年の春生まれたくらいだろうか、片目が半開きで体のあちこちに落葉をくっつけている。
見るからに、野良の過酷な生活がしのばれた。
もしかして、一昨日の夜に事務所の玄関前の道路で座ってこちらを見ていた猫かしら、
暗がりでよく見えなかったけど?
そう思い、しげしげ見入った途端目が合ってしまった。
猫は10歩ほど移動し、お地蔵様の屋根の下へ座り、振り返ってこちらを見た。
うちの猫たちも保護されなかったら、こんな悲惨な生活だったんだろうな・・・。
また目が合ったら、猫は雨の中すごすごとお寺の文殊堂の方へ向かって行ってしまった。
別に追い立てるつもりはなかったけれど、どうやら迷惑なことをしたらしい。
という話を家人にしたら、翌朝、リビングにこんな張り紙が貼られてあった。
n
えっ!!なに?救えってこと?
(人を見ただけで逃げる野良さんは、簡単に捕まるものではありませんよ・・・)

1月18日(土)畑の予定

空いている土地を遊ばせておくと、ろくなことにはならない。
雑草や野ネズミや害虫がはびこり、ご近所迷惑になる。
さりとて、畑に費やす時間と体力もない昨今を顧み、
今年は手抜き栽培で収穫できるものを目指すことにした。
とにかく、セレクトしたのは、
・苗ものは植えっぱなしでいいもの。
・種ものは勝手に育って虫も病気も付かず、長く収穫できるもの。
・タマネギ、ジャガイモ、地下のものは保存期間の長いもの。

栽培の方針は、
・雑草対策として黒ビニールマルチ。
・消毒はしない。
・肥料はたった一度の施肥で済む『有機一発』を使う。

春になって、ホームセンターを駆け回らなくていいよう、今のうちに全て注文を出した。
ああ、やれやれ、これで時期に合わせて、順次送られてくる。
随分省力化した気分。
n

n

1月1日(水)元旦

「静かなお正月・・・」
n
「・・・ですね」

12月10日(火)束の間の太陽

 久々に太陽が顔をのぞかせ、気温もそこそこ上がったようなので、今年最後の野良仕事。

ほったらかしにしておいた二季成り木イチゴの剪定をする。
秋に結実した枝は枯死するので根元から剪定しておかないと、
来春新芽が出てくる余地がなくなって、株全体が弱ってしまう。
まだちらほら赤い実が残っていて、ジャム一回分くらいの収穫があった。
おまけに、藪の中に枯草に埋もれていた巨大万次郎カボチャを発見!!
n
冬至カボチャは買わなくてよくなった。
外仕事に重い腰を上げたご褒美かな。
気分を良くして、ついでにもうひと仕事。
ザボンの防寒対策で、根元に籾殻をたっぷり施しておいた。
n
実生から育てて20年。
もうそろそろ結実してもいい頃なのだが、来年はさて・・・?

11月29日(金)セーフ

気温がぐんと下がってきたので、南国系果樹のジャボチカバを外から家の中に避寒させた。 n
朝目が覚めたら、待っていたような大雪で、危なかったぁ。
n

11月28日(木)初冬の花

n
最後のバラ
n
盛りの山茶花
n
狂い咲きのカザグルマ

11月26日(火)いくら寒くても

n
窓を開けて外は見たいです。

11月25日(月)余熱利用

サツマイモをたくさんいただいたので、アトリエのストーブで二時間かけて焼き芋。
使うのは、60年使い込んだ無水鍋である。
n
これだけでも充分おいしいが、更にひと手間、
ドライフードメーカーで6時間乾燥させると、甘みも風味もぎゅっと詰まった絶品の干し芋になる。
n

11月21日(木)手抜きの証拠

n
バショウの雪囲いは、本来なら単管パイプの内側を、
すべて葦簾で囲ってもみ殻を詰めるはずなのだが、
今年は体力が続かず、茎を短くカットしもみ殻を被せておしまいにした。

11月8日(金)冬支度が遅れ気味

 一雨ごとに落葉が進み、掃き集める間もなく、庭は落葉で埋め尽くされていく。
n
例年より遅れて芭蕉の雪囲いが始まったが、とかく雨で作業が中断される。

11月5日(火)万次郎カボチャ

無施肥でも生育が旺盛で、1本の苗でも50メーター四方蔓延る万次郎カボチャ。
第一の目的は雑草対策で植えているが、
その目的を果たしつつも勢い余った蔓が近隣の果樹に巻きついていって、
プルーン、リンゴ、木苺、カリン、アーモンド、柿と果樹たちは、かなり迷惑をこうむった。
n n

n n
天候が災いしたか、実の方は30個の目標に遠く及ばず5個止まり。
そもそもは追熟の時期に低温に遭うと腐ってしまうので、
東北では栽培が困難とされているところにきて、
風乾で3ヶ月は追熟させる必要があって、食べるまでもちょと面倒くさい。
今日は、7月中に収穫したうちの一個を、カボチャプリンにしてみた。
しっとりねっとり系なので滑らかな舌触りに仕上がって、なかなかの風味。
n

11月4日(月)果樹の収穫

 ナツメ、マルメロ、大和柿。
n
ほったらかしでも毎年律義に実ってくれる果樹たち。
敬意を表しいただきます。
マルメロは信じられないくらい美しいルビー色のジャムになる。
n
今年の初夏に初めてたくさんの花を咲かせたケンポナシ。
ミツバチがうるさいほど羽音を立てて飛び交っていた。
おかげでたくさんの実がなったが、樹高8メートル程の高木では脚立に高枝ハサミでも収穫は難儀する。
バランスを崩して脚立から落下なんかしたら目も当てられない。
作業しながら、誰かに見られていないか、見まわしたりして・・・
n
天辺のおいしそうなところは、野鳥のまたとないご馳走になる。
無理のない範囲で収穫した貴重な実はホワイトリカーに漬け込む。
n
ケンポナシの実にはアルコールを解毒する作用があるそうだが、
35度の果実酒はタダに甘い水になってしまうのか・・・?

11月1日(金)わかりやすい

 耕運機で三往復した畑の人参と、二往復しかしなかった畑のゴボウ。
n
野菜たちは見事に応えてくれる。
やはり手はかけるに越したことはない。

10月31日(木)タマネギの植え付け

n
天候不順の合間を縫って、無事500本植え付け完了。
タマネギは家庭菜園の優等生だ。
植え付けて4か月間はほったらかしで、そのあと一ケ月毎の施肥を二回行い、6月中旬には収穫を迎える。
冬が来る前に早くも初夏を想う。

10月22日(火)ハロウィンカボチャ

 細工はすこぶるしやすく、まず失敗はない。
蝋燭を灯すと不気味さと迫力が増す。
n

10月14日(月)台風19号

台風は日本列島のあちこちに甚大な被害の爪痕を残して通り過ぎて行った。
我が家でも、落下した松の枝が道路に散乱し、バショウがずいぶんなぎ倒されたが、
こんなのは被害のうちに入らないくらいニュースで見る映像は悲惨だ。
取り急ぎ、被災地支援を考えなくては。
n
近所の田んぼでは、何事もなかったかのように、白鳥たちが餌をついばんでいる。
n
座敷から見る夕焼けは、皮肉なほど神々しい輝きを放っている。
n
最上川河口に近いこの辺だって、ひとたび洪水が起これば安穏としていられない場所にある。
犬、猫、鶏を置いては行かれないから、『垂直避難』とは決めているものの、
そんなことにならないよう祈るのみだ。

10月10日(水)ハロウィンカボチャ栽培日誌⑧

 大型台風が来るというので、お顔がきれいなうちにハロウィンカボチャを収穫する。
右の二個が正しいハロウィンカボチャだが、左のはどう見ても同じ種とは思えない色形だ。
n
もしかして、
近くに植えられていたズッキーニか万次郎カボチャのどちらかと交配してしまったとか・・・!
う~ん、新品種ってこんな具合に生み出されるのかしら。

10月10日(木)台風に備えて

 暴風対策の必要な野菜は防風ネットで被い、
収穫できる野菜は収穫して全部調理し、冷蔵庫に収め、半日がつぶれた。
n
甘柿は既に野鳥に食われまくって、落下の心配がなくなった。
n
それにしても美しい青空。

10月9日(水)台風がやってくる

 座敷から望む夕日は穏やかで美しい。
n

10月2日(水)加速する秋

ケヤキが日々色付いていく。
n
玄関脇の金木犀が満開を迎えた。
出入りの度にいい香りに包まれる。
n

10月1日(火)薪割り始まる

今年の秋は8月から10月まで書道展が続き何かと忙しくて、薪割りも遅れ気味。
n

9月30日(月)収穫期を迎えた果樹たち

甘柿は下の方からヒヨドリの餌食になって、もはや竿も届かない遥か天辺の方にあるのみ。
n

不思議な形のケンポナシ。突端の黒い粒が実です。
ぐにゃり曲がった果実は、極上の果実酒になる。
ヒヨドリの食害に遭わなければですが。
n

今年のナツメは小粒。
n

胡桃が落下し始めた。
今年は台風の被害が少なかったので、完熟のところを収穫できそう。
n

9月27日(金)ハロウィンカボチャ栽培日誌⑦

ずいぶん色付いてきた。
あとひと踏ん張りと言うところだが、この面長具合では使い物になるか・・・?
n

9月26日(木)雑草の中の野菜たち

高菜
n

ゴボウ
n

9月27日(金)秋の花たち

彼岸花
n

シュウメイギク
n

シュウカイドウ
n

友禅菊
n

タンジー
n

西洋アサガオ
n

9月24日(火)今朝の食材

ちょうど朝一回分の足しのなるくらい。
n

9月21日(土)入選通知

山形県総合書道展篆刻の部での入選通知が届く。
雅号は美穂子の穂の字をもじって恵禾(けいか)。
なかなか気に入っている。
仕事辞めたら、紙芝居と篆刻創作というのもいいかなぁと、チラッと思ってみる。

9月13日(金)がんばりや!?

50個も着果した紅玉リンゴは、
風雨や鳥害で収穫の季節を待たず殆ど落下し、ジャムになった。
そんな中で最後まで頑張って木にとどまっていたのが一個あったので、
えらいがんばりやだと感心して見ていた。
いい按配に色も付いてきたし、そろそろかなぁと収穫しに行ってよくよく見たら・・・
n
呆れたことに、枝からは既に離れて、幹の上にちゃっかり乗っかっているだけだった。
底は腐りかけていて、“残り物に福あり”というわけにはいかなかった。
最後の一個を楽しみにしていたのになぁ。
リンゴは年平均13回消毒しないとうまく収穫できないということを、つくづく思い知らされた今年。

9月12日(木)季節が同居する風景

ヒマワリと稲刈りと。
n

n

9月6日(金)ハロウィンカボチャ栽培日誌⑤

第一果がやっと確かなものになりそう。 小さいけれど、他に二個。 問題は、ハロウィンまでに色付くかということ。
n

8月28日(水)篆刻

家人が主催する篆刻刻字研究会は、近年高齢になったメンバーがどんどん欠けていき、
展覧会出品の際に差し障りが出るようになってきた。
そんな事情と家人の依頼もあって、
この秋から独身時代以来の篆刻を復活させることになった。
昔取った杵柄というやつである。
再デビューは県の書道展だそうで、かなりの短期決戦であるが、
こういうものは、兎に角一気に!と、一作品一時間でなんとかでかした。
ふぅ~、久しぶりの篆刻刀に手が強張った。
n

8月22日(水)第23回篆刻刻字展

今年は、会場が取れたので酒田美術館での開催となった。
9人のメンバーが制作した作品60点を展示できた。
照明をはじめ、会場の雰囲気は今までで最高。
その上、他の展示を見るために美術館に来たお客さんも寄って下さって、
人の入りも今までになく多く、美術館開催は予想外の大成功になった。
n

n
今年の大作。『五輪之書』

8月21日(火) カボチャの異変

 やはり異常気象のせいなのだろうか。
ハロウィンカボチャが全く着果しない。
n
一本の苗から何十個も実がなるという万次郎カボチャも、
4月初めに4個着果した後は、悉く実が腐ってしまっている。
n

n
もう異常事態というしかない。

8月16日(金)台風10号の余波

朝5時、東の空が不気味なほど鮮やかに染まった。
n

n
稲穂が垂れ始めた庄内米に、台風はすこぶる迷惑だと思っていたら、
予報に反してあっけないほどの雨と風で済んで、まずは胸をなでおろした。

夕方6時30分、これまた空が燃えるほどの鮮やかすぎる夕焼け。
n
一番影響が出たのは、収穫まであと20日というところで大量落下した紅玉リンゴ。
n
摘果、消毒、剪定、施肥とずいぶん手をかけてここまで大きくしたから、かなり悔しい。
ジャムにでもして食べてあげなければ、気が済まないわ。

8月14日(水)台風前の農園点描

柿の木にぶら下がったユウガオ。
n
豆の収穫時期に入った三尺ササゲ。
n
高温にもめげず発芽したゴボウ。
n
収穫時期を迎えたエダマメ。
n
かなり大型の台風だという。
どうか最小限の被害で済みますように・・・

8月9日(金)バショウ開花

今年は開花が遅いうえに一輪だけ。ちと寂しい。
n

8月1日(木)日照り続き

去年まで、畑に灌水する水は、
300メーター離れた井戸から電動ポンプでくみ上げて、
ホースで畑にある貯水槽まで引いていた。
今年の春になって、ポンプが古くなり役に立たないことがわかったが、
費用も掛かることだし、水遣りはお天気に任せようと言っていたら、
7月は大した雨が降らなくて、野菜たちにも明らかに水不足の影響が出てしまった。
里芋やネギがどんどん枯れていくのを見ていられなくて、
とうとう新しいポンプを購入し、灌水再開。
n n
貯水槽から先は、如雨露(ポルトガル語だそう)での水遣りになるが、
30度超の暑さでは身が持たない。
やむなく早朝五時からの水遣りで、日中眠気でボーっとする日が続く。

8月5日(月)播種その後

高菜は双葉をハトに食われて全滅。
n
エンダイブは苦かったらしく、一か所食べられただけで被害は免れた。
n

7月31日(水)秋野菜播種

n
高菜とエンダイブ
n
秀太郎大根

7月30日(火)ハロウィンカボチャ栽培日誌4

雄花が咲き始める。
n

7月24日(水)梅雨明け

 ひまわり全開ですね。
n
夏の花たちが目立ってきた。
n n n
左から、アピオス、セージ、ヤブカンゾウ
野菜も次々収穫期を迎える。
n n n
左から、カボチャ、ユウガオ、インゲン

7月23日(火)当てつけ

 リンゴの実だいぶ大きくなってきたので、キラキラしながら回転するカラスよけを設置。
n n
早速翌朝には一個落とされていた。
「そんなもの意味ありませ~ん」
と言わんばっかりに。
癪に障るったらありゃしない!

7月22日(月)見事な仕事ぶり

 新しい管理機は、枝豆の畝間の除草と土寄せを一度にこなして、なかなか天晴れ!
n

7月21日(日)順調

万次郎カボチャ着果1個目。
n
ブラックベリーは、収穫時に好天に恵まれ、質の良いジャムになりそう。
n
リンゴは成らせすぎで、やや小粒の気配。
n

7月11日(木)管理機購入

400坪ほどの畑を維持するのに使っていたのが、義父が30年前に購入した耕運機。
古くなって何かとトラブることが多くなり、なだめながら使っていたが、
とうとう部品が摩耗して動かなくなってしまった。
農機具屋さんに聞いたら、古い型なのでもう修理は無理とのこと。
人間の体は寄る年波に負けて、作業効率が悪くなる一方なので、
機械の力を借りなければ、畑仕事は到底無理!
というわけで、新しい管理機を購入するのにそう時間はかからなかった。
届けてくれた農機具屋さんによると、一台で中耕、畝立て、土寄せと幅広く仕事ができて、
畑の管理を一手に引き受けてくれるので、今は耕運機ではなく管理機を言うそうな。
農機具一つにしても、30年の進化はすごかった。
コンパクトになり、エンジンはより静か、安全面も充実。
もちろん、仕事の仕上がり具合も思った以上で、一面雑草だらけの土地が、
30分ほどの試運転で、サラサラふっかふかの畑になった。
感激して、その日のうちに、大根、ニンジン、カブ、ゴボウの種を注文してしまった。
n n
管理機を試運転している間に、男爵の試し掘り。
茎が枯れだしたので3株ほど掘り上げてみたが、皮が薄くてまだちょっと早かったようだ。
n

7月9日(火)鳥害

 スモモは熟れた順から野鳥から落とされる。
n
赤くなったのはひとつも見逃さない。
アンズも見事に色付いてきて、鳥たちから狙われそうなので、まだ少し硬いけれど収穫する。
n n
酸味の強いジャムになりそう。
n
ブラックベリーも色付き始めたが、果樹のなかでもこれだけは別格。
酸っぱすぎて鳥も寄り付かない。

7月4日(木)梅雨の花

梅雨時は押しなべて地味な花が多い。
nフェンネル
n西洋アジサイ
nハンゲショウ
nコリアンダー
今年初めて咲いた虞美人草は、この季節には不釣り合いなほど派手で、
梅雨のうっとうしさを吹き飛ばしてくれそう。
n

7月1日(月)成仏

 とにかく広い面積にはびこるというので、雑草対策で育てている万次郎カボチャ。
n n
今後の実付きを良くするため、一番果はどんなに立派でも摘果しなくてはいけない。
どうか成仏して下さいませ。

6月30日(日)二回目の草刈り

今年の畑は、全面積の5割くらいしか稼働していない。
当然空いていることころは、放っておけば三ヶ月でジャングルになる。
雨の切れ間を見計らって、今年二回目の草刈り。
n
雑草が6,70cmにも達しているところもあるので、
いくらエンジン草刈り機でも、終わる頃には腕の感覚もなくなるくらいしんどい。
定年で田舎暮らしを始め、念願の夢だった畑を・・・なんて話をよく聞くけれど、
決しても生易しいものではないと忠告したい。

6月28日(金)ミツバチたち

 植えて13年目のケンポナシの枝という枝に、今までにないくらい一面に花が咲いた。
白っぽい小さな塊の地味な花だが、ミツバチがたくさん集まってきて、ブンブンと羽音で賑やかだ。
n n
10年位前までは、屋敷の中のアズサの古木の洞に、
日本ミツバチが棲みついていて、果樹の受粉がとてもうまくいっていた。
それがある時、その巣がオオスズメバチに襲われ、
そのせいでミツバチたちは丸ごとどこかに引っ越していってしまった。
あれは本当に悔しいできごとだった。
ケンポナシは、ミツバチたちの重要な蜜源だそう。
これをきっかけに、また屋敷の内に戻ってきてほしいなぁ。

6月27日(木)ハロウィンカボチャ栽培日記③

定植完了。
n

6月26日(水)ハラハラする日

 せっかく60個ほど結実したリンゴなのに、
一番見たところのいいものから、カラスが落としていく。
これで袋なんかかけたら、翌日には見事に袋ごと落としてくれるんだから、あったまに来るったら!
n
過去には、テグスを張ったり、鳥追い磁石をつけたり、
鳥脅しの『なんちゃってカラス』をぶら下げたりしたが、まるで効き目がない。
収穫まであと三カ月ちょっと。
カラス撃退の有効な手立てが見つからないまま、ハラハラする日が続く。

6月25日(火)羽化

 簡易ハウスの中には、獅子柚子2本と文旦1本が植えられていて、
そこで毎年アゲハが羽化していく。
今年も、幼虫の頃からちらちらと観察していたが、
今日久しぶりにサナギを見たら、すっかり空っぽになっていた。
n
「あら、いつのまに」
と思った拍子に、ハウスの中のインゲンの蔓に止まっているアゲハを発見。
n
羽化してそれほど時間が立っていないらしく、羽を乾かしている様子。
それから3分もしないうち、羽を大きく3度ほど震わせたかと思うと、
元気よく外に向かって飛び立って行った。
更に近くのトマトの枝に止まっていたもう1匹も、後を追うように青空に向かって飛んで行った。
なんだか旅立ちの姿を見せようと待っていてくれた気がして、じんわりとした感動に包まれた。

6月22日(土)ジャム作りの季節

n n n
枇杷、ラズベリー、黒スグリが収穫最盛期に入った。
ラズベリーは雨にあたると、すぐにカビが入ってしまう。
収穫と仕事のタイミングを合わせるのがなかなか難しい。

6月21日(金)地震の被害

 18日の地震では被害が無くてよかったと思っていたところ、
今日、庭の石灯籠2基の頭が見事に落ちているのを発見。
n n
テレビでは、墓石が倒壊したニュースも流れていたから、
これくらいで済んで本当にありがたかったと思わねば。

6月18日(火)震度6

 夜10時20分過ぎ、そろそろ寝ようと思っていた時に、
山形県沖を震源とする震度6の地震が起こった。
夜中なので詳しい点検はできなかったが、
家の中では、コレクションしていたこけしがゴロゴロ倒れたくらいで、
激しい揺れの割には、書架の本も被害は見受けられなかった。
友人知人親族から続々と安否確認にメールが入った。
皆さん、ご心配本当にありがとうございました。

6月16日(日)ハロウィンカボチャ栽培日記②

発芽率100%の優秀な種でした。
n

6月15日(土)大嵐の予報

6月は大荒れの天気に見舞われるなることが多い。
大雨防風警報が出たので、ブロッコリーと万次郎カボチャには緊急暴風対策を施す。
n
手の回らない果樹類は、何とか暴風雨をしのいでくれと祈るのみ。
n n

6月11日(火)目を凝らすと

n
ザボンにアゲハのサナギがひっついていた。
毎日見ていると、情が移るのかかわいく見えてくる。

6月9日(日)ハロウィンカボチャ

 何年か前、
いつも読み聞かせに行っている保育園にハロウィン飾り用にカボチャをあげたら、
とても喜ばれたので、今年も種をまく。
割とほったらかしでもよく実るのでありがたい。
n

6月8日(土)梅雨入り間近

 ずっと晴天が続いたので、一雨来るとホッとする。
梅雨の象徴、ホタルブクロとトラディスカンティアが見ごろになった。
n
街路樹のセンダンも花盛り。
n
近くで見ると意外ときれい。
n
果樹も順調。
n
黒スグリ。
n
ラズベリー
n
今年の畑の作付けは、最盛期の5割減。
n
家人担当は、ジャガイモ、タマネギ、里芋、キュウリ、トマト、ナス、ゴーヤ、インゲン、カボチャ、ユウガオ、枝豆。
n
私の担当は、茎ブロッコリー、ミニトマト、ツルインゲン、パプリカ、万次郎カボチャ。
年の上無理しないってことで、最盛期の10分の一の作付けで細々と。

6月4日(火)家族記念日

自宅の屋敷内でカラスに襲われて大けがをした野良の親子を助けたことから、
思いもかけない猫との生活が始まり、ちょうど一年が経った。
動物病院も世話も、初めての事ばかりだったせいか、一つ一つ思い返していくと、
何年も経ったような気がする。
n
保護した時は、猫の予備知識は皆無で、
子猫は里親を見つけ、親は手術後に野良に返せばいいと、軽く考えていた。
ところが、いろいろ調べていくうちに、野良猫の寿命は長くて3年!ということがわかった。
餌として狙っている猛禽類やカラス、常時10匹以上徘徊している野良猫たち、
飢餓、厳寒の冬期、交通事故、感染症等々、外は危険だらけ。
特に目立つ『白の野良』は生きのびるのが奇跡だとわかって、
もう外に放すのが気の毒になってしまった。
見た目の良かった長毛の3匹の子猫たちは、早々に里親が見つかり、
一番ひ弱そうな短毛の男の子が母親と一緒に残ったまま今に至る。
初めから人懐っこかった子猫に比べ、野良で暮らしてきた母猫は警戒心が強く、
4ヶ月くらいは机の下に潜り込んで出ようとはしなかった。
でも徐々に、守られている暮らしを受け入れ、穏やかな生活に馴染んでいった。
絶対触らせはしないけれど、表情もすっかり和らぎ、
名前を呼べば返事をし、目の前にやって来て、ニャアニャアと話しかけてくるようになった。
n

n
猫は、猫同士でニャアと声をあげて会話することはないそうで、
ニャアと鳴くのは、人間とコミュニケーションを取ろうとしている時だという。
確かに、年がら年中二匹でいても、相手に向かって声をあげることはほとんどない。
しょっちゅう話しかけられているうち、猫の言葉がずいぶん理解できるようになった。
「おなかすいた、ご飯ちょうだい」
「このご飯と違うご飯が欲しいんですが」
「ご飯を食べたので『ちゃおちゅーる』ください」
「お水が切れているので補充してください」
「トイレ掃除をしてほしいんですが」
「遊んでよ~」
今のところ、これら意外の言葉はないようだ。
そうしてみると、猫のコミュニケーションは、どうやら要求ばかりらしい。
夜事務所で仕事をしていると、私の背中に面した本棚の上で静かに見守っているチビの気配がする。
つい三ケ月前頃は、本棚の上から、私の頭の毛に手を伸ばし、
モシャモシャにして遊んだりしてくれたが、そんなやんちゃも一時で落ち着いた。
猫たちと人間の共生は、これまでの人生になかった彩りを添えてくれている。  

5月29日(木)農園点描

春は晴天続きで庭仕事が捗り、オープンガーデンにしたいくらい。
n

n
大寒波で枯死したと思われていたザボンが復活。
n
リンゴも50個ほど実をつけた。
n
カラス対策思案中。

5月12日(日)五月晴れ

庄内平野は田植えの時期に入った。
近所の水田にも一面に水が張られた。
n
はるか向こうには、霊峰月山が霞んで見えて、一番いい時期だ。
今年は文字通り五月晴れの日が多く、畑仕事が捗る。(私は止めてしまったが)
毎日ご褒美のようにウグイスが鳴く声が聞こえる。
庭の手入れや草取りも、毎朝5時ごろから2時間弱ぐらいできて、
今年は少し体裁の整った屋敷となりそうだ。
去年の春はめっぽう天気が悪かったので外仕事ができず、
目も当てられない雑草まみれのガーデンにしてしまったから、今リベンジというところ。
それにしても、全然かまわないでも季節が来れば咲いてくれる花があるのはありがたい。
n n
n n

4月22日(月)いっときの共演

 桜と紫木蓮。
n
一日中花のどこかからウグイスの鳴き声が響いてくる。
ムクドリ、ヒヨドリ、シジュウカラがBGMを入れてくれて、今年の春はなかなかにぎやかだ。

4月花の季節


n
ハクモクレンはキウイに取り付かれて枝が弱り気味。
花も最高に少ない。
n
淡いピンクの椿。
ちょっと強風が吹くと傷だらけでお気の毒。
n
木陰の水仙は混んできたので、来年は植え替えしないと。
n
やっと満開になった老木のソメイヨシノ。
n
ネコもお花見。

3月19日(火)早春点描

桜の蕾はまだ固いが、
n
庭の花たちは、一足先に咲き始めた。
nクロッカス
nヒマラヤユキノシタ
nクリスマスローズ
n
クロも暖かくなったので運動場で過ごすことが多くなった。

3月15日(金)子猫たちのその後

去年の春、カラスに襲われた野良猫の親子を保護した。
n
その後、3匹の子猫が別々の所にもらわれていった。
久しぶりに2匹に会う。
もう10カ月、どちらもすこぶるやんちゃらしい。
あの時助けなかったら、この世にいない命と思うと感慨深い。
n n

3月3日(日)さきがけの花

日差しが暖かくなって、庭先の福寿草が満開になった。
事務所のエアコンを止めてみた。
n

2月27日(水)北帰行最盛期

快晴の気持ちいい朝だった。
山形へ仕事で移動する時、清川地区の最上川に、
岸を覆いつくすほどのおびただしい数の白鳥が集結しているのを見かけた。
走行中なのでじっくりは観察できなかったが、
群れ毎に次々飛び立って行くところだった。
初め南に向かったので不思議だなあと思っていたら、
ちょうど南の方からやってきた集団と空中で合流して、
180度方向転換してさらに巨大な集団となって、鳥海山の方角へ消えて行った。
白鳥たちが冬を連れて行った。
川沿いの栁の新芽が動き出して枝先がモヤモヤしている。

2月24日(日)春の足音

n
猫たちが出窓から外を見ていることが多くなった。

2月20日(水)北帰行始まる

昨日の朝8時過ぎ、金山町に仕事で出かける時に、
白鳥が10羽ほどの群れで鳥海山目指して飛んでいくのが見えた。
田んぼに餌をさがしに行く時間帯なのに、どう見ても飛んでいる方向が真逆だ。
北帰行にしては早すぎると思っていたら、
今朝の新聞に北帰行の第一陣が出発したという記事が載っていた。
それにしても今年は早いぞ。

1月26日(土)雪かきできない冬

この冬一番の大寒波が襲来とか。
朝には40センチほどの積雪。
事務所に出勤するのに長靴が潜る。
n
家人が、この冬最初の大雪の時の雪かきで腰を痛めて、いくらたっても治癒しない。
最近は降るに任せっぱなし。
公道から玄関までの道のり、郵便屋と新聞配達にはご迷惑のかけどうしで申し訳ない。

1月1日(火)亥年のはじめに

12月上旬來、理事がタイヤ交換や雪掻きなどで腰を痛め、
最低限の外出になっていた。そのため、お節づくりも止め、
餅を搗くくらいしかしないライトなお正月となった。
畑にはタマネギが植わっているのみで、こちらも最低限の年となりそう。
畑は復帰できなくてもあきらめるが、仕事はまだ!そうはいかない。
n
山茶花が時折の吹雪の中、めげずに咲いている。
この先、どうか厳冬になりませんように!