me
山形の自然




4月25日(火) 春の猪ノ鼻滝

国道47号から山野草の咲く沢に降りて、徒歩1分足らず。
y y
y y
y y
滝は目の前にあるのに、スノウブリッジで近づけない。
y
雪融けで水量が多く、夏の頃とはまた違った表情を見せている。


10月25日(火) 湯ノ又大滝

金山からの仕事の帰り、北上して秋田へ入り、湯ノ又大滝へ。
y y y
幹線道路から、3キロほど山の中に入るが、
分かれ道には、『クマ出没注意』の幟旗が!
おちおち紅葉狩りをするゆとりもなく、
滝の姿をカメラに収めるが早いか、逃げるように車へ戻る。


6月5日(日)浄の滝トレッキングツアー

1200年前に創建されたという今熊野神社に参詣。
y
傍らには、1200年を超えると言われる杉の巨木があり、
ガイドさんの解説では、縄文杉に次ぐ樹齢とか!
y
最初の一時間は、栃や楢の森をひたすら歩く。
y y
珍しいキノコや、寄生植物にも出会う。
y
大昔火山の噴火で飛ばされた巨石に目を見張る。
y
後半の30分で、沢伝いを歩き、残雪の上もトレッキング。
y
どう見ても、クマのひっかき跡だ!
y
目の前までたどり着いたが、水量が多く、渡渉はできなかった。
y
例年みられるスノウブリッジも壊れていて、今年暖冬だったことがわかる。
目を凝らすと、脇の斜面に、ヒメサユリの花が咲いているのが見えた。

トレッキングの帰り道、戸沢村猪ノ鼻集落の近くにある滝にも寄る。
まだ木の葉の繁らない冬の時期に、沢の奥にあるのを、走る車窓から偶然見つけたもの。
10メーター位だろうか。
沢の奥で、さらさらと心地よい音を立てている。
地図にも載っていないが、近くに小さな鳥居もあったから、
昔から地元の人たちには、信仰の対象だったのだろう。
y

5月26日(木)寂光の滝

日光四十八滝と言われるくらい、滝の多い日光で、
寂光の滝は、東照宮近くにあり、道路も整備されていて、割と簡単に行ける。
y


5月3日(火)いこいの村庄内のチューリップ

広大な砂丘地の松林の中にあるチューリップ園。
y
5年ぶりくらいかな。
見たことない種類も多いが、なんだか規模が小さくなった気がする。

5月1日(日)荒沢の滝

舟形町の長尾橋の上流100mのところにある。
下草の繁っていないこの時期は、川沿いの小道を歩いて行ける。
y
二段になっていて、下の滝は6メーターほど。
y
上の滝も同じくらいの規模か。
y

9月2日(水)

米どころ庄内平野は、すっかり黄金色に染まった。
早いところでは、そろそろ稲刈りが始まる。
y

8月8日(土)

猛暑を少しでも和らげるべく、過去に訪れた滝を紹介します。
真室川町の『土倉の滝』40m。
y
藪漕ぎ20分、渡渉3回の山奥。
今は道が壊れ、車ではたどり着けない。
y
戸沢村の『浄の滝』80m
y
昔、この滝で身を清めてから月山参りしたそう。
道が整備されていない。
村主催のツアーの参加するのが無難。
y
7月ごろまで出現する滝前の巨大なスノウブリッジ。

旧温海町の『四の滝』20m。
y
山奥なので、単独行は無理。
毎年、地区主催『四の滝トレッキング』への参加が必要。
近くの江戸時代の金山試掘跡も案内してもらえる。
y

7月8日(水) まごろくの滝

去年、車を大型にしてから、滝めぐりする機会が、殆ど無くなってしまった。
藪も砂利道も気にせず走れる車でないと、見ごたえのある滝までは、たどり着けない。
今日は山形で仕事の帰り、県道36号の道路沿いで、
比較的簡単に見られる大石田町のまごろくの滝を訪れる。
断崖絶壁から渓流に注ぎ込む高さ10メーターほどの幅広の滝。
上の方は樹木に覆われているし、渇水期で水量が無いので、
車を飛ばしていたら見過ごしてしまったかもしれない。
y y

5月14日(木)最上の光景

山形市は夏日になっても、金山町には、まだ雪の山が残っている。
y
同じ日、お隣の新庄市では、菜の花が満開。
y
こうしてみると、山形も結構広い。

10月21日(火)法体の滝

久しぶりの滝めぐり。
ずーっと行きたかった日本の滝100選の秋田県由利本荘市にある法体の滝。
仕事で、金山町まで出かけたついでに、思い切って、足を延ばす。
y y
周辺は、キャンプ場や広場があって、見事に整備されている。
小雨の中、ロープを伝って、観瀑台に登ると、全貌が見えた。
水量も多く、迫力満点の上、あたりの紅葉も、ちょうど見ごろ。
天気が悪い分、人も少なく、景色を堪能できた。
峠道を日本海側に抜けて、本日の行程220キロなり。

6月23日(月)リニューアルオープン

鶴岡市立加茂水族館『クラゲドリーム館』が、6月4日リニューアルオープンして、人気を博している。 建物も広くなり、クラゲの水槽も更に増えて、見ごたえ十分。
y
y
y
ゆっくり見るためには、平日の来館をお勧めします。

3月5日(水)旧朝日村の滝

雪融けが早いのでしょうか。
水の勢いが増してきました。
どちらも、車を止めてすぐに見える。
y
米の粉の滝(20m)
米の粉の滝ドライブインより望む

y
亀の滝(15m)
アマゾン博物村から望む

1月16日(木) 珍現象

標準語では、雪捲くり(ゆきまくり)、庄内では、雪俵もしくは、俵雪といわれる光景が、裏の田んぼに出現した。
雪の小さな塊が、風で転がって、ロールケーキのような形になったものだ。
犬の散歩中に発見して、走ってカメラを取りに行った。

風、湿度、気温と諸条件が揃わないとなかなか見られないものらしい。
大小7個ぐらいあったが、最大は、直径40センチくらいとなかなか立派だった。
撮影直後、天気が急変して、珍現象は、またたくまに、雪の下に、姿を消してしまった。
y

12月11日(水)最上川大滝

日本の滝100選の『白糸の滝』の近くにある最上川にそそぐ大滝。
幅5メートル、高さ40メートル。
毎度仕事の行き来の度に眺めているが、スノーシェットが邪魔して、いい写真が取れていない。
今日、動画モードに挑戦して、やっとカメラに収まった。
y y

12月9日(月)大雪間近

鳥海山の雪がだんだん下まで降りてきた。
平地に大雪が来る前に、白鳥達は、せっせと、おなかの中に栄養を備蓄する。
y

10月18日(金) 秋冷

台風26号が去ってから、急に冷え込んできた気がする。
このところずっと、雲をかぶっていた鳥海山の山頂が、久しぶりに姿を現した。
今まさに太陽が沈もうとする瞬間に、初冠雪がばら色に染まった。
y

9月1日(土)滝めぐりin最上

仕事で金山町に出かけ、滝を見ながら、真室川町、鮭川村を通って帰る。
県道324から、谷口銀山跡への未舗装の道路に入る。
いくらも走行しないうち、左手に滝が見つかった。
昔ここで滝修行をしたことから、御行の滝という名が付いたとか。
左手には、あまり段差のない三段の滝が連なっている。
昔は、夏になると、ウォータースライダーをする子どもたちの声が響き渡っていたそうだ。
y御行の滝
y大瀞淵

細い山道をいくらも走らないうちに、谷口銀山跡に着く。
江戸時代のほぼ200年間、大量の銀を採掘したという。
現在は、町の重要な史跡として、大切に保存されていた。
坑道入り口のすぐ脇に、二つの沢の水が一つになって落ちる滝があった。
y谷口銀山跡
y大切り滝

国道13号からそれて35号に入り、すぐ滝の標識を見つけた。
y落合滝
段差はあまりない上に、管の建造物が邪魔して、ちょっと残念。

鮭川村の道を走っているうち、谷地不動の標識を見つけた。
未舗装の道を申し訳程度進むと、古いお堂があった。
y谷地不動
すぐ脇の岩下川対岸に、二段37メーターの滝が見える。
昔は、ここで滝修行もしたらしい。
y谷地不動の滝
y

8月11日(日)玉簾の滝ライトアップ

お盆の頃は、玉簾の滝のライトアップの時期のはずと、日にちもよく確かめないで出かけていったら、駐車場の看板に明日からと予告が・・・!
折角40分もかけて来たんだから、ちょっと涼んで行こうと滝に向かって歩いていくと、木の枝を払って、明日の準備をする人たちと出会った。
滝は、既にしっかりライトアップされていて、しかも独り占め状態。
y
徐々に暗さを増し、滝がどんどんドラマチックになっていく。
角度を変え、距離を変え、カメラのシャッターを押し続ける。
最近の暑さにめげていた体が、速攻でしゃきっとした。
y
で、こちらは、先に訪れた玉簾の滝近くの、その名も『開運出世の滝』
旧八幡町下黒川の御滝神社の真裏にある。
もともとは不動滝と呼ばれていて、裾広がりの景観からか、後世にこのおめでたい名前が付いた。
道路の傍ですぐ見られ、あたりの景観も申し分ない。
なのに、なぜか地元の人にもほとんど知られていないのが不思議だ。
y

8月3日(土)庭月観音の不動滝

新庄からの戻り、鮭川村の庭月観音に寄る。
鮭川河畔に建つ1535年に建てられた天台宗の寺院。
境内の不動滝は、2メーターと小規模だが、ひっそりしていて、雰囲気は悪くない。
y
およそ古い寺には似つかわしくないような、小さい子を連れた親子や若いギャル達とすれ違う。
本堂脇には、縄文時代(およそ4000年前)のストーンサークルがあって、びっくりさせられた。
四畳半くらいのところに、石が組み合わさって、並べられている。
説明があれば、そんなものかと思うが、看板がなければ、素通りしてしまう規模だ。
y

7月28日(日) 杉山不動の滝

仕事で米沢まで行った戻り。
先日の豪雨で道が壊れ、二箇所で迂回させられる。
ラッキーにも、白鷹町と朝日町の間の杉山不動滝は、ぎりぎりのところで見ることができた。
去年渇水で、貧弱だった流れが、今年はしっかり滝になって落ちていた。
車窓から見える最上川は、どこも茶色に濁り、あちこちに残る豪雨の爪痕痛ましい。
y
大江町で猛烈な土砂降りにあい、産直で立ち往生。
月山を山越えし庄内に入ったら、雨の気配もない。
旧朝日村で、道路沿いの二本の滝を見る。
この時期にしては、珍しいほどの水量だ。
y米の粉の滝
y亀の滝

6月2日(日)与蔵沼とまぼろしの滝トレッキング

割と近くなのに、なかなか行けないでいたまぼろしの滝群。
鮭川村主催のトレッキングがあるというので申し込む。
全行程5時間には不安があったが、脚力は衰える一方なので、行けるうちに行くことに。

y
開会式には、村長の挨拶もあった。
参加者は、100名近くで、盛況。
10人ぐらいずつの班行動となる。

y
最初は、落ち葉を踏みながら、ブナの純林の中を行く。

y
見晴台からは、庄内平野と日本海が望めた。

y
二時間半で、与蔵沼。思ったより小さい。
ここで昼食。
薮蚊がすごくて、スタッフから、虫除けスプレーを借りる。

y
所々に残雪が残り、転んだり穴に落ちたりすると大変。
13時半。まぼろしの滝群到着。
y大滝
y白猿の滝
y夫婦滝
沢が荒れていて、危険で近づけない。

他に、120メーターの湯沢の滝があるのだが、
生い茂る木の枝に隠れて、さっぱり見えない。
一体、折角の滝が、生い茂る木々で全貌が見えないのが悔しい。
やっぱり滝めぐりは、雪融けと紅葉の終わりに限る。
最後におまけで、村のシンボル、小杉(地名)の大杉(別名トトロの木)の前で記念撮影。
y

2月4日(月)氷瀑を見に

今日は、酒田市八幡地区にある玉簾の滝の氷瀑ツアーの日。
あいにく午前中は、市内で仕事がはいっていた。
しかし、ツアー直後なら雪の踏み跡があるはずだからと、仕事から真っ直ぐ滝に向かう。
市内は曇りだったのに、山のほうに向かうと、だんだん霙から、粉雪に変わっていった。
ツアーには、どのくらい参加したのかわからないが、道はしっかり踏み固められていた。
それにしても、雪は半端なく深い。
鳥居は、半分以上が雪の下にうずもれている。
y
ツアーに便乗してでなければ、とても滝までは辿り着けまい。
y
踏み跡から外れないよう、慎重に歩く。
何度も足を取られて転びそうになりながら、10分ほどで、滝の前までやってきた。
y
このところ、少し気温が緩んだせいか、流れが残っていて、完全な氷瀑ではなかった。
y
流れの脇に、びっしり咲いた氷の花は、繊細で、いくら見ても見飽きないほどだった。

やはり同じことを考える人はいるもの。
戻り道、便乗ツアー客に、二組も出会った。

11月29日(木) 白鳥のいる風景

この秋は、悪天気続きで、青空がめったになかった。
そのせいか、出かける日に晴れたりすると、ほんとに悔しい。
というか、もったいない気がする。
畑仕事ができたのに!と。

羽越線の車窓から、庄内平野で、一心に餌をついばむ白鳥の群れが見えた。
漠然と見渡しても、田んぼ一枚毎、貸し切ったように、集団でいるのがわかる。

以前、図書館の館長から聞いた話。
「米農家は、白鳥が群がっていると、あそこのコンバインは、来年は買い換えないと」
と、言うのだそうだ。
つまり、白鳥が群がっているのは、機械の性能が悪くて、落穂がたくさんあるからだって。
この説明に、とても納得。
庄内平野の、白鳥が点在する風景は、米農家には、のどかとは言いがたいかも。
y

11月14日(水)絶景

久しぶりに通りがかった白糸の滝。
大雨警報が続いていたせいで、車を引き返して、見たくなるほどの絶景だった。
水量といい、紅葉の具合といい。
y

11月5日(月)またたくまに冬

y
例年、11月に入ると、天気が悪い日が多い。
鳥海山が、久しぶりに見えた!
と思ったら、雪が、もうこんな下まで降りてきていた。

畑も田んぼも収穫を終え、アシードへの道も、殺風景になる一方。
去年のような、積雪による通行止めはごめん被りたいなあ。
y

8月10日(金)岩手の自然

本日は、岩手の自然。
泊まりのつなぎ温泉のホテルから、眼下に望む御所湖の夕景。
y

つなぎ温泉からさらに秋田方行、鶯宿温泉を抜けたところにある『逢滝』
落差はないが、水音が充分涼が感じさせてくれた。
ただし、ちょうどアブの季節で、じっとしていると、どんどん襲ってくるので、早々に退散を余儀なくされた。
y

8月3日(金) ひまわり畑

仕事で、山形市からの戻り道。
村山市の道の駅駐車場から、見事なひまわり畑が見えた。
ソフィアローレンの顔と共に、『ひまわり』のテーマ曲がよみがえる。
y
畑の隅で、賑やかにバーベキューをしている一団があった。
なんか、一気にノスタルジーが壊された。

7月28日(土)天然記念物桜

y
仕事で米沢市からの帰り。
長井市伊佐沢小学校隣のエドヒガンザクラを見る。
樹齢1200年。
枝張りが広いので、これで1本の木とは思えないほど。
地域の人たちから丁寧に保護されて、その命を永らえている。
y
近くの古民家の赴きあふれるお蕎麦屋さんで昼食。
猛暑の中、スイカ畑から心地よい風が吹いてくる。

ご主人は、獅子頭の製造と修理もされているとか。
床の間に、ゾロリと展示してあった。
y

7月28日(土)杉山不動滝

y
白鷹町と朝日町の境界にある15mの滝。
以前見つけられなかった。
道路に接しているが、水量も少なく、木々に埋もれて、今回 も、危うく見逃すところだった。

7月27日(金)タダ

y
飯豊町どんでん平ユリ園。
花の期間が終了につき、入園無料。
y
川西町ダリヤ園。
花の期間がこれからにつき、入園無料。

7月27日(金)潜り滝

y
南陽市吉野川上流にある15mのくぐり滝。
落ち口の岩盤の大きな丸い穴から、水が落ちてくる。
ちょっと珍しい光景。
道は整備されている。
猛暑でも、滝の前だけは、飛沫が降り注いで、寒いくらい。

7月13日(金)無想の滝

y
鶴岡市郊外金峯山神社に参詣したついでに見た滝。
中の宮から、沢に沿って100m位歩くと、出会える。
5mとささやか。
あたりはうっそうとした森で、涼むにはちょうどよい。

7月1日(日) 赤滝参り

酒田市平田の山奥にある秘境赤滝。
赤滝山貴船神社の信仰の滝で、年一回7月1日に、神主さんと、地元の方々が詣でる。
一般の人は辿り着けない場所にあるので、この貴重な機会を逃さず参加する。
y
出発前に、赤滝山貴船神社にお参り。
y
駐車場から、片道90分。
難所が多く、垂直縄梯子をよじ登らなければならないところも。
y
細いのが、信仰の滝、赤滝。
30メーターはある。
神主さんがお払いをし、みんななの幸せを願って参拝。
y
お隣の立派な滝には名前がなく、本流の滝と言うそうな・・・?

6月23日(日) 東沢バラ公園

バラの季節になって、ずっといきたいと思っていた楯岡市のバラ公園。
仕事の前に、がんばって時間をとって、訪れた。
かれこれ、25年ぶり。
面積も、大分増え、滝までできていた。
y

y
寿老の滝。残念ながら人工の滝だそう。

5月27日 三の滝(猪の鼻滝)

山は、あっという間に若葉がビッシリ繁ってしまった。
滝めぐりの季節は、ゴールデンウィーク頃から二週間がいいところ。
国道47号猪の鼻高架橋から臨む三の滝も、すっかり樹木に覆われた。
それでなければ、珍しい幅広のテラス状の美しい滝が、道路からすぐに見れるのに。
y

5月22日(火)種まき爺さん

庄内平野の田植えは、豪雪のあおりで、連年に比べ、一週間ほど遅れたそうだ。
種まき爺さんが姿を消すこの時期、やっとほとんどの田んぼで田植えが終った。
y

5月21日(月) 七つ滝リベンジ

山形での仕事が少し早く終ったので、旧朝日村の七つ滝を見に。
ゴールデンウィークに行こうとしたが、積雪のため通行止めで、今日はリベンジ。
あれから二週間足らず、多分開通したばかり。
でも、道端には、山菜取りの車がチラホラ。
国道112号から、田麦俣集落を抜けて、三分ぐらいかな。
割と簡単に、日本の滝100選の滝が見られる。
90メーターと案内にはあるが、渓谷が深くて、近寄れず。
観滝台から望むだけだが、融雪の影響で、夏とは比べものにならないくらいの迫力だ。
y

y

5月6日(月) 滝街道

県道344号線は、滝街道といわれるらしい。
滝マニアの誰かがネットで紹介していた。
滝めぐりのチャンスは一年のうちでも限られている。
木々が芽吹き初めと、融雪期の重なるわずかのこの時期。
逃したら、来年まで待たねばならない。
午前中、仕事を済ませ、午後の2時間半で、6本の滝を見て回る。
y<上川神社の滝>
神社の鳥居の傍。7メートル。

y<和滝>
下草が無い春先は、直下まで行ける。20m。
夏の水枯れ時期と比較すると、別物といっていいほど。

y<慈光滝>
橋からすぐ。10m。
y
裾に虹がかかる慈光滝

y
葉が出揃う前は、滝めぐりにもってこい。

y<融雪期限定無名滝>
道路から見えたので、少し薮漕ぎをして、近づく。 30m。

y<御滝神社の開運出世の滝>
神社の裏、道路からすぐ。
y
神社の真後ろ。20m

y<玉簾の滝>
日本の滝100選。60m。
駐車場から徒歩五分。
一年中で一番水量が多い時期。
50m先まで、水しぶきがかかるほど。

y
人物と比較すると、その規模の大きさがわかる。
どの滝も、一年で一番水量が豊富で、見ごたえ充分。

5月3日(木)融雪滝

GW中は連日、仕事で国道112号月山新道を往復する。
日一日と樹木の新芽が濃くなっていくのがわかる。
残雪と新緑と桜のコントラストが美しい。
かやぶき屋根の民家が残る鶴岡市田麦俣地区の光景。
まだ雪が多く残る傍らで桜が開花している。
y

この時期、滝は一年で一番水量が多く、元来の姿からは想像もつかない様相を見せる。
また谷間には、季節限定の融雪滝が多く出現する。
どれも、車から降りてすぐ見れるところがうれしい。
y

4月23日(月)白糸の滝

絵本作家色紙展の出品する額を届けに中山町へ。
途中、日本の滝100選の白糸の滝で写真を一枚。
融雪期とあって水量が一年で一番多く、迫力がある。
樹木の葉にも邪魔されず、滝を見るには絶好の季節だ。
y