neru
うさぎさんのつぶやき
いろんなとこに出かけていって、たくさんの方にお目にかかって、
さまざまの本の種をまきながら、その都度感じたことや、
記憶に止めたいことを、つづっていきます。
2011年 2012年1月~6月 2012年7月~12月

5月12日(金) 読み聞かせ講習会in三川町

午前中、三川町の教育委員会から依頼のお仕事。
三川町の小学校は、3年生までのPTA全員が、
朝読書で読み聞かせをすることになっている。
そもそもはそのための内容のはずだったのだが、
いざ、会場に言ってみたら、孫やわが子になど、個人的に読み聞かせしている人が多かった。
そのため、急遽家庭の読み聞かせについての内容にシフトする。
参加者が少なかったおかげで、
個人的な悩みや疑問に丁寧に答えられて、なかなか充実した会になった。
せっかくだから、町内の保育園のPTAでもお話させてもらえたらうれしいな。

 夜は、金山町で、従事者のための『ブックスタート研修会』
金山町のブックスタートは、県内でも早くスタートした。
10年経過して、もう一度見直す機会を設ける意味での研修会である。
保育士さん、保健師さん、ブックスタートボランティア、教育委員会の方々、
夜なのにビックリするほどたくさんの方が集まって下さった。
子どもたちとの向き合い方を教えてくれる『しろくまのそだてかた』
うつみのりこ作(飛鳥新社刊)を、最初に読み聞かせする。
その後、県内で一番進んでいる状況にある酒田市のブックスタートについて、
方法や成果を披露する。
引き続き、毎月金山町の子育て支援センターで行っている
『赤ちゃんとお母さんのための絵本とスキンシップ遊びの教室』で、
お母さん方にお話している家庭での読み聞かせについて、
子どもが本好きになる方法と今どきの本の話をした。
夜の会にもかかわらず、皆さん熱心に聞いて下さって感謝でした。
金山町で仕事をさせてもらうようになって3年が過ぎ、顔見知りの人も増え、
子どもの読書推進に手ごたえを感じることが多くなった気がする。

5月9日(火)学校図書コーディネーター研修会

午後、最上町の教育委員会から依頼のお仕事。
小中学校の図書館で働く人たちのための研修会でお話させていただく。
全員で4名。
一人は中学校。後の3人は、小学校2校ずつの掛け持ちで働く。
4人のために研修会を開いてくれる最上町はすごい。
2時間の中で、学校図書館での日常業務(運営)の解説と具体的な作業の仕方を説明する。
清掃、棚磨き、廃棄は特に丁寧に。
最後に、前もって出された悩みについて回答させていただいた。
会場となった小学校の図書室は、私が今までに見たどこよりもゆったりと広かった。
掲示物のフォントも統一されていて、よくある子どもたちの手描きのポスターもなく、
こざっぱりと整っていた。
たった2時間の研修会だけれど、何もわからないで働いているより、
ちょっとでも前進する手掛かりになってくれたらうれしい。

5月5日(金) 『消えた猫』 とんでもない結末

『消えた猫』の話は、28年12月25日に書き始め、4月29日に終わった。
と思っていたら、ここに来て、とんでもない結末を迎えてしまった。
GWに帰省していた猫好きの次女が、
屋敷の周りをうろついている例の猫を、
あわよくば捕獲してマイ猫にしようと追っかけて行ったらしい。
そして、戻ってきて、衝撃の一言。
「あの猫、雄だったよ」
って!
「えーっ、なにそれ!あの冬の時、おっきなお腹をして宿乞いしてたのに。
あれって、お腹に赤ちゃんがいたためじゃなかったの!!」
「だって、ちゃんと尻尾の下についてたもん、間違いなく雄だよ」
全く持って、私の勝手な思い込みだったということ・・・。
話が根底からひっくり返る衝撃の結末になってしまった。

4月29日(土)『消えた猫の話』のその後

去年のクリスマスの早朝、玄関前にいた身重の猫から、
中に入れてくれと懇願されたのに断ってしまったことがあった。
野良猫なら、きっと逞しく生きていくだろうと言い聞かせていたのだが、
ずっと心の片隅に引っ掛かっていた。
そしたら、その猫が朝方、芭蕉の根もとに現れた。
t
カメラを構えても、にこやかにふるまって逃げる気配もない。
子どもは連れていないけれど、とりあえず生きていたことがわかってよかった!
この表情なら、もう根に持っていないと思っていいわね。
t
雨が降り出すまで、もみ殻の上でくつろいでいた。

4月25日(火) お久しぶり

今日から、
金山町の『認定こども園めごたま』の幼児部でおはなし会をさせてもらうことになった。
木材がふんだんに使われた園舎のすぐ裏は、地続きで山になっていて、自然がとっても豊か。
部屋には、4歳児さん40人が、きちんと座って待っていてくれた。
どこへ行っても、まずはあいさつと自己紹介。
「こんにちは、私の名前はかとうさんです」
と言って子どもたちを見回すと、あちこちから、
「かとうさん、かとうさん・・・」
とかみしめるようにつぶやく子どもたちの声があがる。
それを聞いてから、
「これから時々来て、楽しい絵本や紙芝居をた~くさん読みます」
と、伝える。
どこのだれか?何しに来たのか?が認識できると、
子どもたちの受け入れ態勢は、即座にOKとなる。
『こぶたぬきつねこ』の歌遊びを導入に、
・紙芝居『ポポのおみまい』福田岩緒 童心社刊
・絵本『ちょうちょちょうちょ』 主婦の友社刊
・絵本『どろろんびょういん おおいそがし』苅田澄子文かとうまふみ絵金の星社刊
・手遊び『いち に さんまのしっぽ』
・絵本『はみがきあわこちゃん』ザ・キャビンカンッパニー すずき出版刊
ラストは、集中力が切れてくる頃かな?と、
『おなべおなべにえたかな?』と併せてリクエストを取ったら、
『はみがきあわこちゃん』が圧勝だった。
30分で切り上げた後、子どもたちに、
「乳児部の時ずっと絵本と紙芝居読んでいたんだけど、覚えてる?」
と聞いてみたら、そう言えばみたいな感じで、
「覚えてる~。思い出した~」
と言ってくれた子がいた。
0歳から2歳まで、月一のおはなし会で会っていた子たち。
第一回目のおはなし会なのに、初めからとてもよく聞けたのは、
再会ということが根底にあったせいかもね。

4月23日(日) 新しい出会いのために

新年度から、
新たに子ども園で3,4,5歳児向けのおはなし会がスタートすることになった。
絵本と紙芝居が中心になるが、つなぎとして手遊びも少し入れる。
紙芝居に舞台に入れて使えるように、いくつか春のわらべうたをしたためる。

私が言葉を間違えないようにするためでもある。
必要なら、園でもすぐコピーできるからとても便利なのですよ。
t

4月20日(木) おまけ

幼稚園と保育園のブッククラブ、
今年は契約者が過去最高となったので、気前よくして、おまけを出すことにした。
かわいい木製のパズルです。
t

4月18日(火) お手玉三個ゆり

先月仕事で福島へ行った時のこと、
イベントに参加してくれた女の子が、自由時間に三個のお手玉を持っていて、
「できる?」
と聞いてきた。
15年くらい前、わらべ歌を習った時、ちょっと練習したけれど、
なかなかうまくいかないままになっていたが、
それでも、ちょっとはできるかとやってみたら、3,4回かろうじてできて、その女の子から、
「すごい!すごい!」
って、目を丸くして感動された。
たまたま、10年くらい前に、義母に頼んで、
わらべうたの会の人たちにお手玉を作ってもらったことがあった。
t
今更だけど、三個ゆりに挑戦してみたくなった。
世の中便利になって、
「お手玉3個コツ」
で検索すると、YOU TUBEで丁寧に教えてくれる。
コツはリズムなのだそう。
仕事に行き詰ったとか、気分転換したい時に、練習するのはなかなかいい。
5日間で最高14回まで続けられるようになった。
かつて、フラフープは完全に挫折したけれど、この調子でいけば、お手玉はものになりそうだ。
反射神経も良くなって、認知症予防にもいいかもしれない。
福島であの女の子と出会ってなかったら、お手玉はできないまま人生終わるところだった。
ちょっと大げさだけど、出会いに感謝!

4月12日(水) 2歳児担当

山形市の2園でのおはなし会は、もう15年以上なったかなぁ…というくらい長い。
2~5歳児までの子たちに、ボランティア6人前後でチームを組んで、
読み聞かせにあたってきた。
私の担当はずっと5歳児だったが、2歳児担当の方が職場復帰で抜けたので、
今年度から2歳におはなし会をすることになった。
保育園の子たちは、新年度になっても、当たり前のように、集中してよく聞いてくれた。
今日は顔合わせなので、間違いのないプログラムにしたが、
遠からずレベルの高いお話に移行していけそうね。

 午後からは、場所を子育て支援センターに移しての『
赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』
今日は12カ月未満の赤ちゃん対象で、6ヶ月と9か月の赤ちゃん3人が参加。
絵本の読み聞かせをすると、身じろぎもせず集中してよく聞いてくれる。
お母さん達に聞いたら、家庭でも毎日読み聞かせしているとのこと。
さもありなん。
更に、9ヶ月の赤ちゃんのお母さんが、
「子どもが5か月くらいの時、酒田の支援センターでお話を聞きして、
ずっと読み聞かせを続けていました!」
と声をかけて下さった。
その結果が、今のこの赤ちゃんの姿なのですね。
自分の仕事が社会に役立っていると、改めて実感した日。

 2歳児向けのおはなし会2ラウンドと
支援センターでのレクチャーと読み聞かせの実演をつつがなく終えるも、
帰りの車中は爆睡だった。
ちょっと疲れたか…運転手がいなければ、この仕事は持たないかもなぁ。

4月11日(火) 今年度第一回目

金山町唯一の保育園めごたま園乳児部の今年度第一回目の読み聞かせ会。
今日は二歳児さんが対象。
一歳児さんの時から会っている子たちに、
子育て支援センターで顔なじみになっていた子たち4人が、4月から新たに加わった。
既に私の顔もしっかり覚えていてくれたようで、
何の違和感もなく、紙芝居2作と絵本3冊、タンポポの手遊びで、25分間が過ぎた。
つい一月前まで子育て支援センターにいた時は、
うろうろしたり、ママのおっぱいを探したりしていた子も、
いきなり他の子たちと馴染んでいて、その成長ぶりにびっくり。

その後、子育て支援センターに移動して、
今年度初めての『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』
年度初めから7組の参加とは幸先がいい。

4月1日(土) 7年目

アシードを設立して、無事に7年目の春を迎えた。
3月末に、二つの保育園から絵本の大量注文が舞い込み、
発注とブックコートフィルムの装備にてんやわんやの最中なので、
感慨に浸っている暇もない。
ちょうど帰省してくれた長女にも応援を頼んで、総出の作業となる。
体力と気力の衰えを気にしている暇もないくらいの年初め。
まずはありがたい。
t

3月30日(木) 別れの季節

アシード設立の時からずっとお世話になってきた図書館職員の方が
異動で転出される。
読み聞かせ講座、手作り絵本講座、赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室、ブックスタート…
協力しながら一つずつ乗り越えてきた。
振り返ると、仕事って、本当に一人ではできないものなのだなあと、改めて思う。
4月からアシードも7年目に入る。
新しい人間関係の中で、またどんな仕事と出会うのだろう。
t

3月29日(水) 県立図書館運営協議委員会

二年の任期が無事終わった。
t
帰りはきれいな夕焼け。
疾風怒濤のような10日間だった。
とりあえず、倒れないでよかった。

3月26日(日)学校読み聞かせ講座in遊佐町

 3時から、遊佐町立図書館に依頼で、学校読み聞かせ講座。
対象がベテラン新人混合だったし、時間も短かったので、
担当者から、学びたいことをリサーチしてもらって、それに応える形でのお話となった。
それ前に、教育委員会主催の、町内の読み聞かせボランティアの交流会がもたれたので、
それも傍で聞かせていただく。
遊佐町の現状や問題点などを直接伺うことができて、いろいろ参考になった。

3月25日(土) あれこれと

午前中、南山形幼稚園で、新入園児の親御さん対象に、読み聞かせ講話。
読み聞かせをするとどんないいことがあるか?
どんな本を選べばいいか?
どんなふうに読めばいいか?
など、少し実演を交えながらお話する。
お父さんの参加も結構あって、みんな真剣によく聞いて下さった。
11時からは、ブッククラブの展示会と申し込みの勧誘説明会。
相談してくる人や説明を聞きたい人が相次ぎ、今年は去年より絵本に熱心な人が多いとみた。

午後、最上町に移動して、3時半から教育委員会の方とブックスタートの打ち合わせ。
途中、芭蕉の奥の細道で有名な『山刀伐(なたぎり)峠』を越えていく。
旧道は雪ですっかり埋まっていた。
t
6時から2時間、学校読み聞かせ講座。
おすすめ絵本の新しいところを展示したのが好評だった。
夜の十時に帰宅。

3月21日(月) NHK日本語センター

上京のメインの目的は、NHK日本語センターでの読み聞かせレッスンの受講。
去年に引き続き二回目である。
一日かけて『きつねのでんわボックス』と『おこだでませんように』の二作品を読み、
それぞれ発表を行う。
1冊に3時間くらいかけて、登場人物の気持ちや作者の思いなどを、丁寧に解釈して読み込む。
日ごろ、あまりにもそそくさと読み聞かせしているかもと、反省させられることしきり。

3月20日(日) 上京

よほどのことがない限り、この時期は毎年、学生時代の友人とプチ旅行をする。
今年のざっくりとした計画は、赤坂迎賓館とグラニースミスのアップルパイ。
東京は、とにかく並びに並ぶ。
どちらも中に入るまで3、40分。
みんな当たり前みたいな顔をして並んでいるところがさすが東京。
t
赤坂離宮は、明治維新以降の建造物として初めて国宝指定になっただけのことはある。
豪華絢爛の具体的かたちを見せてもらったよう。
特に、花鳥の間の花木と鳥30枚の七宝焼には目が釘付けになった。
庭で普通に見るスズメやカケス、ヤマガラなどが、見事に花の引き立て役になっている。
『七宝の美』という写真集が何よりの記念になった。
 グラニースミス青山でアップルパイのランチの後、
近くだというので、何度か訪れた根津美術館まで足を伸ばす。
高麗の仏たち展という渋めな企画にも関わらず、老若男女、結構な人がいた。
併せて興福寺の梵天立像と帝釈天二体が特別展示されていた。
高麗の素朴な仏たちを見た後だからか、
デザインと線の切れの良さに、洗練された完成度を感じた。
花の季節にはちょっと早かったが、日本庭園もしっとりとしていてなかなかいい雰囲気。
よく見ると、足元にはすみれ、頭上にはマンサクが咲いていた。
t

3月15日(水)今年度最後の

山形市3か所での『赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』
一か所は、今年度でとりあえずお休みになり、一か所は、長年お世話になった担当者が変わる。
「歳歳年年人不同」(劉廷芝)
来年度も、気持ちを新たに頑張ろう。
行き帰りの道には、まだまだ雪が残る。
t

3月11日(土) 絵本専門士のお仕事

 国立那須甲子青少年自然の家から
『なすかしの森読み聞かせ会』への講師依頼があり出かける。
t t
那須連山の真裏、白樺林の中の標高950mの所にある、
400人収容の立派な体験宿泊施設には、
和太鼓部の高校生、ドッチボールクラブの小学生、ボーイスカウトの子どもたちが、
それぞれ体験学習で宿泊していて、とても賑やかだった。
読み聞かせ会は今年初めての事業とのことで、企画から関わらせていただいた。
出席者は、2,3歳から9歳までのお子さんとその保護者の方々。
二日間かけて、読み聞かせ4回の間に手作り絵本のワークショップをサンドイッチさせる。
アシードでは、起業して間もなく『手作り絵本キット』を開発していたが、
これは文も絵もオリジナルで考えなければならないので、かなりハードルが高い。
図書館主催の夏休み親子手作り絵本講座では、
10時間ほど時間をかけるので、かなりいいものができて、
毎年全国コンクールでも入賞者を出してきた。
でも、ずっと開発したいと思っていたのが、
絵が描けなくても、文が作れなくても、2時間で完成させられる手作り絵本だった。
今回のお仕事をいただいたのを機会に、
2時間で仕上げる親子手作り絵本の方法をどうにか完成させることができた。
今日は試運転という感じで臨んだが、やってみて驚いた。
2,3歳の子たちが、テーブルから離れることなく、
飽きずに手作り絵本に関わってくれた。
シールになっている色紙を、ちぎって自由にペタペタ貼っていく方法が良かったらしい。
t t
また、この絵本は、親子で話をしながら、
この年齢ならではの子どもの心を紙面に閉じ込めて残すという
コミュニケーション&メモリアル絵本をめざしているので、
共働きでふだん子どもとじっくり会話できない親御さんからは、
特に気に入ってもらえたようだ。
4回のおはなし会は初め、子どもたちも緊張してよく聞いてくれたが、
二回目は2,3歳の子が、駆け回り出した。
無理もない、走り出したくなるような十分に広い会場だもの。
笑って見守るしかない。
二日目の読み聞かせは、子どもたちが少なかったので、
一人一人の読んでもらいたい本を選ばせて、それを順番にみんなの前で読むことにした。
二日目ということもあり、すっかり私と場に慣れた子どもたちは、
昨日とは別の子どもたちのように集中して聞いてくれた。
手作り絵本の時間や自由遊びの時間には、
保護者の方からいろいろ読み聞かせについての質問を受けた。
「図鑑しか読まないけど、大丈夫だろうか?」
「テレビの時間を減らして、本を読んであげたいがきっかけをどう作れば?」
「兄弟一緒に読むと喧嘩になってしまうので、なかなか読み聞かせができない」
参加者が少なかったので、質問の一つ一つに丁寧にお答えできたのは何よりだった。
いつも思うことだが、ここでも読み聞かせに関して聞きたいと思っている人は、
潜在的にけっこういると感じた。
二日間、スタッフの皆様が、至れり尽くせりで対応して下さって感謝でした。
夜のベッドには電気毛布が入っていたし、
夕食と朝食のバイキングも品数が豊富で、参加者と楽しく食事ができた。
雄大な自然と澄んだ山の空気も満喫できて、とてもいい仕事ができた二日間だった。
地元の新聞社の方が取材に見えて、記事にして下さっていい記念になった。
t

3月9日(木) 継続事業

金山町の保育園乳児部への読み聞かせと子育て支援センターでの
『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』、
今日が今年度の最終日です。
保育園では、0歳児さん7人に絵本3冊と紙芝居。
年度末にもなると、子どもたちもすっかりおはなし会に慣れ、
最後まで集中して聞けるようになる。
この時期の子どもたちの成長は目覚ましい。
新しく作った風船のペープサートを演じたら、とても喜んでくれたので、
一年間の御礼にと、風船を一つずつ子どもたちにプレゼントする。

支援センターでも、
リピーターさんと初めての方と入り混じっての講話とわらべうたの会がつつがなく終わった。
今までの事業は来年度も継続になり、
新たにできる保育園の子どもたちにも読み聞かせができるようになる。
また、新しい出会いが約束された。
帰り道、庄内平野の田んぼでは、北帰行を目前にした白鳥たちが、
最後の食いだめに余念がなかった。
t

3月8日(水) 最後の日の大サービス

山形市のいくつかの保育園で、
毎月一回ずつ読み聞かせを続けて、17~8年位経ったろうか。
もうはっきりと思い出せないくらい長くなってしまった。
毎年この時期は、年長さんへ最後の読み聞かせとなる。
先月、
「最後の読み聞かせは、みんながもう一回読んでもらいたい本を読むから、
教えてくれるかな?」
と聞いたら、即座に、
「『どろろんびょういん』3冊全部ときょうりゅうの紙芝居!」
という答えが返ってきてびっくり。
たった一度しか読んでいないのに、楽しかった本は、鮮やかに記憶に残っている。
というわけで、今日のおはなし会は、賞味35分。

『はっけん!がっこうのあっ!』石津ちひろぶん ママダミネコえ(大日本図書刊)
『どろろんびょういんおおいそがし』苅田澄子作 かとうまふみ絵(金の星社刊)
『どろろんびょういんたいへんたいへん』〃     〃     〃
『がんばれきょうりゅうぼうや』黒川みつひろ(童心社刊)

一冊目は、4月から小学生になるので、学校を紹介する本を選んだ。
子どもたちは、これが最後のおはなし会だと自覚しているので、
一言も聞き漏らすまいと体中を耳にし、集中してシーンと聞き入ってくれた。

私は、子どもが読み聞かせの本に賑やかに反応するのには懐疑的だ。
読み手のパフォーマンスやビジュアルなど、
表面的なものに反応しているだけで、おはなしを深く楽しんでいないと思うからだ。
今この瞬間、反応も出せないくらい、
それは見事におはなしの深いところまで入りこんでいるのが伝わってくる。
みんなここまでよく成長したよね!と思うと、じーんと胸に湧き上がってくる思いがある。
終了後、子どもたちから、感謝の言葉とともに似顔絵のプレゼントをいただいた。
何よりのご褒美だ。
もしも、子どもに絵本を読んであげる人生でなかったら、
このようにいい顔で歳をとれたかどうかと思う。
t

3月6日(月) プログラム決め

3月11日、12日の福島での読み聞かせ会で読む本を決める。
親子宿泊体験に参加する2歳~9歳までの子どもとその保護者が対象。
本が好きな子たちなのか、読み聞かせに慣れている子たちなのかは、
全然わからない中で、30分位ずつ4回のプログラムを考える。
本の表紙だけ並べてみたが、悩むばかりで埒が明かないので、
紙芝居、物語絵本、科学絵本、言葉の絵本、仕掛け絵本、おはなしグッズと
カードにしてジャンル分けしてみる。
t
あら、ふしぎ!魔法のようにわかりやすくなって、すんなりプログラムが決まった。
後は、ひたすら読み込むだけ!!

3月4日(土) 親子手作り絵本

かねてから懸案中だったアシード開発の手作り絵本キットを使った
“短時間でできる手作り絵本”の指導法を完成させた。
特徴は、
・絵が描けなくても大丈夫
・文が思いつかなくても大丈夫
・画材が無くても大丈夫
・切ってはるだけだがノリが無くても大丈夫
・時間が無くても大丈夫
というものなので、“大丈夫絵本”と名付けてもいいくらいだ。
完成までの手順をパワーポイントで作成したので、
実際やってみないとわからないが、多分25組くらいの親子に対応できると思う。
説明が行き渡るように、見本のミニ絵本も作ってみた。
t
デビューは、3月11,12日。
とりあえず、一回やってみて改善しながら、完成度を上げていこう。

3月2日(木)ブックスタートボランティアフォローアップ講座

酒田市の3ヶ月児の乳幼児健診の際の行われているブックスタートは、
2011年から始まっている。
今は養成講座を受けたボランティアは20人ほどが、親子に一対一かそれに近い形で、
絵本の大切さとか、読み聞かせの仕方を指導している。
人数としては潤沢で、きめ細かな指導もできていると聞く。
今日は、一年の活動の締めくくりとして、
ふだんの活動の振り返りと問題解決のための講座である。
事前に出された質問には、
「パソコンで絵本を見せたことがあるが、紙と併用ならOKなのか?」
というのもあって、時代はさらに加速していると実感する。
ボランティアはシニアの方が多いので、
スマホの使い過ぎには、危惧を抱いているようだ。
ちょうど地元紙や中央紙で、
育児中のスマホの使い過ぎに警告を発している記事が出たばかり。
柳田邦男さんが、もう何年も前から、
スマホのガイドラインを早く作ったほうがいいと言い続けているのに、
現実は遅々として進んでいないようだ。
手を打たないうち、子どもはどんどん大きくなってしまっている。

3月1日(水) 月一度の楽しみ

今日は幼稚園ブッククラブの展示会の日。
対象は、来年度年中になる子どもとその親御さんに、ホールに展示した絵本を見ていただく。
この前の年長の時よりも、明らかに関心が高そうだ。
相談してくる人や、立ち止まって手に取る人も多い。
中には、子どもにどれがいいの?と聞きながら、
スマホで写真を撮るだけの人もいて、なかなか今どき。

先だってお話させていただいた別の幼稚園の主任の先生の話が忘れられない。
幼稚園に入って自分で本を選べるようになった時から、
毎月1日に娘さんが選んだ本を、1冊だけ買ってあげてきたそう。
「今は本が大好きな高校生になりました。それらの本は、娘の歴史であり宝物です」
って。
本の背表紙に心の成長が見えるようで、素敵なお話じゃありませんか!
ブッククラブも、その線を狙っていきたいですね。

2月27日(月) ブックスタートで人気の絵本

アシードでは今年度、二つの町に、ブックスタートの本を提供してきた。
いずれも年度初めに担当者と打ち合わせをして決めた5~6冊の中から、
お母さん達に選んでもらうというという形をとってきた。
年度末になって、担当者から今年出た本の報告をいただいた。
人気の本とそうでなかった本の差が顕著になって、なかなか興味深い。

〇MK町(一歳半)1位『ぼうしとったら』ツペラツペラ(学研)42% 
2位『はらぺこあおむし(ボードブック)』エリック・カール(偕成社)12% 
2位『バスがきました』三浦太郎(童心社)
『いないいないばあ』(童心社)は、選ぶ人が少なく、来年度からは差し替えされる。
『たまごのあかちゃん』『きんぎょがにげた』(福音館書店)も、
今や少数派に入ってしまっている。

〇MG町(3か月)1位『もぐもぐもぐ』よねづゆうすけ(講談社)34% 
『いないいないワン』(フランチェスカ・フェッリ)34%
『だるまさんが』(ブロンズ新社)も選書対象には入っていたが、
所蔵している人が多く選ばれなかった。
『ちっちゃなおさかなちゃん』(学研)は、時期が早いと思う人が多かったようだ。
それぞれ好みや、家庭環境のあるから、やっぱり選べるのはありがたいよね。

2月22日(水) 今日のお仕事

お昼すぎ、山形市の幼稚園のブッククラブの展示会。
おすすめの絵本をホールに展示して、お客の勧誘をする。
本日は年長の親が対象。
今どきの人気の本が展示してあるので、子どもたちは興奮しながら頁をめくっているのに、
親の反応はいまひとつ。
先生方は、子どもたちは本が大好きでよく聞いてくれるという。
親はそれで充分って思っているのか、
もう小学校だから、絵本は卒業していいと思っているのか、
展示会場に残る人が少なくて残念だった。
 2時前から、駅前のメトロポリタンのラウンジで、3月の仕事の打ち合わせ。
国立那須甲子青少年自然の家で、新規事業として、
二日間にわたり読み聞かせの会を行うというので、講師依頼が来た。
対象は幼児から小学生までの子どもと保護者。
二日間二時間ずつという設定だったので、
読み聞かせと手作り絵本のワークをコラボさせた企画書を持参する。
アシードで『手作り絵本キット』を開発して、
時間をかけての手作り絵本の講座を何回か開いてきた中、
“短時間で誰でも楽しくできる手作り絵本”
の指導法を編み出したいと、ずっと思い続けていたので、
今回はそれを形にするいい機会をいただいたと思う。

2月18日(土) おはなし錬成会

有志によるおはなし錬成会の月例会。
全国組織NPO法人語り手たちの会で、
一年間語りの勉強をしてきたYさんが、締めくくりとして発表会に臨むというので、
みんなでその語りを聞く。
エチオピアの昔話を、会話の部分を中心に、地元風に脚色した努力は大いに認めるが、
みんなの見解は、「なんとなく重たくて笑えない」
その原因はどこから来るのだろうと、おのおの意見を言ってみて、
「アフリカの大地の大らかさ、能天気さがもっと前面に出したらよくなんじゃない?」
という見解で一致した。
4半世紀も子どもたち相手にお話を届けてきた大ベテランなのに、
全く知らない人たちの中に飛び込んで、修行するその前向きな姿勢に触発される。
そもそも、おはなしはだれかに聞いてもらうものだから、
披露してコメントをもらうって、自分を知る上でも、一番の勉強になるよね。

2月15日(水) スマホの優先順位

山形市の子育て支援センターで、
子育て中のお母さんたちに、読み聞かせのレクチャー。
育児に影響を及ぼすスマホの害について、サラッとお話する。
いろいろ話を伺っていると、
「だって、既読にしたり、返事が遅れては悪いから、すぐメールしたり」と、
赤ちゃんの顔を見るより、スマホの画面を見る方が、優先順位は上らしい。
自分の目の前で、スマホに夢中のお母さんを見て、
愛情不足になっている赤ちゃんの気持ちを、どう伝えたらわかってもらえるのだろう。
去年、この質問を、柳田邦男さんにした時の答えが、
「時には、諦めることも必要です」
だっけなぁ…と、またそこに行きついてしまう。

2月11日(土) みんなの読み聞かせ教室

図書館主催の月例『赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』の、
年に一度の拡大版。
働いている方々向けで、父親や祖父母の参加も有りの設定です。
夫婦での参加が多く、そういう方々は意識が高く、
もうすでに読み聞かせもしっかりできているのが、赤ちゃんを見ていてよくわかった。
今回は、最近普通に聞かれるようになった『地頭』をキーワードに話を聞いてもらう。
読み聞かせは、知識や言葉を増やすだけでなく、
自分で考えて生きていく地頭を鍛える!という結論。
こちらの話にいちいち頷いて聞いて下さる申し分ない参加者ばかりで、
いい子はますますよく育っていくだろうと実感した。
終了後、ささやかなプレゼントとして、アシードから参加者にすることにしたら、
7ヶ月の赤ちゃんが、並べた絵本を見るなり、
真っ直ぐお目当てに向かって、わき目もふらず突進してきた。
もうしっかりつかんで離さなかったその本は、
かがくいひろしさんの『おしくら・まんじゅう』(ブロンズ新社刊)
「一歳近くもなれば、自分の好きな本はしっかり選べますよ」と、
お話したばかりのことが、目の前で鮮やかに証明されることになり、
一同から「おおっ!!」と声が上がる光景だった。

2月10日(金) パブコメ〆切

5年後に建設予定の、図書館などが入った
『酒田コミュニケーションポート』の基本計画が決まり、
募集していたパブコメの締め切りが本日。
書き溜めていたものをまとめて、ぎりぎり提出。
ふう~です。

2月9日(木) 進展

金山町で行われている月例『赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』に、
ブックスタートに関わる行政関係者が、見学に見えられた。
ブックスタート開始から十年以上過ぎ、この辺りで何かいい進展があるといいなぁ。

2月8日(水) 初めて反応した絵本

保育園で一緒に読み聞かせをしている仲間のお一人に、めでたく初孫が誕生した。
早速、5冊ほどファーストブックをお買い上げ。
1ケ月も経たないうちから読み聞かせを開始し、その結果を報告してくれた。
「いくつか読んだ中で、一番見てくれたのが
『しましまぐるぐる』かしわらあきお(Gakken)
目をそらさないで、じーっと見続けていてびっくりした」
とのこと。
t
報告を聞いて、よく見たら新刊の帯に“0歳0カ月から”の表示がありましたね!
こういうところは見逃していたなぁ。

2月8日(水) 『みんなともだち』

2か所の保育園で、5歳児さんに読んでみた。
「うわぎ」と「うさぎ」と「うなぎ」がお友達になって、うまくいっているところに、
「さなぎ」が加わって、微妙な展開になっていくお話で、
どちらの園でも言葉の違いをかみしめながら、静かに聞いていた。
たった一人だけれど、さなぎが羽化した時、
「“ちょうちょう”も“う”がつくから友達だ!」
とつぶやいた子がいて、私的には、
「おおっ、そこに気が付いてくれたか!」
という感じでした。

2月7日(火) 声に出して読んで心地いい本

 声に出して読めば読むほど、心地いい本。
t
二宮由紀子文 海谷泰水絵 『教育画劇』刊
似たようなフレーズの繰り返しか、登場人物のキャラと自分の声が合っているのか、
このお話の持つ雰囲気か…
別に究明しなくてもいいのだけれど、何十回読んでも苦痛にならないというのは、
『へちまのへーたろー』以来だと思ったら、両方とも二宮由紀子さんの文章だった。
単なる偶然全じゃないかも。
ちなみにこちらはストウピウ絵で、教育画劇刊でした。
せっかくだから、保育園でも読んでみようっと。

2月6日(月) 一気に二倍

 図書館主催の月例『赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』の日。
今日はこの6年間で初めて、双子の赤ちゃんの参加があった。
ママとおばあちゃんの二人がかり。
見た目はそっくりでも、片方は起きて豊かに反応するのに、
もう片方はスヤスヤ寝っぱなしとそれぞれ。
初めての赤ちゃんが双子だったら、家族はさぞかし、てんやわんやの毎日でしょうが、
ママもおばあちゃんも、とても参考になったと、ニコニコ顔で帰って行かれた。
それからいくらも経たないうちに、図書館に二人分の貸し出しカードを作りに来たと聞いた。
よかった、よかった。

2月5日(日) 進化

昨日の出来事。
読み聞かせ研究会の後、おすすめ絵本の販売を手伝って下さった方が、
こんなことをおっしゃった。
「10年前、とってもキラキラしていて、自分も好きでよく読んだ本なのに、
今はもうその本を手に取っても心ときめかないの…どうしてなんですかね?」
「それは、時代に合わせて本も変わっていく中で、あなたも進化したってことなのですよ!」
とっさに、口について出た言葉ではあるが、なんか我ながら名言!

2月4日(土) ブックトークの会in新庄

新庄市のみどりの大地を会場で、図書館共催の、
地域みんなで読育推進事業~読み聞かせから始まる人づくりまちづくり~
『広げよう読育・読み友の輪!読み聞かせ研修交流会』
があった。
t
一部が、『今こそ出会いたい絵本のブックトーク』
二部が、『朗読のチカラ(実践に役立つワークショップ等)』

私の出番は、前半の90分。
まずは、現代の世相と子どもについてお話した後、赤ちゃん絵本から紹介していく。
絵本専門士講座を受講した時の柳田邦男先生のお話がたいそう役に立った。
準備で5分ほど開始が遅れたので、
その分時間がオーバーしてしまったのは、こちらの不手際だった。
比較的最近出版された本が多かったせいで、反響はすぐに表れ、
10分の休憩時間のうちに販売が始まってしまった。
一番人気は、『ぼくのにゃんた』鈴木康広作(ブロンズ新社刊)
猫好きの心をわしづかみにするような、キュートな絵本だ。
昨今の猫人気を大いに反映するように、注文が相次いだ。

二部は、地元の演劇研究会有志によるワークショップ。
腹式呼吸、発声練習、早口言葉、外郎売等、
私も同じように過去にたどってきた道のりだ。
だから言える。
役に立つ部分はあるけれど、演劇と読み聞かせのメソッドは違うと。
何が?って、読み聞かせは、話す呼吸で聞かせるのだ。
最後に、劇団員による地元民話の朗読劇を聞いた。
読み聞かせもそうだけれど、人のやっているのを見るのが一番勉強になる。
ちゃんと首を起こして、真っ直ぐ観客を見て演じていた青年の声が、気持ちよく心に届いた。
読み聞かせする時は、
「きちんと言葉を頭に入れて、子どもの方を向いて声を出すんです!」
という赤木かん子さんの指導を思い出す。
今日、実感としてわかったので、難しいこととは思うけど、できるだけ努力はしてみよう。

終了後、先月25日の幼稚園の先生方の研究会で注文いただいた本を届けに行く。
会に参加した先生から、たいそう勉強になることばかりだったとのお礼の言葉を頂いた。
そして、
「クラスの子それぞれに好きな絵本を1冊ずつ選ばせて、
順番に読み始めたら、みんなとても良く聞いてくれるようになりました」
という報告も聞くことができて、3時間の成果は確実にあったと、うれしくなった。
t
戻り、最上川沿いの路上の雪はすっかり消えていた。
まさか、このまま春にはなるとは思えないけれど、心だけはほっこりして帰途についた。

2月2日(木) ひたすら読む

2月4日に、新庄市立図書館からブックトークを依頼されている。
赤ちゃん、年少、年中、年長、低学年、中学年、高学年それぞれ10冊ずつセレクトしたものを、
朝から晩まで、声に出して読み続ける作業が続く。
一日中読んでいても全然苦にならない。
t
どう組み合わせて、どうつないでいくか?
シナリオを組み立ててみるが、何しろ冊数が多いので、頭に納まりきらない。
しかも、与えられた時間は90分弱。
時間内に捌けるだろうか?
出来ないとしたら、省略するのはどれか?
迷いに迷っているうち、時間は容赦なく過ぎていく。

そもそも学生時代から、声に出して読むのは好きだった。
小山清の『落穂ひろい』なんかは暗唱したくらいだ。
黒柳徹子の、
「絵本を上手に読んであげられるお母さんになりたかった」
という言葉にも大いに共感した。
だから、子育て中の読み聞かせは、楽しくて仕方なかった。
なのに・・・
三十にもなった娘たちは、今になって声をそろえて言う。
「孫なんかできたら、実験台にして、絵本読みまくるんだろうね~」って。
えーっ!何?そのコメント。
結局朗読好きの母親を満足させるために、聞いてくれる
“逆らわない娘たち”が必要だったってこと?!
今にして思えば、冷や汗が出てきそうな話だが、まあいいか。
結局、それで子育てはうまくいったんだから。
と思うことにしよう。

1月28日(土) 月例おはなし錬成会

錬成会自体はなかなか良かったのです。
が、参加者の車が雪道で側溝に脱輪してみんなで助けに行ったり…
終わる頃にトイレのドアが故障して二人が閉じ込められたリと、
前後で、思わぬトラブルがあって、変な日でした。
12月の発表会の際大好評だったMさんの朗読を中心に聞きました。
『はじめのいのり』ホ・オポノポノより
『スヌークスさん一家』ウィリアムズ作、東京子ども図書館おはなしのろうそく2より
『僕と僕との往復書簡』小林賢太郎作
『蚤の串刺し』藤田浩子著一声社刊『化かす騙す』より
この度は、どちらかというと、大人向けのプログラムでした。
『僕と僕との往復書簡』は、20歳の僕と20年後の僕が、手紙をやり取りするという話で、
「二回目の方が、話がよくわかって感動した」
という感想がほとんどでした。
「照明やBGMがちゃんとしたところで聞いてみたいね!」
と、みんなで気持ちが盛り上がったのですが、
残念ながら酒田にはそれができる場所が無いんだなあ。

1月25日(水) 最上地区私立幼稚園教育研究会

講師依頼があって、猛吹雪の中出かけていく。
ふだんは車で1地時間の会場だが、豪雪地帯に向かうとあって、大事を取り二時間前に出発。
このところの降雪にもかかわらず、順調に雪かきがなされていたおかげで、
思ったより時間がかからず到着できた。
5園の30名ほど先生対象に、3時間の設定。
幼稚園の先生対象のお話は、過去6回経験したが、
最近の現場の状況がわからないので、担当者から、
聞きたい内容について詳しくリサーチしてもらい、それでレジュメを組み立てて臨んだ。

まずは、会場の雰囲気をほぐすために、軽くウォーミングアップ。
肩こりを取り、眠気を追いだし、頭のめぐりをよくするストレッチを行う。
これをやると、参加者の表情が一発で緩み、断然話が入っていきやすくなる気がする。
ここ5年くらいの間に子供たちが、
また悪い方に変わったという声を聞くがそれは何が原因かということから,話を初めて、
・読み聞かせの目的と効果
・場所の設定
・本選びとプログラムのたて方
・集中させる読み聞かせの基本技術
・事前に出された質問に回答
・子どもに人気の新しい本のブックトーク
という順番で進めた。
眠くならないように、隙を見つけては順番にコメントを求め、程よく実演も挟んだ。
休憩時間に、実際に70冊の絵本を手に取って見てもらう時間も設けたので、
30分オーバーしてしまった。
やっぱり新しい本はみんな見たいよね!
終了後の感想や質問も思いのほかあって、とても充実した研究会だった。

1月22日(日) ブッククラブリスト完成

年ら明け早々から、ずっと取り組んでいた幼稚園ブッククラブのリストがやっと完成。
かなり時間がかかって面倒な作業。
集中力と眼が、あと何年持つかなぁ・・・
t

1月14日(金) 日がな一日三日間

ここ二年間ぐらいで新しく出版された絵本の中から、
おすすめの本を選び、仕入れたものが今日届いた。100冊ほど。
この先、ブッククラブ、幼稚園教諭のセミナー、ボランティア講座で使うことになるので、
片っ端から声に出して読み、しっかり頭に入れた上で、年齢別に分けていく。
t

1月12日(木) 吹雪道再び

今年最大級の寒波襲来のニュースの中、今日は金山町に。
道路事情の悪さを予測して、30分早めに出るが、
あちこちに除雪車がいて、ノロノロ運転になり、現地に着いたのは、ほぼ定刻通りだった。
保育園で、0歳児さんに読み聞かせ。
もうすっかり私を認識しているので、
泣いて機嫌の悪かった子も、読み聞かせが始まると、ピタッと泣き止んで、
終わるとタッチしに来てくれた。
その後、場所を変えて、子育て支援センターで、
『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』
今日は、常連さんばかりだったので、いつものレクチャーは止めて、
マーガレット・ワイズ・ブラウンの『The Dead Bird』を例に、
絵本は時代と共にどう変わっていくかを、お話させてもらう。
先だって、自分の興味本位で調べたことだが、
一度誰かに話すと、考えがしっかりまとまってくる気がする。

t
今日はさらに天候が悪くなり、行き帰り結構な吹雪で、
一時間ごとに車を止めて、ワイパーに凍り付いた雪を除かねばならなかった。
今日は、事故車に出合わなくてよかったぁ。

1月11日(水) もうすぐ一年生

 今日は山形市の三か所の保育園で、五歳児さんにお話し会。
午前中の二園は、毎月読んでいる子たちだ。
年が明け、入学の時期が近づいて、担任はもちろん、
子ども達も力が入ってくるという感じが、ひしひしと伝わってくる。
お話も静かに集中してよく聞けるようになった。
別れ際の挨拶で、
「みんな立派で、いつ小学校に行っても大丈夫だね!」
と、思わず口について出たほど。
子ども達の瞳がキラキラしている。
今が一番希望に燃えている時期だなぁ。

午後は、支援センターに併設されている保育園で、初対面の子たちにお話し会。
担任に、事前に、
「長い話でも大丈夫ですか?」
と尋ねたところ、すかさず、
「はい!大丈夫です。本の好きな子たちなので」
という返事。
ひとり動きを止められない子がいて、担任が抱っこしていた。
初対面の子たちへのマニュアルに従い、自己紹介と、表紙を見せてタイトルを告げる。
子どもたちは、初対面の人に対して、名前を聞かないと、安心してお話が聞けないからだ。

「こんにちは、私の名前はかとーさんです。これからみんなにお話をたくさんします。
今日持ってきたお話は・・・」
と、タイトルを言うと、子どもたちは、すかさず順番を決めてくれる。
この段階で、子どもたちの意欲が引き出されるようだ。
t
①紙芝居『いいもの なんだ』(童心社刊)脚本山末やすえ 絵相野谷由紀
②絵本『もう、ねるんだってば!』(そうえん社刊)さくジョリ・ジョン 
絵ベンジ・ディヴィス 訳金原瑞人
③絵本『ことりのおそうしき』(あすなろ書房刊)マーガレット・ワイズ・ブラウン文 
クリスチャン・ロビンソン絵 なかがわちひろ訳
④絵本『ワニのワッフルケーキやさん ワニッフル』谷口智則
⑤絵本『ヨクネルとひな』(ブロンズ新社刊)文LEE 絵酒井駒子

どのお話にも、子どもたちは、水を打ったように、本当に静か。
全身全霊でお話に集中しているのが伝わってくる。
こんな理想の読み聞かせは、めったにあるものではない。
ただ『ワニッフル』最後の方のページで、
焼き立てのワッフルが見開きにバーンと描かれているのを見た女の子が、思わず、
「食べて、いい?」
とつぶやいた時、静けさの均衡が破られた。
「いいよ!」
と答えたら、他の子も手を出して、一斉にワッフルを食べ始めた。
担任もニコニコ眺めている。
ああ、このまま、いつまでもいつまでも読んでいたい。
そんな気持ちにかられたが、40分で時間切れとなった。
おはなし会が終わった瞬間、真っ先に私のところにとんできたのが、あの一番動き回る
子だった。
『もう、ねるんだってば!』を手にして、
「これ!もう一回見たい」
t
行きも帰りも吹雪に見舞われて、助手席に乗っているだけでも、充分疲れた。

1月10日(火) 報われるとき

酒田市立図書館主催月例
『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』の日。
第二子の二か月の赤ちゃんと来て下さったお母さん。
上の子の時に参加も参加して下さってそうで、毎日読み聞かせを楽しく続けているとのこと。
普段の会話に出てくる言葉が、いちいち気が利いていて、
とても2歳の子の言葉と思えないそうで、
「えっ!そんな言葉、いつどこで覚えたの?って、驚きの連続の毎日です。
間違いなく絵本の影響だと思います」
と、感謝の言葉を述べて帰られた。
この教室は、5年以上継続していることもあって、リピーターさんが時折参加して下さる。
その方々の殆どが、
「絵本の読み聞かせのおかげで、楽しく感動的な育児ができている」
と、伝えていって下さる。
それも、わざわざ、後まで残って。
日頃の苦労が報われる瞬間である。

1月7日(土) ボケ防止法

仕事を支えるもの。
その一は、永岡書店のカレンダー。
B3版。数字のインパクト控えめ。月曜はじまり。
年間カレンダーが月ごとに添付。スケジュールがたくさん記入できる余白。
その二は、高橋書店の手帳シャルム2No.632。赤の革表紙。
どちらも、他のものには代えがたい。
t
とか言って、毎年同じものに固執しているけれど、
ボケたくなかったら、この辺で思いっきり浮気してもいいんじゃないの?
食べたことのないものを食べ、行ったことのないところへ行き、会ったことのない人に会う。
とにかく変化を柔軟に受け入れることがボケ防止の極意だそう。
と、自分に問うて、いろいろ探してはみるが、やっぱりいつものに落ち着いた・・・
なんだ、結局時間の無駄をしたのか。

1月6日(金) もったいない

書籍売上総合ランキング第二位が『おやすみロジャー』という新聞記事を読んだ。
日本人は、これほどまでに、絵本で子どもを寝かせたがっているだと、改めて思う。
「なんだか考えさせられちゃうなぁ」
って、何の絵本にあったセリフだっけ・・・今まさにそんな気持ち。

寝かせたいのなら、『おやすみなさいのえほん』でも
『おやすみなさいおつきさま』でも、昔からあったじゃないですか?
頭を活性化させる(=頭をよくする)絵本をこもりうた代わりにするなんて、
なんともったいないことを!
マスコミを巻き込んで、テレビでも、実験みたいなことをして見せたので、
さほど絵本に興味のない人でも、つられて購入した人は多いよう。
その方々に聞いた限りでは、「寝てくれなくてがっかり~」
という声がほとんど。
結局買わされたという残念感で終わるのも、実にもったいない話だ。

1月4日(水) 仕事始め

一月末の幼稚園の先生方のセミナーと2月初めの読み聞かせ講座、
来年度のブッククラブに向けてと、
今どきの子どもたちが喜ぶ新しい絵本のリスト作りに取り掛かる。
各方面からのブックリスト、絵本ナビ、出版社のカタログを参考に、80冊ほどチョイス。
実際に手に取って確かめないと、自分が不良在庫を抱えることになるので、
それらを図書館に借りに行く。
半分は手に入った。
あと半分は、仕方ないから自分で仕入れ。
中味を検証して、またふるいにかけ、最終リストを作る。
幼稚園や保育園、小学校に紹介したいおすすめ絵本のリスト作成は、
けっこう手間暇かかる地道な作業で、冬場の仕事がない時の仕事になる。

1月1日(日) 元旦から身辺整理

あけましておめでとうございます。
2017年をつつがなく迎えることができました。
みなさまお元気で元旦をお迎えでしょうか?

お陰様で、アシードは今年7年目に入ります。
依頼された仕事はなるべくお引き受けするようにして、
無理はせず、なんとかあと3年は頑張りたいと思っているところです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年の正月は、お客様も少なかったので、
ずっと懸案事項だった住所録の書き換えをすることができた。
2005年に年賀状をやり取りした方々をベースにし、
加筆を重ねてきた住所録は、とっくに余裕がない状態で、
次女からはるか昔にもらったインパクトある住所録に、転記しようと思いつつも、
ずるずるとここまで来てしまっていた。
t
仕事関係、友人、ボランティア、親戚…過去に何かの形でつながりのあった人たち。
今はもうご縁がなくなった方々を除いて記載していくと、半分くらいの人数に納まった。
名前を除くたび、その人との思い出がよみがえって、二日がかりの作業となってしまった。
中には加岳井広さんの残暑見舞いも挟んであった。
トウモロコシが団扇もって仰いでいる。
古い住所録を無くしてしまえば、もう思い出すきっかけもなくなるのだろうか。
一方では躊躇する気持ちもあるが、
頭がはっきりしているうちにと、まずは手近な住所録からさっぱりとさせた。
身辺整理元年!

12月25日(日) 時代に合わせて

1937年から1952年にかけて、
アメリカの絵本の黄金期を築いたマーガレット・ワイズ・ブラウンの1938年の作品
『The Dead Bird』
日本では『ちいさなとりよ』(R・シャーリップ絵、与田準一訳)というタイトルで、
1978年に岩波書店から出版された。
森に遊びに行った子どもたちが、死んだ小鳥を見つけて、お葬式をしてあげるというお話だ。
30年近く前に、娘に何度も読み聞かせした本だ。
見開きごとに文字と絵が別になっていて、
読み聞かせしづらいなあというのが最初の印象だった。
絵も地味で楽しい内容でもないのに、なぜか長女は気に入ったのか今でもわからない。

この絵本が2016年に、あすなろ書房から
『ことりのおそうしき』(なかがわちひろ訳)というタイトルで蘇った。
t
絵は1986年生まれのクリスチャン・ロビンソン。
2016年のニューベリー賞とコルでコット賞オナーをダブル受賞しているというから、
今のアメリカではきっと勢いのある画家なのだろう。
“いいものは形を変えて生き残っていく”
という名言はだれの講演会でのことばだったろう・・・
原作が、時代に合わせてどんなふうに変化しているのか興味深くて、ちょっと細かく見てみた。

版型・・・二倍。
ページ・・・21P(うち文字のみ10P)⇒14P
子どもの描き方・・・幼く無邪気
色彩・・・カラフル
文字・・・7%減少
絵・・・17%増し
描き方・・・メリハリ(遠景、中景、近景)を考えた構成。現代の街並みと子ども達
 ほとんどページに犬
内容・・・具体的名称の消失(スターフラワー、ゼラニウムなど花の名前)、意味の明瞭化

昔の本は、押さえた色使いと、控えめな子ども達の表情から、
全体的に厳粛という雰囲気があった。
今の本は、使っている色も多くなり、
少し仮装している子たちからは、明るい表情と楽し気な感じが伝わってくる。
風景も子どもも完全に今の時代で描かれていて、お話に入りやすい。
絵の表現が、遠景から近景までバランスよく描かれていてメリハリがある。
また、どこのページにも子どもと行動を共にする犬が描かれている。
その犬を視線で追って、ページから目が離せなくなる子も多いと思う。
集中力が途切れないよう細かな配慮があるようだ。
翻訳の方は、原文を見ていないから、比較は難しく、
全体的に言葉が少なくなった以外は、なんとも言えない。

二冊を比較して端的にいえるのは、わかりやすくなったということ。
裏を返せば、わかりやすく表現しなければ、
読んでもらえない世の中になったということか。
タイトルの『ちいさなとりよ』が、直球で『ことりのおそうしき』だし、
子ども達が凧揚げして遊ぶ表紙だったのが、新しいのでは、すでに死んだ鳥が描かれている。
繰り返し読んで、深く味わう。
そういう読み方や楽しみ方は、もう過去のものになった・・・のか?

二冊を比較して、唯一と思われる共通点が見つけた。
子ども達が持っていた先端にリボンのついた菱形の凧である。
新旧の本をつなぐ貴重な接点として、
クリスチャン・ロビンソンは意識していたに違いない。

消えた猫の話その2

昨日から、次第に雪になるという予報が出ていた。
朝6時過ぎ、まだほの暗い中、夫と柴犬クロは、いつものように散歩に出かけていった。
なかなか暖まらない台所で朝食の支度をしていると、ネコの鳴き声が聞こえた。
それは珍しいことでも何でもない。
我が家の周りには、野良猫か飼い猫がよくわからないのがうじゃうじゃいるから。
キジトラ、トラ、クロ八、クロ八ジュニア、クロ、クロソックス、
白アンゴラ、グレー、グレーソックス、グレージュニア、三毛、
ざっと思い浮かぶだけでも10個体以上はいて、
猫好きだったら、ちょっと持って帰りたいと思うような美形もちらほら。
決して餌付けなどしているわけではないのに、生息環境がいいのか、年々数が増えている。
困るのはそれらが、何かと悪さをすることだ。

そもそも我が家には、野良猫に対する厳しい掟がある。
猫に侵入されないよう、屋敷中の戸という戸は、常に解放厳禁というのと、
居つかれないよう、情け無用というの。
昔、納屋に勝手に入った猫から出産されて、
その始末にえらく難儀したことに端を発するらしい。
嫁して40年、家の掟はいくつもないけれど、野良猫に関してだけは、厳しく言われてきた。
余程気をつけていても、うっかり侵入されて、貴重な楽焼茶碗を割られたり、
解凍中の肉を食い散らかされたりということもあって、
我が家では、猫は紛れもない害獣扱いだった。

それにしても、今の声は、明らかに呼んでいる、呼びかけているニュアンスだ。
しかも、いつもの勝手口や藪の方ではなく、玄関の方から聞こえるのも引っ掛かる。
不思議に思って行ってみると、曇りガラスの向こうに、ぼんやりと猫の姿が浮かび上がった。
そろそろと右側の引き戸を引くと、左側の戸の前に、
今までに見たこともない淡いオレンジ色の若い猫が、斜め向きに座っていた。
野良にしては、薄汚れていないし、何より穏やかな目をして、逃げようともしない。
初めて見る顔だ。
ふだん見かける屋敷内に出没する奴らはどいつも、
「悪さしていますよ~」
みたいなふてぶてしい顔つきをしていて、人の気配で、さっと逃げるのが常なのに。
この猫、何か妙だ。
「お前はどこのネコだ?何の用?」
と聞くと、そろりと体を動かして、こちらをしっかり向いて、ニャアと言った。
その瞬間、これは困ったものを見てしまったと後悔した。
お腹が、ぶっとい!
もったりと垂れ下がっている。
瞬時に察知した。
出産が迫っていて、産む場所を提供してくれと、懇願しているのだ。
きちんと玄関からやってきて!
今にも、雪が吹きかけてきそうな気配に、気が引けつつも、即我が家の掟、
「ここはだめだから、どこが探しなさい」
と言ってみた。
猫は身じろぎもせず私を見ている。
わかるけど、ああ、やっぱり入れられない。
一時の感情に流されて、5匹も生まれたら、とても責任は負えない。
「ここはだめだからね」
言い聞かせるように言って戸を閉め、後ろも見ないで、台所に戻った。

五分もしないうちに、夫とクロが散歩から戻った。
「玄関に猫いなかった?」
と聞くと、
「そんなの見かけなかったよ。大体猫なんか見たら吠えるはずだけど」
という返事。
どうも気になって、玄関の戸を開け、目を凝らしたけれど、
猫の気配はどこにもなかった。

その後、2,3日雪交じりの寒い日が続いた。
雪の上には、足跡がはっきり残るので、猫の動向がよくわかる。
これはあのオレンジの猫だろうか?
どこかで無事産んだだろうか?
切羽詰まっている猫を追い返した後悔の念が広がる。
でも、一方では、こうも思う。
今までだって雪の頃に、大きいお腹をしながらうろつく猫は、何度も見てきた。
年々確実に猫が増えているのだから、
あのネコだって春がきたら、仔猫を引き連れ、その辺を闊歩しているよ。
きっと、綺麗なオレンジのやつを何匹も連れてと。

消えた猫の話その⒈

12月に入ったにしては、わりと天気のいい日。
仕事で、国道47号を最上町に向かって車を走らせていた。
新庄市と最上町の中間あたりにある長沢トンネルを抜けてちょっと行くと、
左手に荒沢の滝のビューポイントがある。
冬場になると、木々が落葉し、滝の全貌が特に良く見える。
車窓から一瞬目を凝らすだけなのだが、たまにこの道を走る時の楽しみになっていた。
もうちょっとで滝の見える場所だと思った矢先、
対向車線の真ん中に、黒い塊が落ちているのが目に入った。
マフラーかなんかのような…?と思っているうち、車はその脇を通り過ぎた。
その瞬間、それが何だかはっきりとわかった。
真っ黒な子猫だった。
片足の先カクッと曲がっている。
あーっ!と思って振り返った時は、その黒い塊は、かなたに遠ざかって、見えなくなった。
「猫だったよね!子猫だったよね!」
と、私が後ろを振り向きながら叫ぶと、ハンドルを握っていた夫が、前を見たまま答えた。
「事故にあったんだ。足を轢かれたんだか、動けないようだったな」
山道を走っていると、タヌキやイタチなどが轢かれている光景は珍しくない。
それしても、人里離れた山の中で、見回しても、人家なんか一軒もない。
親猫ならともかく子猫である。
どう見ても捨てられたに違いない。
あっという間の信じられない出来事だったし、
約束の時間に遅れ気味だったので、そのまま車を走らせてしまった。
交通量の少ない道だから、きっとうまく逃げられたに違いないと言い聞かせつつ。

問題は、仕事を終えての帰り道。
一本道なので、同じ道を通らなければいけない。
もし車に轢かれていたら…その辺に死骸が転がっていたら…などと悪い光景が次々浮かんだ。
嫌な予感を打ち消すように、夫と私は、娘たちが小さかった頃の思い出などを喋りまくった。
ちょうど猫のいたあたりを通った時、二人の会話は途切れた。
見たくなくても、目を凝らしてしまったので、なにもしゃべれなかったのだ。
冬の日差しが眩しいほどで、道路はきれいに乾いていて、何の痕跡もなかった。
落葉しきれない木々の葉が、山のあちこちで黄色く輝いていた。
あれは夢だったと言われても、頷ける光景だった。
トンネルの向こうに抜けた時、
「いなかったよね、ネコ」と、念を押すように、私は言った。
「道端に逃げたか、誰かに拾われたんだよ」と、夫も言った。
とっさのことで、どうしようもなかったのだけれど、
二人とも、助けなかったことに後ろめたい気持ちはあったのだ。
言い訳のように言う。
「家には、非友好的な柴犬クロちゃんがいるし、拾っても飼えなかったよね」
「確かに~」
そして、
「うちの娘たちだったら、絶対放っておかないよね」
と言って笑い合った。
現在、二人とも、捨て猫を飼っているのである。

12月23日(金) 年賀状

パソコントラブルでもたもたしていたら、年賀状の作成が遅れてしまった。
加えて、写真に使ういい画像も見つからない。
というので、今年は手っ取り早くアシードの店内撮影で済ますことに。
それだけではちょっと物足りない気がしたので、
ここは、アシードキャラクターのtane(タァネ)ちゃんに登場してもらう。
t
5年前、アシードのオープニングイベントの時いらしてくださったあきやまただしさん。
お元気かなぁ・・・?

12月22日 (木) 放射能いじめ

今日のニュースでの話。
小学校で、放射能に関するいじめが、まだ続いているという。
全国の小学校読み聞かせボランティアの皆さん!
赤木かん子さんと出井正道さんが、福島での放射能事故の後に出した危機管理紙芝居、
『放射能ってなあに?』(mitty絵、埼玉福祉会刊)
を、是非読んであげて下さい。
放射能のことをよく知らないために引き起こされるいじめが繰り返されないよう、
子ども達に正しい知識を入れておくことが必要です。

12月21日(水) カレンダー

絵本作家で版画家の野村たかあきさんから、今年もカレンダーが送られてきた。
ライフワークにしている『鬼』がモチーフ。
今年のテーマは、“つつむ”だと、お手紙に添えてあった。
t
“つつむ”は、ほっこりあったかい。

12月20日(火) 泣きそう

いつもの保育園で、
お正月が来ればもうすぐ二歳になる子たちのクラスで、読み聞かせ。
紙芝居二つと絵本4冊。
一つ終わるたびに、
「もっと~、もっと~」
と、本が大好きな子たちだ。
おはなし会が終わると同時に、子ども達がテーブルの周りに寄ってくる。
紙芝居を片付ける子、絵本をバッグにしまってくれる子といろいろ。
その中の一人の男の子が、帰りがけに私の顔を見て言った言葉、
「外は、寒いからね」
たった一言なのだけれど、目の前がじわっと霞んでしまった。

12月19日(月) 衝撃的

図書館職員が、小学校教師から聞いてきた話として、
「今の子たちは、物語どころか、マンガも読みたいと思わなくなった」
って・・・!!

12月17日(土) 忙しい最中に

パソコンに不具合が生じた。
新聞で、年末はパソコンの中身を整理してスリムにしよう!
みたいな記事があったので、書いてある通り、
不要と思われるものを削除していったら、
どこでどうなったか、out lookが壊れてしまった。
検索で、復旧の手段がすぐ見つかり、やったぁ!とすぐに作業に取り掛かるが、
手順が面倒くさく、途中で何度も立ち往生。
復旧方法をスマホで調べると、動画で出てきてわかりやすいが、
説明のスピードが速く、操作が追い付いていかない。
辛抱強く、動画の繰り返しを繰り返し、元の形でないにしろ、
やっとメールが受信メールが見られるところまでこぎつけた。
年末の忙しい最中、すっかり時間の無駄遣いをしてしまった。

12月16日(金) 回答書

 先だっての、
読み聞かせボランティアステップアップ講座で参加者から出された質問に、
書面で答えてほしいという図書館職員からの依頼があった。
講座の中で一度は口頭で伝えているが、
後から説明不足だった所や、補足すべき事柄も加えたので、
最終的になかなかいい回答になったと思う。
個人情報の関係で、内容は公にはできないが、
図書館職員が、それぞれに郵送して下さるという。
なかなか手厚いサービスだ。

12月10日(土)大発表会

月例勉強会『おはなし錬成会』の年一回の大発表会があった。
※詳細は別紙プログラム参照
時間の長さとプログラムの多さに関して、もはや、おはなし会とは言えないレベル。
バラエティに富んだお話を、一気に楽しめて、実に充実した時間ではあったけれど、
盛沢山すぎて、疲れた~という感想も。
その中で、満場一致でアンコールの希望が出た『僕と僕との往復書簡』が、
急遽1月28日(土)にスピンオフのおはなし会として開催されることになった。
豪雪にならないといいなあ。
終わってみたら、あちゃー。
お話に夢中になりすぎて、写真を全然撮っていなかった!
自家製の胡桃や銀杏のパン、カボチャと野菜のポタージュなどのランチもあったし、
人も程よく入っていたのに。
遅ればせながら、みんなが帰った後の会場写真をアップする。
t

12月8日(金)読み聞かせボランティアステップアップ講座

酒田市立図書館主催の)読み聞かせボランティアステップアップ講座の日。
日ごろの活動の諸問題解決をメインテーマにしていたので、
申し込み時に、悩みや質問を言ってもらうことになっていたが、
申告してきたのは、わずか3名。
問題が見えなければ、解決の話もしようがないので、
ワークシートを作り、講座の始めに、なんでもいいので、
悩みや問題を書いてもらったら・・・出てくるは出てくるは。
やっぱりね!みんな何かかにか問題を抱えているたんです。
とりあえず、講座の中で答えられる部分については答えておいて、
あとは追って書面で回答することにした。
宿題が増えた。

12月8日(木) ちゃんと読んでみる

保育園の二歳児さんにお話し会。
紙芝居や絵本を取り混ぜて、最後はよく聞いてくれたお礼にと、
『アンパンマンのクリスマス』やなせたかし作(フレーベル館刊)を読む。
愛と勇気がテーマのアンパンマン。
時間が許す限り、いつもより丁寧に練習し、きちんと読んでみた。
2歳向けとしては、少し長かったかもしれないが、
兎に角、子どもたちは読み終わるまで、シーン!
一言も聞き漏らすまい、一か所でも見逃すまいという気迫が十分伝わってきたひとときだった。
子どもたちの心をとりこにするアンパンマンは、常に子どもの味方だ。
t

12月7日(水) 読み込む

10日のおはなし会に向け、目下朗読の練習中。
偕成社の『クリスマス物語集』(中村妙子訳)から
『シュニッツル シュノッツル シュヌーツル』のお話。
久しいこと、人前で読んでいなかったけど、
読む回数を重ねるごとに、徐々に勘を取り戻していく感じがする。
二十回は軽く読みこんだかなあ。
あちこち引っ掛かっていた活舌も、次第に良くなってきているのがわかる。
貧しく過酷な環境の中でも思いやりとユーモアを持って生きるその心持に、
素直に共感できるから、何回読んでも、飽きない感じなのなのだろう。

12月5日(月) 温度にご用心

図書館主催月例『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』
本格的に寒くなって、外出しづらい季節になったのにも関わらず、
定員に達する申し込みがあった。
大半が、5~6ヶ月の赤ちゃんで、読み聞かせが始まると、
見事なくらいよく絵本に見入ってくれる。
そればかりか、私が話している間も、身じろぎもせず聞いている赤ちゃんが目立った。
聞いてみると、お母さんたちの全員が、ほとんど毎日読み聞かせをしているという。
さもありなん。
しかし、後半をだいぶ過ぎたころに、ぐずり出す赤ちゃんが増えてきた感じがした。
よく観察してみると、赤ちゃんの頭がほやほやと湯気が立っている気配が!
赤ちゃんの温度センサーはかなり性能がいいようだ。

12月3日(土) 夫婦(メオト)読み絵本ライブin舟形町

絵本作家平田昌広さん景さんご夫妻によるライブで、
絵本の販売を依頼され、今日は舟形町で仕事。
平田さんご夫妻とは、山形市の遊学館でのボランティア研修会以来だから3年ぶり。
あの時は、子どもとのコミュニケーションの取り方を学ぶ内容だった。

今日は親子向けの内容で、この手の催しにしては珍しいくらい小学生の男の子が多い。
昌広さんは、子どもたちと上手にやり取りしながら、進行していく。
コミュニケーション力の高さは相変わらずだ。
昌広さんと景さんが掛け合いで絵本を読むコンビネーションもばっちりで、
あっという間の60分が過ぎた。
サイン会の後、ボランティアスタッフと主催者の方々との懇親会があった。
絵本作家になった経緯、絵本ができるまでの過程など、質問が次々出された。
一つ一つ興味深いお話で、誰かインタビュアーを立てての講演会も、
実りある内容になるかもと思った。

12月2日(金)お話し会のご案内

催し物のご案内をご覧ください。

12月1日(木) 久しぶりの語り

実に6年ぶりに語りのレパートリーを増やした。
山形市に住んでいた時は、語りの勉強会に属していたので、
年にいくつかはお話をものする機会もあった。
しかし酒田に引っ越してからは、人前で語ることはなくなっていた。
この度、山辺町の小学校からお話し会の依頼があり、
1,2年生に聞いてもらう機会を得たので、久しぶりに新しい話を覚えてみる気になった。
相手が定まれば、レパートリーも決めやすい。
新潟の笠原政雄さんの語りから『かにかにこそこそ』、
イギリスの昔話から『おばあさんとぶた』

おはなしの覚え方は、人それぞれだろうが、
私はパソコンでテキストを作り、どこへでも持ち歩いて頭に入れていく。
前期高齢者ともなれば、脳細胞も毎日相当な数が死滅している。
記憶力もとても怪しくなっているこの頃だから、
頭を鍛える絶好の機会をいただいたようなものだ。
一か月ほど、お話と格闘する日々が続き、あっという間に、今日が本番。
山形で活動する『花仙人の会』のメンバーと5人で、ここ10年近くいっている小学校へ。

3校時目の一年生は、男の子がとても元気がよく、女の子は落ち着いていて静か。
最初に『おばあさんとぶた』を語る。
おばあさんが、市場で買った子ぶたが、牧場の柵を超えてくれないので、
出会ったいろいろなものにお願いしていくという積み上げ話。
途中まで話していくと、子どもたちの半分くらいが話の筋がわかって来て、唱和してくれた。
そういう子たちは、お話を落ち着いて聞ける耳のいい子たちであった。
なぞなぞ、歌う絵本、クリスマスの絵本を読み、最後に『かにかにこそこそ』を語る。
日本の昔話が、耳になじむようで、最後まで驚くほど静かに聞いてもらえた。
終わると、担任が開口一番、
「お声がとてもきれいですてきでした」
って!
「えっ?お話がすてきじゃなかったんですか?」
って、いつもながら聞き返してしまう。
(以前も何度か言われたこの感想)
声がいいと言われるのは、私の中では、褒め言葉ではない・・・

4校時目、二年生のクラスへ。
絵本三冊のうち、一冊を科学絵本に変える。
一年違うと、さすが理解度も聞き方も違うものだ。

可笑しかったのは、『かにかにこそこそ』で、
カニを食ってしまおうって言ったばあさんに、じいさんが飼っておくんだと𠮟りつけた時、
「カニ食べちゃったほうがいいのに」
といった子が何人かいたこと。
そうか、ここは、上海ガニを養殖していたところだったっけ。
なので、カニを食べて旨かったといったばあさんの方に共感する子が目立つのかも。
結局、ばあさんがカニになってかわいそう…という感想がくるような予感がする。
終了後は、例年通り、『紅ほたる』で会食。
t
年一度きりのメンバーなので、話は尽きない。

11月27日(日) クリスマスデコレーション

やはり12月は一番のかき入れ時と、店内も華やかにしてみたが、 ちょっと子どもっぽかったかなぁ。
t t

11月23日(水) キッズフェスタin仙台

絵本作家講演会とワークショップ、
お話し会と絵本の展示販売の内容だから、絵本ワールドの小型版かな。
その会場で何回かのおはなし会を依頼された。
ワイワイとうるさい会場ではあったが、
そんな中でも読み聞かせをめざしてくる子たちだから、見事に聞いてくれた。
打ち上げ花火式のイベントは好きではないが、
これも仕事だし何事も経験だと思って、高速バス片道三時間かけて仙台を往復する。
月山新道は吹雪だった。

11月20日(日)束の間の旅情

仕事で日光泊り。
朝から温泉につかり、渓谷を見ながら、モーニングコーヒーで、プチ贅沢。
t

11月18日(金) 遠野物語奇ッ怪其ノ参

この秋から冬にかけて上演される遠野物語。
中村トオルと瀬戸康史が出演っというので見たくていたが、
新潟と仙台と盛岡と、どれも仕事とかぶって行けそうになかった。
ちょうど20日に日光で仕事が入ったので、それに合わせて上京し、東京で見ることにした。
18日夜、世田谷パブリックシアターで観劇をし、
19日、年一回の親友とのプチ旅行もそこにひっかけ、空いている時間を有効活用して、
夕方、青山のクレヨンハウスであるヨシタケシンスケさんの講演会も聞くという強行スケジュール。
t
何が?って、メトロ丸の内、銀座、半蔵門、千代田、田園調布都市…
慣れぬ地下鉄の移動でくたびれた。

11月17日(木) お話し錬成会

年一回の発表会に向けて、それぞれのプログラムを固める。
今年は語りとストーリーテリングと紙芝居、朗読と絵本の読み聞かせと、
充実した内容になりそうだ。

11月9日(水) 戻ってきたねこ

『きみの町に星をみているねこはいないかい?』(架空社)の本が品切れになって、
もう手に入らないと、とても残念に思っていたら、2冊持っている方がお譲りして下さった。
ねこ本コーナーのセンターが復活した。
t

11月6日(日) 真珠まりこさん絵本ライブ

絵本作家真珠まりこさんの絵本ライブが、中山町立図書館ほんわ館で開催された。
今日は本の販売でお手伝い。
真珠さんとは、一年ぶりの再会。
児童コーナーのフロアには、近隣の市町村や、遠く宮城からの参加もあった。
t
サイン会では、似顔絵のスケッチの入ったサインが好評を博していた。
今回は、真珠さん念願の河原での芋煮会ができなかったので、
山形での絵本ライブは、また来年に繋ぐこととなった。
どこか希望に所があったら、申し出てくださ~い!

11月2日(水) うれしい知らせ

アシードのHPは、
外からの書き込みがあると何かと荒れることがあるからと、
慎重を期して、管理人が一方的にしか発信しないシステムにしてくれている。
だから、誰がどのように閲覧しているかは全く不明だ。
でも、たまに思わぬ方から、
「拝見してますよ~」
と言われることもある。
今年はHPがきっかけで、40年ぶりに学生時代の友人と再会できたなんてこともあった。

今日は、寒河江のKさんから、とってもうれしい電話が入る。
「HPで『きみの町に星をみているねこはいないかい?』(架空社刊)
が手に入らなくなったって見たので、私二冊に持っているのでお譲りできますが」

ここにも、見てくれてる人がいたんだぁ!と大感激。
絶版本のコーナーに、加わる本がまた一冊増えそう。
あ、この本は、今のところ品切れだけど。

10月29日(土) かにかにこそこそ

玄(クロ)ちゃんを連れて、朝の散歩に出かけたら、近所の漁師さんにバッタリ。
捕まえてきたばかりのモクズガニをいただいた。
なかなか元気が良くて、泡をブクブクはきながら、
ボールからあっという間に脱走しようとする。
t
折しも、『かにかにこそこそ』の語りをものにしようとしている真っ最中。
バッドタイミングと言おうか、グッドタイミングと言おうか。

爺さんがかわいがっているカニを、山仕事へ出かけたすきに、
婆さんが食べてしまい、しこたま怒られたばあさんは、
小さな沢ガニになってしまったというお話。
新潟の笠原政雄さんの語りで有名だ。
t
うーん。これが、お話の中で五升鍋の蓋ほども大きくなった川カニか。
昔話ほどではないにしろ、実際は二升鍋ほどはあるかも。
そして、これは、あの有名な上海カニと同じ仲間。
言われてみれば、卵は濃厚で、カニ味噌はコクがあってほろ苦く、
身こそ少ないが、甘みは抜群。
というわけで、足と甲らを残して、
「はあ、うまかった!」

なんか隠れてこっそりカニを食ってしまった婆さまの気持ちも、わからなくもないなぁ。
女は歳を取ると、食い気ばっかりの婆さまになるって・・・あら、自分のことかぁ。

10月26日(水) 年一度のお客様

今年も、相模小のボランティアの皆さんが、
朝読で読み聞かせする本を買い付けに来て下さった。
もう15年以上も続けているベテランぞろい。
最近は、介護が始まったり、仕事が大変になったりと、
なかなか穏やかでない日常らしい。
だからこそ、読み聞かせは止められないと、力を込めて言う。
どうやら、活動が、心の支えやリフレッシュの時間になっていることは間違いないようだ。
みんな生き生きしているのが、何よりの証拠。

10月25日(火) 半日の社員旅行

金山町の仕事、半日で終わる。
地元の事情で、自分一人ではどうにもならない重たいものを感じながら、仕事先を後にする。
折しも、本日は晴天で紅葉も見ごろ。
気晴らしにと、急遽半日の社員旅行と決め込む。
創業5年で、泊りの社員旅行は東京と蔵王の二回きり。
儲かってないから仕方ないけど。
去年は秋田の『法体の滝』を見に行き、半日の紅葉狩りで終わった。

国道13号を秋田に向かって北上し、院内を過ぎてから108号線仙秋サンラインに入る。
秋ノ宮温泉郷は、かつての賑わいは壊れたままの建物、レストランには休業中の張り紙。
東日本大震災の復旧もままならないうちに、客足も途絶え、
震災の爪痕を残したままの温泉郷は、丸ごと寂れていってるようだ。
周囲の紅葉が美しい分、何だか切ない。
旅に出なければ、気付かないままってこともある。

通り道にある『湯ノ又大滝』
滝マニアは外せない。
熊を気にしつつ、さっと見て、さっと車に戻る。

仙秋ラインから、鬼首、鳴子を抜け、酒田に戻って全行程300キロ。
鬼首温泉で間欠泉を見て、大騒ぎしたとか、
鳴子温泉でこけし絵付けしたとか、
娘たちが幼い頃の思い出をたどる旅になっていた。
四半世紀なんてあっという間だ。

紅葉はあちこち美しかったが、冬が近いせいか、気分は下向き加減の感傷旅行で終わった。

10月22日(土) 新図書館建設のワークショップ

5年後に完成する市立図書館を、市民みんなで考えるワークショップの3回目。
ボランティアの人を始め、見知った人からは、
「なんで加藤さんがこんなところにいるの!?」
って、何度も言われたけれど。
五年後に、自分の中に、新しいことを考えたり、
チャレンジしたりする力は残っているだろうか・・・
ということを考えると、兎に角、今!できる時になのよね。

10月21日(金) 歯一本で

右下の奥歯が欠けた。
医者の説明では、このままにしておくといろいろ支障を来すというので、
抜かざるを得なくなった。
で、気にならないのであれば、
抜いたままにしておいてもかまわないと言われたので、
そのまま様子を見ていたら、ほどなく悪影響が明るみに出た。
ふだんの会話では気づかなかったが、朗読している時、
ありえないほど頻繁に引っ掛かるのだ。
抜いた歯の隣、つまり奥から二番目の歯の角が、舌にぶつかって、
その度に読みが止まってしまう。
しかも、舌に痛みを感じる。
これはまずい、絶対にまずい。
11月と12月は、おはなし会や読み聞かせ講座があるのに。

歯医者は、奥歯だからそんなに支障はないと説明してくれたけど、
たかが歯一本と言えないくらいの重大問題だ。
改めて、歯が商売道具だったことに気づく。
新しく歯を植える!インプラント!一本25万~!etc.頭の中で数字がぐるぐるめぐる。

10月7日(金) 武田さんのサイン色紙

 武田美穂さんから、ライブでの御礼にと、サイン色紙が送られてきた。
t
14年前の“ますだくんとみほちゃん“と並べて記念撮影。
丁寧に彩色されていて、色紙のまま取っておくのはもったいない。
なるべく早く額縁を買って、きちんとお店に飾っておこう。

10月4日(火) 言わんこっちゃない

『きみの町に星をみているねこはいないかい』えびなみつる作 架空社刊
t
学校読み聞かせで、結構守備範囲が広くて、ずいぶん売った本だ。
先日、枕崎の図書館から注文が入ったので、当然また仕入れられると疑いもせずに、残って一冊を手放した。
すぐに取次に注文したら、まさかの品切れ!
あわててあちこち探してみたが、Amazonはおろか、絵本ナビでも取り寄せできなくなっていた。
『ハエくん』『ハエをのみこんだおばあさん』フレーベル館
『絵本星新一ショートショート』(角川書店)
『きんぎょ』『飛行士フレディ・レグランド』セーラー出版
『ニコラス・グリーブのゆうれい』BL出版
みんなみんな大好きな本だったのに、今はもう手に入らない。
だから、いつも人にも言っているのに!!!
「気に入った本は、借金してでも買っておかないと!」

いくら高くても、今のうち買っておかなきゃならない本はこれ。
『カボチャありがとう』木葉井悦子作 架空社刊
明日忘れず注文しよう。

10月3日(月) パパと赤ちゃんの絵本とスキンシップ遊びの教室

図書館主催月例絵本とスキンシップ遊びの教室に、
8カ月の男の子を連れた若いパパがやってきた。
5年半やってきて、夫婦の参加は時々あったけれど、パパだけというのは初めて。
「パパの読み聞かせが、子どもの学力を上げるって知っていますよね?」
と尋ねたら、
「はい、だからちゃんとした読み聞かせのやり方を知りたくて」
という真面目なお返事。
かくいう赤ちゃんは、最初から私の方をまじまじと見つめて、目をそらさない。
(おお!もうこれだけで、読み聞かせが成立する素質充分)

前半、実演を交えながら、読み聞かせする意味、方法などを説明し、
その後スキンシップ遊びに入る。
はじめ恐る恐るという感じで、歌ってあげていたパパが、
『らららぞうきん』の長い歌の時、おずおずと質問の手を挙げた。
「オンチでも歌ってあげていいんでしょうか・・・?」
という思いもかけなかった内容。
今までに、
「おばあちゃんがオンチなので、子守歌を歌って欲しくなんです」
といったコメントは何度かあったけれど。
「いいんですよ、そんなの全く気にする必要はありません。その時間親子が楽しければ、それが一番ですから」
と、とっさに答え、
「いいんですよ。楽しければなんでもありです!」
と、強調した。
そうですかと言って、若いパパは、声をしっかり出して歌い始めた。
すると、今まで静かだった赤ちゃんが、見る見る反応しだして、
キャッキャと歓声を上げ続ける。
今まで少しこわばっていたパパの表情がどんどん笑顔になっていくのが見て取れた。

時間になって、帰ろうと立ち上がった時、黒い靴下に目立つイラストが見えた。
紛う方ないカレーパンマン!
なんかかわいいパパさんでした。
「ありがとうございました。とても勉強になりました」
といって、赤ちゃんを抱っこしたその表情は、
来た時の緊張した顔とは打って変わって、別人のように柔らかな感じだった。
この人は、もう迷うことなく読み聞かせに邁進するだろうなぁ。
自分の仕事が、社会貢献していると、じわっと感じた日。

10月2日(日) 武田美穂さん絵本ライブin新庄

10時から、新庄市みどりの大地地域交流ホールで、
新庄市立図書館を指定管理している『一般社団法人とらいあ』主催の、
武田美穂さんの絵本ライブ。
会場には、最上地区から100人を超える親子の参加があって、とても盛況だった。
t
武田さんは、ここの会場でも子どもたちを飽きさせないように工夫を凝らし、
快調にライブをすすめていく。
主催者が事前に集めてくれたたくさんの質問にも丁寧に答えてくださった。
最後に話された、
「明日はいい日、みんないい人」
の言葉が、気持ちよく心に残った。
さわやかな笑顔と心地よい感動をみんなの心に残し、
武田美穂さんは秋の山形路を駆け抜けていった。

10月1日 武田美穂さん絵本ライブin遊佐

場所を移して、午後三時から遊佐町で、
図書館主催の親子向け『武田美穂さん絵本ライブ』
会場入り口で、本の販売を担当する。

遊佐時間ってあるのだろうか?
開始時間が過ぎても、慌てる様子もなく、ポツポツと参加者がやってくる。
結局15分遅れのスタートとなった。
後で武田さんからお聞きしたら、親子が一緒だったので、
ワークショップがとても盛り上がり、やりやすかったそうだ。
会場の集会室が広くないので、親子40人で満杯だったが、
椅子ではなくフラットにしたら、50人は大丈夫だろう。
わざわざ中央から人気の作家をお招きするのだから、
もっと人を入れないともったいない気がする。

あと、残念だなと思ったのは、図書館にいらした親子に、
武田さんのライブをご案内しても、子どもの手を引っ張って行ってしまう親が多かったこと。
販売の本を、未練がましく何度も振り返りながら去っていく子どもの目が、
なんともやりきれない。
そのことを、
「無料なんだし、本物の絵本作家になんかめったにお目にかかれないんだし、
どうして見てくれないんだろうね?」
と、うちの理事に聞いてみる。
「その辺の人たちが、そんなアカデミックな場面に慣れていないから、
どうしていいかわからないんだよ」
と、言う答えが返ってきたけれど・・・日常的に図書館を利用している人たちなのにねぇ。
もったいない!

明日のライブに備えて、夜にかけて新庄市に移動。
武田さんと居酒屋で、差しで絵本談義に花が咲く。
話が尽きなくて、ホテルに戻ったら12時近かった。

10月1日(土) 武田美穂さん絵本ライブin酒田

 10時から、酒田市立図書館主催『武田美穂さん親子向け絵本ライブ』が、
出羽遊心館であった。
本日は、販売担当。
図書館で所蔵の武田さんの本を閲覧用に展示しておいてくれたので、
お客が買いたい本を選ぶ時、そこでじっくり見て決めることができよかった。
おかげで、販売用に本が傷むこともなく、大層ありがたかった。

いつものことだけれど、買いたい本を前にしての、親子のプチバトルが目につく。
よく観察していると、親が決めて子どもに従わせようとする場合、
子どもはとかく他の本をつかんで譲らない傾向にある。
大概どちらも譲歩しない。
(やっぱり、親の子だなぁ…と思わされる)

絵本のめくりの効果を大事にしたいという武田さんの意向で、現物投影機が使われた。
最新式だったので、クリアな映り具合で申し分なかった。
武田さんは、
「今まで使った中で一番性能がいい!」
と感激されて、機材をカメラに収めていた。

ライブの内容は、鶴岡に比べ、子どもを意識しつつ、
ご当地色も盛り込んだ楽しいものになっていた。

今迄の講演会で、親子御一緒に座らせると、
後ろの子どもが見えづらくなり、飽きてしまいやすかった。
その反省を踏まえ、会場で武田さんとコミュニケーションがとりやすいよう、
なるべく子どもたちを前に固めて座らせるようにしたが、
何だかそれが功を奏しなかった気がする。
ワークショップで、親の知恵を借りなければ答えられないシーンが多かったからだ。
親子どう座らせるか・・・?いつも悩むことである。

ライブ終了後、武田さんは、出羽遊心館の贅沢な造りに感動されて、
お茶室や鳥海山の正面に望む展望テラスまで見て回られた。
秋晴れの気持ちいい日で、庄内平野と酒田の街並みが見渡せた。
トンボが飛び交ったりする中、庭園のせせらぎの音に、一瞬時を忘れるようだった。

9月25日(日) 武田美穂さん講演会in鶴岡

絵本作家武田美穂さんの大人向け講演会が、
午後一時半から『鶴岡協同の家こぴあ』であった。
民間サイドで活躍している『子どもの読書を支える会』主催。
この度は、スタッフの一員として接待係でお手伝いすることになった。
やまがた絵本クラブを主宰していた時、
ホテルキャッスルで講演会を開いて以来だから、14年ぶりの再会だ。
控室に現れた武田さんは、黒のプリーツの上下がスタイリッシュで颯爽としていた。
開口一番、
「お変わりないですね」
とおっしゃった。
その言葉をそのままお返ししたいくらい。
一瞬で、過ぎ去った時間が帳消しになるようだった。

今後講演を聞く人たちのために、講演内容は明かせないけれど、
お話あり、実演あり、ワークショップありの、飽きさせない実によくできた構成だった。
今回は、武田さんの要望で、実演は実物投影機を使用することになっていたが、
リハーサルは余裕をもってしておくべきだと思った。
本番に画面からはみ出したり、光が入ったり、暗くなったりで、
スクリーンに集中しづらいことが多々あって、残念だった。

あと、本を売る側として感じたこと。
お客は内容を確かめてから本を買いたいので、どうしても立ち読みの時間が長くなる。
そうすると、一度に大勢の人たちが本を見ることができなくなり、
購入をあきらめて帰ってしまう人が出てきてしまう。
だから、書店員のセールストークは、絶対必要だ。

それにしてもなぁ…100人もの人が入ったのに、悲しいくらい本が売れていない。
お客が高齢化していること、子どもがいないこと、お付き合いできている人が多いこと…
売れない原因は、あと何なのだろう?
考えられる原因を知りたい!

9月22日(金) 酒田コミュニケーションポート(仮称)整備ワークショップ

五年後、酒田市駅前に、図書館をメインとした文化施設ができる。
本日は、その施設について、様々語り合う市主催のワークショップに参加した。
参加者は、あらかじめ応募した30人ほど。
グループに分かれ、3時間にわたって、要望を述べ合う。
私のグループは、高校生や大学図書館の司書、市役所職員からシニアの方まで、
バラエティに富んだ人員構成。
ブレインライティングシートを使って、平等に意見を記入していったものをまとめ、
グループで発表する。
機会均等は大いに結構だが、意見をたくさん持っている人は言い切れなくて、
じれったかったかも。
三回実施されるワークショップ。
仕事の都合で、全部参加できそうもなくて残念だ。

9月20日(火) ウラを取る

私のちょっとした趣味は、
屋敷の内で見慣れぬキノコを見かけたら、名前を調べること。
調べる時の強力な味方が、日本で見られる945種のきのこが掲載されている
『山渓カラー名鑑日本のきのこ』
日本の推定種類数が4000とも5000ともいわれる中で、
この掲載数は少ないかもしれないが、
まあ家庭に置けるレベルでは最高峰のきのこ図鑑と言える。
ちなみに、今まで同定できたものは20種。

この秋は、雨ふりが続いたため、キノコは豊作のはずだ!と思い、
屋敷の内を一周したら、今まで見たことないものが二種見つかった。
一つは『ムジナタケ』で、すぐにわかったが、もうひとつが、探し出せない。
t
大体一種に一枚の写真というのでは探しづらい。
傘の開き具合、日照、撮影時刻で、見た目もかなり違ってくるので、照合するのが難しい。
科ごとに掲載されている600ページ近い中から、
いちいち照合していくのは、かなり面倒くさい。
そこで、パソコンで、キノコの簡単検索。
形、傘、ひだの色がわかると、あっという間に『ヒメカバイロタケ』という名前にたどり着いた。

さて、ここから先が、重要な“ウラを取る”作業。
ウラを取るとは、情報の真偽を確認する、裏付けを取ること。
赤木かん子さんの調べ学習の講座を受講すると、必ず、
「ネットで調べたことは、紙媒体で必ずウラを取ろう!」
と、指導される。

きのこ図鑑に戻り、索引から『ヒメカバイロタケ』のページを探す。
図鑑の写真は斜め上の方向を見上げたアングルで撮影されていた。
私の写真は見下ろして撮ってある。
見る方向が違うせいで、同じものとは思えない感じだったが、解説文で納得。
丁寧な説明によると、北半球に広く分布する普通のものだった。

9月19日(火) ダブルシニアグラス

乳幼児のおすすめ絵本リストを依頼され、作っている真っ最中。
30万円以内という縛りに、なかなか手間取る。
途中、昼食で中断したり、夜中にかかって中断したりで中座することもしばしば。
仕事机に戻ってパソコン画面を見た時、視野がなんとなくぼやっと霞むので、
無意識に老眼鏡をかけようとしたら、目の直近で、カチャッと音がした。
呆れた!老眼鏡の上にさらに老眼鏡をかけようとしていた。
手元にないと不自由だからと、リビング、事務所、キッチン、仕事カバンの中と、
4つは持っているもののうちのどれかを持ってきてしまったらしい。
こんなことをやるようじゃ、間違いなく、視力は落ちてるわ。

9月16日(金) ピーターラビット展

8時半から、赤木かん子さんの事務所で、仕事の打ち合わせ。
今どきの子どもの本事情、おすすめの本、新しい図書館の構想について等々。
「日本で一番参考になる公共図書館は?」
とお聞きするも、即座に、
「ない!」
の一言。
えーっ…一つでもいいからお聞きしたかったのに。

3時頃から、渋谷のbunkamuraミュージアムで、『ピーターラビット展』へ。
娘たちが小さいころに、一番読み聞かせした本が、ピーターラビットのシリーズ。
今回は原画のシリーズがすべて見られるまたとないチャンスというので、
どうしても来て見たかった。
原画の向こうから、幼い娘たちの声が聞こえてくるようだった。
平日なのでそう人も出ていなくていい塩梅。
いちいち思い出をかみしめていたら、あっという間に2時間半が過ぎていた。
本音を言うと、音声ガイドのナレーションは、フェルメール展の玉木宏の方が好みだなぁ。
ディーン・フジオカよりも。

9月15日(木) 活かせたか?

今年度第一回目の県立図書館協議委員会。
参加者が少なかったので、発言の機会がたくさん与えられた。
それなのに、どうも要領が悪いからか、ポイントを押さえた発言ができない。
思っていることが的確に言葉にならないのは…止めよう、歳のせいにするのは!
何のために、NHKの話し方セミナーに参加したかわからなくなる。

9月14日(水) オリエンテーション

小学校に入る子どもの保護者を集めて行われる説明会オリエンテーション。
その空き時間に、子どもと本とのかかわりについての講話を、市立図書館から頼まれた。

オリエンテーション講話は、過去に白鷹町、山形市、金山町で何回かお引き受けしている。
該当者全員に話せること、子どもの年齢が同じであることなどの理由で、
アシードの事業の中で、分けてもやりたいものの一つだ。
これから就学させる親が、子どもと本のことで疑問に思っているであろうことに、
できるだけ応える形でお話をしていく。
参加者は90名ほど。
驚くほど静かによく聞いてもらえたと思う。

9月11日(日) 武田美穂さん講演会実行委員会

鶴岡市の子どもの読書を支える会で、
9月25日(日)に開催する講演会の打ち合わせがあり、武田さんの接待係を仰せつかった。
山形市で、武田さんの講演会を開いたのは、かれこれ10年前。
参加者のアンケートに、
「あんまり美人なので、見とれていて、話の内容が何も残っていなかった」
というのがあって、思わず苦笑いしたことがあった。
その後、中山町の図書館オープンの時も、ちょっとかかわりがあって、
久しぶりの再会になる。お目にかかるのが楽しみだ。

9月5日(月) おぶう

赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室の日。

「夕方ご飯の支度をしている時、どうしても子どもに手をかけられないから、
絵本を預けておくんですが、かじってぐしゃぐしゃにしてしまうんで、どうしたらいいかと…」
という質問があったので、
「赤ちゃんをおぶうことはできませんかね?」
と聞いてみたら、
「背中におんぶする紐じゃないんです。おんぶするしかたもわからないし」
という返事!

ああ、既に“おぶう”は死語になっていたと実感しつつも、
漢字が思い浮かばなくて、帰宅してから、辞書を引く。
  おぶう⇒負ぶう⇒お(負)うの音変化⇒背負う、おんぶする

負ぶえば、危なくないし、お話もできるし、温もりも感じられる。
いいことずくめで合理的だと思うのだけれど。
この頃ほんとに見なくなりましたね。赤ちゃんを負ぶう姿のお母さん。

8月24日(水)ブックスタートin最上町

最上町でのブックスタートが今日から始まった。
ブックスタートボランティアの方々に、活動の見本を示すのが今日のお仕事。
短い時間の中に、読み聞かせの良さについてのお話と実演。
わらべうたの紹介とおすすめ絵本の紹介を盛り込む。
参加の親子は11組。
赤ちゃんの月齢が3ヶ月と低いので、会場が落ち着いていて話しやすかったが、
それでも25分近くかかった。
発達相談や離乳食指導など、乳幼児健診のすべてのカリキュラムが終わった人から、
希望の本を一冊選んでもらう。
t
たった1冊だからこそ、皆さんとても慎重で、じっくり比べて選んでいた。
見たことのない新しい絵本に人気が集まったのは、
二子、三子の人が多かったせいかもしれない。

8月22日(月)アクティブラーニングin盛岡

盛岡市のうすゆきそう文庫で、5回連続で開催される、
赤木かん子さんのアクティブラーニング講習会の2回目。
本日は『百科事典の使い方』『テーマの決め方』『報告書の書き方』の実践。
10時~16時までの講義に、遠くは久慈や大船渡からの参加もあって、
狭い文庫は人でぎっしりだった。
t
中で、公共図書館の使命についての話が、特に心に残った。
そこの町をどの方向に持って行くか、目的が無ければ図書館はできない。
正統派の図書館を作っても、だれも行かない。
図書館はそこに住む住人を幸せにする場所。
時代と住む人に合わせ、分類体系と配置の方法を決めていくことが肝要。
酒田市で新たに図書館を建設することになったので、ここはきちんと書き留めておかねば!

8月20日(土) 月例おはなし錬成会

本日は、NPO語り手たちの会に入って、
ストーリーテリングを始めたメンバーが、東京の合宿に参加したお話を伺う。
一年かけて通信で学んでいる中のスクーリングだそう。
初心者対象と言いつつ、実際は語りの会主催者がほとんどという実態を聞くにつけ、
これでは若い人たちが育ちにくいだろうなぁと感じてしまった。

何事もそうだけど、長くやっているほどに上を目指し続けるから、
途中から加わる人たちが、そこに居場所を見出して続けていくのは難しいかもという気がする。
私自身、プロやセミプロのおはなしはたくさん聞いてきたけれど、
良き語り手=良き指導者かというとそうでもない気がするし…
活動の基地が無い私には、待っている人の顔が見えないから、
語りに一番身が入らないのかもと、やらない言い訳をしてみる。

8月18日(木)ブックスタート研修会

最上町で、ブックスタートを始めることになり、
関係者が研修会を開きたいというので、講師に呼ばれた。
幼児教育課の職員を始め、保育園関係者、ボランティア、保健師さんなど、
町で子どもにかかわる主な方たちが集まって下さった。
早い時期から絵本の読み聞かせをするメリットに一番関心があったようで、
「自分の子育て最中に聞いておきたかった」
「これから孫に実践していきたい」
という率直な感想が聞かれた。
やっぱり生まれてくる赤ちゃんがいる限り、
絵本の話をしていくことは必要なのだと自分に念を押した日。

8月17日(水)台風接近

今日は山形市での仕事の予定だったが、早朝からどしゃ降りで、
出かける予定の7時過ぎても、雨の勢いは一向に衰える様子が無かった。
台風はお昼ごろには山形に最接近という予報だったので、
大事を取って今日の仕事はキャンセルすることにし、早々に仕事先に連絡を入れた。

8月11日(木)手作り絵本講座(製本編)

酒田市立図書館主催の手作り絵本講座は、今日が最終回で製本の日。
前回で、製本の仕方は説明して、できる人は家で完成させるように伝えておいた。
従って、本日は、まだ完成まで至らない人と、製本を頼みたい人たちの参加。
今日で製本までたどり着けない人には、図書館のカウンターに持ってきてもらうように伝える。
今年の参加者は、22人で、去年よりやや少なめではあるが、
ほとんどが完成しそうなので、指導する側としては、ほっと胸をなでおろす。
あとは、希望者に全国のコンクールに応募してもらいます。
二度あることは三度あるで、今年も入賞作品が出るといいなぁ。

8月10日(水) 紙芝居二本立て

山形市の保育園二ヶ所で、5歳児さんにおはなし会。
今日は相方がお休みなので、普段やったことのない紙芝居二本立て。
暑さ続きで子どもたちもダレているだろうから特別サービス。
t
童心社刊 津田真一脚本 武田美穂絵

t
童心社刊 坪田譲二脚本 やべみつのり絵

いつも怖いお話と山姥をリクエストしてくる子どもたちは、シーンと聞き入ってくれて、
大満足の表情でした。

8月9日(火)手作り絵本講座(平日編)2回目

休日編と同じ進行で、大した問題もなく終了。
親が熱くなりすぎると、子どもの思わぬ抵抗に会い、作業が進まなったりすることもある。
子どもの気持ちに寄り添って、ニコニコと眺めている親の方が賢いといえるかも。
子どもは飽きることなく集中して取り組んでいるから。
いろんな親子像が見えてきます。

8月7日(日)手作り絵本講座(休日編)2回目

設計図を宿題にしておいたら、殆どの子が完成させてきた。
一人ずつ、見せてもらって、気になるところだけ微調整アドバイス。
絵を見てわかるところや会話のところは、できるだけ文を削るよう伝える。
短くすれば、その分、文字を書く手間が省けるから、みんな、快く納得してくれる。
低学年は、文字を書くのが、見るからにしんどそうだ。
その後、クーピーの色塗りの指導。
何も言わないでいると、大概は線の連続の彩色になってしまい、固い印象になってしまう。
そこで、クーピーの端を1.5cm折って、倒して広い面を一気に塗る方法を教える。
オバケを主人公にした女の子は、どんどん塗れていくふわふわ感に大喜び。
瞬く間にページが埋っていく。
終了5分前に、一通り製本の仕方を説明して、今日は終了。

8月4日(木)記憶する力

子ども園で、2歳児さんにおはなし会。
かわいいおばけを中心にした品ぞろえで読む。
それはそれでよく見てくれたけれど、時々、何人かの子が、
「おさかな見たい」
と、何度もつぶやく。
後から保育士さんにお聞ききしたら、二か月前に読んだ、
『ちっちゃなおさかなちゃん』ヒド・ファン・ヘネヒテン作(学研刊)
のシリーズのことらしい。
たしかその時は、じっと静かに聞いているだけという印象だった。
脳科学者によると、記憶に残るのは、文より絵だそうである。
『おさかなちゃん』の鮮やかで楽しそうな絵が、子どもたちの頭に焼き付いたに違いない。
「今度必ず持ってくるからね!」
と、お約束して別れたけれど、残念ながらあと二ケ月先の話だ。
覚えていたとしたら、すごいかも。
というより、私が持参するのを忘れないようにしないと!

8月1日(月)心配ご無用

午前中、図書館主催『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』
暑い日が続くせいか、赤ちゃんも寝不足になっているらしい。
一人が泣くと、機嫌が悪いのがみるみる伝染していく。
最近になく落ち着かない雰囲気だった。
質問タイムに、毎度必ず出るのが、
「8ヶ月の赤ちゃんですが、本をしゃぶって食べようとするので困る。
どうしたらいいでしょう?」
という内容のもの。
赤ちゃんは、歯が生える頃から、10ケ月くらいまでは、普通に本を食べます。
というより、なんでも口に入れて、世の中を認識していくのが、ちょうどその時期なのです。
離乳食が進み、味覚が発達してくると、自然とまずいものは食べなくなるので、全く心配はいりません。
但し、本を食べようとしたら、必ず、
「これは本、大事大事だから、食べてはだめね」
と、言葉で説明してあげましょうね、とお答えしている。
いくら月齢が低くても、面倒でも、いちいち言葉で言い聞かせていくことが大事。
それが、言葉がわかる子に育てる道理なのです。
それにしても、どこでも毎回毎回出てくるなぁ…本を食べて困るという質問。

 午後、学校司書さんが二人、アシードの本を見たいとお見えになる。
学校の読書指導の現場や、夏休み読書感想文コンクールに向けての取り組みなど、
いろいろ考えさせられることが多かった。
赤木かん子さんが、以前おっしゃっていた、
「優秀な教師は、合唱コンクールには、子どもたちの好きな歌を歌わせ、
絵画コンクールには、子どもたちが描きたい絵を描かせ、感想文は書きたい本で自由に書かせる」
という言葉を、また鮮やかに思いだした。
こんな教師ばかりだったら、学校は子どもたちにとって、
もっと幸福に過ごせるところになるだろうに・・・。

7月30日(土)平和劇場

1986年から毎年、山形市の市民会館で上演される反戦をテーマにした平和劇場。
知人が三人出演しているので、何度か見に行ったことがある。
今年の演目は、戦争のため25歳で早逝した『童謡詩人結城よしをのナイショの話』
短歌を67年もやっている実家の母の師である結城健三のご子息の話で、かなり身近に感じられた。
戦争さえなければ、絶たれることのなかった命である。
わが子を看取る親の気持ちが切なく心に残った。

山形市内は、上演40分くらい前から一時間に50ミリ以上の集中豪雨に見舞われた。
雷も轟渡り、道路は大量の水で溢れかえり、まるで川と同じになった。
ずぶぬれで会場に入る観客も多く、記憶に残る一日だった。

7月27日(水)夏休み恒例親子手作り絵本講座

 毎年、夏休み恒例の酒田市立図書館主催『親子手作り絵本講座』が始まる。
今年は、働く親を意識して、参加者を休日の部と平日の部に分けた。
休日の方の参加者の方が多い結果になったが、
全体としては例年通りの参加者数でホッとした。
前半で絵本の成り立ちを説明した後、設計図の作り方を指導にはいる。
話を作りあげるためには、
とにかく親子でたくさんコミュニケーションを取っていくことがポイント。
経験値から言うと、楽しそうに会話している親子のところは、
間違いなくいい絵本ができる!確率は高い。
t

7月26日(月)夏休み向けの絵本屋さん

夏休みは、海に来たついでに寄って下さるお客さんが多くなる。
というわけで、事務所をお客様を迎えるモードに整えた。
t
14日までは、赤木かん子さんがセレクトした
『学童クラブ向け図書100冊』を見ることができる。
最新で最先端のキラッキラの本ばかりです。
是非この機会にお越しください。
但し、電話連絡をお忘れなく!
(畑に行っていたり、野菜の宅配をしたりで留守になることも多いので)
これからのご案内もいろいろあります。
t

7月23日(土)お話錬成会

有志でやっている月一回の勉強会。
読み聞かせ、語り、朗読など、みんなに聞いてもらいたいものを持ち寄って学び合う。
しかし、50代半ばから70代までの人が集うと、
健康談議に話が持って行かれることもしばしば。
それにしても、普通の自慢話はどこか嫌味なこともあるけれど、
不健康自慢だけは、人を傷つけないから、それはそれ、
ストレス解消にいいのかもと思ってしまう。
今日は、とにかく病院や医者では埒が明かなかった症状が、
お灸や整体の東洋医学で改善したという話に花が咲いた。
そして、帰る頃になって、やはり勉強しないと!
ということで、恒例の年一回の発表会の日取りを検討しあい、
今年は、12月10日(土)ランチを挟んで、午前午後でやることに決定した。

7月19日(火)日常業務

毎月一冊ずつ、園から家庭に絵本を持ち帰るブッククラブ。
今年は、幼稚園と保育園合わせて3か所にお届け。
毎月の宅配は大変だが、年度初めに年間契約するので、
毎月コンスタントに収入があるのがうれしい。
t

7月16日(土)話し方セミナーinNHK日本語センター

仕事柄、いろんな場所でお話しする機会がある。
決められた時間で、伝えたいことをきちんと伝えられているだろうか・・・
いつも反省点が残る。
日頃のモヤモヤを少しでも解決したいと、本日は、世田谷区砧のNHK日本語センターで、
夏のセミナー『伝わるスピーチ』に参加。
確かに前に一度『上達!話し方講座』に参加した記憶があると思い調べると、
一昨年の3月に行っていた。

今回は、当日キャンセルが出て、参加者は、
教育委員会の指導主事の先生、会社社長さん、高校生の女の子と私の4名。
人数が少ない分、丁寧な指導を受けることができてラッキーだった。

声の出し方や、シナリオの作り方を学んだ後、3回の実習に入る。
1.自己紹介(90秒)
 テープ収録したのを聞いて、合評し合った後、講評。更に修正後のスピーチの講評。
2.私のおすすめというテーマで(2分)
 ビデオ収録したのを見て、合評し合った後、講評。更に修正後のスピーチの講評。
3.課題の中から好きなテーマで(3分)
 ビデオ収録したのを見て、合評し合った後、講評。更に修正後のスピーチの講評。

講師がシナリオをまとめる時間を聞くと、みんなは、
「五分で大丈夫」
って!
信じられない短さに、思わず、
「10分下さいっ」
と言ってしまった。
何しろ私が最年長。
あちこちでしどろもどろし、日頃感じない自分の年を、改めて痛感してしまった。

今日の学びで、自分的に記憶にとどめたいこと。
・聞きたい気持ちにさせるテーマで
・結論を先に言う
・結論の理由を3点に絞り、エピソードを入れる
・笑顔で聴衆を見ながら話す
・最後に結論をもう一度

7月14日(木)子育て支援センターの役割

子育て支援センターは、その名のとおり子育てを支援する目的で作られたところだ。
遊具や本があって、冷暖房も聞いていて、
季節や天候に関わりなく、無料で子供を遊ばせることができる。
スタッフから見て、どう見ても問題があるお子さんでも、
お母さんが支援を求めて来なければ、解決策を授けることはできない。
こちらから切り出して、お母さんのプライドを傷つけたり、
不信感を抱かせたりしては逆効果になってしまう。
判断の兼ね合いが難しい。

7月13日(水)確信した

山形市の子育て支援センターで、
月例の『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』で、
「寝る前に読み聞かせをすると、頭が興奮して寝なくなりますよ」
というお話をしたら、どのお母さんからも、
「えっ!そうなんですか!?」
と、ビックリした顔をされた。
(いつものことですが)

それで、突然腑に落ちました。
日本で、本好きの子が増えないのは、夜の読み聞かせにあったのだということに!
つまり、読み聞かせがこもりうた代わりになっているので、
本で育つ子どもの能力がチャラになってしまっていて、
その上、子どもの頃の本で寝るという習慣は
大人になって、活字や本を見ていると睡魔が襲ってくるということに繋がっている・・・
この考え、説得力があると思いません??

7月11日(月)有朋自遠方來

大学時代の友人が奥さんを伴って、我が家にいらして下さった。
結婚式依頼だから、実に38年ぶりの再会である。
自家製野菜の献立で一席設け、
大学のこと、一緒に出掛けた東北一周旅行のことなど、五時間近く、思い出話に花が咲いた。
元気で生きていれば、こんなうれしいこともある。
「今度は、学生時代の友人みんなに声をかけ、東京で会おう!」
と、固く再会を約束して別れた。

7月9日(土)啓発活動

ポスターを事務所に貼る。
t

7月7日(木)PTA母親委員会講話

酒田飽海地区のPTA母親委員会で講話。
去年は、25名ほどの参加で、場所もランチルームで気さくな感じだった。
今年は、50名の参加で、椅子も整然と並べられ、バリバリの研修会の様相。
最初に挨拶して下さった教育長の、
「酒田市を読み聞かせの町にしたい!」
というお言葉に、大層感銘を受けた。
(ああ、それがわかっていたら、
『酒田市を読み聞かせの町にするには?』というテーマにしたのに…)

『現代の子どもの読書事情と家庭親子読書について』というテーマがあったので、
一応シナリオも作っていった。
・スマホやマスメディアは社会や子供をどう変えたか?
・見直される読み聞かせの良さ
・親子読書の年齢別対応(乳児から中学生まで)
・物語から他の分野の本への広がりを認めよう

しかし、終わってから、個人的な質問をされる方が何人かあって、
そのことから、参加者が聞きたいことは、別のところにあったと気づかされた。
みんなが聞きたかったのは、
・家庭での読み聞かせを効果あるものにするための具体的方法
だったのだ。
今度PTAでお話しする時のために、心にとめておこう。
やっぱり正味一時間でポイントを押さえてお話するのは難しい。
まだまだ修行が足りないと痛感した。 

講話終了後、図書館が展示して下さった
『今、物語以外で子どもたちにすすめたい本』に、熱心に目を通す方々がいて、
やはりこういう情報は、みんなが欲していると感じた。
t
本日の御礼に、お花も頂戴した。

7月5日(火)ほのかちゃん

いつもお世話になっている仕立てやさんのところに、
去年の10月、女のお孫さん“ほのかちゃん”が誕生した。
拙著『赤ちゃんが大好きな絵本』と『だるまさんが』をプレゼントに贈った。
これまで3,4回お目にかかったが、その度に人見知りされて、そっぽを向かれていた。
でも、さすが1歳9か月。
お母さんが、
「『だるまさんが』の加藤さんだよ」
と説明したら、本を持ってきて、私の顔を覗き込むようにして、もじもじと差し出した。
まだ、「読んで!」とは言えないらしい。
一回目読んであげたら、身じろぎもせず聞いていた。
その様子に、お母さんとおばあちゃんは、びっくり。
「こんなに落ち着いて最後まで静かに聞いているのを初めて見た!」
そして、その後、ほのかちゃんは、立て続けに、『だるまさんが』を、3回リクエストしてきた。
三か月前まで、私の顔を一切見ようともしなかったのに、絵本と私の顔を見て、満面の笑みである。
『だるまさんが』が、心の垣根を一気に取り払ったようだ。
天国のかがくいさん、あなたの絵本が、ここでも子どもと周りの人たちを笑顔にしていますよ。

そういえば、山形に講演にいらしたかがくいさんを、山寺にご案内したのは、ちょうどこの時期だった。
展望随一の五大堂から眼下を見下ろして、
「まるで仙人になった気分だ!」
と、はしゃいでいらしたお姿が、今でもありありと瞼に浮かんでくる。

7月4日(月)草の根活動

月例『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』
6組の親子が参加。
4ヶ月から10ヵ月の赤ちゃんは、みんな落ち着いていたので、
一時間しっかりとお伝えしたいことを話せた。
最近、ぐずる赤ちゃんが本当に少なくなって、やりやすくなった。
最後に、いつものように、
「赤ちゃんが、どの絵本を喜ぶかはわからないので、
図書館でいろいろ試してみて、それから買うようにするといいですよ」
と、赤ちゃんの貸し出しカードを作ることをおすすめしたら、
図書館の場所を知らない人が意外と多かった。
お母さんのお友だちと二人で、赤ちゃんもカードも使えば、
一度に結構な数の本が借りられるという話に、何人かが反応していた。
着々と、赤ちゃん絵本の貸し出しを増やしていく。

7月1日(金)読み聞かせ講話の三回目

市内のH保育園で、懇談会の前の時間を利用しての60分の設定。
しかもその中に、親子で楽しむ一歳と二歳むけの読み聞かせも入れてほしいという要望が出されていた。
まずは、紙芝居、絵本、仕掛け絵本、お話の小道具などを混ぜて、
コンパクトな2ラウンドのおはなし会。
オープンスペースで、にぎやかな場所ではあったが、
子どもたちは、親御さんに抱っこされていたので、
すこぶる落ち着いて、お話を楽しむことができたようだ。

終了と同時に、隣のランチルームで保護者向けの講話。
ここでも、アンケートで出された希望に沿ってお話をしていく。

1.読み聞かせをするとどんないいことがあるか?
2.園で読んでもらっているのに、親が読み聞かせをする意味?
3.わが子に合った本本の選び方、年齢に合った本の選び方
4.本好きにするために親がすべきこととは?
5.子どもが好きな本と親が読ませたい本のくいちがいをどう克服するか?
6.父親が読み聞かせをすると学力が向上するのはなぜか?
7.同じ本を繰り返し読むのと、別々の本をたくさん読むのとどちらがいいの?
8.親が気づかずやっている、子どもを本嫌いにするあれこれとは?

ご夫婦で見えている方が何組かあって、皆さん熱心に聞いて下さった。
特に、“お父さんが読み聞かせをすると、子どもの学力が向上する”という件では、
お母さんたちの表情が緩んでいたのが印象的だった。
終了後、園長先生とたくさんお話する時間が取れ、
またの機会に是非お願いしたいというお言葉をいただいた。
どうやら次につながりそうでありがたい。

これで、園向けの三回の講話は終了。
場所が変わり、人が変わり、お話しする内容も微妙に食い違う中、
微調整しながら講話の完成度を高めていけたのではないかと思う。
機会を与えて下さった図書館に感謝です。

6月24日(金)読み聞かせ講話の二回目

 Ha保育園に場所を変え、本日は夜45分の設定。
ここの地域とは、何かとご縁がある。
過去に保育園で二回の講話。
近くの小学校図書館の改装。
コミセンでの読み聞かせ講座などで来させていただいた。

保育園の懇談会の前の設定なので、参加率がいい。
講話開始前に、展示してあるおすすめ本を手にする人も多く、意識の高さが感じられた。
園長先生も、絵本に関心が高く、講話の前後でたくさんお話することができた。
アンケートで出された希望に沿ってお話をしていく。

1.読み聞かせをするとどんないいことがあるか?
2.園で読んでもらっているのに、親が読み聞かせをする意味?
3.わが子に合った本本の選び方、年齢に合った本の選び方
4.本好きにするために親がすべきこととは?
5.父親が読み聞かせをすると学力が向上するのはなぜか?
6.同じ本を繰り返し読むのと、別々の本をたくさん読むのとどちらがいいの?
7.親が気づかずやっている、子どもを本嫌いにするあれこれとは?

それにしても、45分は短い。
1~7までお話しさせていただいたが、10分オーバー。
質疑応答の時間が取れなかったのは、残念だったが、
園長先生の感想も、参加された方々の表情も良かったので、まずは良しとしよう。

6月23日(木)読み聞かせ講話

酒田市の読書活動推進事業の一環で、
園や学校の保護者向けの読み聞かせ講話の仕事が入り、二週間の間に4か所回ることになった。
本日は第一回目。
川南地区のいくつかの保育園に案内をした結果、
保育士を中心に、自由参加の保護者を含め、25名ほどの参加があった。
この仕事を引き受けるにあたって、事前に図書館から、
参加者が聞きたい話のリサーチをしてもらったので、それに沿ってレジュメを組み立てる。

1.読み聞かせをするとどんないいことがあるか?
2.読み聞かせしやすい環境を作るには?
3.園で読んでもらっているのに、親が読み聞かせをする意味?
4.わが子に合った本本の選び方、年齢に合った本の選び方
5.本好きにするために親がすべきこととは?
6.兄弟一緒に読み聞かせする時の注意?
7.父親が読み聞かせをすると学力が向上するのはなぜか?
8.同じ本を繰り返し読むのと、別々の本をたくさん読むのとどちらがいいの?
9.親が気づかずやっている、子どもを本嫌いにするあれこれとは?

補足で、スマホの害と、上手に読むコツの解説を加えて、90分の内容。

図書館が0歳から5歳向けの最近出版されたおすすめ絵本を展示してくれた。
夜遅い時間にもかかわらず、講話が終わってから、一部の熱心な方々が手に取っていた。
質のいい本を一度に見ることはなかなかないと思われるので、いい機会になったと思う。

6月19日(日)頼みの綱は?

上京したついでに、
我が法人の相談役兼顧問の赤木かん子さんの事務所にお寄りする。
これから、何か所かの保育園で絵本の講話を頼まれているので、色々アドバイスをいただく。
印象的だったひとこと。
「もうお母さんたちの手からスマホを取り上げるのは無理。
読み聞かせの頼みの綱は保育士さんだよっ」
スマホが普及する前、山形は東京から5年文化が遅れていると言われていた。
しかし、今は東京と地方の差はない。
読み聞かせをめぐる状況は、ますます厳しい様相を見せている。

6月18日(土)士とつくからには

弁護士、会計士、保育士・・・その道で食っていく人たちのことです。
t

6月15日(水)戒め

山形市での月例『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』
子育て支援センター3か所を回る。
いつもの日程、場所ながら、出会う人たちとは、一期一会の関係。
マンネリ化しないよう、気持ちを引き締めて、丁寧に丁寧に皆さんと向かい合っていく。

6月10日(金)学校読み聞かせ講座in三川町

5月の昼の部に引き続き、働いている人たちのための夜の部の講座です。
会場は中央公民館の図書室。
10人くらいしか参加者がいなくて、教育委員会の担当者が恐縮していたが、
皆さん熱意がありそうな方ばかりで、しっかりと聞いていただけたという満足感が残った。
終了後、隣室で待機していたお子さんたちが、講座の会場になっていた図書室にやってきて、
次々借りていく本を探し始めた。
短時間のうちにお目当ての本を探し出すさまから、
ふだんの本とのかかわりが見えて、好ましかった。
ここの図書室は、夜間は無人になるが、10時までは利用可能だそう。
子どもたちでにぎわっている中、
一人のおばあちゃんがやってきて、普通に返して借りていった。
教育委員会の方が、
「ここの図書室は、信用貸しなんです」
と、にこやかにおっしゃっていたのが印象的だった。

6月8日(水)アダになった前振り

保育園の5歳児さんにおはなし会。
怖い話が大好きな子たちに、武田美穂さんの『どーんちーんかーん』(講談社刊)を読もうとして、前振りで、
「やまんばが出てくる怖い話だよ~」
と、何気なくいったら、始まるや否や、一番前にいた男の子が、
「やまんばまだ~?」
「やまんばいつ出てくるの~?」
ページをめくるたび、ひっきりなしに聞いてきて、閉口した。
今度からは、ただ、
「怖い話ね」
と言ってから始めようっと。

6月6日(月)パパもいっしょに

図書館主催の月例『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』で、
今日は二組のパパさんの参加があった。
昨日は運動会だったから、学校は代休なので、パパさんたちは、先生かもしれない。
・言葉をしゃべれない赤ちゃんに読み聞かせする意味
・赤ちゃんへのスマホの影響
・図鑑を読み聞かせして、好奇心を育てておくと、学力が伸びる
・読み聞かせで親子の絆が深まる
等々の、いつもの話を、身じろぎもせず真剣に聞いて下さった。
家庭で、いい読み聞かせの時間を持ってくれそう。

6月4日(土)手作り絵本講座のお知らせ

 例年夏休みに行われている『親子で作ろう 手作り絵本講座』の、
今年の日程が決まりました。
7月24日、27日 
8月7日、9日、11日
いずれも午前中です。
詳細は、市報でお確かめ下さい。

5月31日(火)学校読み聞かせボランティア入門講座in酒田市立図書館

もう何十年開催しているのだか定かでない図書館のボランティア養成講座。
スマホの台頭で、リアルタイムで動くのを面倒くさがる人が増大しつつある昨今、
読み聞かせも、その面倒くさい部類に入ってしまったらしい。
講座の参加者も年々減少する一方である。

毎年講師を務めさせてもらっていればこそ、バージョンアップして、違う話をしていかなければと肝に銘じて資料を作った。
新しいおすすめ絵本と、時代に即した技術に、最新の気を配る。
講座終了後、図書館の担当者の方が、早速アンケートを届けて下さった。

(以下)
・もやもやしていたものがわかっていけそうな気持ちになりました。ありがとうございました。
・自分の好きな本が子どもの好きとは限らない。
・脳を使いました。自分の好み、家で読んでいる本は読まないに納得!でした。読み聞かせは難しいですね。
・初心者向けの内容だったので、経験がなくてもわかりやすかったです。ありがとうございました。
・豊かな経験談が聞けました。
・気立てが一番大切という言葉、心に響きました。次回もぜひ参加したいと思いました。ありがとうございました。
・アドバイスが深いです。
・女性セブンの記事の話はとても興味がありました。おもしろかったです。すごく納得する内容でした。
・大事な基本意識してなかったことを再確認することができました。新しい本もとても参考になりました。

問題は参加者の数ではない。
一人一人の満足度だと、改めて思い直した日。

5月21日(土)調べ学習のアクティブラーニングinうすゆきそう文庫

岩手二日目。
市内のうすゆきそう文庫で、赤木かん子さんの講座があり、ここでも本の販売。
今日の講座は、5時間の内容でした。
・分類ってなぁに?
・目次と索引
・報告書ってなぁに?
・定義ってなぁに?
・百科事典の使い方
t
せっかくだから、参加者に混じって受講。
かん子さんの調べ学習については、すでに埼玉福祉会から『調べ学習紙芝居24巻』が出ていて、
忙しい教師に代わって、ボランティアが朝読書の時間に演じてあげられるようになっている。
子どもたちが理解しやすい体裁なので、積極的に活用してほしいと思う。
と言うより、私がもっと力を入れて広めていかなくては!

5月20日(金)図書館サポーター養成講座in雫石

今日は、本の販売を頼まれ、岩手県の雫石町に来ています。
雫石図書館主催の赤木かん子さんの5回連続講座の一回目で、
『ブックコートフィルムのかけ方・ポスターの作り方』の実践講座です。
県内はもとより、お隣の青森県からの参加もあり、皆さん熱心に取り組んでいました。

終了後は、のどかな田園風景の中にある評判の農家レストランでランチです。
t t
平日とは言え、ほどほどの人の入り。
アシードランチを彷彿させるメニューでした。

5月16日(月)家庭読み聞かせ講座

1歳以上のお子さんと親を対象にした
酒田市立図書館主催の家庭読み聞かせ講座が、交流ひろばで行われた。
参加者の中に、毎月の『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』
のリピーターさんが久しぶりにお見えになった。
赤ちゃんが3か月の時に参加されて、
4か月に入った時には、魔法が掛かったように赤ちゃんの反応が良くなったと報告して下さった親子だ。
瞬く間に、一歳一か月だそうだが、
絵本が大好きらしく、資料としておいてある本の寄ってきては興味津々で、
さわったり眺めたりしている。
私が読み聞かせを始めると、目を凝らして最後までよく見てくれた。
絵本でうまく育ってくれた姿を見るのは、本当にうれしい。

5月15日(日)おはなし交流会in鶴岡

鶴岡市を中心に活躍するおはなしサークルの年一回の発表会と交流会を見に。
いろんなものと日程がぶつかったらしく、参加者は、関係者がほとんどとで、寂しい感じがした。
鶴岡市だけでなく、
酒田市の読み聞かせ講座の参加者も人数が年々少なくなってきていることを照らし合わせると、
学校読み聞かせもずいぶん下火になっていている気がする。
ブームは去るか・・・ひしひしと感じる。

5月14日(土)おはなし錬成会

 アシード主催の月一の勉強会。
今日は、大半を最近のおすすめ絵本の紹介に費やす。
本日は、季節のランチ付きです。
t
タケノコ姫皮のおこわ。
湯田川孟宗汁、季節野菜のサラダ、ワラビの漬物、ヨーグルトミルク寒天、モカブレンドコーヒー。

5月13日(金)読み聞かせ講座in三川町

 三川町の小学校では、全ての親が、一年に一回、
自分の子どものクラスで絵本を読む。
今日は、その一年一回の読み聞かせを成功させるための、具体的なノウハウを学ぶ講座。
参加者のほとんどは、下に兄弟がいるので、前半は、家庭の読み聞かせについてもお話する。
平日にもかかわらず、25名くらいの参加があって、熱心に聞いてもらえた。
t
参加者の中に、以前交流ひろばの酒田市立図書館主催の
『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップの教室』参加してくれた方がいらした。
その時、
「おじいちゃんが、テレビが大好きで、いつもつけっぱなしにしているので、困っている」
という相談をされたので、
「おじいちゃんにも読み聞かせをお願いしてみたら」
とお答えしておいたのだが、講座が終わってから、
「アドバイスがあったように、おじいちゃんに頼んだら、
読み聞かせをするようになってくれて、テレビも、水戸黄門を見るだけになった」
と、報告して下さった。
ちょっとずつでも、いい方に変わっていくのを実感できるのは、うれしい限りだ。

5月12日(木)ただただ感心

 金山町の子ども園で、1歳児さん12人におはなし会。
紙芝居一つと絵本3冊。
作・フランチェス・カフェッリ
世界文化社刊
t
子育て支援センターで、私の読み聞かせを聞いていた子たち3人が、4月から加わった。
殆どの子たちが、落ち着いて、身じろぎもせず、聞いている。
園でのふだんの対応のすばらしさが見て取れる。

5月11日(水)まさに読み時

保育園で、5歳児さんにおはなし会。
今まさに、字を読むのが面白くて仕方ない子たちにうってつけの本です。
絵・サイラス・ハイスミス
文・さこむらひろこ
文渓堂刊
t
上に書かれている大きな文字を子どもたちに読ませ、
下に書かれている文章を読み手が読みながら、掛け合いで進めていく。
ただ静かに聞いているだけでなく、みんなで声に出して読むというのも、
子どもたちには新鮮で楽しいようです。

5月6日(金)重版未定

フレーベル館の『ハエくん』(グスティ作、木坂涼訳)が、
子どもたちに人気の本なので、7月のブッククラブの選定本に入れた。
t
たまたま書評を調べていたら、アマゾンにも絵本ナビにも“品切れ中”の文字が!
しかも、両方とも高評価なのにですよ。
あわてて版元に問い合わせたが、重版の予定はないという。
お客様から予約が入っているのは13冊。
どうしても確保しなければならない旨を版元に告げると、
在庫でお届けできるのは7冊しかないという。
それから、大急ぎで4社ほど、ネットで購入できるところを探して、
なんとか5冊ゲットできた。
油断していると、欲しい本がどんどん手に入らなくなっていく。
だから、いいと思った本は、余計に仕入れておかないと!なのだけれど、
それには先立つものがなぁ・・・

4月26日(火)緩やかな進歩

金山町の『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』
今年度から、講話的な話を減らし、楽しい実演の時間を増やすという方針に変えての一回目。
本日は、一歳以上の子どもと保護者5組の参加。
三冊読み終わったあたりから、ぽつぽつ抜け、結局最後まで残ったのが、
家で毎日読み聞かせをしている親子だけ。
まあ、これまで一冊も見られなかった子もいるから、三冊読めただけでも進歩だわ!
と前向きに捉えようっと。
それにしても、途中でいなくなった子のほとんどが、絵本でなくて、私の顔ばかり見ていた。
静止画面を凝視するという習慣が無いということが見て取れるなぁ。

4月22日(金)フェルメール展

震災復興の『フェルメールとレンブラント展』が福島美術館であるというので、途中下車。
駅周辺は花であふれかえっていた。
t
福島出身の偉大な作曲家小関裕而先生も、チューリップに埋まっていた。
t
ちなみに福島駅の新幹線の発車メロディは、小関先生の甲子園応援歌『ああ栄冠は君に輝く』。
耳にするたびに、条件反射で涙が出そうになってしまう。
駅前には、こんな立派な看板も。
t
『水差しを持つ女』日本初公開だという。
t
平日にもかかわらず、開館前には、150人ほどの行列ができていた。
目玉は、フェルメールの一点で、それを鑑賞できただけでも、行った甲斐があった。
何気ない日常の幸福感がにじみ出ている光景は、見るものを穏やかな気持ちにさせてくれる。

4月20日(水)はっきりした差

山形の子育て支援センターで、6ケ月の赤ちゃん二人に、
『だるまさんが』かがくいひろし作(ブロンズ新社刊)の読み聞かせをした。
一人は目が開いた時から読んでいる、もう一人は、最近よみきかせを始めたばかり。
やっぱりはっきり違いが出ている。
読んでもらっている子は、じっと動かず最後まで絵本から目をそらさない。
何といったって、早いうちに始めるに越したことはないと、またまた実感した今日。

4月17日(日)見逃せなかった見出し!

新聞に載った週刊誌の見出しに思わず釘付けになった。
“本を読むこと読まない子の頭ん中”
t
買ってしまいましたよ、この週刊誌。
ほとんどが東北大学の瀧靖之教授からの取材で、講話の時良い資料として使えそう。
読み聞かせは、こんなにも素晴らしいことだらけなのです。
もうやらない手はないでしょうって感じですね。

4月16日(土)イザベラ・バードの朗読会

いつも一緒に勉強している“おはなし錬成会”のメンバーが二人出演するというので、
英国の女性旅行家イザベラ・バードが、明治時代に山形県を縦断した様子を書いた
『日本紀行』(時岡敬子訳・講談社刊)の朗読を聞く会に参加した。
場所は、鶴岡市の歴史的建造物の丙申堂。
t t
19歳の通訳をたった一人連れての明治時代の旅は、どんなに困難だったかと思う。
見たまま感じたままの直球の文章は、なかなか小気味がよかった。
t
終わってから、日本の桜100選の鶴岡公園を眺めながら帰途に着く。

4月14日(木)敷居の高さ

金山町の子育て支援センターでの
『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』が、三年目を迎えた。
これまで、センターに見えた親子に、遊具のない狭い部屋に移ってもらって行ってもらってきた。
しかし、赤ちゃんが歩けるようになると、読み聞かせやじっと聞くことに慣れていない子は、
途中で遊具室に走っていってしまう。
当然、保護者も子どもを追いかけて行って戻ってこない。
残るのは、家で読み聞かせをしてもらっている子と、動けない赤ちゃんだ。
動き回ってみんなに迷惑を変えると思うと、初めから参加しない人もいる。
(実は、そういう方に一番聞いてもらいたいと思っているのだが・・・)
今日は、スタッフの方々と、より多くの人たちを巻き込んで、
事業を遂行していくにはどうしたらいいかを、少し時間をかけて打ち合わせした。
これまでは、どうしても講話の部分が多かったので、それが敷居を高くしたのではないか?
という反省に基づき、今年度は、紙芝居も含め、実演を多くすることになった。
赤ちゃん絵本の他に、特にお母さん向けの読み聞かせを増やし、
心をほっこりさせるのが先だという気がします。

4月13日(水)28年度初のおはなし会

山形市の保育園でのおはなし会がまた新しい年度を迎えた。
どちらの保育園も、園庭では桜が満開。
t t
万年5歳児担当なので、年度が変われば、子どもたちの顔ぶれも変わる。
初顔合わせの今日は、子どもたちの期待感がマックスだ。
しょっぱなの紙芝居で、どこがそんなにおもしろいか!という位に弾けられてしまった。
五味太郎の『はなくん』童心社刊。
t
どんなに弾けても、その後読んだ、
『さくら』長谷川摂子文・矢間芳子絵(福音館書店刊)
には、水を打ったようにシーンと静まり返った。
まるで同じ子たちとは思えない。
やはり科学絵本は、場が締まる。

4月2日(土)起業6年目

年度末に、二つの保育園から大量注文が舞い込み、
サービスでブックコートフィルムかけをしているうちに、27年度が過ぎてしまった。
t
子どもの本で世の中をハッピーにするアシードを設立して、この4月で6年目に入る。
何とかここまでやってこられたのは、
企業目的が世の中の求めるものと合致していたからではあるまいか。
ありがたいことに、去年までの事業はすべて継続になり、
ほどほどの新規事業も依頼がきそうだ。
県内の絵本作家講演会では、武田美穂さんと平田さんご夫妻、真珠まり子さんが決定している。
またワクワク心ときめく一年になりそうだ。

3月26日(土)今年度最後の大仕事

山形市のM幼稚園で、講話とブッククラブ展示会のお仕事。
3月も末だというのに、途中、戸沢村や新庄市のあたりは、
フロントガラスに雪が吹き付けてくる。
t
10時から、これから入園する保護者向けに、『読み聞かせのすすめ』の講話。
今年は、それに年中さんの保護者も加わった。
読み聞かせの必要性と、方法、本の選び方の順でお話しする。
毎年この時期の恒例行事ではあるが、
だんだん保護者が話を聞けなくなってきているというので、
ただ話をすることから、今年はやり方を変え、紙芝居仕立てにしてみた。
講話の紙芝居仕立ては、
月例『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』で実証済みなので、
今日は応用というわけ。
半分まで話が過ぎても、保護者の方々のお顔が、しっかりこちらを見たままだったので、
手ごたえは十分に感じられた。

後半は、ここに二クラス分の3,4歳児が加わり、おはなし会。
(えっ、3歳の子だけじゃなかったの?!)
150人くらいはいたのか…紙芝居はともかく、人数としては、限界を超えていた。
遠くの子は、メガネのむこうに霞んでいる感じがしたが、
前半分に座っていた子たちは、しっかり見ていてくれたので、
その子たちを意識して、おはなし会をやり遂げた。
考えてみたら、こんな大勢の子たちに読み聞かせしたのは初めてかも。

その後はブッククラブの展示会。
保護者お方々にアドバイスしながら、契約者を増やしていく。
講話の中で、
「子どもが選んだ本を読んであげましょう!」
と、強調したのが功を奏したようだ。
ママたちは、子どもに向かって、
「どの本がいいの?これ?それ?どっちなの?」
と、一生懸命尋ねている。
そう矢継ぎ早に言われても、表紙だけでは、子どもは決められないよねぇと思いつつ、
子どもたちが、あちこちで立ち往生している光景を目の当たりにして、
重大なことに気づいた。
母親は、自分も本を知らないで、子どもに表紙だけで、選べ!選べ!と言っている。
講話では、“子どもに選ばせましょう”から、
もう一歩踏み込んで離さなければいけなかったのだ。
「お母さん、子どもは、読んでもらわないと、どういう本かわからないのですよ。
選ばせるときは、どうぞ、読み聞かせしてあげて下さいね。
それが、絵本と出会わせてあげることですから」と。
反省ネタを一つ見つけた。

帰り道、国道47号沿いにある戸沢村の二の滝を、走行中の車窓からパチリ。
夕日が反射したのか、肝心の滝は見えず、虹が写りこんでいた。
t

3月22日(火)卒業制作

読書アドバイザー仲間のTさんのご主人は、
50代で早期リタイヤして陶芸職人になるため、有田焼の大学校に入られた。
ご家族も一緒、青森から佐賀に移り住んだ。
その話をお聞きした時は、潔い決心と行動力にただただ感動したものだ。
それが、ついこの間のような気がするのに、
今日、そのご主人の卒業制作だというティーカップが五客送られてきた。
t
時の流れと努力の跡が、形になったようだ。
じっと眺めていると、じーんとこみ上げてくるものがある。
とてもシンプルで清楚たたずまい。
華奢に見えるけれど、1300℃で焼いてあるので、とても頑丈とのこと。
新年度から、お店にいらしたお客様に使うことにする。
アールグレイの味が、一段と引き立つだろうな。

3月19日(土)おすすめ絵本の展示

3月19日(土)~27日(日)の間、
赤木かん子さんがセレクトした、幼稚園保育園に入れたい本の展示をします。
電話予約の上お出かけ下さい。
t t
近年、スマホ台頭のせいで、親はまともに子育てをしなくなった。
その結果、子どもたちは、早くから親を頼りにはできないと悟り、
世の中にことを早く覚えて大人にならなくてはと、考えるようになった。
大人になるって?世の中って?生きるって?自分の身を守る方法って?
そして、本もどんどん上のものを要求するようになり、
東京で5歳児の精神年齢は小学2年生まで上がってきているとは、赤木さんの弁。
今回の展示内容は、そんな世の中の状況に合わせてある。
もちろん、子どもらしい本もあるが、
小学校に入ってからも楽しめる図鑑類、ちびまる子ちゃんの危機管理の絵本など、
現実的なものが目立つ。
もう、こんな本まで読むの!?って目を見張るような品揃え。
子どもが、いろんなものから守られて、
子どもらしい物語世界を満喫できる時代はではなくなったらしい。
もちろん、大都会だけの話ではない。
大人がスマホに気を取られているうちに、子どもは必死に、自分の行く末を模索している。
気がつけ、大人!!

3月16日(水)県立図書館協議委員会

16年度から県立図書館の協議委員加えていただき、
今日は今年度2回目の委員会。
一時間ほど早く行って、館内を見て回り、発言の骨子をまとめる。
ちょうど去年から、新たに絵本の勉強に東京に行って、
高名な方々からたくさんの教えをいただいたところだ。
そんな中で、図書館のあるべき姿を考える時、
滋賀県の能登川町立図書館館長の才津原哲弘さんの資料がとても役立った。
赤ちゃんから高齢者まで、生涯にわたって無料で使用できる公共施設が図書館だ。
その存在価値を世間に敷衍していかなければならないと感じた委員会だった。

3月12日(土)年度末は

冬場は結構閑とか思って、たら~っとしていると、
いきなり大仕事が舞い込んだりする。
今年はだいぶ遠くの保育園から、大量の注文があって、目下ブッカ―かけに大わらわ。
手間とお金はかかりますが、絵本にブッカ―を掛けておくと、
日焼けもせずに、10倍は長持ちするんです。
t

3月10日(木)継続決定

 今日は、金山町で仕事。
子ども園で、1歳児さんにおはなし会。
紙芝居一つと絵本三冊。
パペットで、『まほうのつえですよ~』と、『にわのことり』で、正味25分。
絵本が大好きな子どもたちで、読み終える度に、
「もっと、もっと~」
って、かわいいことこの上ない。
金山町の子育て支援センターで2年間継続してきた
『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』が来年度も継続と決まって、
この子ども園の読み聞かせも、自動的に続く。
年度末を迎え、関わってきた市町村の仕事が、すべて継続と決まり、
おかげさまでアシードは2016年度も安泰です。

3月9日(水)涙がうるうる

法人になってからの読み聞かせボランティアはしていないが、
それ以前からのつながりで、二つの保育園で読み聞かせを続けている。
6人でチームを組み、2歳から5歳までをカバーし、かれこれ15年になった。
相方のIさんと、ずっと5歳児担当できて、いよいよ本日が今年度の最終日。

先月、最後に何がいいと、子どもたちに聞いたら、
「こわいはなしときょうりゅう!」
と、リクエストがあったので、希望に沿ったプログラムを組む。
Iさんが選んだのは、ちょっと怖いシーンもある感動的な中国の昔話。 『
ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店刊)
シーンと聞き入っている子どもたちの顔を見て、
「この子たちも、4月には、ランドセル背負って学校に行くんだよなぁ」
って思っているうちに、何だか目がうるうるしてきてしまった。
気を取り直し、気合を入れて、紙芝居『きょうりゅうぼうやのさかなつり』を演じきった。
終わってから、手作りの勲章と感謝状をいただいた。
一生に一度しかない大切な時間にかかわらせてもらって、こちらこそありがとうです。
t
ありがとう!いつも上手に聞いてくれた子どもたち。

3月7日(月)五年の成果

酒田市立図書館主催の月例
『赤ちゃんとお母さんの絵本とスキンシップ遊びの教室』は、本日が今年度最後の日。
風邪が流行っている季節ながら、ほとんど満員御礼で、有終の美で締めくくれた。

中に、3歳のお嬢ちゃんを連れて、おばあちゃん同伴でいらした方がいた。
一応参加対象は12カ月までの赤ちゃんということになっている。
大概まだしゃべらないので、このお嬢ちゃんが話をすると、目だってよく聞こえてくる。
「おばあちゃん、ここの階段、転ぶと危ないから気をつけて歩いてね」
話す内容が素晴らしくて、思わず聞き耳が立ってしまった。
「おばあちゃん、私、トイレに行きたいんだけど、こっちのじゃなくて、向こうのにしたいいんだよね」
って!
「3歳でこんなにきちんと自分の気持ちを伝えられるって、なんかすごいよね」
受付をしながら、一緒に聞いていた図書館職員の方と、思わず感嘆してしまった。
このお嬢ちゃん、聞けば、赤ちゃんの時に、この教室に参加し、
それ以来読み聞かせを続けているとのこと。
さもありなん。

今日は、あらかじめ参加者の方々から、3つの質問をいただいていた。
・上の子が字を覚え出したら、字しか見なくなってしまって、これでいいのか心配。
・3歳の子が、同じ本ばかり読みたがる。一回ずつ違う本にするのとどちらがいいのか。
・2,3歳の子が長く楽しめる本のタイトルを教えてほしい。
ネットで、なんでも調べられる時代でも、実際のところ対面で応えてもらいたいのだ。

質問に回答した後は、いつも通り、例を挙げての講話をしていく。
・読み聞かせの良さ
・読み聞かせが成立する条件(じっと見て、ちゃんと聞いて、人との関わりが楽しい)
・読み聞かせの仕方(三角抱っこ、絵を見てからの言葉かけ、ゆっくり丁寧に)
・注意事項(寝る前は読まない、兄弟は一人ずつ読む、本人に選ばせ望んだら繰り返す)
残りの時間で、わらべ歌とスキンシップで遊ぶ方法をレクチャーして終わる。

ブックスタート同時に始まったこの事業も、五年が過ぎた。
振り返ってみれば、500組以上の親子に関わってきたことになる。
そして4月からいよいよ、最初に出合った子たちが小学校に入る。
いい効果が表れてくれるといいなぁ。

2月24日(水)ブッククラブ展示会

契約して、幼稚園や保育園から毎月一冊ずつ絵本を家庭に持ち帰れるブッククラブ。
今年も展示会の季節となった。
アシードのブッククラブは、お子さんに合わせ好きなように12冊を決められるのが特色。
t
もちろん、手がかりとなる年齢別のおすすめ本リストは出しますが、あくまでも参考程度。
展示会の日は、親子で手に取って見ることができる。
今日は、山形でも一番大きい幼稚園での展示会。
t
幼稚園側も、絵本に力を入れている教育をウリにしているので、協力的。
展示会の前に、プチ講話とおはなし会の実演の時間を設けて下さった。
t
が、しかし、場所が園のホールということもあり、その上子どもは60名。
更にそこに親が加わった。
子どもたちは、絵本が大好きとあって、紙芝居も読み聞かせもよく聞いてくれた。
でも、それが終わると、子どもの親は手を引いて、パーッと会場からいなくなる。
何なんだろう。この関心のなさは。
選りすぐりのいい本ばっかりなんだから、せめて見ていってくれるといいのになぁ…。
あちこちスマホで写真撮っただけで言ってしまう人も、一体何なんだ。
今年的傾向?う~ん、理解しがたい。

2月19日(木)ブックスタートボランティアフォローアップ講座

酒田市では、今22名のボランティアが、乳幼児健診の会場で、
ブックスタート事業のお手伝いをしている。
今日はその方たち向けの、子育て支援課主催の講座で、時代と共に、
と言うより、スマホの台頭とともに、親も子育ても変容してきているので、
それに合わせて、ボランティアのスキルも上げていこうという趣旨で行われた。
前もって、参加者の皆さんから、質問事項を受け付け、それに答えるという形で進めていく。
親御さんたちに、これだけは伝えたいこととして、
赤ちゃんが生まれた時から、
・目を見て語りかける
・声と言葉を返してあげる
・スキンシップでかかわってあげる
・スマホに子守りをさせない
ということを重点的にお話した。
来年度も、ブックスタート事業は継続なるとのことで、何よりだ。

2月18日(木)錬成会

冬場は雪のため駐車場が機能せず、中止になることの多い錬成会。
今日は、このところの雨で、雪もだいぶ消え、この時期にしては珍しく開催できた。
メンバーの中に、六年生に読み聞かせしている人が2人いたので、
学年最後の会に読む本をみんなで鑑賞し、みんなで感想を述べあった。

『ざしき童子(ぼっこ)のはなし』宮沢賢治作 伊勢英子絵 講談社刊
・絵が暗くて怖い感じがする
・いかにも不思議なものが出てきそうという感じの絵が良いのでは。
・時々難しい言葉が出ていて、6年生でも難しいかも。
・賢治の作品に出合ってもらういい機会になる。

『ぜつぼうの濁点』原田宗典文、柚木沙弥郎絵 教育画劇刊
・「おおきなおせわ」とか、意外と意味がわからない子が多い。
・言葉のセンスがいいクラスだとウケるかも。
・今の子たちには、楽しいと伝わるだろうか。

その後、『かえるをのんだととさん』の語りを聞く。
福音館書店から絵本にもなって出ているが、もとは新潟の昔話なので、
語ってもらった方がはるかに楽しい。
ただ、最近は、繰り返しが三度以上続くと、子どもたちから、ため息混じりの、
「え~っ、またぁ・・・」
と言う声が上がるそう。
間違いなく、子どもたちの堪え性がなくなってきている証拠だ。

2月17日(水)ことりさん人気確定

今日は山形方面の子育て支援センター三か所で仕事。
雪の予報が出ていたので、いつもより一時間余裕を取って家を出た。
戸沢村、舟形町あたりまでは、除雪車が前にいて、ノロノロ運転が続いた。
その先は順調に走れ、30分早く支援センターについた。
思わぬ時間が取れたので、併設の保育園の赤ちゃん組0,1歳に、
飛び込みでおはなし会をさせてもらう。
紙芝居と絵本三冊。
集中してよく聞いてくれた。
なんといっても、オープニングの『にわのことり』たちが、一瞬でみんなの心をとらえた。
初対面の0,1歳児を制することができたら、もう怖いものはありません。
ことりさんたちの未来は明るい。

2月16日(火)ことりさんデビュー

本日、金山町の子ども園の0歳児さんのおはなし会。
豪雪を除雪するブルドーザーが、窓の外でガーガーけたたましい。
数人の子どもたちは、恐怖で泣きべそをかきながら、保育士さんに縋りついていた。
さればということで、オープニングで、ことりさんたちにデビューしてもらう。
歌と一緒にことりが動き出したら、赤ちゃんたちの鳴き声が徐々に収まっていった。
その後は、落ち着いて、紙芝居と絵本3冊をしっかりと見てもらえて、おはなし会は大成功。
ことりさんいい働きをしてくれそう。

おはなし会終了後、子育て支援センターに向かおうと車に乗り込もうとしたら、
駐車場に集めた雪をスロープにして、二歳児さんたちが、そり滑りに興じていた。
t

2月15日(月)にわのことり

てぶくろ人形作家高田千鶴子さんから指導を受けて作った
おはなし会用グッズのかわいい小鳥さんたち。
ずっと使い道を模索していて、やっとピッタリの方法が見つかった。
マザーグースの中から、『にわのことり』の楽譜を見つけた時は、
「まさにこれだっ!」
と、おもわず手をたたきなるほどだった。
t
「にわのことり かわいいことり
とまっているよ きのうえに

いちわはぴっぴ いちわはちっち
ぴっぴ ちっち

とんでけぴっぴ とんでけちっち
おかえりピッピ おかえりちっち

にわのことり かわいいことり
とまっているよ きのうえに」

赤ちゃんたちのおはなし会で、大活躍してくれそうな予感。

2月14日(日)パパとみんなの読み聞かせ

交流ひろば研修室で、図書館主催の読み聞かせ教室があった。
いつも年間を通して、第一月曜に行っている
『お母さんと赤ちゃんの絵本とスキンシップ教室』の休日バージョンである。
初めに、読み聞かせの意味や目的、方法を説明し、次に実演を行う。
その後、実際の親御さんから本を持って、赤ちゃんに読み聞かせをしてもらう。
最後は、わらべ歌とスキンシップ遊びをみんなで楽しむ。
お父さんの参加も目立ち、和やかな雰囲気の中で、あっという間の一時間が過ぎた。
4ヶ月から6カ月までの赤ちゃんが中心だったので、
ひどくざわつくこともなくやりやすかった。
特に、スマホの害については、熱心に聞いてもらった気がする。
t

2月10日(水)雪の季節の定番

山形市の保育園の5歳児さんにおはなし会の日。
雪模様で同を浄が悪そうなので、通常より30分早く家を出た。
最上川沿いの国道が凍っていて、時速40キロでしか走れず、おはなし会に15分遅刻。
相方のIさんが繋いでおいてくれたので、到着早々紙芝居を読むことに。
拍子木をたたこうとした瞬間、子どもたちが気付いて声を上げた。
「加藤さん、メガネ忘れてるよ~」
何という不覚。
15分も遅れているから、今更下の事務室までは取りに戻れない。
「大丈夫、大丈夫」
と、子どもたちに笑って応えつつ読み始めるが・・・ああ
老眼は思ったより進んでいて、いくら目を凝らしても、所々霞んで判読できない!
仕方ないので、記憶に頼って、演じていく。
車中の三時間を練習に充てておいて、本当によかった。
紙芝居は、この季節に必ず読みたい『てぶくろを買いに』(童心社刊)
新美南吉原作 堀尾青史脚本 二俣英五郎絵
何回演じても、その度、いい作品だと思う。

1月24日(日)最終日

去年7月から、勉強していた絵本の資格取得講座。
東京に出てくるのは今日で最後。
会場のオリンピックセンターの景色も、なんだか感慨深い。
t
敷地にあったのは夏蜜柑の木かなぁ。今日初めて気づいた。
t

1月23日(土)やるせない話

小田急線での話。
新宿から小田急線に乗ったら、隣の席に年長と低学年くらいの兄弟とその父親が座っていた。
子どもたちは、電車に乗ったのがうれしいらしく、二人で話がはずんでいる。
「今は地下だけど、もうちょっとして地上に出たら、向こうに線路が見えるすごい景色のところがあるんだ」
「へぇー楽しみだね」
お兄ちゃんが、スマホを使っていたお父さんの方を向いて声をかける。
「ほら!お父さん。もうすぐすごい景色だよ!」
お父さんは、んーと言っただけで、顔もあげない。
「お父さん!ほら、すごい景色、見て!」
結局お父さんは、スマホに夢中で、子どもの方も景色も見なかった。
いつものことだと見えて、子どもたちはそうがっかりすることもなかった。
父親には、言っても無駄だと諦めているのだろう。
これから、ますます親子の会話はなくなり、
果ては、親が子どもに何を言っても、耳を貸してもらえないのは、目に見えている。
いつだって親が悪い。
今まで子どもの声を聞いていなかったのだから、当然といえば当然だが、やるせない話だ。

1月20日(水)この冬一番の寒波

大雪注意報が出る中、仕事で山形へ。
いつもなら2時間15分で行くところ、一時間も余計にかかってしまった。
圧雪でスピードが出せないのに加えて、あちこちに除雪車が立ちふさがる。
戸沢村で、ちょうど日の出にぶつかった。
バラ色の空が美しいのも、ほんの一瞬のことだった。
t

1月16日(土)命拾い

寒波がやってくるというので、エアコンだけでは寒くて仕事にならないからと、
何十年も使ったアラジンストーブを出した。
点火した時、ちょっと炎が暗いかなあという気はしてたんだけど・・・。

夜中、以前から、一度形にして残しておきたいと思っていた絵本作りに没頭していたら、
どうも気分が悪い。
頭がぼーっとして、考えがまとまらない。胸やけみたいにむかむかする。
とりあえず、胃薬を飲んでちょっと経ったら、何度も大量に吐いた。
その後二日間、何も食べられず、起き上がれなくなった。
どうやら、一酸化炭素中毒だったらしい。
そういえば、事務所は木造で、柱にスキマなんかあるから、大丈夫と思い、
換気していなかったのが悪かったらしい。
結局普通に食事が取れるまで、4日もかかってしまった。
本当に危なかった。

1月1日(金)例年通りのお正月

t
あけましておめでとうございます。
今年も、皆さまにとりまして良いお年でありますように。

12月27日(日)初雪

ついに暴風雪警報が出て、庄内の冬らしい冬がやってきた。
t
JR羽越線、陸羽西線のダイヤは終日混乱状態。
強い寒気に、エアコンだけでは間に合わない。
遅ればせながら、事務所にアラジンストーブを設置した。
強い火力を遊ばせておくのはもったいない。
ということで、本日はオニオンスープを調理中。
t

12月11日(金)小学校のおはなし会

おはなし会を頼まれ、所属する『花仙人の会』のメンバーのみんなと、
山辺町の小学校に出かける。
私の担当は3時間目1年生、4時間目2年生。

・紙芝居『ごんぎつね』新美南吉原作 諸橋精光脚本・絵 すずき出版刊
・紙芝居『数詞のひみつ』赤木かん子脚本 きしらまゆこ絵 埼玉福祉会
・絵本『うずらのうーちゃんの話』かつやかおり作 福音館書店刊

プログラムは鉄板!です。
『ごんぎつね』は24枚の紙芝居。
重厚な諸橋さんの絵が、子どもたちを物語の世界に引き込みます。
演じ終わった途端、一年生の女の子が、
「涙が出てきた」
と、感想を一言。
その言葉に、担任の方が感動していたようだ。
元気でやんちゃな二年生も、『ごんぎつね』も『うずらのうーちゃんの話』も、
シーンと聞き入っていた。
中に挟んだ『数詞のひみつ』が、いい気分転換になっていたと思う。

12月6日(日)おはなしを楽しむ会

毎月一度木曜の夜に集まって、お話を勉強する『錬成会』が5周年を迎え、
それを記念して、『お話を楽しむ会』が開催された。
3か月前からプログラムを決め、一か月前にはプレ開催と、
きめ細かく練習し、ようやく本番を迎えた。
希望した一般の聴衆も入れ、午前午後合わせて3時間の長丁場となった。
おはなし会というより発表会なので、それぞれの十八番を出してもらう。
主役クラスが立て続けになるプログラムで、非常に聞き応えがあった。
終了後の反省会も、2時間にわたり、盛会のうちに解散となった。
今回初めての試みだったが、参加者からは、また来年も是非!という声が相次ぎ、
まずは良かった。
おはなしを楽しむ会プログラム
<午前の部>10:30~12:00
・絵本『うたがきこえてくる』五味太郎(山内)
・朗読『あらしのよるに』きむらゆういち(本間)
・ストーリーテリング『三枚の蛇の葉』グリム童話(加藤)
・絵本『賢者の贈り物』オー・ヘンリー(渡会)
・絵本『わすれられないおくりもの』スーザン・バーレイ(森谷)     
・絵本『ビロードのうさぎ』酒井駒子(加藤)

<午後の部>13:00~14:30
・絵本『おじさんのつえ』五味太郎(三浦)
・ストーリーテリング『あめ玉』新美南吉(渡辺)
・語り『手なし娘』日本昔話(佐々木)
・絵本『月夜のでんしんばしら』宮沢賢治(三浦)
・絵本『きみの町に星を見ているねこはいないかい?』えびなみつる(佐々木)
・語り『葬頭河の婆さまの後家入り』酒田昔話(渡辺)
・朗読『年の市』藤沢周平(山内)
t

11月19日(木)~20日(金)よしながこうたくさんin庄内

絵本作家よしながこうたくさんが、最上町で絵本ライブの後、
庄内空港経由でお帰りになるというので、空き時間を利用して、
庄内のパワースポットをご案内する。
t最上川船下り
t羽黒山から注連寺と大日坊
tクラゲドリーム館
新作も次々出されて、なかなかお忙しそうでなにより。
ちょっとは、リフレッシュできたかな。

11月18日(水)4ラウンド

 山形方面、『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの会』で、
4か所の子育て支援センターを回る。
お話することは同じでも、参加者はすべて異なる。
気持ちを引き締めて、引き締めて。

11月13日(金)~16日(月)上京

 今回は自分のための勉強と出版社との打ち合わせ、
ブロードウェイミュージカル鑑賞。

11月12日(木)寒くなると繁盛します

午前中、金山町の子ども園でおはなし会。
ほとんどが2歳に近い子たちで、25分弱、本当によく聞いてくれた。
その足で、町内の子育て支援センターで、
『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの会』に。
冬になると、子育て支援センターは、
暖と遊び場を求める人たちで、大賑わいになるようだ。
それと同時に、悩みを抱えた親子の存在も増えてくるようで、
担当者の皆さんの悩みは大きくなるばかり。
『絵本の読み聞かせで、心のゆとりと、暖かなひとときを!』
これからの季節、ますます言ってあげ時になるなぁ。

11月11日(水)高橋真琴ふたたび

ブックリストを作成中、『お姫様』がテーマの本で、
突然浮上した高橋真琴の絵本。
1971年頃に出版されたものを、近年読み聞かせように再編成したものだそう。
文章は、日本翻訳文化賞も受賞している八百板洋子さん。
これには、『シンデレラ』、『しらゆきひめ』、『ねむりひめ』と、三話入っている。
版元は学研。
さてさて、この絵柄、今の子どもたちにはどうなのだろう?
と、保育園ボランティアの今日、5歳児さんに読み聞かせしてみることに。
t
表紙を見せた途端、意外にも、最前列の男の子がいち早く、
「ぼく、それ見た~い」
と、手を挙げた。それに反応するように、一部の男の子が、
「嫌っ、見たくない」
と、大声で切り替えした。
女の子たちは、殆ど反対しないようなので、そろそろと読み始めてみる。
子どもたちはいっせいにシーンと静かになり、あとはひたすら静か。
『しらゆきひめ』読み終えた途端、件の男の子が、
「ぼく、もっと見た~い!」
と声を上げたが、残念ながら時間切れ。
「じゃあ、続きはこの次ね」
と言ったものの、担任の表情は、どこか固かったかな・・・

 子どもの反応はそんなだったが、それよりも何よりも、
一緒に保育園に読み聞かせに行ったボランティア仲間の反響の方にびっくり。
「キャー、懐かしい!このお姫様。子どもの頃、よく真似して描いていたわ」
「ぬりえがたくさんあって、きれいに塗るのに夢中になったものよ」
「今も買えるなら、是非買いた~い」
私も!私も!ということになって、あれよあれよという間に、注文が相次いだ。
なるほど。
こういう皆さん方だから、読み聞かせで子どもを幸福な時間に誘えるわけなのですね。

11月9日(月)庄内地区図書館連絡協議会研修会

平田のタウンセンターで、2時から約75分、
『ブックスタートにおける図書館の役割について』というテーマで、
庄内地区の図書館職員の皆様にお話させていただく。
酒田市立図書館のブックスタートが始まって5年、
図書館担当者の方もアシードも、関わって同じく5年。
一緒に歩んできた道のりで、振り返ってみるには、絶好の機会だった。
図書館担当者からいろいろなデータや写真をいただき、
パワーポイントでまとめたものを見ていただく。
・ブックスタート開始までの経緯
・ブックスタートの実際
・ブックスタートの成果
・フォロー事業
・アンケートのまとめ
・今後の課題
終わってから、主に、ブックスタートの開始時期についての質問が相次いだ。
酒田市は3ヶ月と、庄内地区では最も早い時期に行ってきた。
その成果として、今回の発表で、児童書の貸し出し冊数が飛躍的に伸びていることが判明し、
早期に実施する有効性が実証されたからだ。
参加者の皆さんから、熱心に聞いていただき、反響もたくさんあって、
このような仕事ができたことに感謝だった。

11月4日(水)読み聞かせマラソンの集計結果

他人の読み聞かせで、『特に気になるランキング』が出ました。
①本が傾く、倒れる
②遠目が効かない絵である
③開きグセがついていない
④始め方にゆとりがない
⑤ページめくりがもたつく
⑥語尾伸ばしが気になる

みんな自分では気づかなくてやっていることです。
時々は初心に帰って、我が身を振り返ってみましょうね。

10月31日(土)上京

仕事上の会合で上京。
空き時間を利用して、国立博物館の『ブルガリ展』と、スカイツリー隣のすみだ水族館に。
一緒に行くはずだった学生時代の親友が、体調を崩してしまったので、
急遽道案内にと、近間にいた次女を呼び出す。
地図が読めるバリバリの理系。ナビはバッチリで助かった。
t
ポスターのサファイアは、エリザベス・テーラーのものだそう。
t
水族館の一番人気は、チンアナゴ。
ほんと、見飽きない動きでした。
クラゲの展示ケースもいろいろあったけど、種類も少なく、注目に値するものはなかった。

10月27日(火)読み聞かせフォローアップ講座

酒田市立図書館主催の2回連続読み聞かせフォローアップ講座が始まる。 一回目は、持参した絵本をみんなの前で、一人ずつ読み聞かせし、 参加者全員から、遠目、声量、テンポ、開きグセなど、 チェックシートでチェックを入れてもらう。 自分の読みを、みんなに晒すわけなので、心情的に厳しいことは厳しいが、 自分の読みの欠点を客観的に把握できるせいか、講座の中での要望は多い。 今回の読み聞かせマラソンは、ほとんど経験者なので、皆さんもう、堂に入ったものです。 私の仕事は、チェックシートを集計して、個々人の評価をまとめること。
t

10月26日(月)手作り絵本

言葉の最後の音を『ゲ』でそろえるクラゲの言葉遊び絵本を作ってみました。
背景は、モダニズムの手法を用い、特にクラゲは、たらした絵具をストローで吹いて表現するというもの。
偶然の産物で、なかなか面白いものができましたよ。
t

10月24日(土)パワポでプレゼン

 先月、上京した折、『キッザニア』のマーケティング部長さんの講演を聞いた。
「パワポでプレゼンできないようじゃ、会社として生き残っていけない」
という話をお聞きし、一念発起。
スキマ時間で、パソコン教室の個人レッスンに通い始めた。
2時間ずつ3回で、マスターしたい旨伝え、頑張って覚えて、めでたく今日で終了。
ワードでチラシができるくらいの技術があれば、さして難しくはないと感じた。
課題の中に、紙芝居にナレーションとBGMをつけるというのがあって、これは絶対使える!と思った。
いろいろできれば、世界も広がるし、頭も活性化しそう。

10月21日(水)卒業

 今日は、山形市の子育て支援センター3か所をめぐる『絵本とわらべうたの会』。
赤ちゃんが2ヶ月の時から、通い続けている一番のリピーターさんから、
「今月で1歳になるので、残念ながら卒業しなければならないんです」
と、声をかけられた。
支援センターでは、いろいろな効果を考えて、
12が月未満児対象と決めているので、仕方ない。
「私の話は、一度聞いて、家庭で実行していれば大丈夫です。
赤ちゃんは十分うまく育っているし」
と、お話したら、その時々で本の紹介や、わらべ歌が変わるのが、勉強になるのだそう。
そう言っていただけて、光栄です。

10月20日(火)結果が着いてくる

 金山町の子育て支援センターで、月齢『赤ちゃんとお母さんのわらべうたの会』
参加者の中に、7が月の赤ちゃんを連れたリピーターさんがいらした。
三番目のお子さんで、やっとゆったり子育てができる境遇になったとかで、
2ヶ月から参加している。
他に、おばあちゃんたちが連れてきた2歳前後のお子さんが、3人ほどいたが、
こちらはなかなか活発で、落ち着いて絵本を見るモードにならない。
読み聞かせが始まると、7ヶ月の赤ちゃんが一番集中して絵を見るし、
読み手の言葉に反応して、声を上げて喜んだ。
おばあちゃんたちは、その赤ちゃんの反応に、びっくりして感心することしきり。
生まれたた時から、意識を持って、赤ちゃんとコミュニケーションをとっていると、
読み聞かせは、特別なことをしなくたってうまくいく!の見本を見た気がした。

10月19日(月)JA女性大学

 庄内みどり農協から、二度目の依頼があって、
『JA女性大学』で、最近の絵本あれこれについてお話させてもらう。
参加者は幅広く、30代から70代、独身の人、子どものいない人といろいろだったので、
レジュメ作りに苦労した。
参加者の顔が思い浮かばないので、話の方向性を決められなかったのだ。
会場に行って、参加者のお顔を拝見しているうち、
こっちで勝手にしゃべらないで、作っていったレジュメの中から、
聞きたい話に挙手してもらえばいいのだと思いつき、実行してみた。
結局、皆さんに合わせたのが功を奏する結果となって、
質問もたくさん出て、なかなかいい感じで終わった。
『本当に怖いスマホの話』(金の星社)が一番売れた。
こういうところにも時代を感じる。

10月17日(土)河北町で

午前中は、図書館ボランティアの皆さんと交流会で、
午後は、教育委員主催の子育て講演会だった。
ボランティアの皆さんとは、もう四半世紀のお付き合いになる。
話をしていると、子育て、仕事、介護、いろいろ大変なことも、
仲間がいたから、一緒に乗り越えて来られたという連帯感のようなものが、伝わってきた。
皆さんのパワーを、お裾分けしていただいた一日だった。

10月15日(木)1歳児向けおはなし会

 金山町の子ども園で、1歳児さんにおはなし会。
それまで、2ヶ月に一度だったのが、先月から毎月になったので、
子どもたちはしっかり私の顔を覚えていてくれた。
おかげで、25分間に、紙芝居と絵本2冊、手遊び二つを、滞りなくできた。
幼い子向けのおはなし会成功の鍵は、まず子どもと仲良くなることに尽きる。

10月14日(水)2歳児向けおはなし会

 6人でチームを組んで行っている保育園の読み聞かせの日。
いつもは5歳児担当なのだが、急遽ピンチヒッターで二歳児さんにやることになった。
手遊びは、『さかながはねて』『どんぐりころちゃん』でちょうどよかった。
しかし、5歳児に持ってきた『ルラルさんのごちそう』は、ちょっとむずかしいかも・・・
と思ったが、とても静かによく見てくれた。
いつも読み聞かせしてもらっている子どもたちは、本と読み手に全幅の信頼を寄せていて、
「絶対この本は面白いはずだ」
と、意欲的に、お話の中に入ってきてくれるから、ざわつくということはまずない。
ふだんの園の取り組みの上に乗せてもらって成立するおはなし会である。

10月10日(土)JPIC読み聞かせサポーター講習会

山形市のビッグウィングへ。
参加者が、県内から100人以上も集まっていて、ちょっとびっくり。
顔なじみも、三割くらいはいらしたが、あとは、いったいどういう方たちだろう?
こんなにニーズがあるなら、県立図書館や地元の図書館で、
もっと時間をかけて、中身の濃い、実践に結び付く内容でやるべきだと思った。

10月7日(水)恒例

山辺町の小学校のボランティアの皆さんが、
今年も、二位時間の道のりもものともせず、絵本の購入に来て下さった。
あらかじめ、こちらでおすすめの本を50冊リストアップしておいたなかから、
15冊ほど除いてもらって、本を決めた。
この前、紀伊国屋で発掘した新しい本も何冊か入った。
毎年、ボランティアの人たちが使う本を、学校で購入してくれるとは、
何とめぐまれていることか。
もちろん、ボランティアの方々も、学校の期待に応えるべく、
前向きに頑張っていることが認められているからに他ならない。
メンバーの中にフリーのアナウンサーの方がいらして、
空き時間を利用しての、ラジオ放送の取材もあった。
もちろん、お話したいことは、
「赤ちゃんからの読み聞かせがいかに大切か」
ということを、一本芯を通して、お話をした。

10月5日(月)楽~ぅ らく~ぅ

月例、赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室。
今日は月例が低く、2,4,6ケ月あたりの動かない赤ちゃんが主流。
赤ちゃんもお母さんも、落ち着いていてとても静か。
こちらの話が、真っ直ぐにお母さんたちの伝わっていって、気持ちいい60分が過ごせた。
こんなに楽に喋れたから実感するのだと思うが、
やっぱり、三か月でのブックスタートは大正解だったと思う。

10月3日(土)真珠まりこさん

3日は遊佐町立図書館、4日は出羽遊心館で、
真珠まりこさんの講演会の、アドバイザーと本の販売で、慌ただしく過ぎた。
t t
『もったいないばあさん』で知名度は抜群に広まっていたようで、
酒田市立図書館の絵本作家講演会の中では、最高の入りになったらしい。
一部は、親子向けのおはなし会、二部は、大人向けの講演という設定で、
内容も充実していました。

9月30日(水)家庭の読み聞かせについて

夜、7時から、酒田市のPTA母親委員会の研修会で、お話をする。
前半は、酒田市立図書館の副館長のお話。
・なぜ読書が大切なのか
・図書館利用について
・酒田市の第二次子ども読書推進計画について

後半を、私が、家庭での読み聞かせの質問に答えるという形で、具体的なお話をする。
結局は、副館長と同じような主旨の内容になるのだが、
違う表現だったり、具体的な例を出したりで、二人の話が補完し合っていたのではと思う。
近年、図書館が、外に出てアピールする機会が少なかったので、
今回の設定は、とても意味のあることだったと思う。

終了後、個人的に質問してきた方が、4名ほどいらして、うれしかった。
中に、手作り絵本講座で子どもが世話になったとお礼を述べていく方もいて、娘さんが、
ずっと手作り絵本にハマって、作り続けているとのこと。
こういう報告を聞くのが、何よりもうれしい。
お礼にと、主催者から、素晴らしい花束をいただいた。
t

9月27日(日)勉強の一日

今日は、『キッザニア』のマーケティング部長さんの講演をお伺いする。
経験の基づく話は、とても説得力があった。
起業して成功するのは、2,3パーセントだそうで、
生き残っていくためには、自分の会社を、パワーポイントを使って、

プレゼンできるようじゃないと!なんだそう。 アシードも、起業して5年。
遅ればせながら、パワポでプレゼンできるようになって、次のステップに行かなくては。

9月26日(土)紀伊国屋書店にて

というわけで、今日は開店と同時に紀伊国屋書店入り。
新しくて、質のいい本を求めて、二時間ばかり児童書売り場をうろつく。
30日には、PTA役員のお母さんたちにお話を頼まれているので、そのネタも探しつつ。
入口の“本のソムリエ”に、高学年に売れている本を尋ねてみたら、
ここのところ動いているのは読書感想文用の本ばかりだそう。
楽しみのための読書なんて、もう存在しない時代なのかなぁ。

9月25日(金)上京

赤木かん子さんの事務所で、今度出す本の打ち合わせ。
紹介文を書く本24冊リストアップしたものを見て頂いたが、何冊か却下。
一言でいえば時代遅れ。もしくは、本の作りがでたらめ・・・。

9月16日(水)傑作

山形市の保育園で見た、子どもたちの大傑作。
t t
天井からぶら下がった『くものすおやぶんとりものちょう』の
“おにぐものあみぞう”と“はえとりのぴょんきち”
子どもたちと比較すると、その巨大さがわかってもらえるかな。
大感激してしまったので、許可をもらって、写真を撮らせていただいた。
子どもたちのエネルギーってすごい!!と同時に、
みんなが、くものすおやぶんをどんなに楽しんだかが、十分伝わってくる迫力だった。

9月12日(土)予習

県立図書館から、協議委員会のための資料が送られてきたので目を通す。
ついでに、全国の県立図書館協議委員会の議事録で、目だったところを見てみる。
一番進歩している県はどこなのか、見つけることはできなかった。

9月10日(金)こぶたパズルデビュー

金山町、1,2歳児のおはなし会で、藤田浩子さんの
『おはなしおもちゃ こぶたパズル』をデビューさせてみました。
t
ぶただし、動くし、絵が変わるしで、釘づけでした。
ただ見とれているといった様子で、声も出ません。
またこの次持って行ったら、今度は、反応が賑やかになるんじゃないでしょうか。

金山町からの戻り、ちょっと寄り道して、
一度行って見たいと思っていた戸沢村の温泉施設『ぽんぽ館』で、昼食をすることに。
たった一枚の看板を頼りに、田舎道をひた走り、着いたのは、山の中の寂しい場所。
建物はでかいのに、お客も少なくて、産直の商品も少なくて、ラーメンの量も少なかった。
ちょっと、未知の場所で、つかの間の旅情でもと思ったのですが、
一言で言うなら、わ・び・し・・・かった。
t
初めて来た記念にと、300円で、長細い宿儺カボチャを購入。
家で、煮て食べたら、これが、ほくほくして甘みがあって、最高の味だった。
おまけに種まで取れたし、結果オーライとしよう。

9月9日(水)洞察力

保育園で、5歳児さんにおはなし会。
お馴染みさんの間柄なので、とても楽しみに待っていてくれる。

まず紙芝居は、
『こがねむしのぶいぶい』(童心社刊)脚本高家博成 絵タダサトシ

終わった瞬間、すかさず、次読む本のタイトルを見て、
「だから、うんちなんだぁ!」
って。たしかに、
「・・・なにかおとしましたよ。
くろいうんちです」 の文を受けて、『うんちレストラン』(ポプラ社刊新関孝写真、伊地知英信文)

に持って行こうとした意図だったのですがね。
完全に見抜かれていました。
洞察力に、脱帽です。
t
女の子たちは、表紙を見ただけで、
「きったなーい、見たくない」
と叫びました。
確かに!
写真があまりにもリアルすぎて、ところどころ匂ってきそうなくらい。
「見なくてもいいよ。手で顔隠していていいから」
と、断って読み始めました。
でも、結局、男の子たちのあまりの反響に、ついつい引き込まれて、
女の子も、最後までしっかり見ちゃったようです。
読み終わってからは、最初の拒絶反応は何だったんだろうというくらい、
どうというリアクションもありませんでした。
今が限界で、あと一年たったら、女の子たちは、もう完全に見ないだろうな。
という気がする。
まあ、実際、読んでみないとわからないけどね。

9月5日(土)

9月は原稿書きで忙しい。
山ほど書評を書かねばならない。
電話のコンセントも抜いておきたいくらいだ。
と、気持ちを追い込んでみる。
が、ペンが捗らないと、すぐに、畑に気分転換に逃亡してしまう。
ひと仕事して、心もすっきり、仕事場に戻ってくるまではいいが、
机に向かうと、いくらもしないうちに、舟を漕いでいる。
なんか、悪循環だ。
見張っている人や、止めてくれる人がいない自由は、それはそれでいいけれど、
自己責任が、重くのしかかってくる。

8月29日(土)読み聞かせ講習会

10時から、天童市立図書館主催の読み聞かせ講習会で、
『赤ちゃん絵本の選び方』について、90分間お話をする。
子育て真最中のお子さんを連れた方、これから親になられるご夫婦の方、
初めておばあちゃんになった方、読み聞かせボランティアをされている方、
一般のお父さんなど、参加者は、とてもバラエティに富んでいた。
t
・読み聞かせをしてあげる意味
・赤ちゃんへの読み聞かせの始め時
・読み聞かせが成立するための基礎工事について
・読んであげ方の注意
・本の選び方
・赤ちゃんとの遊びいろいろ
・スマホが赤ちゃんに及ぼす悪い影響について

ざっと、このような内容でお話をさせていただく。

条件がそろわないと読み聞かせは成立しない、夜寝る前に読み聞かせすると、寝なくなる、
赤ちゃんが自分で、バラバラと頁を動かすのには理由がある、
本を口に持って行った時の対処法などの内容は、“目から鱗”と感じた方も多かったようだ。
終了後、
「本当にためになった」
と告げて帰って行かれた方々の中に、これから赤ちゃんを迎える若いご夫婦もいらした。
こういう方々ばかりを集めたマタニティ講座で、是非実施してみたいなあ、今日のようなお話。

8月27日(木)オリエンテーションin金山町

金山町でのオリエンテーションの講話の仕事をいただいた。
来年小学校に入る保護者向けに、家庭での読み聞かせの必要性をお話するという内容。
去年に引き続きというのがうれしく、力が入る。

事前に、教育委員会の担当者の方と、懇ろに打ち合わせができたのが何よりだった。
町の環境や、保護者の様子などを、きめ細かくお伺いし、
限られた時間で、ポイントを絞ってお話できるようなレジュメが作成できた。

保護者は、35人。
つまり、これが町全体で、来年度入学する子どもの数だそう。
少ない子たちを、いかによりよく育てていくか。
教育委員会の使命をしっかり背負い、お話していかなくてはならないと思うと、
直前まで緊張が解けなかった。
今回大変ありがたかったのは、主催者の方々が、前後の挨拶やお話を極力短くし、
こちらの時間を増やして下さり、その上、時間を延長していいとまでおっしゃって下さったこと。
おかげで、かなり丁寧に、しっかりと、言いたいことが言えたと思う。

約一時間で、

・家庭での読み聞かせが、学校教育を受けるうえで、いかに素晴らしい土台作りをするか
・忙しい日々の中だからこそ、読み聞かせの時間を取り、親子の絆を強くする必要がある
・読み聞かせがもたらす効果について
・家庭で読み聞かせする際のちょっとしたコツ

等をお話しながら、勉強への興味関心を引き出すきっかけ作りとなる、
小学生のための百科事典、『キッズジャポニカ』を回覧して、みんなに見てもらった。

保護者の方々の表情からも、
とてもまじめに、しっかりとこちらの話を受け止めていたということが伝わってきた。
今日のお話をきっかけに、一人でも多くの保護者が、
家庭での読み聞かせを実践して下さいますように!

8月24日(月)二代目

各地の子育て支援センターで行っている『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』で、
アシスタントを務めてきた白(パク)ちゃんが、くたびれてきた様子なので、
引退とまでは行かないけれど、ちょっとお休みしてもらうことにした。
t t
二代目を継いだのが、超ベタですが、ミッキーちゃん。
見たところ、ずいぶん若返った感じ。
指もしっかりついているので、わらべ歌のレクチャーの時も、わかりやすそう。

時々お世話になっているギフトショップが閉店することになって、
そこにいたのを、衝動買いしてしまいました。(割引セールには弱い私です)
せいぜい、お値段以上に活躍してもらいましょ!

8月20日(木)発表会に向けて

月一のお話錬成会の日。
11月に、この会の五周年を記念して、特別お話会をすることになったので、
本日は、そのプログラムの打ち合わせ。
これで行くと決まっている人、みんなのアドバイスを聞きたい人、他の人に、
「あなたのあの話をぜひやってもらいたい!」
と希望を出す人、様々だ。

一人10分以内の出し物ということなので、
私が一番やりたかったグリムの『一つ目二つ目三つ目』はお蔵入りになった。
それではと、怖い話か不倫の話か審議にかけたら、
みんなは夜に怖い話は聞きたくないというので、
十八番の『メリーさんの電話』も消え、
結局、大人向けの『三枚の蛇の葉』をすることになった。

佐々梨代子さんから、グリムの語りの指導を受けてから、
かれこれ20年も経つのかと改めて思う。
最後に人前で語ったのは、いつだったろう・・・というくらいご無沙汰だ。

8月19日(水)目覚ましい成長

今日は山形方面の子育て支援センターでの、絵本とわらべうたの教室の日。
赤ちゃんが二か月の時から通って来ている親子がいて、今日で、8か月過ぎたくらいかな。
私は、月一回ずつしかお目にかかれないから、かえって成長がよく見て取れる。
前回は、絵本の読み聞かせは、最後までじっとよく聞けて、
わらべうたではキャッキャと、声を上げてはしゃいでいた。
この教室の成果が着々と出ているのが、手に取るようにわかって、うれしかった。

今日は、いきなり、はいはいをして見せたので、びっくり!
先月一回休んだそう。
でしょうね。
お母さんも、今までのように、お膝に赤ちゃんを置いてゆったり絵本を楽しむことはできなくなったようだ。
もちろん、読み聞かせの時は、しっかり見て聞いているんですよ。
でも、終わった瞬間に、さささっと、ハイハイで移動するので、
お母さんが前ほどのんびり構えていられなくなったといったほうが正しいか。
いつの間にか、そんな時期に突入したようだ。
赤ちゃんの成長は、実に目覚ましい。
そんな貴重な瞬間瞬間に関われるのは、うれしいの一言に尽きる。

8月18日(火)顔なじみになるために

今年度から、二か月に一度、
金山町の『認定こども園めごたま』の二歳児さんに、お話会を始めた。
今日で三回目。
紙芝居一つと絵本を三冊。
集中して聞けることそうでない子のバラツキは、少しあるが、
とりあえずその場にじっとして座って聞いていられるのは、集団教育のたまものだ。
読み聞かせの後は、
『せみがなきました』『さかながはねて』『そーめんやそーめんや』
の、手遊びで遊ぶ。
こちらは、気持ちいいくらい見事にまとまる。
子どもたちの顔が、生き生きしている。
そこで、はたと、気付く。
もっと子どもたちと会う機会を多くし、楽しい時間を積み重ねていって、
その先に絵本の読み聞かせがあるようにしたら、
読み聞かせの効果は、目に見えて手ごたえのあるものになるだろう。
せっかく月二回も子育て支援センター来るのだから、
その前の空き時間を利用して読み聞かせに充てよう。
その提案は、園にも教育委員会にも、即座に受け入れてもらえ、
9月から、月二回のお話会が実現することになった。

8月13日(木)個人教授

お盆は、墓参りに行ったり、来客があったりで、なにかと変則的な一日だ。
それでも仕事は最優先する。
午前中、友人の知り合いの小六のお嬢さんが、
夏休みの宿題に絵本を作りたいというので、お母さんと訪ねてきた。
六年生ともなると、夏休みは、スケジュールがぎっしりで、とても無理そう。
そこで、今年開発した、ラベルシールを使った、
簡単にできて、仕上がりの見映えもいい方法を紹介する。
もちろん、使うのは、製本済みの手作り絵本キット。
一時間ほどかけて作り方を指南する。
見届ける時間が無いのが残念。
どうぞ、納得のいく作品ができますように!

8月11日(火)夏休み親子手作り絵本講座終わる

 酒田市立図書館主催の手作り絵本講座が無事終わった。
4年目の今年は、年中から小5まで27人の申し込みがあり、26人が完成までこぎつけた。
過去三年間の反省点を活かし、例年と、少しやり方を変えてみた。

○働いている保護者が参加しやすい日程にした。
今までの平日午前のみから、平日午後と、休日午前午後の合計8日間を講座の日とし、
別に一日だけ完成させるための予備日を設けた。
参加できる日を増やしたので、最高でも7組の親子にレクチャーすればよくなり、
ゆったりときめ細かに対応できた。
t

○あらかじめ、ストーリーを考えくるという課題をなくした。
これまでの経験で、ストーリー先行では、絵を描けない傾向にあるということがわかった。
そこで、絵になるストーリー作りのコツをレクチャーしてから、
制作にかかることで、大規模な軌道修正を強いられることが減った。

○手作り絵本キットを二種類に増やした。
短いお話の人、製本の手間を省きたい人向けに、製本済みキットを追加したので、
保護者の負担が減った。

子どもにとって、一コマ2時間は相当きついとはずなのに、
中に、楽しそうに手を動かし続けている子がいて、目を引く。 
まさに没我状態。
大概、そういう子の保護者は、ニコニコとそばにいて、見守っているだけ。
手も口も出さないけれど、充分背中を押してくれているのがわかる。
あくまでも少数派、あとは例外なくおばあちゃんの付き添い。
“静かに見守る”って、よほど人間ができてないと難しいようだ。

8月1日(土)暑中見舞い申し上げます

t

7月28日(火)夏休み親子手作り絵本講座

夏休み恒例の、酒田市立図書館主催の手作り絵本講座が始まりました。
今年は、平日、土日、午前、午後、予備日と、かなりきめ細かく実施します。
第一回目の今日は、20人ほどの親子が集まってくれました。
去年までは、あらかじめ、ストーリーを考えての参加になっていましたが、
それだと、絵が描けなくて行き詰るケースが多かったので、
今年は、その制約を取り除きました。さて、吉と出ますか、凶と出ますか???

7月22日(水)よろず看板承ります

t
最新かつ会心の作。

7月18日(土) チャレンジ!

 少し、日記が途切れましたが、日常業務は、滞りなくこなしていました。

 これは、東京の朝五時、宿泊先から見た光景です。
今日から半年かけて、絵本に関する資格に挑戦することにし、上京しているところです。
t
起業して5年、仕事はコンスタントにあって、有難いことです。
しかし、この5年ほどの間に、考えれば考えるほど、深刻な問題が見えてきました。
スマホのせいで、子育てをめぐる状況が激変しているのです。
コミュニケーションツールとしての、絵本の存在が、ますます重要になってきていると感じます。
時代に遅れないように、いろいろ学び直さなければなりません。
周囲の環境も、仕事も落ち着いている今が、まさに勉強の為時と判断してのチャレンジです。

と、張り切って出かけたものの、受付の時、名簿の年齢に、速攻でチェック入れたら?
うーん、よく見えなかったけれど・・・もしかして、最高齢のような!

だいじょうぶ?
ついていけるかしら?

“60の手習い”なんて、ずいぶん高齢な方の言葉だと思っていたけれど、まさに、今の自分のことなんですねぇ。
と、あたりを見回し、自分が若くないことを、しみじみと感じる。
ハードルは、超高いというもっぱらの噂なので、資格名は、授与されてから・・・

6月21日(日) そのレベル

鶴岡市に子どもの本を支える会主催の『学校図書館を考える会』に参加。
春から新採になった図書パートの人たちの参加が、とても目立った。
その方々は、結構若い。もちろん経験もないから、分類や配置もよくわからない。
しかも、給食のおばさんと兼務ときている。
だから、目下の悩みは、
子どもたちにどう接したらいいのか?
忙しい図書主任とどうコンタクトを取るか?
で精一杯のレベル。

学校図書館の現場は、人の入れ替えで、また振り出しに戻っている。
なかなか進展の兆しは見えない。

6月18日(木) 五周年記念イベント

アシードを設立した時のこと。
絵本作家あきやまただしさんをお招きして、事務所で、絵本ライブを開催した。
あれから、緩やかに仕事は増え、無事五年が過ぎた。

ここらで、記念に何かイベントをしてもいいかなと思っていて矢先、
錬成会のメンバーから、勉強会の成果を披露しあうような発表会は?
という案が出され、今日の例会で、トントンと日程も決まった。

日 時: 11月29日(日) 
 第一部 10時半~12時
 第二部 13時~14時半

場 所: アシード事務所

内 容: 朗読、絵本読み聞かせ、昔語り、ストーリーテリング
「○○さんの庄内弁の昔語りが是非聞きたい!」
とか、
「○○さんの藤沢周平の朗読!」
とか。
みんなのリクエストと、各人の希望を織り交ぜながらのプログラムとなりそう。
なるべく早く演目を決め、これからの例会でみんなの批評を仰ぎながら、
内容を磨いて、本番に臨む。

さぁて・・・私は、なににしよう?
しばらく離れていたグリムのお話を、久しぶりに語ってみたいという気持ちが、
むくむく湧いてきている。
秋に向けて楽しいことになりそう!

6月15日(月) 紀伊国屋本店へ

昨日は総会までの空き時間を利用して、お茶ノ水駅そばの丸善で、新しい絵本をチェック。
めぼしいものは、一刻も早く自宅へ持ち帰りたいので、一抱えほど、宅配を頼んだ。
ホテルは、神田大明神の近所でなかなか便利がいいところ。
せっかくだから、もろもろお願いごとをして、手を合わせた。
t
さらに今日は、午前中、何とか時間を作って、新宿の紀伊国屋書店へ。
二時間ほどあれこれ見て、ここでも目を引いた紙芝居や絵本など、宅配で送った。

新しい本の情報は、ネットでいくらでも調べられて、便利な世の中になったが、
棚の配置や、平積みの様子、テーマごとのセレクションの仕方など、リアル書店から学ぶことは多い。
ありがたいことに、今年は、あと五回も、東京出張の予定ができた。
せいぜい、書店めぐりに精を出そう。

6月14日(日) 原稿は新幹線で

今年は、天気に恵まれた。
雨天の日が少ないので、畑の作業が捗り、現在、74種の野菜が生育中。
それらを面倒見るために、4時半起きで3時間近くの朝仕事と、5時でデスクワークを止めてから、二時間の夕仕事をこなす。
おかげで、病害虫も雑草のはびこりも、今までにないほど少ない。

それは、いいのだが、畑仕事が主になって、生活が回っているので、いざデスクワークをしようと椅子に座ると、睡魔が襲ってくる・・・のはまずい。
依頼された外仕事は、気合でなんとかその場を乗り切るのだが、帰りの車中は爆睡だ。
とてもじゃないが、運転手がいなかったら、とってもやっていけそうにない。

本日は、読書アドバイザークラブの総会で東京出張。
最低限の旅支度の他は、原稿の下書きをカバンに詰め込めるだけ詰めて、家を離れる。
原稿が書ける唯一の場所が新幹線の中だなんて、なんともかとも。

5月28日(木)26年度終了

26日、27日は、決算前の棚卸で、朝から晩まで、在庫の本をチェック。
t
本日、税務署に確定申告に行き、法人税もしっかり納めた。
26年度も無事終了というわけで、アシードはいよいよ五年目に入ります。

5月24日(日)落合恵子さん講演会

落合恵子さんの講演会の本の販売のため、山形へ。
この講演会は、NPO法人『山形わたげの会』の設立20周年記念の催し。
落合さんは、アシードが本を仕入れている取次会社の社長になっていて、
その関係で依頼があった。

講演会前後の時間合わせてもサイン会は一時間ほど。
なかなか厳しいスケジュールだったが、落合さんは少しの時間も無駄にしなかった。
全力でサインの上、講演の中では、思いがけず、アシードの宣伝までして下さった。

講演テーマは、『母の介護日記』だったが、それにとどまらず、
原発、戦争、ジェンダーのことなどまで話が及び、実に充実した内容で、
あっという間の90分だった。
t
色紙には、『自分を生きる』と書いていただいた。
座右の銘の一つにしよう。

5月22日(金)かつて無い

小学校の1年から3年のPTA全員が、一年に一度、学校に出向いて行って、子どもの前で絵本を読むための講座。
かつて、赤木かん子さんは、そのやり方が、子ども達に、一番公平だとおっしゃっていた。
しかし、この道20年を振り返っても、私の中では、今までなかった設定だったので、レジュメを新しく作り直す。
とにかく、全く経験のないお母さんたちが、
その一回きりを、いかに成功裏に終わらせるかにポイントを絞り、話す内容を構築した。
90分の二回、三川町からの依頼です。

5月21日(木)アンケート結果

酒田市立図書館主催の読み聞かせ講座終了後、担当の方がていねいにアンケートを集計して下さった。
95パーセントの方が、『とてもよかった』残りの5パーセントが、『まあまあよかった』とのこと。

コメントは、本の持ち方や、椅子の座り方、姿勢、始め方と終わり方、ページのめくり方など、
技術的なことが、具体的に分かって、とてもよかったというものが多かった。

中に、これからボランティアを始めるにあたって、心構えを聞き、不安が解消されたという意見があって、
これにはちょっとうれしかったかも。

あと、こちらでどうしても言いたかったスマホの話は、かなり厳しいことを言ったので、
どう感じたか、ちょっと心配だったが、コメントを見る限り、なかなか好評だったよう。
ほっと胸をなでおろした。

全国的には、ボランティアによる読み聞かせは、下火になりつつあるそうだ。
特に都会では。
それでも、ニーズがあるうちは、ボランティアの人たちは、きちんと学んでから現場に行くべきだと思う。
そう考えて、毎年読み聞かせ講座を、毎年企画して下さる図書館には、大いに敬意を払いたいと思う。

5月15日(金)倒れなくてよかった

一年を通しても、今週ほど忙しい日はそうないかも。
8日 酒田市立図書館の読み聞かせ講座昼夜2回
10日河北町で、読み聞かせ講座午前午後。
11日酒田市で絵本とわらべうたの教室
13日山形市3か所でおはなし会と絵本とわらべうたの教室
14日金山町で絵本とわらべうたの教室
15日酒田市立図書館の読み聞かせ講座昼夜2回
それぞれの場所でいろいろな方にお目にかかり、考えさせられたり心が動いたりしたけれど、
とりあえず、倒れないで終わってよかった。

5月8日(金)おまけの展示会

4日に、鶴岡市在住の子どもの読書推進運動に熱心な議員さんが展示会に来て下さり、ブログでご案内して下さった。
すぐに反響があって、問い合わせの電話が次々入り、結局、展示会は一日追加開催になった。
おかげで、今まで全然かかわりのなかった方々と、知己が開け、有終の美を飾った感じだ。

開催中、お見えになった方は40人。
「ゴールデンウィークだから行かれない」
という人と、
「ゴールデンウィーク中、どこへも行かれないから来た」
という人がいて、それぞれ。
来る人はどんなことをしても来るし。
中には、山形から加茂水族館に行こうとしたが、大渋滞で諦めて、展示会に寄ったというご家族もあった。
思い出してくれてありがとう。

展示した本を箱詰めし、次の開催地、名古屋に発送しようと作業をしていたら、だんだん後悔の念がわいてきた。
お客様の相手ばかりしていて、せっかくの本をしっかり見ていなかったなぁ・・・。

5月6日(水)展示会終了

赤木かん子さんがセレクトした小中学校図書館に入れたい本の展示会が今日で終了した。
期間中、40人の方々がお見えになった。
お忙しい中、来て下さった方に、感謝申し上げます。
お客様とじっくりお話したり、相談に乗ったりするため、完全予約制にしたのは正解だった。
そんな中、あちこちの学校図書館の今を、多少なりとも知ることができたのは、収穫だった。

この展示会、次の開催地は、名古屋です。

5月3日(日)最後の仕上げ

アシードの事務所は、五年前の設立時に、4カ月かけて、自分たちで車庫をリフォームしたものだ。
外壁、床、内装、棚、トイレ、玄関ドア、窓、柱塗装、全部手がけた。
そして、最後にやり残して、ずっとそのままになっていたのが、屋根のペンキ塗り。
間は空いてしまったが、この春は天気も続いて、条件も良かったので、
いよいよリフォーム最後の仕上げをすることにする。
折よく、GWで次女が帰省した。
100人力の協力があり、半日ほどで、赤茶色の冴えない屋根が、シックな緑色に仕上がった。
t

4月29日(水)展示会始まる

荷物が早く届いたので、22日からプレでやっていた展示会。
本日から5月6日までが本番です。
今日一日で、大蔵村、庄内町、鶴岡市からお客さんがお見えになった。
じっくり目を通すには、最低二時間は要るようです。
ぎりぎり5月7日までは大丈夫です。
どうぞ、予約の上お越しください。

4月28日(火)そんなんじゃ

 酒田市内の小学校で読書ボランティアをしている方々が、展示会にお見えになる。
読書は物語を読むことであり、学校にはマンガは不要という校長のお考えを受け入れがたいと、訴えていかれた。
今どき、物語は良くて、マンガはダメなんて言ったら、子どもは図書館に寄り着かなくなる一方でしょうにね。
ボランティアの方々の、子どもに本で楽しい時間を!との思いが、どうぞ報われますよう

4月26日(日)作者の気持ち

 鶴岡市の子どもの本を支える会の勉強会に出かける。
本日は、庄内で活躍する4つのサークルの発表会と交流会。
久しぶりに、人形劇やペープサート、大型紙芝居を見せてもらった。
元ネタはすべて絵本。頑張って作っているのは伝わってくる。工夫の後も感じられる。
でもなぁ・・・努力の方向性が違う気がする。
それと同時に、赤木かん子さんの辛辣な言葉を思い出す。
「お母さんたちの学芸会に、子どもをつき合わせてはいけない」
原作者である絵本作家は、絵本という形にこだわって、作品を作っているのだから、
こんな形に作り変えられることは望んでいないだろう。
本心は、絵本で勝負してほしいと思っているはずだ。
そして、絵本作家の方々は必ずこうおっしゃる。
「そんなに作りたいんなら、オリジナルを!!」

4月23日(木)おはなし練成会

アシードを起業して、少ししてから、勉強会をしたい!
という有志が集まってできたおはなし練成会。
朗読や読み聞かせ、語りなど、それぞれお話を持ち寄って勉強を続け、
メンバーは徐々に増え、現在12名になった。
介護や子どもの受験や仕事などで、フルメンバーがそろうことはないが、
今日は7名の参加があり、多い方。
春は、何かと環境が変わる時期で、子どもの受験が終わって、
久々に職場復帰された方が二名あった。
初対面の方もおり、年度初めということもあって、
自己紹介などしているうち、瞬く間に時間がたってしまった。
最後に、漫然と勉強会するより、何か目的があったほうが、励みになるよね、
という話になって、秋ごろに、ささやかな発表会を開いてはどうか提案が出され、即承認された。

久しぶりで、ストーリーテリングを復活させようかな。

4月22日(水)展示会準備完了

t
書架七本にちょうどよく並びました。
やっぱり面出し展示は、華やかです。

4月21日(火)1歳児さんのおはなし会

金山町の保育園で、10時から1歳児さん8人におはなし会。
一人ずつに、机と椅子が宛われ、保育士さんも3人付き添っていて、
騒ぎまわれないような万全の体制。
子どもたちは初対面の私に興味津々で、穴のあくほどの視線を送ってきた。
こちらも、一歳児さんは久しぶりなので、お互いちょっとした緊張感が漂う。
紙芝居と仕掛け絵本を見せたら、楽しいことをやってくれる人だと、
たちまち理解したようで、手をたたいたり、顔中くしゃくしゃにして、喜びを表現したり、
反応がどんどん良くなっていった。
普段の保育も、とてもよくうまくいっているのだろうな。
終了後、もみじのお手てのハイタッチが、一番のご褒美に感じられた。
t
帰路、気分良く、新庄市の最上公園の桜を鑑賞して帰る。

4月15日(水)やりやすくなった!

山形方面の子育て支援センター3か所での、
『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』は、今日が新年度第一回目。
今年からどの会場も、赤ちゃんの年齢を、12カ月未満と、一歳からとに分けたので、非常にやりやすくなった。
今年のキーワードは、“ミラーニューロン”
生まれた時から、あかちゃんの声や表情を真似て、あかちゃんに返してあげると、コミュニケーション能力が向上するそう。
一日を、あかちゃんとどうやって過ごしたらいいかのヒントになるのではないでしょうか。

山形からの戻り、戸沢村の白糸の滝ドライブインで休憩。
t
融雪と降雨で、滝の水量はマックスで、葉も繁っていないので、
滝見には最高のコンディションでした。

4月14日(火)教育委員会へ

酒田市の学校図書館の図書パートの研修会があるというので、
展示会のチラシを配ってもらおうと、主催の教育委員会にお願いに上がる。
せっかくだから、参考資料として絶対に役立つ赤木さんの著書も持参した。
『読書力アップ!学校図書館のつくり方』
『読書力アップ!学校図書館のつかい方』
『読書力アップ!学校図書館の本のえらび方』(以上光村図書刊)
『図書館員ハンドブック』埼玉福祉会刊
『調べ学習の紙芝居』シリーズ 埼玉福祉会刊
『先生のための百科事典ノート』ポプラ社刊

担当の先生が、趣旨を理解して、こちらの申し出を快く引き受けて下さった。

4月13日(月)緊急のお知らせ

『赤木かん子さんが選んだ学校図書館におすすめの本の展示会』の開催期間が、一週間延びました。

4月22日(水)~5月6日(水)

団体でお見えになるかたが多いので、じっくり見られるように、完全予約制にしました。
今のところ、下記のとおり予約が入っています。
これからお出でになる方は、それ以外の時間で予約願います。

4月23日(木)18時半~20時半
4月28日(火)13時~16時,17時半~19時半
5月1日(金)16時~18時
5月2日(土)11時~14時
t
ゴールデンウィークは、忙しくて無理という方、お早目におでかけ下さい。

4月10日(金)ブックスタートボランティア養成講座in戸沢村

戸沢村で、7月から新たに、ブックスタート事業が始まる。
今日は、ボランティアで事業に協力して下さる方々向けに、『ブックスタートボランティア養成講座』でレクチャー。

村では、まだ子育て支援センターがないという。
いや、お母さんたちは、赤ちゃんが2ヶ月になると、みんな保育園に預けて働くので、
あったとしても、利用する人はいないだろうとのこと。

となると、ブックスタート事業→子育て支援センターでの『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』→公共図書館という、
子どもの読書環境を整える一連の構図は成立しない。
予算がつけば、事業を始められるが、図書館までつなげて発展させていくのは、大変そうだ。
ブックスタートから先が全く見えて来ない。                                                                                            

とりあえず、2時間のレクチャー。
・ブックスタートの定義
・歴史
・実施状況
・やり方の実際
・おすすめ絵本の紹介
・赤ちゃんへの読み聞かせとスキンシップ遊び

帰り、戸沢村を代表する観光名所『白糸の滝』で一休み。
融雪と雨の影響で水かさが増した滝は、一年中で最も豪快な姿を見せていた。
t

4月9日(木)年度初めin金山町

10時半から、『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』
新年度から、担当者が変わった。
図書館や教育委員会の、年度ごとの移動は、慣れっこになっているとはいえ、気分的に仕切り直しという感じだ。
でも、かえってそれが、マンネリ化しなくていいのかも。

今日は、ベビーマッサージ仲間のお母さんたち7組が集まって下さった。
ここも、参加者の月齢を12カ月未満の赤ちゃんとしたので、非常にやりやすくなった。

4月8日(水) 年度初めin山形

午前中、二つの保育園でおはなし会。
新年度に入り、新しい子どもたちとご対面。
お部屋に入って、顔を見るなり、子どもたちは、
「おばあちゃんだぁ」って!
二つの保育園とも。
そうだよなぁ、この子たちのおばあちゃんは、50代かも知れないし。
私よりずっと若いわけだから、そう見えるのも当然かも。
つべこべ言わず観念しよう・・・・おばあちゃん。

初対面なので、
「私の名前は加藤です、かとうさんて呼んでね」
と挨拶したら、早速子どもたちは、
「かとうさん、かとうさん」
と、二三度かみしめるように、口の中でつぶやいていた。

そんなわけで、出だしは少しざわついていた。
しかし、目の前の人の素性がわかったので、お話が始まると、途端にシーンとなった。

初対面のおはなし会で、まずにこやかに挨拶し、きちんと名乗ることは、何より大事。
この手順を踏まないと、子どもたちの気持ちは、
「この人誰なんだろう・・・?」
と、ずっともやもやしていて、お話に入っていけないことになってしまう。

 午後は、子育て支援センターで『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』
話の焦点を合わせやすくするため、今まで子どもたちの年齢をフリーにしていたのを、
12カ月未満に限定して募集していただいた。
今回は、告知が遅れたため、参加者は二組。
少ない分、膝を突き合わせて、じっくりレクチャーできたと思う。

4月5日(日)じぃばぁ朗読会

今日は、酒田市総合文化センターで、久しぶりの朗読鑑賞。
月一で開催している『おはなし練成会』のメンバーのYさんが出演する。
二人会で、もう一人のKさんは、Yさんが中学一年の時の、新採の担任だったそう。
二人合わせて約160歳とは、もうそれだけで賞賛に値する。
プログラムは、

・ぼくのキュートナ 荒井良二作
・花さき山 斉藤隆介作
・スーホの白い馬 大塚勇三再話
・エイプリルフール 田辺聖子作

聞きながらまず感じたのは、声質と話の相性は確かにあるということ。
それから、絵本を朗読のテキストとして使うのは、片手落ちな印象を受けた。
絵と文は、補完性があるので、文だけ取り出して朗読されても、
絵本を見たことがない人は、情景を深く思い描けないだろう。

『エイプリルフール』は、大人の恋愛の話。
ちょっとドキドキさせられる場面も、関西弁で語られると、
いやらしさを感じさせるどころか、どこかあたたかくユーモラスな雰囲気が漂う。
タイトルに絡めたラストも秀逸。
田辺聖子の短編、早速読んでみたくなった。

4月1日(水)新年度スタート

この四月で、起業5年目を迎える。
瞬く間だった。
楽しい時間は、あっという間に過ぎる。
という言葉にのっとれば、楽しいことの連続だったのだろう。

5周年記念事業は、何をしようか?
絵本作家講演会、出版、ワークショップ…いろいろ考えてみる。
お金と相談という縛りがあるにせよ、何か思い出に残ることをしたい。

とりあえず新年度。
一番のニーズがある子育て支援事業のテキストを完成させた。
t
新米パパママに、絵本について、これだけはお話したいということをまとめたもの。
テキストの刷新は毎年だが、今年は、より簡潔に、楽しい感じが伝わるよう考え抜いた。
今までの『集大成』のできとなったと思う。

3月27日(金)講話会

 山形市のM幼稚園は、絵本に力を入れた教育をしているのを特色としている。
アシードでは、10年ほど前から、毎月一冊ずつ、園から家へ絵本を持って帰れる『ブッククラブ』で、園に貢献してきた。
ここのブッククラブの最大の特色は、子どものレベルと好みに合わせて、自由に12冊を選べること。
このきめ細かさは、多分、全国でもここだけだ。

毎年、3歳児の一日入園の日に、ブッククラブの展示会と、読み聞かせについての講話会が開かれる。
そして、今日がその日。
アシードにとっては、年間事業を通じ、最もハードな日といっていい。

ホールでの講話を、60名の保護者向けに30分。
大変なのは、この時、大人だけでなく、3歳児の兄弟が一緒についてきているということ。大体80名はいる勘定。
講話の後、3歳児60人合流し、20分のおはなし会を、親子で楽しむ。
全体で、140名のおはなし会なんて、人数としては、とんでもない設定である。
新入園児の親には、家庭での読み聞かせについてのレクチャーは必要だし、
ブッククラブに契約してもらうためには、おはなし会で、おすすめ絵本の読み聞かせの実演も必須だ。
というわけで、
・わらべうた『いいこはどーこ』
・『こぶたぬきつねこ』のアコーディオンでオープニング
・紙芝居『よんで よんで』(教育画劇刊)
・絵本『ねこのピート』(ひさかたチャイルド刊)
・わらべうた『さよならあんころもち』
のプログラムで、きっちり時間通り終えた。

司会進行をして下さった副園長は、
「上出来でした、このぐらい静かに聞けたら、上等です!」
とおっしゃって下さったが、生憎、私としては、この規模で比較するものがないので、
上等なのかどうか…確かに前の方の子どもはよく聞いてくれ、反応も良かった。
しかし、後ろの方でたむろしている親の子どもは、
集団読み聞かせの経験もないからだろうが、そもそも、こっちを見ていなかったし、
ホールの空気も、サワサワしていた。
でも、このくらいで上出来というのなら・・・素直にそう取っておこう。

その後、ブッククラブの展示会。
契約に当たり、個別に相談に乗る。
三年前から契約者数は右肩上がりで、今年も最高人数に達する模様。
何事も、風向きが変わるまで10年!とはよく言ったものだ。

というような状況だったので、すっかり疲れ果て、帰りの車は、ところどころ居眠り状態。
t
目を覚ましたら、峠道の雪山が輝いていた。
カラマツの芽吹きまであと一か月ぐらいかな。

3月21日(土)tuperatuperaさんワークショップin中山町立図書館

絵本作家tuperatuperaの亀山達矢さんをお招きして、
中山町立図書館で、ワークショップが開かれた。
三年前の中山町立図書館開館セレモニーでご縁ができ、今回の実現となった。

人気の絵本作家さんとあって、募集した50人の定員は瞬く間に達したそう。
t
本日アシードは、本の販売とサイン会でお手伝い。
午前中のサイン会には、県内あちこちから、熱心なファンの方が駆けつけて下さった。
事前に、Faxでご案内しておいた方々は、ほとんど来て下さり、うれしい限り。
亀山さんは、お一人お一人にコミュニケーションをとりながら、
丁寧にサインして下さり、そのお姿からは、誠実な人柄がしのばれた。

午後のワークショップは、
幼稚園児から小学生までのお子さんと保護者が参加し、オリジナルのお面作り。
素晴らしいのは、出来上がりが、同じものは二つとないように工夫されていること。
t
t
t
最後は、図書館児童書コーナーの前で発表会があり、みんなで盛り上がった。
子どもも大人も、わくわくと心ときめく、忘れられない一日になったと思う。

3月18日(水)事業続行プラス1

今年度の山形方面の子育て支援センター事業
『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべ歌の会』は、今日で終了。
12カ月未満の赤ちゃんの会は、三か所とも、来年度も続行というお話をいただいた。
そこに、新たに、1歳からの会が加わることになって、更に忙しくなりそうだ。

3月17日(火)書架増設

アシードの書架が手狭になったので、3本増やす。
以前から、もうちょっと棚が欲しいと思っていたが、
板を買いに行くところから始めなければならないし、
冬籠りの時期でもあるしで、おいそれと、重い腰が上がらないでいた。
しかし、やっぱり、春ですね。
思いたてば、嘘みたいあっという間にできちゃうんだなぁ、これが。
t t
はい!2時間もしないうち、棚3本完了。
リニューアルしたアシードの店舗です。
t①玄関の側
t②東側
t③西側
t④南側
t⑤北側
相変わらずの10坪です。
四方が書架なので、床に何もなくなった分、ちょっと広くなった気がする。

3月15日(日)いやされる~

さすがに、東京での非日常的なスケジュールには疲れ果てた。
その日のうち山形までたどり着く気力はなく、途中下車して、次女のところで一泊。
孫のユキちゃんと遊んで、いやされて、すっかり疲れも吹っ飛んだ。
名前を呼ぶと、いちいち返事するところなんて、たまらない。
t t
t

3月11日(水)~14日(土) 上京

 NHKの『上達!話し方セミナー』に参加のため上京。
ついでに、編集者さんと、新しく出す本の打ち合わせをし、
紀伊国屋書店を二軒回り、新刊を物色。
中の一日は、学生時代の親友と、恒例の春のプチ旅行で川越見物。
最終日は、10時から5時まで、NHKでしっかり勉強で、
さすがに疲れ果て、目の下が真っ黒くなってしまった。

3月10日(火)届かない言葉

金山町の保育園で、30分間親子におはなし会。
子どもたち全員みんなとても楽しんでくれた。
園側から、一部のお母さんが、スマホを操作していたと、後から聞いた。
読み聞かせや紙芝居をしつつも、読み聞かせの大切さを、お母さんたちにしっかりレクチャーしたつもりだったが…
そのお母さんは、肝心なところを聞いていなかったろうな。
「『幼児 スマホ 害』で一度検索してみて下さい」
という言葉を。

3月8日(日)学校図書館改装

 酒田市のH小学校の図書館改装が無事終了した。
酒田市では商業高校以来の、赤木かん子さんの方式の改装だ。
t t
t
本を整理して、配置を替え、床の書架をできるだけ無くしたせいで、
明るく、楽しく、すっきりと、何より探しやすい図書館になった。
6年のPTAと児童が、実に一生懸命働いてくれた。
今まで、赤木さんのお手伝いして、全国の学校図書館の改装を見てきたが、
こんなに黙々と働くPTAと児童は初めてだった。
皆さんに感謝です。

3月2日(月)今年度最後の事業

酒田市立図書館主催の『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』は、
本日が、今年度の最後となる。
図書館担当者の熱心な呼びかけの効果で、今までにない15組の親子の参加があった。
しかも、パパが二人!
60分と長丁場だが、わらべ歌やスキンシップ遊びで、空気を切り替えながら無事終わった。
終了後、パパの一人が、
「とっても勉強になりました。来てよかったです」
と、わざわざ感想を述べに来て下さった。
終わりよければすべてよし!!
この事業は、来年も続くことになった。
頑張らねば。 

2月28日(土)アシスタント

 いつも、わらべうたのアシスタントを務めてくれる白(パク)ちゃん。
t
もう二十年以上前のこと。
飯田橋の人形劇専門店で、棚の一番下に押し込められていたのを見つけた。

「アメリカ製で一万五千円だが、色あせてきたので、欲しかったら半額でいいですよ」

と、店員に言われ、“半額”という言葉に弱い私は、使うあてもなく、衝動買いした。

口も動かせて、そもそもは腹話術用に作られたものらしい。
ちょっと大きいので、おはなし会では使い勝手が悪く、しばらくは寝かせておいたのだが、
近年『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』の依頼が増えるにつれ、
モデルの赤ちゃん代わりに活躍してくれるようになった。
赤ちゃんと同じくらいの大きさで、目立ちすぎず、充分お役目は果たしてくれる。
今では、なくてはならない存在だ。

2月27日(金)子どもは疲れないの!

今度年中の子向け、ブッククラブ展示会二回目。
空き時間の15分で、70人の園児たちへのおはなし会を頼まれる。
ふだんは保育園の子どもたちが相手なので、幼稚園児は一年ぶり。
t
ブッククラブ基本コースの中から、
『おおかみだあ!』ポプラ社刊 セドリック・ラマディエ文 ヴァンサン・プルジョ絵
『てぶくろ』講談社刊 いもとようこ作
他に、お話の小道具を二つ、手遊び一つ。

人数の割には、集中して、よく聞いてくれたと思う。
終わってから、女の子たちが、寄ってきて、何を言うかと思ったら、
「疲れた~」
「私も、疲れた~水飲みた~い」
ですって!
「子どもは、疲れたりしないんだよ!」
と、精一杯おどけて言ってみたが、理解に苦しむ子どもたちのリアクションだった。

保育園児は、30分位、ものすごく集中して読み聞かせを聞いた後、
「“頭”が疲れた」
という表現をする。
想像力をフル回転していたことが、よく伝わってくる言葉だ。
今回のは、その『疲れた』とは、完全に意味が違う気がするのだが・・・
t
肝心の展示会の方、父兄の関心度は、間違いなく、去年より薄くなっている。
丁寧に一冊ずつページをめくって、子どもに合った本を選ぶ人は、完全に少数派だった。

『スマホやゲームに時間を取られる→読み聞かせの時間がない、面倒くさい→本は買わない』
ここ一年で、急速に、こういう構図になってしまったらしい。

赤木かん子さんが、先だって、
「2014年で、完全にスマホ文化の時代に突入した」
とおっしゃっていた。
その意味を痛感した。

『スマホ=コミュニケーション遮断ツール』
という言葉も、盛んに聞かれる昨今だ。
バーチャルの世界ばかりで、地に足をつけて生きなくなった人の行く末は、どうなるのだろう。

2月25日(水)不況

 山形市の幼稚園のブッククラブは、始めてから、もう10年近くなるだろうか。
今年も、親子で絵本を選ぶことができる展示会を開く。
本日は、第一回目で、今度年長になる子たち向け。
毎年のことだけど、同じ会場では、400円くらいの月間絵本の展示もしている。
今年は、大半の親子がそちらに群がっている。
世の中、かくのごとく不況なんだなぁ。
「高い本はそれだけの価値があるんです」
なんていう説明も、殺到する賑わいにかき消されて、まったく耳には届かないのが悲しかった。

2月24日(火)頼もしいおばあちゃん

午前中、金山町の子ども園で、『赤ちゃんとお母さんのわらべうた教室』
駐車場には、山のような雪山があった。
t
前半、一般の親子に、保育園の一歳の子どもたちも混じって、
狭い室内、ぎゅうぎゅう詰めのおはなし会。
25分位して、上手に聞けた1歳児が退室と同時に、4組ぐらいの親子が会場を去る。
後半、残ったのは、12カ月未満の赤ちゃんと、しっかりお話が聞ける幼児と保護者の皆さん。
特に二人のおばあちゃんが、素晴らしかった。
こちらのお話を一生懸命聞いて、わらべ歌も楽しそうにやってくれた。
こういうおばあちゃんが、どんどん増えることを願う。

2月22日(日)パパとみんなの読み聞かせ講座

午前中、市立図書館主催の『月例あかちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』の休日バージョン。
パパをターゲットに、特化させた内容です。
12カ月未満の赤ちゃん同伴で、11組27人の参加があり、パパは6人でした。
過半数が、ブックスタートを経験した、4か月の赤ちゃん。
家庭での読み聞かせを始めるには、ベストの時期なので、お話にも、力が入ります。
ママと同じようにパパも、読み聞かせとわらべうたを一緒にやってくれました。
パパや家族みんなが、赤ちゃんに読み聞かせする家庭。
どんどん増えているという手ごたえを感じました。

午後、鶴岡市の子どもの本を支える会主催の『学校図書館を考える会』の勉強会に参加。
司書教諭、図書館ボランティア、図書パート、議員さんなど、
30名ぐらいの方がいらしていて、なかなか熱心な印象を受けた。
学校図書館で読書の動機づけの実践をされているS先生の発表をお聞きする。
担任を持たない司書教諭と図書パートの連携の、学年ごとのきめ細かな内容は素晴らしい。
しかし、人材に恵まれていない大半の学校では、真似ができないだろう。

質疑応答の時、ボランティアの方から、
「中学年になって、絵本から児童書に移れない子をどうすれば?」
という質問が出された。
共通の悩みらしく、どなたも意見を出す気配がなかったので、
「ボランティアが、バージョンアップして、児童書を朗読してはいかがですか」
と述べてみる。(大体、子どもにばっかり読め!読め!なんてねぇ)
そしたら、
「物語は長いので・・」
という声が聞こえたので、短編集の『怪談レストラン』シリーズを読んだ経験をお話する。
短い上に、怖いお話は、想像力を刺激して、
耳からお話を楽しむ能力をアップさせてくれるはずだ。

その後、司会者から、参加者に、
「おすすめの児童書は、何かありませんか?」
という問いかけがあったが、なかなかタイトルを言う人がいない。
意外と、最近の子どもの本のことを知らないんだなぁ。
古いものがいいと思っているのか、知ろうとしないのか、情報がないのかよくわからないが。
シーンとしている中で、タイトルを言うのは、充分気が引けたが、
斉藤洋の幼年文学など、あれこれ言ってみる。
酒田と鶴岡の風土の違いを感じ、自分ひとりが浮いているのがよくわかった日。

2月20日(金)ブックスタートボランティア養成講座

酒田市の子育て支援課が行っているブックスタート事業のお手伝いをして下さるボランティアを養成する講座。
二時間かけて、歴史、目的、方法、読み聞かせ、わらべ歌とスキンシップ遊びを、講義する。

思えば、ブックスタートのことをはじめて知ったのは、
2000年にフェリス女子大を会場に開催された絵本学会でのことだ。
あれから15年。
近年、酒田市の児童図書室は、利用者が確実に増えていると、職員の方がおっしゃっていた。
ブックスタートの成果だそうで、うれしい限りだ。

2月19日(木)二か月ぶり

12月と1月、悪天候のため、お話練成会が中止になっていた。
本日は,新しい方が加わった上に、久しぶりの会というので、なかなか楽しくにぎやか。
Yさんが、白内障手術から復帰したので、ひとしきりその話題となった。
その後、Hさんが、6年生を送る会でのプログラムと読む本をご披露し、
みんなからアドバイスを受けた。
その先は、私が新刊本のブックトーク。
ここまでで二時間が経過する。
そして最後は、Wさんが、
先だって参加した藤田浩子さんの会で教わったおはなしグッズの作り方を紹介してくれ、みんなで作ってみた。
終始笑い声と笑顔が絶えない3時間だった。

きらきらと明るくはじけるような時間だったから、そして、みんなが知らないようだったから、なおさら言えなかった。
今朝の新聞に、発足当時の錬成会のメンバーだったGさんの訃報を見つけた。
家庭の都合で、来られなくなったからと、退会して二年以上過ぎただろうか。

アシードオープンのあきやまただしさんライブの記念写真には、3人のお子さんと、笑顔で写っていた。
図書館の講座はいつも常連だったし、手作り紙芝居もお子さんたちと一生懸命作っていた。
ブックスタートボラも頑張っていた。
長谷川義史さんの懇親会では、隣にいて、大感激して、ハイテンションになっていた。
錬成会の時も、何度も読み聞かせしてくれた。
にこやかな表情とよくとおる声、絶妙な間。
聞き惚れるような上手な読み方だった。
小首をかしげてページをめくる癖。
小ぶりの形のいい白い手・・・・・・いろんなシーンが浮かんでくる。
個人的なつながりはなかったし、あれっきりだったから、詳しいことはわからない。
47歳。
小中学生くらいのお子さんが3人いたはずだ。
なぜ・・・
みんなが帰って、一人ぼっちになった部屋にいたら、どうしようもなく切なくなった。

2月18日(水)もったいない話

山形の子育て支援センターで、月例『あかちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』
冬で参加者が少ない分、どの会場でも、じっくりと膝を交えてお話できた。
いろいろ出た質問の中で、
「赤ちゃんを寝かしつける時に、いい絵本がありますか?」
というのが、今日も出てきた。
一般的に、絵本を、寝かしつけるためのツールと思っている人は、とても多いです。
なんともったいない話ではありませんか。

2月16日(月)おはなし会in相模小学校

今年も、所属している語りの『花仙人の会』に、
山辺町の相模小からお話会の依頼が来た。
メンバーのうち、都合のつく6人で出かけていく。
山際にある学校の校庭には、十分すぎるほどの雪があり、二宮金次郎さんも埋まっていた。
t
酒田に越してきてから、このメンバーと一緒になるのも久しぶり。
私と相方のFさんの担当は、3時間目が5年生で、4時間目が6年生。
プログラムは、

・紙芝居『数詞のひみつ・一皿と一切れ』(埼玉福祉会刊)赤木かん子脚本 きしらまゆこ絵
・絵本『これは本』(BL出版刊)レイン・スミス作 青山南訳 
・絵本『なぞかけ道場』(金の星社刊)中川ひろたか文 大島妙子絵
・絵本『仙人のおしえ』(くもん出版刊)小沢俊夫再話 かないだえつこ絵

紙芝居は、私の受け持ち。
これは、あちこちの学校で何回もやっているのが、どこでも興味津々で見てもらえる。
『これは本』は、ロバくんとサルくんの短いセリフだけのお話。
わかりやすいように、二人の掛け合いで読んで、いい出来になった。
Fさんは、演劇や朗読もされる大ベテランなので、後半の二つを受け持っていただく。
トリの『仙人のおしえ』は、昔話の王道を行く重厚なお話で、聞きごたえ十分だった。
感想を言う時間を設けず、時間いっぱい読めて、大満足だった。

終了後、大反省会を兼ねての昼食会。
料亭『紅ほたる』の部屋の窓から見える山形盆地の美しさに、一同歓声を上げる。
t t
予約したお雛御膳がこれまた美しかった。
おいしい料理の合間に、Hさんの自作紙芝居を楽しんだり合評したり、瞬く間に二時間が過ぎた。
気心の知れた昔の仲間と、楽しいひと時が過ごせ、本当にいい一日だった。
t
どこが崩れても不思議じゃない様相。
雪崩のため、4日間通行止めになっていた月山新道を、怖々帰る。

2月13日(金)考えてみれば

2月は、月例の仕事のほかは、暇なはずだった。
と、少しゆったり構えていたら、ブッククラブの準備に取り掛かっている最中に、
小学校からの大量注文が舞い込み、更に別のところから、図書館改装のお手伝いのオファーが来た。
考えてみれば、年度末だもの。
「身が持たなくなりそう」
なんて、贅沢なことは言っていられないか。
自営業は、ね!

2月10日(火)ブッククラブ選書

毎月一冊ずつ、園から家庭に絵本をお届けするというシステムのブッククラブ。
関係しているところから、いずれも続行の希望が出ているので、
来年度に向け、選書とチラシ作成を始めた。

その年度によって、選書のコンセプトはいろいろだが、
いかに魅力的な選書にするかが、腕の見せ所。
去年の基本コースは、国内外で賞を取った絵本がテーマで、これは選書しやすかった。
しかし、二年連続では、選べる本はなかなかない。
そこで、今年は、新しいもの、子どもに人気のもの、昔話、エンターティメント、
親子の絆等々をミックスした賑やかな内容にした。
t
展示会も開催し、気に入らない場合は、お好きな本と変えることができて、
最終的には、それぞれのお子さんの個性や好みに合った本を選べるようになっている。
多分、日本で一番親切な、お客様本位のブッククラブだと思いますよ。

2月4日(水)よく見えない

今日は山形。
夕べから、水分を含んだ雪が降ったので、最上川沿いの木々は、
むくむくと桜が咲いたような賑わい。

t
いつもの保育園で、5歳児さんにお話会。
今、2~5歳までの絵本のリストを作っているところで、
あらゆる機会を見つけて、子どもの反応をつかもうとしているのだが、
これがなかなか進まない。

今回は、2冊の中から、どちらかを選びたいと思って読んでみた。
『どーんちーんかーん』は、ぞっとしてほっとする、鉄板の怖いお話。
t
講談社刊 武田美穂作
最初のころは、「どーんちーんかーん、なむなむなむ…」の繰り返しを、
面白がって唱和していたが、佳境に入ってくると、シーンと身じろぎもしなくなった。
そして、最後は、ひと呼吸おいてから、みんなでつぶやく。
「こわくなかった」
言い聞かせるように、つぶやく。

問題は、『ゆでたまごひめ』の反応。

t
教育画劇刊 苅田澄子文 山村浩二絵
お弁当箱のお城に住む、お転婆なゆでたまごのお姫さまという、
ユニークな設定に、一体乗れるのだろうか?
初めは、とんでもない世界を理解しようと、ひたすら静かに聞いていたが、
用心棒の『おにぎりたろう』と『うめぼしまる』登場のあたりから、面白くなりだしたようで、
笑顔が見えてきて、結局、終わってみれば、『どーんちーんかーん』をしのぐ手ごたえがあった。

顔なじみになって、信頼関係が築かれると、どんな本を読んでも、
子どもたちは、面白さを見つけようという意気込みで、対峙してくれる。
すると、当然のことのように、面白いところが見つかってしまうのだ。
こちらの誠意に応えようとする気持ちはいじらしくもあるが、
本そのものに対する反応が見えにくくなって、困惑してしまう。
というわけで、リスト作りの本の選定は、難航している。

2月2日(月)無理しなくていいですよ

酒田市立図書館主催の月例『赤ちゃんとお母さんのわらべうたと絵本の教室』
今日は、月例が一番低いのは、4ヶ月の赤ちゃん。
まだ読み聞かせは、全然やっていなかったので、とても勉強になったと言われた。

最後に、
「夜寝る前に、一冊読み聞かせをするといいと聞いたのですが、それってどうなんですか?」
という質問があって、それを聞いた複数のお母さんたちからも、
「ああ、それ聞いた」
という話になった。
出所を聞いてみたが、みんな首をかしげるばかり。
もしかして、この地域の子育てに関する場所で、そのような話をしている方がいるのかな?

読み聞かせが、夜寝る前の儀式みたいになってしまうのは、ちょっと問題だ。
夜になれば、人は、頭も体もお休みモードになっていくもの。
そこに、面白い本が来れば、脳は刺激され、寝るどころではなくなってしまう。
「夜に読み聞かせすると、寝なくなって困るんです」
という相談が、頻繁にあるのも頷ける。
本で眠らせなくしているなんて、ほんとに皮肉。

以前、ちょっといいやり方を聞いた。
朝、パパが出勤する前に、一冊読み聞かせするのだそう。
その方によると、いくら忙しくても、心がけ次第で、絵本を読む五分位は、確保できるとのこと。
子どもとの関係も良くなり、朝から声に出して読むことで、
脳も活性化され、日中の仕事もはかどるそうで、一石二鳥ではありませんか。
共働きで、夜しか時間はないが、寝る前ではなく、お風呂に入る前とか、
ちょっとしたスキマ時間を、上手に活用している方の話も聞いた。

夜は、無理して読み聞かせしなくても大丈夫。
肌ふれあって、穏やかな言葉や歌で満たした、心のメンテナスを心がけてほしい。

1月31日(土)おばあちゃんちで見る本

勉強会でご一緒させていただいているHさんが、
娘さんとお孫さんと一緒に絵本を買いに見えた。

保育園に行っている坊ちゃんは、目下、車に夢中とのこと。
お母さんから、車関係の本をあれこれ読んでもらっていたが、
お気に入りのトレーラーの本が見つからなくて、残念な様子。

そこで、はっけんずかんシリーズの『のりもの』(学研刊)を紹介してみた。
仕掛けの窓をめくると、いろいろな車の内部が詳しく見られるという図鑑で、
乗り物好きの子どもたちに、とても支持されている本だ。
少し読んであげたら、じわっと気に入ってくれたようで、
「おばあちゃんちに遊びに来た時に読んであげるね」
と、太っ腹のおばあちゃんがお買い上げ。
t
かなり分厚く、船から飛行機まで、たくさんの乗り物が載っているので、
しばらく楽しめることでしょう。
車好きの男の子に買ってあげて損はない本だと思います。

1月27日(火)一歩ずつ

金山町で月例『親子ふれあいわらべうた&読み聞かせ講座』
会場のめごたま子ども園の園庭には、4メーターもあろうかと思われるような雪の山。
さすが、名だたる豪雪地帯。酒田から車で一時間半の場所なのに、景色は全く違う。

前半は、園の2歳児さんに、30分間お話会。
最近はすっかり顔なじみになったので、場に安定感を感じる。
子どもたちも、お話に入り込んで、よく反応したり、聞いたりしてくれる。
先月披露した『あんぱんしょくぱん』の手遊び歌をしっかり覚えていたのには、びっくり。

初参加の時は、ぎこちなかった支援センター利用の親子も、
二回目にはだんだん打ち解けて、笑顔で楽しそうに、ふれあい遊びに参加している。
この場から、ちょっとでも子育てが楽しくなる親子が増えてくれるとうれしいなぁ。

1月25日(日)読んでもらうとよくわかる

今日、絵本を買いにお見えになった、
赤ちゃんと4才位の娘さんを連れた若いお母さん。
娘さんの持ってきた本を、次々に読んであげている。

「この本は難しいでしょ」とか、
「まだ早いでしょ」

なんてことは一言も言わなくて立派。

『ライオンのおもさはかれる?』(評論社刊)
は、どう見たって小学校中学年くらいからの物理の本だ。
それでも、端折らず、初めから、淡々と読んでいく。
言葉をはっきりと、文と文の間に充分に『ま』を取っているだけだが、とても上手。
聞いていて、よく伝わってくる。

時々は、読んでもらっている側の気持ちになることも重要だなぁと、改めて思わされた日。

1月21日(水)エール

山形で、赤ちゃんとお母さんのわらべうた教室のダブルヘッダー。
この時期、例年なら地吹雪で、命がけの行き帰りなのだが、今日は晴天に恵まれた。
久しぶりの鳥海山の全景と青空が眩しい。
t
午前は、1歳半前後の子が多かったT支援センターで。

何時もの通り、赤ちゃんが大人しいうちは、読み聞かせの必要性をレクチャー。
その後、おすすめ本の紹介と実演。
赤ちゃんが騒がしくなってきたら、わらべ歌とスキンシップ遊びで進めていく。

「メロデイがあるものは、なかなか覚えて帰れないので・・・」
と、気後れしているママさんたちへは、you tubeを紹介したい。

質問の時間に、
「赤ちゃんがぐずったり泣いたりする度に抱っこするのは、甘やかしだと言われるのですが、そんなことないですよね」
と、自信なさげに聞いてきた方がいらした。

「赤ちゃんは抱っこされ、声かけられて、心が安定し、健やかに成長していくのです。
どうぞ、たくさん抱っこしてあげて下さいね」
と、お答えしておいた。
子育ても、一通り経験してみないと、何が当たり前だかなんだかわからなくて当然ですよ。
ということを、こちらが認識しておかないと!

とりあえず、こちらは、解らないことを聞かれる立場。
いろんなメディアを参考に、子育てに、うまくエールを送れればいいのだけれど。

午後はI支援センター。
6ヶ月の赤ちゃんのママが、『だるまさんが』を購入して下さった。
何か絵本を買ってあげたいと、何度か本屋に行ったが、どれがいいのかわからなくて、悩んでいたとのこと。
お役に立って幸いでした。

1月16日(木)歯医者の待合室で

歯医者の、年二回の定期検診を除け第二の人生を歩み出した時から、
医者と薬には世話にならない人生を送ろうと決心し、実際実行してきた。

しかし、ここ何か月にもわたって、口の中に腫物ができ、
出たり引っ込んだりしているのが気になってしかたないので、
今日は、決心して歯科医へ行くことに。

口腔外科なんて田舎ではなかなか探せなく、かかりつけとは違うところ。

待合室で待っていたら、絵本コーナーの少し絵本が置いてあるのが目についた。
商売柄、タイトルがとても気になるところだ。
古典的なメジャーな本の中に混じって、

『メアリーアリスいまなんじ?』(童話館出版)

があった。
あら珍しい?と思ったら、童話館ブッククラブの中にセレクトされていた本だった。

なるほどね、ブッククラブで取り寄せたのね。
クラシックファンには、いい本だけど、単独では、なかなか買わない本だしね。
納得。

しかし、一般的に、待合室にいて、
「ああ、もうちょっと読んでいたいのに残念」

という品揃えには、なかなかお目にかかれないものですね。

麻酔を打ち、切開し、消毒し、一時間も治療され、少々厄介なことになったみたいだ。
痛み止めを処方されそうになったので、いらないと言ってみたら、
「ああそうですか、それでもいいですよ」
で終わった。
いい医者だと思う。

1月14日(水)お話し会

 保育園で、5歳児さんにおはなし会。
紙芝居は、この時期にどうしても読みたい、心がほっこりするお話。

『いいものなんだ?』山末やすえ脚本 相野谷由紀絵(童心社刊)

絵本は、元気な子どもたちがリクエストした怖いお話。

『こんや、妖怪がやってくる』君島久子文 小野かおる絵 (岩波書店刊)

これは、中国青海省の、文字を持たない少数民族トゥ族に伝わるお話で、
お話の後半の仇討が、『かにむかし』と少し似ていて、興味深かった。

帰りがけ、大人しそうな女の子が寄って来て、
「妖怪の話が一番おもしろかった」
と、そっと言ってくれたので、ジーンときた。

1月13日(月)今年最初の

 酒田市交流ひろばの『あかちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』
寒い中にも関わらず、7組の親子が参加して下さった。

内訳は、3か月~9か月。
今日は珍しく、パパの参加があって、何時もとはちょっぴり違う空気が漂う。

前半の、赤ちゃんが大人しいうちに、絵本と読み聞かせについてのレクチャー。
『思いやりのある子』の育てるには、

“できるだけ赤ちゃんのそばにいて、五感を刺激してあげること”

が、重要だという解説をし、そのためには、絵本の読み聞かせと、わらべ歌やスキンシップが、かなり役に立つというお話をした。

わらべうたは、血行がよくなり、代謝がアップするような、

・ちっちゃいまめ こーろころ
・これは おいしい フランスパン

を重点的に行う。

帰りがけ、参加して下さったパパが、
「非常に参考になりました!」
と、感想を述べて帰られたのがうれしかった。

1月8日(木)紀伊国屋書店で

赤木さんのアドバイスで、新しい本を探しに紀伊国屋書店へ。
新宿駅は来るたびに改装しているので、毎度毎度迷子になりそう。
歩き疲れて、高島屋のベンチで、一休み。
それにしても、酒田の冬の空と比べると、ビル越しに見るこの空の青さはなんだ!
つくづく、不公平だと思う。
t
紀伊国屋入口のコーヒーショップで、開店時間まで、朝食兼時間つぶし。
ふわふわのカフェラテと、あっさり味のアップルパイ。
t
10時から、とにかく、インパクトのある新刊を探して、絵本と児童書のコーナーに、2時間半ずっと。
いろいろチェックしたけど、めぼしい物は、そうなかった。
ふだんばら売りしない教育画劇の紙芝居3冊と、立ち読みしながら泣けてきた、
西原理恵子の『生きのびる魔法』(小学館刊)を購入。
レジで、送料サービスで宅配してくれるというので、もちろん頼んだ。
それにしても、平日の午前中だと、こんなにもお客が少ないのか。
長時間立ち読みしていたら、目立ちすぎて、店員の視線に、居心地が悪くなるほどだった。

1月7日(水)豪華三人会

 ポプラ社ホールで、赤木かん子さんと、金原瑞人さんと、ひこ・田中さんの座談会。
この顔触れで、一度にお話がきけるなんて、そうあることではない。
というので、冬ごもりの重い腰を上げて上京する。

県境を越え、福島に入ったら、いきなりの青空で、あとは東京までずっと快晴の天気だった。
さんさんと降り注ぐ太陽を感じたのは、実に久しぶり。

最近、上京の機会も減っているので、
案の定、東京駅でメトロに乗車するのも、新宿御苑駅で出口を探すのも、うろうろ。
それでも、本数が少ないJRのせいで、早めに家を出たため、
開始一時間前には、会場に着き、展示してあったお三方の膨大な著書を見ることができた。
t
今日の会は、かん子さんの30周年、金原さんの還暦祝、ひこさんの快気祝記念を兼ねているという。
かつて、それぞれ山形にお招きして、お話をお伺いしたこともあるので、
目の前にその方々がいるというだけで、もうう~っとりという感じだった。
t
ひこさんが進行係を務め、三人の馴れ初めから話が始まり、
子ども時代の読書のことや、ヤングアダルト総論、最近の読書をめぐる世相までお伺いし、
瞬く間の二時間が過ぎた。

地下鉄の中を見ただけで、スマホ触っている人がほとんどだもん。
暇つぶしするものがあるので、読書人口が減ったという話には、つくづく納得。
(しかし!読書って、単に暇つぶしだけじゃないと思うのだけど)

でもって、かん子さんの話だと、親は子育てが面倒なので、
もちろん読み聞かせなんてしたくないし、
「絵本は場所塞ぎになるから、よこさないで!」
って、嫁や娘に言われるから、結局、絵本を買ってあげたばあちゃんが責任取って、
せっせと孫のところに行って、読み聞かせしているご時世になったのだって。
それは、東京だけじゃなくて、昨今は、どこでも聞かれる話で、
私の周囲のばあちゃんになった人たちも、危機感を持って読み聞かせに熱を入れている状況ではある。

地震学者に言わせると、日本列島は、地震と火山の活発化する100年の時期に突入したという。
読書に関しても、つくづくマイナスの時代に入ってしまったのだと実感。
このお三方の話を伺っていても、打開策が何も見えてこないほどの難しい時代に。

1月6日(火)駅窓口で

明日上京するので、余目駅に切符を買いに行く。
新潟回りで行こうとしたら、JROBの年輩の駅員さんが、
寒波の影響で、明日の午前中の、特急『いなほ』に、すでに運休情報が出ていると教えてくれた。
それでは、新庄回りでは?と聞くと、新潟回りよりもましかもしれないが、保証はできないとのこと。
挙句の果てに、
「こんな天気の悪い時は、遠出しないで大人しくしてるのが一番だぜ」
って・・・
いずれにせよ、雪でJRがストップしたら、払い戻しはするというので、切符は買った。
雪降りの早朝6時10分発は、ちとつらい。

1月4日(日)仕事始め

例年になくお客の来ないお正月で、その分、ゆっくり過ごせた。

クリスマスに、お孫さんたちに、絵本を買って下さる常連さんが結構いらっしゃって、
その中の一人から、『チャレンジミッケ!サンタクロース』がとても喜ばれたので、
ミッケシリーズを毎月一冊ずつ、お孫さんに送りたいという、うれしい電話があった。

1月は、寒い上に、雪で道路状況が悪いから、新規の遠出の仕事も来ないだろう。
「この間に、本格的に幼児のおすすめ絵本リストの原稿書きでもしよう!」
と、絵本を積み上げ、用紙も準備した。

が、寒い、冷える、頭も凍る。
ストーブ焚いて、エアコンつけて、防寒服着込んでも、なかなか暖まらない。
それなら、内側からと、ストーブで、クレープを焼いて、ママレードを乗せて食べてみる。
t
が、クレープぐらいじゃ、頭は始動しなかった・・・とにかく、半端じゃない今年の寒さ。

12月25日(木)おはなしグッズと絵本

今年最後の『赤ちゃんとお母さんのわらべうた教室』は、大雪の金山町。
クリスマス寒波で、例年大荒れとなることが多く、庄内は夕べから暴風が吹き荒れた。
車で一時間走った新庄市あたりは、奇跡的といってもいいほどの太陽が顔をのぞかせていたが、金山町が近づくにつれて、前が見えないくらいの雪降りになった。

案の定、お客は皆無。
この雪では、雪掻きして、家から出るだけで大変な話だ。
ましてや、子どもを連れてなんて、無理無理。

というわけで、想定していた通り、こども園の2歳児さんにお話会をすることになる。
今日は、集団読み聞かせ用の紙芝居も絵本も、ばっちり準備してきた。

紙芝居2冊と絵本三冊で35分。
集中して、よく聞いてくれたけれど、2歳児さんに、もうこれ以上は限界でしょう。
最後は、おまけで、きつねとたぬきの棒使い人形で、ミニミニミュージカルの上演。
これはどこでも間違いなく喜ばれるプログラムだから、特別な時にしかやらない。
今日は年度末で、その特別な時。

見たこともない人形が珍しく、見入るばかりで、初めは、反応が薄かったが、慣れてきたら、大喜びで、歓声が上がった。

おはなし会は、絵本で通せれば、それが何より。
でも、たまには、サービスもね。

12月19日(金) 手作り絵本発表会

 新庄市の絵本を楽しむ会の皆さんから頼まれた手作り絵本講座。
11月20日に、キットを渡し、作り方を説明した。
本日は、その発表会。
なんと、初回より多い16名が参加。
ほとんどの人が、初挑戦なのに、完成にこぎつけた人が、8人というのはすごい。
順次、自己紹介と、簡単なエピソードを話した後、発表していく。

家族やペットなど、身近な内容で作った人、イマジネーションの世界を絵にした人。
全くのオリジナルのストーリーで作った人と、それぞれだ。

言葉は後付けで、どうとでもなるし、修正も効く。
だから、やっぱり、問題は絵なのだ。
絵で表現できなければ、絵本の完成はない。
イメージはあるが、それを紙面に落とすことは、容易くない。
みんなが苦労したのも、そこのところだ。

また作ってみたいとか、製本も覚えたいという人も出てきた。
次につながりそうなのがうれしい。

発表会の後は、一品持ち寄り慰労会&反省会&忘年会。
手作りのお菓子やおこわ、ハンバーグ、お汁粉、漬物、サラダetc.
もうテーブルに載らないくらいの品々で、素晴らしい豪華な会となった。

働いている人、親の介護をしている人、子育て真っ最中の人。
皆それぞれ抱えているものは、小さくない。
だから、一カ月に一度でも、現実を忘れて集える場所があるのは、素晴らしいこと。
なんて言ったって、話題の中心は絵本だし!
大体の絵本は、人を元気にする力があるのだから、また明日から、頑張ろうって思えるわけですよ。

12月18日(木)悪天候につき

吹雪と暴風で、路面はツルッツル。
一品持ち寄り忘年錬成会は、中止になった。

12月17日(水)メニュー追加

月5ヶ所を回る『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』で使うわらべうたに、新しいメニューを追加する。
ポイントは、気軽にできて、記憶に残りやすいもの。

○はなちゃん はなちゃん
 りんごが たべたいの
 はなちゃん

○なこうか とぼうか
 なこよか ひっとべー

○ちゅっちゅ こっこ とまれ
 とまらにゃ とんでいけー

幼児が加わった時に。

○だいこん きって きりすぎて
 たたいて つねって なでなでて
 ばんそこ はっても いいですか
 いいですよ(または)ダメ!

赤ちゃんの表情を見ながら、歌ってスキンシップしてあげると、赤ちゃんは、声を上げることが多い。
早く話せるようになって、お母さんとお話したいという気持ちの表れでしょう。
しかし、その声に、意識的に、オウム返ししているお母さんは、意外と少ないように思う。
コミュニケーション第一歩は、オウム返しから始まる。
そのことも、きちんと話していかなければ。

12月11日(木)クリスマスキャンペーン

今年の12月は、例年になく天気が悪そう。
なので、あまりお客は見込めそうもないが、キャンペーンはしっかり開催中です。
t
12月中、お買い上げの方に、『万次郎カボチャ』一個プレゼント。
(山形では見かけませんが、買うと結構高価らしいですよ)
t

12月10日(水)最高に練習した本

今年の8月30日に出た比較的新しい本。
『あきちゃった!』(あすなろ書房刊)アントワネット・ポーティス作、なかがわちひろ訳

自分の鳴き声に飽きた鳥たちが、どんどんおもしろい鳴き方をしていくというお話。
t
お話の中で、白は鳩、黒はカラス、茶はスズメとすぐに分かった。
しかし、4羽のうち、赤いのだけが、種類が不明で、読んでいても落ち着かない。
手がかりは、「ツピ」と鳴くことだけ。

そこで、『野鳥図鑑』をあれこれ探してみる
どうも、色合いと鳴き声からすると、ベニマシコじゃなかろうか。
なるほど、メジャーな鳥じゃないから、文中では、単に赤い鳥としたのかも。

晴れて心が落ち着いて、読み込みにかかる。
鳥たちのでたらめにさえずりが、それらしく恰好がつくまで、思いのほか時間がかかった。
鳴き声に合わせて、説明文も調整したので、20回は練習した。

保育園ボランティアの日で、5歳児に読む。
練習の甲斐あって、子どもの性質の反応は上々。
「この次、またその本持ってきてね!」
と、リクエストがかかった。

12月7日(日)もったいないばあさんのおはなし会

舟形町で、教育委員会主催の真珠まりこさんの
『もったいないばあさんのおはなし会』があった。
この度は、コーディネートと、著書の販売でお手伝い。
t
雪が降ったりやんだりの悪天候の中、百人ほどの親子が集まってくれた。

全体的に、温かく誠実な人柄がしのばれるおはなし会だった。
変に凝ったりせずに、絵をきちんと見せて、言葉をしっかり聞かせるという、
シンプルなやり方に、とても好感が持てた。
講演の前後にお話することができ、来年の庄内講演が確定した。

11月23日(日)くじけた

 今日、NHKの『リーダーのための朗読指導研修会』出席のため上京するはずだった。
6年間、この時期、欠かさず参加していたのに、ドタキャンしてしまった。
このところ、気温が下がっているし、上京中の予報は雨だったし…大した理由でもないはずなのに。
冬に向かって、どうやら、エネルギーが落ちているらしい。

11月20日(木)初めての絵本作り

10時から3時まで、新庄市の絵本の会の12人の方々に、
アシードで開発した“製本済み手作り絵本キット”を使った手作り絵本講座。
t t
会場となったSさん宅には、チンチラとチワワがいて、なかなか和やか。

まず初めの20分で、絵本の成り立ちと、作り方の手順を説明する。
日常で使う畳語の一覧を配り、自分の選んだ言葉を使って、文を作って行ってもらう。
その後、文に合った絵を描いていく。
とにかく皆さん、黙々と真剣に、時にはうなったりしながら、頭と手を動かしていた。
t
それでも、大概の方が、時間切れとなる。
で、持ち帰って完成させ、12月19日に、完成発表会を開くことになった。

介護、仕事、子育てなど、いろんなものを抱えての参加である。
「日常を忘れ、没頭することができて、贅沢で幸せな時間だった」
という感想を聞くにつけ、別世界で過ごす時間の、貴重さを思う。

11月19日(水)悪い性格

手作り絵本講座のために、自分で見本を作ってみているが、悪戦苦闘だ。
教えることを想定しながらなので、意外と時間がかかる。
一応、5時間で形にする予定だが、できたのは60パーセントとは、情けない。
昔の、新聞の広告にあった言葉を思い出す。

『教えることは、教わることより難しい』

確かに、実感だ。
作っているうち、どんどん直したい箇所が見えてきて、やり直し、やり直し・・・
性格が災いしている。

11月17日(月)初めての絵本作りのために

手作り絵本キットを開発した時からの課題だったのが、
『絵が描けなくても、お話が作れなくても、だれでもできる手作り絵本講座!』

図書館主催の手作り絵本講座は何度もやってきたが、
基本的に、絵もお話もできる人たちが対象だったので、課題は、ず~っと先送りになっていた。

ここにきて、この秋、新庄市の絵本を愛する会の皆さんから、
「絵本を作ってみたい」
との申し出があり、いよいよ課題に取り組む必要性が、向こうからやってきた。
場を与えられないと、人は頑張らないからね。
チャンス到来というわけだ。

考えに考えること一カ月余り。
たどり着いたのが、
・文は、畳語を使い、心の移り変わりを文字にする
・絵は、畳語を抽象的な形と色で表現する
・貼ってはがせるノーカットシール用紙を使う
というもの。
何はともあれ、自分で見本を作ってみないと!

11月13日(木)教科書通りに

10時半から、金山町の『月例親子ふれあいわらべうた&読み聞かせ講座』
強風でみぞれ模様の荒れた天気だから、お客はいないかもしれない。
そしたら、園の子どもたちへのおはなし会になると思い、
そのプログラムを想定して、絵本と紙芝居、小道具を準備した。

会場に着くと、8畳位の会場にぎっしりの人。
「この天気に、この人の入りはどうしたんですか?」
と、思わず、教育委員会の担当者に聞いてしまった。
そしたら、新聞への投げ込み情報が、珍しく掲載された結果だという。
乳幼児から園児まで、幅広い年齢の子がいる。
いつもは多くても、5組ぐらいだから、ここは該当者がいないと思っていたけど。
どこから湧いて出たのか、結構いるのじゃないですか!
(おはなし会用のプログラムを準備してきたよかったぁ)

幅広い年齢の子たちにする、『一回きりのおはなし会』を、教科書通りに行ってみる。
・ 名を名乗り、絵本を読みに来たことを伝える
・ 拍子木で始めの合図
・ 最初は惹きつけるお話
・ 長いものの後は、気分転換にわらべうたや小道具。
・ 途中飽きたようなら、目先を変えてみる
という風で、なんとか55分乗り切った。
けれど、ちょっと経って、冷静になった時に、気づいたことが二点。
・ 年齢幅がある時は、前半小さい子向け、後半大きい子向けのプログラムを組む。
・ 親向けに年齢に合ったおすすめ絵本のブックトークも、取り入れるべきだった。
やっぱり、お客の顔を見てから、その場でプログラムを組み立てるのは難しい。
なかなか教科書通りにはいかないが、教科書を頭に入れておくことは肝要だ。

11月12日(水)絵を読む

月例保育園のおはなし会。
相方がいるので、大概2冊は、観客側に座り、子どもと一緒に読み聞かせを楽しめる。
今日読んでもらった『ちからたろう』杉山亮文、伊藤秀男絵(小学館)は、
子どもの反応が興味深かった。
文も難しく、単語もわかりにくい。
大体、垢で作った『ちからたろう』というが、
その垢も、子どもたちは理解していなかったのでは?
それでも、そこここで反応やつぶやきが聞かれたのは、迫力ある絵のお蔭だ。
子どもたちは、絵を読みながら、笑ったりつぶやいたりしていた。
極めつけは、ラストの、三人の太郎がカップルで並んでいる、文字の無いページ。
「結婚したんだぁ!!」
うれしそうに言う。
二つの園で読んだが、同じ反応だった。

11月10日(月)冬のわらべうた

 図書館主催の月例『あかちゃんの絵本とわらべうたの教室』
立冬も過ぎたので、遊びうたも冬のものに変えようと思って、
新しいレパートリーを探したが、なかなかいいのが見つからない。
結局、今回は、
・ちっちゃいまめ こーろころ
・フランスパンのうた
で済ませた。
さすが、12月は、新しいのを見つけないと!

11月7日(金)眠れない夜

最上教育事務所で、平成26年度山形県読育推進ネットワーク整備事業の
『最上地区読育推進ネットワーク研修会』が行われた。
90分時間をいただいて、スマホやマスメディアの害と乳幼児の読み聞かせについてお話する。
自分の中で、解決が見えてない部分も多かったせいか、話していてもどかしかった。
結論としては、ブックスタート事業を皮切りに、
子どもの成長に合わせて、読育をどう推進していくかだと思っていたのだが。
参考までに、
三か月検診時のブックスタート
~12カ月未満の赤ちゃんの絵本とわらべうたの教室~
図書館のおはなし会を展開している、酒田市の取り組みを紹介した。

事例研修では、10年経過した金山町のブックスタートの実情をお聞きした。
教育委員会の担当の方が、鋭い分析をされていることに、目を見張る。
そこで見えてきたのが、子どもの本をめぐる状況が貧しい中で、
ブックスタート後の事業に繋げていくことの難しさだ。

例えば、
子どもの健診の時、会場で、子どもが選んだ本を、町からプレゼントされる
なんてことは不可能だろうか・・・?

それにしても、自分が悪いのだが、今日の講演は、自分の中で、不満足だったかも。
夜、最近になく、長い時間、寝付けなかったから。
はっきり言えないが、小さなとげがあちこちに刺さっている感じだ。

11月3日(月)思った以上に

11月7日に、県教育委員会主催の
『最上地区読育推進ネットワーク研修会』で講演をすることになっていた。
テーマは、『スマホより親の温もりと肉声を…そこで絵本!』

それで、連日、スマホの害についていろいろ調べていた。
早くから、このことに警鐘を鳴らしていた、柳田邦男さんの著書にも目を通す。
ネットでちょっと検索しても、依存症、乳幼児への害など、出てくるわ、出てくるわ。
で、なかなかまとまらない。
読み聞かせどころか、
親子のコミュニケーションすら危機的状況に陥っているということはだけは、よくわかった。
事態は思ったより、ずっと深刻らしい。

10月30日(木)合評結果

先週行われた図書館主催の『読み聞かせマラソン』の集計結果が出た。
良かった点、改善点をまとめた通信簿が、一人一人に渡った。
他人の読みの中で、多くの人が気になった点をまとめてみた。

○ 単調、メリハリに欠ける
○ 表紙をじっくり見せて、タイトルをしっかり言っていない
○ 見開きを大事にしていない
○ 読んでいる最中に、観客を何度も見る
○ 無意味な二音目強調、語尾伸ばし
○ 開きグセがきちんとついていない
○ 身体がおおいかぶさって絵が隠れる
○ 立って読むと、威圧感を感じる

意外ですが、最後の“威圧感”は、結構多くの人が感じる指摘だった。
読み手と子どもの関係が固定していれば、そう気にすることもないのだろうが。

10月25日(土)快挙

夏休みに、酒田市立図書館主催で、『親子手作り絵本講座』を開催した。
そこで制作した20点の作品を、図書館職員が、全国のコンクールに出品して下さった。
審査の結果が発表になり、家族の部114点応募があったそうだ。
なんと!入賞入選合わせて6点の中に、酒田市立図書館から出品した二点が食い込んでいた。

10月25日(土)読み聞かせレッスンin盛岡

盛岡市中央公民館の『聞かせ屋。けいたろう』さんの催しに出かけて行く。
けいたろうさんは、元保育士で、JPIC読書アドバイザー。
路上ライブで絵本の読み聞かせを始め、4ケ月の渡米講演を経て、
読み聞かせ、講座、研修会などで全国を回っている。

午前の部がわくわくおはなし会。
4歳くらいから小学生向けの内容で30分間。
午後の部が、読み聞かせレッスン。
大人対象で、90分。
t
タップを刻みながら、ウクレレ持って歌います。
声もいでたちも、さわやか~。
路上でやっているところを見たら、みんな立ち止まってしまうオーラだ。
聞かせるだけでなく、手拍子や歌で参加させる。
子どもを引き込むのも上手だし、飽きさせない。
路上ライブで身に着けた技なのだろう。
だんだん話が聞けなくなっていく子どもたちが多くなるこれから、
参考にしたいところがたくさんある内容だった。

10月24日(金)すご~いショック

酒田市立図書館の『読み聞かせボランティア講座ステップアップ編』で、
読み聞かせマラソンをやった翌日のこと。
「すご~いショックを受けちゃって・・・」という電話が入った。
もう10年選手のHさんからだった。

読み聞かせマラソンとは、自分の選んだ本をみんなの前で読み聞かせして、
チェックシートで批評し合うもので、経験者同士が、技術を高めるために行う自主勉強会だ。
チェックの内容は、
①対象年齢とあっているか
②遠目がきくか
③声は聞こえるか
④活舌はよいか
⑤読みグセ
⑥読み手と本の相性
⑦本の持ち方
⑧開きグセ
⑨姿勢
⑩始め方と終わり方
⑪間の取り方
⑫ページめくり

Hさん曰く。
「人の読み聞かせを、あまり聞く機会がないから、うっかりしていたんだけれど。
10人もの読みを聞いて、すご~くショックを受けた。
お話が、すーっとよく入ってくる読み方の人と、
全くイメージがわかない人と、こんなにも違うんだと思って・・・
そしたら、自分の読みは、他の人にはどう聞こえているのかとか、
子どもたちが楽しめるような読み方をしているのだろうかとか、急に不安になっちゃった。」

読み聞かせは、相手があって成立する。
でも、自分の読みの欠点は、自分では気づかないことがほとんどだ。
だから、欠点を他人から指摘してもらう、読み聞かせマラソンの必要性が出てくる。
そして、みんなの指摘は、自己の欠点に気付き、直すきっかけになり、
それは、取りも直さず、相手(子どもたち)のためにもなるのだ。
ところで、Hさんの不安は、気のせいでしたよ。
だって、みんなのコメントは、こんなでしたからね。
「明るい声、温かみがある読み、ほっとした気持ちになる、大切に読んでいるのが伝わった」

最後に、Hさんは、
「やっぱり読み聞かせマラソンは、時々やるべきよ。
みんなから言ってもらって、なるべく自分の欠点を直し、
子どもたちに、いっぱい楽しんでもらいたいもん」
そう言って、電話を切った。

10月23日(木)読み聞かせマラソン

 酒田市立図書館主催の、読み聞かせボランティア向けステップアップ講座の第一回目。
本日は、自分の選んだ本をみんなの前で読んで、合評する会。
9人の参加で、12時ピッタリ終了となる。
『100万回生きたねこ』講談社刊
『泣けないサボテン』扶桑社刊
『走れ、メロス』ほるぷ出版刊
『きのめがっしょうだん』福音館書店刊
『きょうのごはん』偕成社刊
『しまふくろう』福音館書店刊
『へんなの』自由国民社刊
『ん』講談社刊
『タップのゆめ』講談社刊 
皆さん、経験者だけあって、聞かせる内容でした。
合評のまとめは私の仕事。
人の読み方のどこが気になって、どこが良いと感じるのか、分析するのが楽しみだ。

10月21日(火)反省

今日の『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』は、反省点だらけ。

いつもと違うのは、保育園の参観日に来たたくさんの親子の、いきなりの参加。

遊具のある部屋なので、子ども達は遊びだし、読み聞かせが始まっても、見ようとしない。
子どもを大人しくさせようとしたら、むずかる子が、場が落ち着かなくさせた。
うーん、何というか、子どもにだけでなく、親にも、言葉がちゃんと入っていかないもどかしさが残った。
子どもに気を取られて、親がきちんとこちらに顔を向けていなかったせいだ。

それでも、紙芝居と絵本2冊、わらべうた3つできたので、上等だったのか・・・

全体的に、そんな風だったので、リピーターの子たちも、いつものように集中できなかった。
リクエストされていた『おばけのはなし』も、完全に見る気をなくしていたし。

慣れていない大勢の親子向けのプログラムも、一度きちんと考えておく必要がある。
・大型絵本
・パペット
・だれもが知っているものを織り込んだわらべうた
・親御さんに最低限伝えたいこと
早めに、これらを、マニュアル化しておこう。

10月18日(土)マタニティブックスタート講座

上山市立図書館からの依頼で、『マタニティブックスタート』をテーマに、
90分お話する。特にスマホの、親子関係に及ぼす悪影響を、丁寧に話したつもり。
館長さんや職員の方も、最後まで熱心に聞いて下さった。
二時から、40分間、読み聞かせコーナーで、絵本とスキンシップ遊びのおはなし会を開かせていただいた。
絵本は、サトシンさんの著書二冊。
どちらも、参加型のお話で、集団読み聞かせにもってこいのレパートリーです。

『どうぶつまぜこぜあそび』ドーリー絵 そうえん社刊
『おさるのパテシェ』中谷靖彦絵 小学館刊

スキンシップ遊びは、
・フランスパン
・パンのうた
・キュウリができた
・てってのねずみ
・おらうちのどてかぼちゃ

保育園の子と、低学年の子が中心で、最初、遠巻きに見ていた子たちも、
サトシンさんの楽しそうなお話にだんだん寄って来て、最後は、しっかり見てくれた。
いつもは、ボランティアの方々が、集まってきた子どもたちに、本も持ってこさせて、
その場で読んであげる形式でやっているそうだ。
t
国道112号は、紅葉が真っ盛り。
月山山頂は時雨れているらしく雲がかかっていた。
来月には、雪かなぁ・・・

10月16日(木)錬成会

月一の勉強会。
雷交じりのどしゃ降りの中、都合3人の参加。
今日取り上げた本は、
『ピーボディ先生のりんご』(集英社刊)マドンナ文 ローレン・ロング絵 村上由佳訳
『ルリユールおじさん』(講談社刊)いせひでこ作 
『道づれ』スーザン・プライス作 安藤紀子訳(長崎出版刊『12の怖い昔話』より)

10月15日(水)食欲の秋のふれあい遊び

山形市の子育て支援センターで、絵本とわらべうたの教室。
食欲の秋にちなんだスキンシップ遊び。

・フランスパン
・きゅうりができた
・おらうちのどてかぼちゃ

の三種が、どこでも喜ばれた。
質問は、
「自分でめくってばかりで、読ませてくれない」
でした。

10月10日(金)自分のために

月一で、絵本を語りながら茶話会を開いている、新庄市の絵本を楽しむ会の方々7人が、絵本を買いにいらした。
さすが、絵本に造詣の深い方々だけあって、選ぶ本もなかなか通のものばかり。
こちらで、当店の目玉と思っていた本が、束で買われていった。
少々寂しくもあるが、目の肥えた方々から喜ばれるような品ぞろえを自負しているわけだからと、今日はランチを奮発。

・三尺ササゲのおこわおにぎり
・山形風芋煮汁
・カラトリとモッテ菊にピーナッツ和え
・夏野菜(ナス、シシトウ、万願寺唐辛子)の素揚げコリアンダー風味
・漬物(新生姜の酢漬け、キュウリの味噌漬け)
・ヨーグルトのラズベリージャム
・コーヒー

10月8日(水)制覇

10時からと11時からと、二つの保育園で、5歳児さんに、月例おはなし会。
子どもたちが、このところ楽しみにしているのが、
松岡達英さんの『ダンゴムシのゆかいな冒険シリーズ』(小学館刊)。
今日は、最後の一冊『だんごむしと恐竜のレプトーぼうや』を読むことになっていた。
子どもたちは、表紙を見ただけで、
「やったぁ!」
と、両手をあげて大歓迎。
見返しの、恐竜図鑑のページは、ちょっと反応して声が出たが、本文を読み始めると、後は、ひたすら、シーン。
それこそ、水を打ったよう。
一言も聞き漏らすまい、絵の隅々まで見逃すまい、という心意気が伝わってくる。
『からすのパンやさんシリーズ』5冊を読んだ時も、つくづく思ったのだが、
子どもたちは、本当に、シリーズものを制覇することが好きなんですね。

10月6日(月)新米おばあちゃん

酒田市立図書館主催月例『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』
本日は、台風にもめげず、3カ月から12ヶ月の赤ちゃんとお母さんの7組の参加があった。

中に一人、60がらみの女性が、見学させてくださいと言って、お母さんたちに加わった。
特にお聞きしなかったが、初孫でも授かった方だろうか。
熱心に耳を傾けては、メモっていた。

この教室は、お母さんだけでなく、赤ちゃんのそばにいる人全てに聞いてもらいたいと思っているので、
こういう方の参加が、もっともっと増えてくれるといいなぁ。

10月4日(土)木村恵子さんお話し会in花巻

山形を代表するストーリーテラー『木村恵子さんの語りを聞く会』が、
10時半から90分、花巻教会をお借りして行われた。
今回は、マネージャーとして、木村さんに同行する。

いろいろな行事と重なって忙しい中、一般と教会関係者が半々くらいで、
40人近くの方がいらして下さった。
t
お話は二部構成になっていて、一部は、山形の語りで、
『ねずみっこむがし』『鬼女房』『笠地蔵』などローカルな話。
二部は、がらりと雰囲気を変えて、まどみちおさんの詩5編と、
イタリアの昔話『ロバの耳はなぜ長い』『ウリとっつぁん』を聞く。
どれも、山形にいた時、何回も聞いた話ではあった。
が、教会という清浄な空気の中で聞く『ウリボとっつぁん』には、涙が出たほどだった。
80歳になっても、なお聞かせる木村さんの語りは、ますます円熟味を増している気がする。

10月2日(木)おはなし木っこ

遠野の『もくもく絵本研究所』で作られた、おはなし木っこ(こっこ)。
桧の間伐材を利用し、地元の文化を継承しつつ、お話作りの楽しさを体験できる画期的なおもちゃだ。

4個の木のサイコロにはそれぞれ、
①だれが→ おばあさんが さるが おじいさんが ねこが いぬが おんなのこが
②どこで→たんぼで いえで うみで おにがしまで やまで かわで
③なにを→さかなを せんたくものを おにを おひめさまを おひるを たからものを
④どうした→みつけました たすけました あらいました たいじしました たべました つかまえました
という、文と絵が焼き付けてある。
それらをアットランダムに転がすと、時には、突飛もない文になったりして、結構笑える。
t
今日、絵本を買いにいらしたお客様の、年長さんの男の子と女の子が、
おはなし木っこにハマり、大笑いしながら、いろんなお話を作って、一時間近く遊んでいった。

「おばあさんが、おにがしまで、たからものを、たべました!!」

終いには、あんまり可笑しすぎて、サイコロを持っただけで、転げ回っていた。

10月1日(水)本の買い付け

今年も、山辺町のM小学校のボランティアのお二人が、
学校読み聞かせで使う本を買い付けにみえた。
選書は、まるまるボランティアの方々に任せられていて、
資金は、全て教育後援会からだしてもらえるという恵まれた環境にある。
高速道路を使っても2時間近い道のりだから、今年は少しでも時間節約のためと、
あらかじめ、お勧めの本を選書しておいてくださいという連絡が来ていた。
こちらで選んでおいた60冊から、
「この本は、Aさんが読むのにピッタリ」
「絵も話もいいけど、字が小さいから、ざんねんだけど,外す」
とか、読む人の顔を思い浮かべたり、諸事情を勘案したりして、取捨選択していく。
老眼の域に入った人が多いので、活字の大きさは、選書の優先順位の上の方になってしまうところが現実的だ。
いくら内容が良くても、深刻なもの、重たいもの、暗いものは、すっぱりはじかれる。
お茶にし、お孫さんや、自分の本も購入し、帰って行かれた。
やっぱり、4時間近くはかかるなぁ。

9月28日(日)サトシンさん絵本ライブin出羽遊心館&みすみっ子クラブ

 本日は、午前中出羽遊心館で、酒田市立図書館主催のサトシンさん絵本ライブ90分。
90名近くの親子が参加して、つつがなく終了。
午後は、南平田小学校の学童保育所のホールで90分。
どの会場でも、サトシンさんは、販売の本の山を見ながら、プログラムを組んで下さった。
ライブの流れにとても気を使われていて、本番直前まで、あれこれと思案していらっしゃった。
子どもにお話を届けるものとして、十分に見習いたいことであった。
25日の打ち合わせから始まったサトシンさんの絵本ライブツアーは、つつがなく終了。
ホテルまで送っていき、12月の金山町での再会を期して、お別れした。

9月27日(土)サトシンさん親子向けライブin最上町

最上町中央公民館で、サトシンさんの親子向けライブ90分。
これは地元の読み聞かせボランティア『めたせこいや』さんの主催で行われた。
t
あいにく、稲刈りや運動会の時期と重なり、天気も良かったこともあって、
ドタキャンが相次ぎ、始まるまで心配したが、それでも、親子で60名ほどの参加があった。
サトシンさんは、いつものように、ここでも快進撃。
サイン会も、最後の一人まで、丁寧に対応して下さった。

9月26日(金)常宿

夜は、明日行われる最上町でのサトシンさん絵本ライブの関係者と瀬見温泉で交流会に参加のため、
博物学者の荒俣宏さんが絶賛している“ボロいい宿”『喜至楼』に宿泊。
t
本館の屋根が完成したのが、明治元年とのこと。
その風情ゆえ、映画『千と千尋の神隠し』の油屋旅館のモデルになったところだそうな。
ボロいという人がいる一方、その風情がたまらないという人もいて、
その手のマニアの人で、時期によっては満室になることもあるという。
以前、ここのおかみに大層お世話になった。
その関係で、最上で仕事がある時、私は、必ずここに泊まることにしている。
地元の読み聞かせボランティアの方々からは、
「女性が一人で泊まる所じゃないわよ~」
と言われているけれど、いろいろとまぁ、たしかにね・・・充分怪しいことだらけ。
玄関はこんなだし、
t
うす暗い廊下の突当りには、こんなものが浮かび上がったりしている。
t
そして、女湯の脱衣棚の上には、不思議な木のオブジェ。
(え!キューピーって男の子だったの)
t
ちなみに、他はどうなんだろうと、探りに行ったら、男湯は金太郎と熊。
混浴風呂のところは、花咲か爺さんとポチだった。
(もちろん、朝の八時半だから、風呂には誰もいませんよ)

トイレは部屋の外で、ミシミシいう長い廊下を歩いて行かねばならない。
しかも途中に、大きな鏡があったりするから。
とりあえず、夜のビールはやめておこうということになる。

今回、ちょっと時間があったので、明るい時、館内をじっくり見て回ったら、またまた突っ込みどころ満載。
その最たるものが、
風呂に入り口にある洗顔用流しのところにあった、正しい温泉の入り方を書いたプレートの文章。
『温泉に入る時は、シャツとパンツを脱いで、裸でお入りください』
だって!。
いつごろ書かれたのかな?
入浴中に停電になったとか!宿泊の度、何かしらハプニングがあるのだが、今回は珍しく何もなかった。
出る時、フロントに鍵を返そうとしたら、いくら大声で読んでも、ついに誰も来なかったこと以外は。

ちなみに、サトシンさんは、宿泊先は、主催者の予約してくれた、喜至楼向かいの高級旅館。
「いいなあ!僕も絶対そっちの方の泊まりたかったなぁ」
と、いうことしきり。

それでは、また、山形にお呼びするしかないですか。

9月26日(金)サトシンさんライブ初日

10時から12時まで、読書アドバイザークラブ山形宮城支部の支部学習会。
県内外から60人近くの方々が参加して下さった。

本日のゲストは、絵本作家のサトシンさんで、講演テーマは、『絵本づくりが好きすぎて』
お話は、絵本作家への道のりから始まり、自作絵本についてのエピソードや、
画家さんとのかかわりを絡めつつ、読み聞かせの実演と、たくさんの歌を披露していただく。
t
最後は、参加者から登場してもらって、サトシンさんが考案した『おてて絵本』の時間。
これは、手のひらをポンポンとたたいて、パッと開き、本に見立て、
「これはなんでしょう?」
「絵本です」
「何が見えますか?」
といったように、親子で、エア絵本のお話を作って楽しむというもの。

今回は、三人の大人に、実験台になっていただいたが、なかなか大変そう。
本来、『おてて絵本』は、子どもの周囲の大人が、コミュニケーションを楽しむ手段として考案されたものだというが、
何というか、お母さんに想像力がないと、すぐ挫折してしまいそうな気がする。
お子さんのちょっとした言葉から、発想を膨らませ、するすると物語をひっぱりださないといけないからなぁ。

『おてて絵本』には、

人の話をきちんと聞く~言葉を返す~お話を発展させる~一緒に楽しむ

という要素が含まれていて、子どものコミュニケーション能力を高めていくには、素晴らしい方法だと思う。
一度目の前で、実演してもらえば、やり方はすぐわかる。
スマホ全盛の中で、『おてて絵本』が、親子で過ごす楽しい時間の形として、
大きく広がってくれればいいなと思う。

お昼休みの時間を利用し、読書アドバイザー9人の交流会を持ち、
今後の活動や企画について話し合う。
本日は、沼津、宇都宮、山形、宮城、青森と広範囲から参加していただき、感謝だった。

午後2時から一時間、同じ会場で、はらっぱ保育園の子どもたちに、
サトシンさんの絵本ライブとおてて絵本の会。
t
正座して聞く子どもたちの後ろ姿がなんともかわいらしい。
おてて絵本の実演にトライしてくれた子どもたちの発想は、
大人にはないユニークさで、なかなか楽しかった。
普段から、豊富な読み聞かせをしてもらっている成果だと実感した。

9月25日(木)打ち合わせ

明日から、絵本作家サトシンさんをお招きしての山形~最上~酒田縦断絵本ライブが始まる。
アシードは、三日間のライブのプロデュースと本の販売でサポートする。
本日は、夕方、山形入りしたサトシンさんと、山形市のなごみの里地域交流ホールで落ち合い、打ち合わせ。
会場を下見していただいた後、椅子や机をセットし、販売する本も全て並べて、夜酒田に戻る。

9月18日(木)おはなし練成会

月例勉強会。
三か月前から、読む読むと宣言しつつ、諸事情で読めないでいたゴフスタインの
『ピアノ調律師』(現代企画室刊、末盛千枝子訳)を朗読して、みんなに聞いてもらう。

結構練習していたはずなのに、午前中は金山町で一つ仕事があり、
午後からは、最上教育事務所と研修会の打ち合わせで、一時間超話し、
夜になって、疲れが出ていたのだろうか。
言葉を噛んだり、呂律が回らなくなったり、ほころびが目立った。

40分はかかるかなり長い話だったせいもあって、聞いている方もしんどかったと思う。
「なんか、途中で、お茶をどうぞと言いたくなった」
というのが、開口一番の感想だったから。
自分的には落ち込む中、
「ちゃんとした話をじっくり聞いた気がする」
と言ってくれた人がいたのには、いささか慰められたが・・・
なんやかやも含めて、老化現象の一言で片づけたくないなぁ。

さて、他には、いつも楽しい本を紹介してくれるHさんが、
講談社刊の『オー・スッパ』越野民雄文、高畠純絵)を読み聞かせしてくれた。
人柄のいい陽気なキャラがこの作品とぴったりで、大いに笑わせてくれた。

他に、新入りのMさんが、今度五年生に読むという
宮沢賢治の『月夜の電信柱』(三起商行刊、竹内通雅絵)を披露してくれた。
竹内通雅さんの絵が、時には、闇が冴え冴えと、明かりが皓皓と、ライトに浮かび上がり、
見とれるほど美しかった。
また、繰り返し歌われる、
「ドッテテ ドッテテ ドッテテド」
のメロディと響きは、読み終わっても、脳裡に染みつき、ぐるぐる鳴りやまなかった。

昔、作家の高橋源一郎さんの講演を聞いた時のことを、ふいに思い出す。
赤ちゃんができたとわかった時に、胎教の読み聞かせは天才児を作るという本を読んで、
古今東西の名作を、片っ端から読んで聞かせたそうだ。
そしたら、その中で、おなかの赤ちゃんが一番反応したのが、宮沢賢治の作品だったという。

この話、今日腑に落ちた。 

9月17日(水)ああ、悔し

山形市の子育て支援センターで、
月例『赤ちゃんとお母さんのわらべうたと読み聞かせ教室』で、あるお母さんから出た質問。

「わが子に合った本を探すのに、図書館を利用してくださいと言われますが。
図書館に行くと、赤ちゃん絵本コーナーにたくさんの絵本があって、どれがいいか、選べないのです。
どうしたらいいのでしょう?」

たしかに!

その時は、
「赤ちゃんが好きなもの、見ると喜ぶものが描かれている絵本を選んでみてください。
車が好きなら車の本、食べ物は大体喜びますよ」
などと答えておいた。
が、後になって、はたと気づいた。
こういう悩みを持つお母さんたちのために作ったのが、
赤ちゃん絵本のガイドブック『赤ちゃんが大好きな絵本』(河出書房新社刊)じゃなかったの!!
0歳から1歳半までの選りすぐりの24冊。
そうよ、選ぶのが大変だから、苦労して絞り込んだのに。

大事なシーンで、肝心なことを忘れるなんて、あ~あ、何だか自己嫌悪・・・

9月11日(木)風の又三郎

以前に、日曜美術館で,藤城清治さんの『風の又三郎』の影絵の制作過程を見た時、
作品にかける意気込みに、ただただ圧倒された。

たまたま、那須高原藤城清治影絵美術館に来てみたら、
150点ほどの作品の中に、『風の又三郎』があって、期せずして本物と対面できた。
影絵特有のきらびやかさを抑えた、複雑なグレーの濃淡の風景が、
吹き渡る風をひときわ感じさせてくれた。

ここには、藤城さんの仕事の集大成の作品が展示されていたが、
中でも一番感動したのは、3.11後の被災地の光景を扱った大作だ。
『奇跡の一本松』や、残骸になった建物、陸地に打ち上げられた漁船など、痛ましい光景の数々。
90歳にも関わらず、この現実を残したい!
という芸術家魂を見た思いがして、しばらくは、その場を動けなかった。
そして、じっと見つめているうちに、募ってきた思いに気付く。
これらの作品は、終わりではなく、再生の希望、道しるべなのだと。

9月7日(日)オリジナル

先だって、佐藤凉子さんが、山形にいらした時に、
語りの『花仙人の会』で、それぞれ話を持ち寄って、聞いていただく会をすることになった。
私は、最近、人前で語る会がないので、
「前覚えた話を戻すのもなんだしなぁ…」
とあれこれ考えているうちに、どんどん日にちが経っていってしまった。
いよいよ追いつめられ、悩みぬいているうちにひらめいたのが、実際に聞いた話。
いままで、フランクな感じで、けっこう人に話してきたものだから、なんとかなるかも!
というわけで、お話を、再現してみた。


                伊藤さんの話

                                 加藤美穂子

これは、私の母が、たまたま乗ったタクシー運転手の伊藤さんから直接聞いた話です。

今から9年前の、12月25日のことです。
その日の庄内地方は、朝から、クリスマス寒波がおしよせていて、
一日中暴風雪警報が出るような、ひどい天気でした。
何しろ、この時期の地吹雪の恐ろしさと言ったらありません。
雪が、風速30メーターも超えるような暴風にかき乱され、
あたりの景色はおろか、前を走る車のテールランプさえ見えなるくらい、全く視界が聞かなくなってしまうのです。
そのため、この時期、よそから車で来た人たちは、口をそろえて、
「いやぁ、ほんとに死ぬかと思ったよ」というほどなのです。

もう夜の7時を回っていました。
タクシーの運転手伊藤さんは、余目駅で客待ちをしていました。
ここは、秋田新潟を結ぶ羽越線と、酒田新庄間を走る陸羽西線の分岐点になっています。
この天気だし、お客もいないだろう。
年の上、無理しないで、今日は、仕事を早く切り上げようと思っていました。
そんな矢先、一組の中年夫婦が、風にあおられながら、
飛び込むように、タクシーに乗りこんで来ました。

なんでも、鶴岡の親戚に不幸があって、急いでお悔やみに行かねばならないとのこと。
タクシーが走り出し、少し落ち着くと、男の人は、話し出しました。
「天気予報で、庄内地方は地吹雪だというんで、車はやめて、陸羽西線に乗ったんですがね。
余目で、鶴岡行きに乗り換えようとしたら、
駅員が、今日は雪のため、秋田からの列車が、一時間以上も遅れているというんですよ。
それなら、ここからタクシーを使った方が早いと思ってね。」
そういいながら、男の人は、窓に顔を寄せて、外を見ていました。
「いやぁ、庄内の地吹雪は初めてですが、想像していたより、ずっとひどいもんですね。」

運転席の後ろに座った女の人は、くらい車内で、下を向いたまま、一言もしゃべりませんでした。
無理もない。
通夜に行くのだし、身内なら、そんな時、陽気になれるわけがないと、
伊藤さんは、ちらっと思いましたが、そんなことを気にしているゆとりはありませんでした。
ワイパーを、いくら高速で動かしても、雪はフロントガラスに絶え間なく張り付き、
ともすれば、前が見えなくなりそうな中、身を乗り出し、必死にハンドルを握らなければなりませんでした。
車は、止まっては走り、止まっては走りを繰り返し、
いつもなら30分ちょっとで行く道を、たっぷり一時間はかかって、
告げられた稲生町の住所にたどり着きました。

男の人が代金を払い、車のドアを開けた瞬間、
社内に、さあーっと、雪が吹きこんで来ました。
男の人が、慌てて座席の雪を払いのけている時、
伊藤さんは、あれっと思い、思わず聞きました。
「お連れのお客さんは、もう先に降りて行ったんですかね?」
すると、その男の人は、不思議そうに言いました。
「えっ、連れ?いや、私は、初めから一人でしたよ」
そういわれて、伊藤さんは、一瞬、ぽかんとしました。
「そんな馬鹿な・・・確かに乗っていたはずなのに。え~」 

伊藤さんは、思わずあたりを見回しました。
風と雪はさらに激しくなってくるようで、
停車しているうち、フロントガラスは、雪で前が見えなくなっていました。
「こんなひどい天気は、一冬にそうあるもんではない。一刻も早く、営業所に戻らねば」
という気持ちが先に立ちました。
前の車のテールランプだけを頼りに、視界を確かめながら、
とにかく運転だけに集中し、なんとか無事帰り着きました。
車内を点検し,ドアを閉めようとした時、
運転手の後ろの席のシートが濡れているのに気づきました。
「あれ、さっきのお客が、雪を払っていたようだったけどなぁ」

営業所に着いてみると、残っていた運転手さんたちで、テレビの前が騒然となっていました。
余目駅の手前、最上川にかかる榎鉄橋の先で、
特急『いなほ14号』が脱線転覆したというのです。
ここからは、ほんの5分もかからないところです。
大事故のようで、現地からの報道は、特別番組になっていました。
真っ暗な中、四方八方から狂ったように吹き付ける雪が、
報道関係の照明に、照らし出されていました。
ニュースキャスターの声は、風の音で邪魔され、よくきこえません。
その後ろには、転覆した列車が黒黒と横たわっていました。

次の日の朝、新聞には、死傷者38名を出した、脱線事故の詳しい記事が載っていました。
伊藤さんは、その中の、54歳の女性の記事を読んでいるうち、
次第に新聞を持つ手が震えてくるのがわかりました。
その人は、自分の母親が急死したので、実家のある鶴岡に向かう途中、事故にあい、亡くなったというのです。
新聞には、その実家の町名も書いてありました。N町!
それは、ちょうど昨日、伊藤さんが、中年夫婦を送り届けた場所でした。
「あのタクシーの客だ!」
顔は見ていなかったけれど、伊藤さんは直感しました。
「亡くなった瞬間、女の人の魂は、一刻も早く母のところへ行きたくて、近くにいたタクシーに乗りこんだに違いない。
見知らぬ客と、一緒に。
無理もない、魂だって、どこに吹き飛ばされてもおかしくないような、ひどい天気だったんだから。」
伊藤さんは、紙面で、にこやかにほほ笑んでいる女性の写真に、そっと手を合わせました。
その後、転覆事故の原因究明には、二年がかかり、
結局のところ、ダウンバーストと呼ばれる非常に珍しい巨大竜巻のせいだろうということになったのでした。

9月5日(金)楽しいお話会のためのスキルアップ講座(上級編)

遊学館で、佐藤凉子さんを講師に、午前中は、お話会の開き方とプログラムの立て方を学び、
午後は、佐藤さんのいろいろな語りをお聞きする。
参加者は、100名で満員御礼だった。
t
「おはなし会は、人とかかわりの時間」
という言葉が一番印象に残った。
スマホの全盛時代、読み聞かせは、さらに必要性を増してくるはずだ。

9月4日(木)佐藤凉子さんを囲む会

5日に、県の生涯学習財団主催の
『読み聞かせボランティア指導者講座』に講師として、佐藤凉子さんがいらっしゃることになっていた。
お伺いしたら、夜は時間が取れるとのことだったので、
語りの『花仙人の会』主催で、料亭三枡で、懇親会を開く。
メンバーのほかにも希望者がいて、12名の参加。
こんな特別なことでもなければ、メンバー全員が顔を合わせる機会は、なかなかない。
山形弁の語りを中心に、バラエティに富んだ話を披露しあい、
緊張の中にも、和やかな楽しいひと時となった。

9月1日(月)ステップアップ講座

酒田市立図書館は、毎年、春に初心者向けの『読み聞かせ入門講座』4時間、
秋に、経験者向けの『ステップアップ講座』4時間を開催している。
県内の図書館で、ここまで丁寧にしているところは、多分ない。

酒田市は、小学校の読み聞かせが、母親委員会の役員のお役目となっているところが多い。
そのため、毎年、役員が新しくなれば、イコール読み聞かせのボランティアも新しくなるというわけで、
どうしたって、入門講座が必要になる。
そして、読み聞かせの基礎を、一通り学んだ後、
教室でのデビューとなるわけだが、半年もたてば、必ず、疑問や悩みが出てくるので、
秋にはまた、ステップアップ講座が必要となってくる。

で、今日は、図書館の担当者の方と、具体的な内容についての打ち合わせ。
メインは、『読み聞かせマラソン』。
みんなの前で、読み聞かせを見てもらい、読み癖や欠点を指摘してもらうかなりシビアだけれど、
指摘する時間は平等に取るし、指摘事項は匿名の書面で出すから、しこりは残らない。
思いっきり言われるけど、思いっきり言えるという点では、みんな平等だ。
サブは、『お互いに失敗談を語る会』
誰だって失敗の一つや二つはある。
大きな失敗をしないためにも、いろんな失敗談は、頭の引き出しに入れておいたほうがいい。
それで、『わたしはこれで失敗しました』を披露しあって、本番の失敗を未然に防ごうというわけだ。

以前、同じことを、神奈川県の平塚でやったことがあるけど、大いに盛り上がったっけ。
人情として、〝うまくいった“話には、結構内心ムカつくこともあるが、他人の失敗を聞くのって、なんか楽しい。
失敗したことのない人がいないとわかると、それもなんだかホッとする。
今年も有意義なステップアップ講座になるといいな。

8月31日(日)回路が開ける

いつも荷物を届けてくれるヤマト運輸のKさんは、第一子の坊ちゃんが生まれた時からの、お得意様だ。
「息子が大きくなったら読んであげよう」
と、鈴木まもるさんの、『はしれ!たくはいびん』を、いの一番に購入して下さった。
もう、3年前の話だ。
おばあちゃんが一生懸命読み聞かせしてくれるので、とても本好きに育ったとのこと。

「最近、長男が、料理にはまっていて、何かそういう絵本がありますか?」
とか言った感じで、時折、子どもの成長に合わせて、本を選んでいっていた。

そのKさんが、今日、荷物を配達に来た際、うれしい報告をしてくれた。
下の女の子は、もうすぐ二歳になるというのに、全く絵本に関心がなかったが、
昨日から、突然、お兄ちゃんの、『だるまさんが』を、喜んで見るようになったそうだ。
何回も読ませて、けらけら笑っているという。

“絵本は、絵を見て、言葉を聞いて、読んでくれる人とのかかわりを楽しむもの”
という回路が、ついに開けたのですね。
さあ、そうなれば、明日からは、
「読んで!読んで!」
の、楽しい攻勢がはじまります。
というわけで、今日は、娘さんのために、新たに二冊お買い上げでした。

8月30日(土)スマホに負けるな!!

2時から、天童市立図書館で、『パパとおじいちゃんのための読み聞かせ入門講座』
原則、お子さん同伴で募集していたのに、ふたを開けてみたら、
お子さん連れは4割しかいなくて、ちょっと残念だった。
おすすめの本の紹介や、実演を交えながら、

・本はなぜ読んであげないといけないか
・読み聞かせとその効果
・楽しく読み聞かせをするコツ
 
などについて、お話する。
ほとんどの子どもたちは、1歳前なので、お父さんにぴったりくっついて、静かに聞いていた。
中のちょっと大きい2歳前ぐらい女の子。
時々は絵本の方を見るが、声を立てて走り回ったり、部屋から出たり入ったりと、落ち着かない。
最後のスキンシップ遊びの時は、いつ取り出したのか、スマホの画面に夢中になっていた。
子どもを退屈させてはいけない!
スマホに負けてしまう、取り付かれてしまう。
まさに、そんな現場を見た感じだ。

パパやおじいちゃんが読んでくれる絵本や、スキンシップ遊びの方が、
ずっとずっとずっと楽しいよ!ということを、子どもたちに実地にわかってもらえるようにする。
今回は、そのための企画だった。

人がそばにいる温かさ、肌や言葉のふれあいの心地よさも知らず、
スマホに取り付かれる子どもたちが、少しでも少なくなりますように・・・

8月27日(水)オリエンテーション講話

金山町で、来年度小学校に入る子どもの親御さんに、読み聞かせや読書についての講和。
教育委員会の担当者と打ち合わせし、
大概の親御さんが疑問に思っていることにお答えする形で話を進める。

・本は何のために読むのか?
・読み聞かせはなぜ、いつまで必要なのか?
・読み聞かせのメリット
・下手でも、親が読む意味は?
・上手に読むコツは?
・文字が読めるようになったら、一人読みさせてだめか?
・忙しい中での時間の確保は?
・読み聞かせる歳の注意点は?
・どんな本を読めばいいのか?
・子どもを本好きにするには?
・読み聞かせと学力の関係は?
・漫画やゲーム攻略本しか読まない子の対応は?
・読書する子としないこの違いは?

疑問点を並べてだけで、頼まれた40分でまとめるのはとても無理だと思ったので、
レジュメに、簡単な回答も添えておいた。
眠くならないよう、例を挙げたり、実演も入れたりしながら、解説していったので、
やはり10分ほどオーバーしてしまった。
私語もなく、静かに聞いてもらえたと思う。
ブックスタート時と、就学時健診時の親は、とにかく一生懸命という印象を受ける。

8月21日(木)仲間がいる幸せ

月例お話練成会は、メンバーが、朗読、語り、読み聞かせを披露し、批評してもらう会。
会員は11人だが、遅くまで働いている人や、受験生の親もいて、フルメンバーになる時はまずない。

みんな、言ってもらいたくて来ている意識の高い人ばかり。
バンバン思ったことを言うし、指摘は素直に受け入れる。

今度学校で読む本を、聞いてもらいたい人。
講談社のお話隊で読んだ本を、披露する人。
自分が、今気に入っている本を読む人。
気が付けば、いつもたっぷり3時間は過ぎている。

言ってくれてありがとうの精神は、間違いなくそれぞれのレベルアップにつながるはずだ。

8月20日(水)トリプルヘッダー

山形市内、子育て支援センターで、赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの会。
一日で三会場を回る。
一期一会の人も、リピーターの人もいて様々。
やる内容は同じでも、お客様はそれぞれに違う。
自分の中でマンネリ化しないように、絵本を読む順番や、わらべ歌の繰り返しの回数など、臨機応変に、変えていく。

長女が高校生の時からお友達だった子が、ママ友と、6ヶ月の赤ちゃんを連れてきてくれた。
実に久しぶりの再会。
「すごく勉強になったので、また来月も来ます」
の言葉が、特別うれしかった。

帰り際、赤ちゃんを抱っこさせてもらう。
えーっ!!6ケ月で、こんなに重たかったっけ。
・・・もしかして、私の体力が落ちている?
か、夏バテ?

8月19日(火)集中力ダウン

毎日、30度超の蒸し暑い日が続く。
今日は、子育て支援センターで、保育園の2歳児さんも一緒に、お話会。

子どもたちは、私が読み始めると、
「この見たことない人は誰だろう?」
と、不思議な顔つきで、本よりも、私を見つめている。
子どもの中に、私の顔と声が定着するまでは、お話に集中しづらいかも。

『たまごのあかちゃん』(福音館書店刊)かんざわとしこ文 やぎゅうげんいちろう絵

で、繰り返しのフレーズの、
「でておいでよ」
を、子どもたちから言ってもらったら、結構まとまった。

が、『もこもこもこ』(文研出版刊)谷川俊太郎文、元永定正絵

の途中で、集中力が切れる。
言葉を真似して、声に出しているうち、うるさくなって収拾がつかなくなったのだ。

場を一つにまとめようと『だいこんづけ』の手遊びをし、あとは無理せず、25分位で切り上げる。
「暑いと、なかなか集中力が続きませんね」
などど、言い訳のように、口にしてしまった。

しかし、暑くて集中できないかもということは、やる前からわかっていたことだし。
プログラムを練っておくべきだったと、反省した日。

8月11日(月)手作り絵本講座最終日

A、B、C,D、4グループに分かれて行ってきた酒田市立図書館の手作り絵本講座は、今日が最終日。
二回の出席で完成しなかった人、製本の仕方のわからない人のための予備日となっている。

31組の中には、実にさまざまの親子がいた。
子どもが嬉々として作っているのを、にこやかに眺めているお母さん。
意見が対立して、けんかが始まる親子。
一人の子に、二親そろっての参加。
子どもそっちのけで、自分も制作に没頭している母親。
おばあちゃんに付き添いを頼み、文と絵は、しっかり下書きしてよこしている親。

「子ども主導で作らせる。
子どもの発想を否定しない。
色は子供に塗らせる。」

口が酸っぱくなるほど繰り返しているのに…日本語が通じないもどかしさを感じる。
親に都合のいいような、虚栄心を満足させるような出来上がり。
その陰で、子どもの心はどれだけ傷ついているか・・・
その証拠に、完成しても晴れやかな表情はしていない。

「お母さんが、こういう風に作れって言ったんだもん」
と、そっぽを向いて、力なく言う子すらいた。
その言葉の中に、
「どうせ好きなようにやらせてくれない」

という、不信感と諦めが感じられた。

生き生きと楽しそうに取り組んでいた子たちの作品は、のびやかで自由だ。
表現する喜びが伝わってきて、見ていて気持ちがいい。
絵本作りの楽しさに目覚めて、キットを新たに2冊も購入していった男の子がいた。
将来漫画家になるのが夢だという。

また作りたい!来年も参加したい!と、笑顔で帰って行った子たちが何人かいたので、
疲れなんかたまっていないって思っていたのにね。

夕飯の茶碗を持ちながら、こっくりこっくり舟を漕いでいた。

8月10日(日)反響

アシード選定の『初孫誕生絵本ギフトセット』(25000円)
を買って下さったお客様が、一年半ぶりにお見えになった。
お孫さんが、もうじき二歳になるので、補充したいとのこと。
一歳までは破くことばかりで、ボロボロになる本が続出したが、
ここにきて、自分から本を開いて、じーっと眺めていることも多くなり、
おばあちゃんのお膝での読み聞かせが大好きになったという。
ほほえましい話だ。

“絵を見、言葉を聞き、お話を楽しむのが絵本だ”
ということを認識するまで、どのくらいかかるのか…
六ケ月で開眼する子もいれば、二年かかっても本に反応しない子もいて、かなりまちまち。
ちゃんと見ることができるようになるまで、しゃぶったり、破いたりして、親を悩ますことも。
そうか、読み聞かせが成立する前の、月例の低い赤ちゃんのために、ボードブックが、もっと必要だったなぁ。
このギフトセットの反響を、誰かから聞いたのは、初めてのことだと、今日気づいた。

8月9日(土)夏休みのお客さま

アシードは、絵本やさんでもある。
が、外での仕事が圧倒的に多いので、普段はアポ取ってきていただくことになっている。
その敷居の高さが、はやらない要因なのだが、
それでも、夏休みは特別で、庄内浜に、海水浴に来たお客様が、行か帰りに、立ち寄ることが多い。
本日も山形市にお住いのご一家が、海の帰りに来て下さった。

ブッククラブのお客様で、一度お店に来てみたかったとのこと。
三歳と一歳の兄妹。面白そうな本をあれこれ手に取っているうち、欲しい本が決まった。
買いたいといったものを、すんなり受け入れてくれたお父さんとお母さんに拍手です。

そういえば、かつて、欲しい本があんまりありすぎて、決断できず、泣き出すお子さんもいたっけなぁ・・・
と、記憶がありありと蘇った。

8月8日(金)疲れてたのね

7月下旬から、仕事が立て込み、新聞を読んでいる暇もなかった。
夜、何日か分まとめ読みをしていたら、県内のイベント情報欄の、

『パパ・おじいちゃん読み聞かせ入門』
という文字が目に飛び込んできた。
「へぇ~、山形でもなかなか面白いことをやるところがあるもんだ」

と思い、講師っていったい誰だろう?と、よくよく記事を見たら、そこには私の名前が!!

どっと疲れが出た。

8月7日(木)手作り絵本講座4日目

今日は、C、Dグループ。
後は、11日の製本の日を残すのみとなった。
図書館担当者の報告で、中途棄権が一組いたことがわかった。
聞けば、絵を描くのが好きなお子さんだそう。
文字なし絵本にして、とにかく製本まで漕ぎ着けるように、連絡を取ってもらうことにした。

8月5日(火)手作り絵本講座三日目

午前中Aグループ、午後Bグループを指導。
大体が、設計図を完成させ、半分くらいが、ダミーまで仕上げてきていた。

いよいよ本紙に取り掛かるが、その前に、製本の仕方を説明する。
初めての人は、説明だけではなかなか解りづらいかも知れないが、
工程を一回経験すれば、後は、難なくできるはずだから、心配はいらない。

その後、ねんごろに注意したのが、

大人が、色塗りの手を貸してはいけない

ということ。
そこだけ、絵のタッチが違って浮いてしまったり、変にまとまって、
子どもらしさが感じられなくなったりするからなんですよ。

8月2日(土)『絵本ランドin北海道』

JPIC読書アドバイザークラブ20周年記念事業『絵本ランドin北海道』が、
8月2,3日の二日間、札幌市はちけん地区センターで開催された。
私は、実行委員から、ワークショップのポップアップカード作りのお手伝いを頼まれていたので、
陸路11時間かけて、出かけて行く。

初日、講師の方から、作業工程を教わりながら、半日アシスタントを務める。
取り掛かる前に、子どもたちに、まず、教えるのがハサミの扱い方。
・刃先を人に向けない
・使い終えるたびに、刃を閉じて、右手に置く。
なるほど、そこから教えるのか。目から鱗で、納得!
t
二日目は、私が講師になって教える。
スイカやヒマワリなど、プリントしてある紙をもらい、
切って彩色して貼り付けるお手軽さが人気の秘密のようだ。
t
二日間で、親子65人は、なかなかの数ではなかろうか。
保護者が、子どもより、うきうきと作っていたリ、大人一人での参加などが印象的だった。
工作好きの人って、意外と多いのかも。

北海道出身の、写真絵本作家小寺卓矢さんと絵本作家のなかいれいさんの講演会、
手作り絵本作家のひろたむつみさんのワークショップに、
ボランティアの合同おはなし会など、
なかなか盛りだくさんの内容だったのに、
ワークショップに忙しく、他をじっくり見ることがでなかったのは、少し心残りだったが、
今後、自分がワークショップをする際に役立ちそうなことをたくさん学べた。

距離と収穫は、正比例の関係にしたいという心意気で、出かけた各地の20周年記念事業だった。次はもう無いと思うと、寂しい気もする。関係者の皆さん、本当にご苦労様でした。

8月1日(木)札幌へ

JPIC読書アドバイザークラブ20周年記念事業北海道支部主催のイベントお手伝いのため、札幌へ。
t酒田を出るとすぐ日本海
t八郎潟干拓の水田
t青森のリンゴ畑
t青函トンネル
t函館名物ニシン弁当
t大沼公園
JRで片道11時間。
移り変わる車窓の景色を珍しがっているうち、難なく札幌に到着した。
三日間、ご厚意により、市内の徳生寺という立派なお寺さんに泊めて頂く。
t t
ここでは、子育て支援のために場所を提供されていて、なかなか品ぞろえのよい絵本コーナーがあった。

7月30日(水)一作目は!

本日の手作り絵本講座は、CとDのグループ。
あらかじめ、ストーリーを考えた上での参加となっている。
図書館でも、絵が描きやすいよう、モデルのある話(家族、ペット、夏休みの体験など)にするようにと、
事前に資料も送ってあるが・・・これが、なかなかそうならない。
奇想天外なお話に、絵をつけるのはしんどい。
というより、できない!って。
だから、入学記念に買ってもらった筆箱や、出産祝いの赤ちゃんの時から使っている毛布、
世話するお父さんになつくうさぎ、などのあらすじに出会うと、ホッとする。
やはりモデルがいると、完成までこぎつけるのは、はるかに楽だ。
絵もしっかり描けるし、お話も、実際にあったものだから、胸を打つ。
でもなぁ…子どもは、日常生活のお話は、作りたくないみたいなんだよなぁ。

7月28日(月)夏休み親子手作り絵本講座

恒例、酒田市立図書館主催、夏休み親子手作り絵本講座。
夏休みの宿題をでかした上で、全国のコンクールにも出品しようという一石二鳥の企画。

いよいよ今日からスタート。
28日、30日、5日、7日の午前午後。
11日は、仕上げと製本の日と長丁場になる。
MAX10人以内を、4グループに分け、少数精鋭で完成させる。

本日は、午前がAグループで、午後がBグループ。
まずは、一時間かけ、絵本の基礎知識をレクチャー。
絵本のジャンル、本の名称、開く方向、画材、お話作りのポイントを、子どもが飽きないよう読み聞かせの実演をたくさん入れながら進める。
そのあと、時間まで、個々にアドバイス。
ダミーを作ってくるところまでが、次回までの宿題。
t

7月26日(土)夜のこわ~いおはなし会

夜7時から8時まで、雫石町町立図書館のおはなし会を見学させてもらう。
t
私が聞いた直近のおはなし会って、いつだったかなぁ?
思い出せないくらいかすんでしまっている。
ああ、なのに…しっかりチェックモード。

以前、『おはなし会、これやっちゃぁいけない!』という本を作るため、
二年くらい、あちこちリサーチしていたことがあって、その癖がいまだ抜けない。
いろいろ見せてもらって、目につくことや気づくことのなんと多かったことか。
そこでつくづく思ったのは、人は、自分のことは、ほんとに見えてないということ。
だから、
「指摘していただいてありがとう!」
なんだけれどね。
「なんでもいいから、気づいたことは言ってね!」
と、いくら言われても、やっぱり躊躇してしまう。
言いたいだけ言っても、後腐れがないくらいの信頼関係がきちんと築けていないもの。

「読み手にピッタリの本を選ぶコツは、その人の『キャラと体力』」
常々、赤木さんが、おっしゃっている言葉を反芻すると、ここでも、確かに見えてくるものがあった。

7月26日(土)学校図書館改装お手伝い

今日の改装は、全校児童53名の雫石町立下長山小学校。
t
開校140周年記念事業だそう。
赤木さんの指示のもと、児童、PTA,図書館職員、ボランティアの皆さんが、協力し、三日間頑張った。
これまで、あちこち、改装のお手伝いをしてきましたが、男の子が、こんなに働く学校を、かつて見たことがない。
おしゃべりもせず、まじめに、もくもくと根気強く働く。
見ていて、気持ちよかった。

誰の発案かわからなかったが、
“本を購入して、図書館に寄付すると、寄贈者のお名前を本にお入れします”
という企画があって、感激した。
なんと素敵なアイディアではありませんか!
t
私は二日間しか手伝えなかったので、仕上がりが見られないのは、本当に残念だった。
下長山小学校のHPに、改装後のステキな写真が載っています。
是非ご覧下さい。

7月25日(金)岩手へ

 盛岡のうすゆき草文庫さんが、15周年を迎えた。
記念に、赤木かん子さんの講演会を開くというので、本の販売で、お手伝いに行く。
メインは、今おすすめの科学絵本の紹介。
どの本も、ビジュアルが素晴らしい。
上質の科学本は、もう、大人と子どもの境目がなくなっている
早くから、“本物に出会わせる”のには大賛成だが、高くつくなぁ。
t

7月22日(火)図鑑の読み聞かせ

今日も、子育て支援センターで、親子に絵本の読み聞かせと、レクチャーとわらべうた。
男の子三人を連れたお母さんは、毎日の読み聞かせの中で疑問だらけのよう。
一番困るのは、図鑑を読んで!と言われることだそうだ。
分厚いし、難しいし。

で、図鑑の読み聞かせに対する指南は、
・図鑑を持ってこさせ
・どこの一番読んでもらいたいか、言ってもらい
・その個所を、書いてある通りに読むだけ

「あ、それだけでいいんですね!」
と、お母さん。

興味ある内容は、無条件で、見事に頭に入れていきますよ。
自分で選んだ本を。
子どもはね。

7月16日(水)疑問

あちこちの子育て支援センターで、
『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』が始まるまでの時間、
お母さんたちの情報交換のお話を聞くことも、興味深い。

今日は、一人のお母さんが、

「うちの子、7カ月だけど、絵本をかじるばかりなの。
どうせ言ったってわからないでしょと思うから言わないけど、どうすればいいかしら?」

と、あっけらかんと、隣のお母さんに疑問を投げかけていた。

「どうせわからない、ではなくて!
一つずつ言葉で教えていかないと!いつまでたってもわかるようにはなりませんよ」

と、お母さんの心証を害さないよう、にっこり笑って、きちんと言わんなければならない。
今の私の立場です。

7月9日(月)ゆりかごのうた

図書館主催『月例あかちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』
今月は9組の親子が参加して下さった。

絵本の話やわらべうたで、約一時間の内容で、その中に必ず入れるお話の一つが、
「寝かしつける時のこもりうたは決めておきましょう」
というもの。
毎回、同じメロディだと、条件反射で、すぐ寝入るというのは、我が子で経験済み。
『ゆりかごのうた』にどんなに助けられたことか!

で、毎度毎度、こもりうたを推奨し、
「日本で一番うたわれているこもりうたは、『ゆりかごのうた』です。」
と、自信をもって、言い続けてきた。

が、しかし!という事態に、今日は遭遇。

終了後、一人のお母さんが、質問してきた。

「うちの子に、毎晩ゆりかごのうたをうたってあげているのに、かえって泣いて、全く寝ようとしないんです。
毎日、一カ月も歌っているのに…うちの子、このうたが嫌いなんでしょうか?もうやめた方がいいんでしょうか?」

聞けば、リピーターのお客様だという。
かなり思いつめた顔だ。
うかつな返答はできない。

「肩の力を抜いて、歌そのものを楽しみましょ!歌ってハッピーになれる曲を選んでね」
と答え、

「また来月も、結果を聞かせにいらしてね」

といって別れたけれど・・・。

6月29日(日)手に取って選べる場所

読み聞かせボランティアの活動をされている方々が、
最近、いろいろなところから助成金をいただいて、
地域の子どもたちに、本を贈るという話をよく聞く。

数十万とか、金額も大きいので、絵本選びには、ずいぶん苦労するらしい。
「おすすめ絵本のリストがあったら下さい」
という依頼も、アシードにはたまにあって、その中から、さらにたまに、
「購入したいのですが、お願いできますか?」
といううれしいお問い合わせもある。

で、本日は、K町の、子どもの読書推進にかかわる方々が、本の買い付けに見える。
6時間かけて、アシードの書架を、端から端まで、丹念に見て、購入する本を決めて行かれた。
こういう時、公共図書館は、人気の本は貸し出されていて、選書の参考にはなりにくいから、
アシードのように、質のいい本がまとめて見られる場所は、本当に貴重だよね。

6月25日(水)最強のプログラム

午後二時から、金山町の月例『親子ふれあい わらべうた&読み聞かせ講座』
本日は、6ヶ月の赤ちゃんとお母さんがメイン。
同じような月齢なので、話の的が絞れて、話やすかった。
読み聞かせの必要性とおすすめ絵本の紹介、読み聞かせの方法を、
わらべ歌やスキンシップ遊びを交えながら、90分弱。
終わってから、同じ建物の中の子ども園の子たちに、
絵本と紙芝居で、ミニおはなし会のサービスをする。

・絵本『あかずきん』ミキハウス刊 湯村タラ絵 武井直紀文
・紙芝居『コッコおばさんのおおきなスイカ』童心社刊 仲川道子作 

いきなり、何の前触れもなく始めたが、見学していた社会教育委員会の方と保育士さんが、
「びっくりするくらい静かに聞いていました!」
と、報告して下さった。
実は、この二作品、どんな子たちも、絶対にはずさない、最強のプログラムなのだ。

6月22日(日)学校図書館を考える会

鶴岡市の『子どもの本・学びの会』主催の講座に出席する。
大半は鶴岡市の図書パートの方々。
ほかに近隣の市町村の学校図書館関係者や議員さんで、20名弱。
学校図書館アドバイザーの五十嵐絹子さんから、
司書教諭のほかに、学校図書館司書が、27年度から制度化される経緯をお伺いする。
いろいろ説明があった中で、本の管理、施設の整備、図書館の運営など、
学校図書館司書の職務もはっきり示されていた。
並大抵の力量ではこなせない内容で、
オールマイティな人材が、どこの学校にも配置されることを願うのみだ。

6月19日(木) 月例お話練成会

持ち寄ったお話や読み聞かせ、朗読を聞き合う勉強会です。
本日は、7人で、たっぷり3時間。
若い新人さんが一人入会して、新鮮な緊張感も感じられ、久しぶりで、いい時間が過ごせた。
今日、取り上げられた作品は、

・絵本 『おおかみだぁ!』ポプラ社
・絵本 『ふしぎなボジャビの木』光村教育図書
・絵本『かさぶたってどんなぶた』あかね書房
・絵本 『かっぱ』ポプラ社
・絵本 『なんげぇはなしっこしかへがな』銀河社
・朗読 『日本奥地紀行 第24報』イザベラ・バード
・朗読 『それでも僕は夢を見る』文響社
・朗読 『十一月の約束』本多孝好

いろいろ聞いた中で、一番の傑作は、お寺の奥様のHさんが、
詩の絵本『かさぶたってどんなぶた』の中から、阪田寛夫の『お経』をご披露下さったこと。
お経のメロディ?が、あまりにも様になっていて、
みんな、おなかの皮がよじれるほど、笑った、笑った。

6月19日(木) 学校図書館改装

市内のH小学校から、学校図書館を何とかしたいので、相談に乗ってほしいとの依頼があり、出かけていく。
地域の人たちにも開放しているということもあって、とにかく蔵書は多かった。
低段書架の上にはすべて、小さな本棚が乗っていて、結構ぎっちり。
その上、地域の方々からの寄付本が廊下にまでどーんとあって、
データが古くなって、使えない調べ学習関係の本も、ずらり並んでいる。
低学年でなくても、この本の多さには、うんざりだろうな・・・
でも、子どもたちは、本が大好きでよく図書館にも行くし、貸し出しも多いという。
だから、整備したいという校長の気持ちも、よくわかる。
ただ、廃棄本を選定と本の移動は、人手が必要なので、とりあえず,方針を立てるということで、帰ってきた。

6月14日(土) 盛岡へ

JPIC読書アドバイザークラブの総会で、盛岡へ。
会場のアィーナには、奈良美智さんの、ワンダフルなオブジェがあって、思わずパチリ。
t
折しも、『チャグチャグ馬っこ』のパレードの日。
総会開始前の短い時間、駅前通りで、観光客に混じって、見学できた。
パレード開始と同時に、雨が降ってきて、お気の毒な状況。
それでも、馬に乗った幼児たちは、観光客に向かって、精一杯手を振っていて、健気だった。
t t
総会の後は、末盛ブックスの末盛千枝子さんの講演を聞く。
彫刻家の娘としての生い立ち、高村光太郎が名付け親だというエピソードから始まり、
大震災後の子どもの本の活動まで、貴重なお話をお伺いすることができた。
ご主人の急逝、ご子息の介護など、人よりずっと大変な人生なのに、
本の力を固く信じて、前向きに行動してきたことに、ただただ感銘を受けるばかりだった。
最後の質疑応答の時間に、大好きな『牧師館のスィートピー』を出版して下さったことに、
直接お礼が言えたので、盛岡まで出かけた甲斐があったと思った。
t

6月8日(日) 壁掛け時計設置

事務所の置時計が小さくて、帰りの時間を気にするお客様から、いつも、
「時計は・・・どこ?」
と、言われるとこが多かった。
それで、壁掛け時計が欲しいと、ずっと思っていて、ステンドグラス工房『アトリエ・ガラシャ』に注文したのが一年前。
「バラの花のデザインで!」
とお願いしたのが、やっと今日届いた。
思ったより小ぶりではあるが、赤とピンクのバラがなかなかいい感じ。
早速壁に取り付けた。
t
エアコンの下の殺風景な壁が、一気に華やかになった。

6月5日(木)展示会の成果

5月1日~3日に、
『赤木かん子さんが選書した学校図書館におすすめの本の展示会』を行った。
いらした方々からの反響が大きく、その後、思った以上の注文があって、
今週は、あちこちお届けに回るので忙しかった。
やはり、
「子供の本のプロが選書した本は違う!」
というのが、皆さんの一致した感想。
来年は、お知らせするところを大幅に増やして、実施してみよう。

5月30日(金)読み聞かせボランティア入門講座

二週連続酒田市立図書館の『読み聞かせボランティア入門講座』が、今日で終了した。
昼夜合わせて20名。

図書館の担当者のNさんが、おすすめ絵本のリストに載せた本を、対象別にわかりやすく展示して下さった。
『集団読み聞かせに向く本』は、受講者の最大の関心事。
短い休憩の時間にも、熱心に見入っている人が多かった。
t
例年なら、幼稚園や子育て支援センター、高齢者施設などで読み聞かせする人もちらほらいるのに、
今年は、学校読み聞かせ関係者が圧倒的に多くて珍しかった。

これから何か始めてみたい、といらした方も数名いて、
「とても勉強になった!」
と、わざわざお礼を言って、帰られた。
新しく活動される方々に、少しでも背中を押してあげられたのなら、とてもうれしい。

5月29日(木)駐車場増設

アシードの駐車場を増設したのでご案内します。
最大10台まで置けるようになりました。
t

5月28日(水)パパも一緒に

二時から、金山町で、『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの会』
月例で、今月は二回目。
リピーターの親子のほか、3か月の赤ちゃんを連れたご夫婦が、熱心に聞いてくれた。

三か月といえば、赤ちゃんがお母さんの顔を見て、笑い出す時期。
視力が働き出して、ものと焦点が合ってくるのが、この頃だという。
「まだ一人ではあちこち動けないので、落ち着いて、読み聞かせを始める絶好のチャンス」
というお話をしたら、
「いい時に来た!」
と、大喜びして帰って行かれた。

今日もまた、何人かのかたがたに、

『家庭での読み聞かせが楽しくできれば、子育ての8割はうまくいく!』

というメッセージを、お伝えできたかな。

5月22日(木)練成会

月例お話練成会。

今日のメインは、Yさんの朗読。
藤沢周平の『弾む声』を、みんなで聞く。

そもそも、25分位で読み終える作品なのだが、
Yさんの間の取り方が抜群なので、映像がありありと浮かんできて、
まるで、短編映画を見ているようだった。

上等な話を、じっくり聞いたという満足感を、おいしい紅茶と一緒、皆で分かち合った。

5月21日(水)赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室~絵本とわらべうた

 月例絵本とわらべうたの教室は、今月から、五会場になった。

第一月曜 酒田市交流ひろば

第二水曜 山形市はやぶさ保育園子育て支援センター
       山形市とちの実保育園   〃
      山形市飯塚はらっぱ保育園 〃

第三水曜 金山町認定こども園めごたま 〃

合わせて、テキストも新しくした。
t
主な内容は、
・絵本の前に大切なこと
・絵本の選び方
・読んであげ方
・あかちゃんをご機嫌にする基本のわらべうた
・子育てを楽しくする季節のわらべうた

どこの会場も、中身は同じだが、対象となる皆さんはそれぞれで、一期一会だ。

マンネリ化にならないよう、常に気を引き締めていかなくては!

5月17日(土)やっと

 新しいパソコンにして一か月たち、どうにかこうにか使えるようになった。
その間、HPを更新できないでいたら、
「なんかあったの?」
というお問い合わせを、何人かからいただいてしまった。
それで、
「ああ、結構見てくれていた人がいたんだ」
と、改めて実感した次第。
ご心配をおかけしました。
ただ、パソコンが使いこなせなかっただけですので。

『石の上にも三年』というけれど、その時期もあっという間に過ぎ、
アシードもどうにか、4年目を迎えることができた。
新年度になり、幼稚園のブッククラブの契約者は、去年より一割増しで順調な伸び。
子育て支援センターでの、月例『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの教室』も、新規箇所が、3件増えた。
ブックスタートの新規事業も加わり、図書館からの講座の依頼も、去年なみで、まあまあ。
消費税が上がり、本の売り上げが伸び悩む中、本の販売以外で忙しくなるのはありがたい。

5月1日(木)展示会始まる

 赤木かん子さんがセレクトした、
『小中学校の図書館におすすめの300冊の本の展示会』が始まった。
初日の今日は、平日にも関わらず、庄内町や戸沢村をはじめ、
酒田市内の学校図書館で働く方々や、市立図書館の職員も来て下さった。
質のいい本ばかりなので、すべて見渡すには、最低でも、2,3時間はかかるようだ。
今回の本は、全国を巡回するので、アシードでの開催は、4日(朝9時~夜9時)まで。
この機会を、どうぞお見逃しなく。
t
新しいパソコンを、やっとどうにか動かせるようになって、
滞っていたHPを、久しぶりに更新できた。

4月16日(水)新規事業 

山形市の新しくできたH保育園子育て支援センターで、
月例『赤ちゃんとお母さんの絵本とわらべうたの会』が始まった。
シンプルで狭めの、申し分のない部屋を用意していただいた。
t
参加者は6組と、ちょうどいい感じ。

初め、入室を嫌がって、泣きわめいていた2歳くらいの女の子が、
『ぴよぴよひよこ』(フレーベル館)
を見た途端、ピタッと泣き止んで、そのあとは、紙芝居と絵本をしっかり楽しんでくれた。
『だるまさんが』(ブロンズ新社)
は、お母さんたちが、自発的にパフォーマンスしてくれたのが印象的だった。
終わってから、この二冊には、問い合わせがあった。
幸先いいようだ。

4月13日(土)上京

読書アドバイザークラブの支部長会議出席のため、東京日帰り。
こういう時、空港が近いのはありがたい。
t
気持ちのいい晴天で、日本海も鳥海山もくっきりはっきり。
景色に見とれているうち、羽田着陸。
北海道から九州の代表が集まって、支部活動の諸問題を語る会。
読書アドバイザーのくくりの中で、広範囲に住み、多種多様な活動をする人たちが、
まとまって何かするのはかなり難しい。
なかなか解決の糸口が見えてこない4時間だった。

 4月9日(水) 26年度最初のおはなし会

今年度も引き続き、山形市内の二か所の保育園で、おはなし会をさせてもらえることになって、今日が第一回目。
月一回、6人のボランティアで、2歳から5歳までの子供たちに、お話を届ける。
私の担当は、5歳児。
相方のIさんと、5年越しのコンビだ。
初お目見えなので、
「私の名前は、かとうみおこです。“かとちゃん”と呼んでね」
と、気分も新たに、ご挨拶。

子供たちは、素性に納得すると、いきなりお話に集中してくれた。
2歳から読み聞かせしてもらっている子どもたち。
読む人が変わっても、お話に対する信頼はゆるぎない。

t
帰りは山越え。
寒河江ダムは、まだ一部結氷していた。

3月28日(金)子育て支援事業の追加

午後、山形市の新しくできた保育園に、注文のあった絵本を納めに行く。
新年度から、月例事業で、併設の子育て支援センターで、利用者向けの『絵本とわらべうたの会』をお引き受けすることになった。
ふだんの利用者は、多い時で、20組を超えることもあるそうで、人気の場所らしい。
これで、26年度は、県内4箇所で、子育て支援事業のお手伝いをすることになった。
なるべく早いうちからの、絵本とわらべうたの啓蒙活動は望むところ。
場所が増えても、内容は共有できるから、なんとかなるのではあるまいか。

3月28日(金) き・あ・いっ!

山形市のM幼稚園で、新入園児の親向けの講話を頼まれて、話に行く。
前半は親向けの講話で、後半は、体験入園中の子ども達も加わってのおはなし会という設定。
なのだが、人数が半端じゃない。
親子で、160名って!!
聞けば、子ども達は、プレ入園中。
今までになく、親と離れている時間が長く、パニック状態の子も多いという。
かつてない、逃げ出したいような、悪条件の設定だ。
が、自分の限界を知っておくいい機会かもしれないと、まずは開き直ることにした。
何しろ、その後には、ブッククラブの展示と契約会が控えている。
ここで、親御さん達に、うまくお話できなければ、契約増加は見込めない。
社運がかかっている。
き・あ・いっ!

レジュメと読み聞かせQ&Aのプリントは、あらかじめ父兄に配っておいてもらう。
ホールに親が集合し、10時15分開始。
副園長の挨拶と講師プロフィール紹介があったが、会場がざわついて、静かにならない。
一瞬、嫌な予感。
ハンドマイクを持ち、無言でぎこちない微笑を、ぐるっと投げかけてみる。
(ほら、この前NHKの、『上達!話し方』セミナーでアドバイスされた、笑顔笑顔ですよ)
やったぁ!いきなりシーンとなった。
こうなれば、こちらのペースでいけるかも。
・絵本読み聞かせの大切さ
・その子のあった本の選び方
・楽しくて効果が上がる読み聞かせの仕方
・深刻なスマホやマスメディアの害
静まり返った中、ここまでは、きっちり話ができた。

ちょうど、タイミングよく、子ども達が、入ってきた。
親の顔を見て、泣き出す子や勝手に動き回る子で、たちまちホールに喧騒が戻ってしまった。
さて、ここからが本当の勝負。

・かくれんぼ人形で子ども達をこちらに惹きつける
・緊張をほぐすわらべうた『いいこはどーこ』『てってのねずみ』
・紙芝居『よんでよんで』
・大型絵本『だるまさんが』
・大型絵本『どうぶついろいろかくれんぼ』

ここでタイムアップ。
何しろ、今まで一定時間じっとしている経験なんてしてこなかった子たちである。
さすがに、後ろの方は、ざわついていたが、全体としては、思ったより、ずっと聞けたと思う。
終わってすぐ、副園長が、ねぎらいの言葉を掛けてくださった。
「よかったですね!加藤さん、声がいいから、みんな聞き入っていましたよ」
(あははは・・・声がいいってね・・・よく言われるけど・・・ほめ言葉かなぁ)

とにかく、気合を入れたのが功を奏したようで。
ブッククラブの契約者も、去年を上回った。
まずは、めでたし、めでたし。

3月27日(木) 上橋菜穂子さん

上橋菜穂子さんが、児童文学のノーベル賞と言われる国際アンデルセン賞作家賞を受賞した。
2005年、山形にお招きして、講演会を開いたことがあったので、自分のことのようにうれしい。

とにかく、きちんと伝わる声で、お話がとても上手で、
聞きほれているうち、二時間経ってしまったという記憶がある。
そして、最後におっしゃった言葉が、特に印象深い。

「初めて聞いた人が、先入観なく、新鮮な気持ちで聞けるように。
お金を払って聞きに来た人に申し訳が立つように。
講演会の内容は、他言無用にして欲しい」

だから、すばらしかった講演内容は、永久に心の内にしまってある。

3月26日(水) 8.1

昔、銀婚式に、
「指輪いらないから、パソコンが欲しい」
と言って購入したのが、パソコンライフの始まりだった。
ずっと、立派な仕事のパートナーを務めてくれたWindowsXPである。
だが、如何せん、10年も使ったので、ガタがきたようだ。

仕事の必需品だし、やっぱり長いこと使うだろうから、最新モデルがいいかなと思って、
二ヶ所の店を回り、あれこれあれこれと聞きすぎて、(くたびれたのもあったかもしれないけど)、
最後は、フラフラっと、Windows8.1を買ってしまった。
t
スマホも触ったことがないのに、いきなりタッチパネルときた。
何より先に、ワードとエクセルを設定するが、タッチパネルの操作に振り回され、一昼夜かかってしまった。
無駄な奮闘をした気がする。
最新式はいいけれど、この先、使いこなせるようになるまで、どのくらいかかるのだろうか・・・?

3月23日(日)プレゼントの本

3月は、何かとプレゼントの本の見繕いを頼まれることが多い。
このところ、出産祝い、結婚祝い、入学祝と、立て続けだ。
今日のお客様は、仕事の得意先のお子さんが小学校に入るので、入学祝だそう。
聞けば、とても元気がよく、本もたくさん読んでいるとのこと。
さらに、母親は、高学歴で、教育熱心というサイド情報も。
(う~ムムム・・・そのお子さんに会って、ちょっと話をすれば、選書は簡単なのだけどなぁ。)

あれこれとおすすめを並べてみて、最終決定をお客様に委ねたところ、即決でした。
『りんごかもしれない』(ブロンズ新社刊)ヨシタケシンスケ作

3月22日(土)

新設の保育園に絵本の納入を頼まれた。
全く新しいところでは、6番目かな。
まずは、子ども達が、本が好きになるきっかけになるようなものを中心にセレクト。

・新しい本を中心に、ビジュアルに迫力があり、絵だけ見ていても楽しいもの。
・ロングセラーで保育士の方々が、安心して読めるようなもの。
・男の子をとりこにする『きょうりゅう、のりもの、むし』
というラインナップ。
t
今回は、子ども達が、
「本は楽しい!」
って、感じてくれればOKの選書だ。

本を10倍長持ちさせるブックコートフィルムも装備。
赤木かん子さんのイラスト分類シールも貼った。
これで、3歳児でも、お片づけはしっかり出来るはずだ。
保育園からの報告が楽しみ、楽しみ。

3月18日(火)読み聞かせレッスン

NHK春のセミナー二日目。
今日は一日『読み聞かせレッスン』に参加する。

このセミナーは、今まで、朗読を中心に、話し方やアナウンスなどの内容だった。
しかし、ニーズがあったということだろう。
今年から新たに『読み聞かせレッスン』が加わったのだ。

会場に着くと、みんなに2冊の絵本が、テキストとして配られた。
『まいごのどんぐり』松成真理子作(ポプラ社)
『かたあしダチョウのエルフ』おのきがく作(童心社)

エルフは、かなり昔読んだことがあったが、最近は重たい内容で、パスしっぱなし。
どんぐりも、メッセージ性が強いので、子どもには読んだ経験なし。
二冊とも、苦手意識が先に立つ本だなあ・・・なんて気持ちを引きずりながら、みんなの自己紹介を聞く。

「NHKで読み聞かせを教えるなんて、一体どんな内容なのか興味がある!」
と思ったのは、私だけではなかったらしい。
全国から、19名の参加があった。(とにかく多い。ビジネストークは4人だったかなぁ)
8割は、朗読経験者。6割は、学校で読んでいるらしい。
私は、仕事上の研修ということにしておいた。
実際、20年も続いた図書館の読み聞かせ講座が、今年もあるので、
それを見据えて、新しい技術と情報を仕入れねばならないからだ。

それで、どこが新しくなったか・・・は、実際の講座で、お話することにします。
とにかく、あっという間に過ぎた6時間でしたよ。

3月17日(月)ラファエル前派展

この時期、もう一つ恒例になっているのが、学生時代からに親友との、小旅行。
今日は、イギリスのテート美術館所蔵の『ラファエル前派』の絵画を見に、
六本木ヒルズ52階にある六本木の森アーツセンターに出かける。
t
開館時間の10時に入館したのに、さすが東京。
既に、けっこうな人の入りだ。
70点見た中で、前評判の高かったジョン・エヴァレッド・ミレイの『オフィーリア』が、最も印象に残った。
シェークスピアの『ハムレット』の、父を殺されたオフィーリアが、発狂して歌いながら、川に流されていくシーンを描いたもの。
足を止めた観客の誰もが、しばらく金縛りにでもあったように、動けなくなっている。
自然そのままの植物、体温や声が感じられそうなオフィーリア、あたりに漂う空気や花の香りなど、なにもかもが、一言で言うと、生々しかった。
ミュージアムショップでも、バッグやTシャツ、一筆箋に至まで、オフィーリアが存在感を放っていた。
こういうところに来ると、いつもなら、必ず、クリアファイルやメモ帳など買うのに、今日は、何にも手が出なかった。
きっとそのうち、夢にも出るだろうな・・・オフィーリア。

午後からは、親友にお付き合いして、以前も訪れたドールハウス博物館へ。
彼女は、以前から、ドールハウスをテーマにした絵本つくりをしていて、今日はその写真撮影だ。
オーナーから、撮影許可が出ていたので、私も気に入ったものを撮らせてもらった。
t食堂
t屋根裏部屋の図書室
t森の中の動物たち
とにかく、全てが精巧。
大体が、25cm×30センチの箱の中の、収まる世界だ。
しかも、一つ一つに込められているお話までしのばれる。
れっきとした芸術を堪能したひとときだった。

3月16日(日)2014春のセミナーinNHK

冬の間、鞭打ちの後遺症で、重くなった心と頭を、転地療養で軽減させる名目もあって、
毎年、この時期、東京のNHK放送研修センター行われるセミナーに参加する。
t

t
東京は、山形より8度くらい暖かい。
朝から天晴れな青空で、それだけで、頑固な頭痛が吹っ飛びそうだ。

さて、第一日目は、10時から17時まで、『上達!話す力』に参加。

以前、参加した『ビジネストーク』と、内容的にかぶるところが多く、そういう意味では、復習と確認の意味が大きかった。
例えば、人に離すときの大前提は、

“わかりやすく、間違いなく、納得できるように話すこと”

そのためには、聞き取りやすい発声と発音で、語尾伸ばしと語尾上げをやめて、短いセンテンスにする。

そして、具体的には、

『何を』・・・どんな場所で、どれくらいの時間で、どんな立場で、何のために
『どう話すか』・・・話を全体と部分に組み立て、短文で、具体的に、事実と意見を区別する

を、きちんと把握しておく。

話の組み立ては、『全体』をまず先に、その後『部分』、最後に『まとめ』

とし、具体的には、

『全体』・・・タイトルと、全体像(項目の予告)や結論

を、まず話す。次に、

『部分』・・・小見出しとなる項目と、項目の具体的説明

最後は、『まとめ』で終わる。

文書ではなく、
“耳からだけで、よく伝わるように話す”

そのためには、どうすれば良いかを、一日かけて学んだ。

振り返ってみると、最近、自分の話は、脈絡がメチャクチャ。
途中で、何を伝えたかったのかわからなくなることがある。
ましてや、聞く方は・・・?である。
つまり、よく考えて話してない証拠なのだなぁ。
少なくても、長時間人前で話す時は、今日の学びを参考に、きちんとシナリオを組み立てよう。

3月12日(水)最終日

毎月行っている保育園の、今年度最後のおはなし会。
お話の紙芝居と、絵本三冊のプログラム。
しかも、絵本のうち一冊は、有名な昔話の、
『おとなしいめんどり』(童話館出版刊)ポールガルドン作。谷川俊太郎訳
で、ちょっと長い。
でも、子ども達は、最後まで、真剣にお話に食らい付いてくる。
その集中力と意気込みには、圧倒されそうだ。
月一のかかわりだからこそ、確実に見えてくる子ども達の成長が感じられて、うれしい。

本日は、今年度の最終日なので、『とっとこひつじ』のミニミニ人形劇を、特別上演した。
t
初めは、見慣れぬ人形に、あっけにとられていた子ども達も、次第に反応が出てきて、最後は大盛り上がりになった。
終わってから、子どもたちから、お礼の手紙と記念品をいただく。
t
この子達は、あかちゃん組を卒業して、4月から年少組になる。
劇的に成長していく子ども達の一瞬に、少しでもかかわれたことに、感謝だ。

3月7日(金)小中学校の図書館におすすめの本の展示会開催決定

赤木かん子さんが、毎年年度始めに作っている、
『今年の予算で学校図書館に入れたい本のリスト』の中から、
厳選した400冊の展示会を、全国各地で開催できるというので、申し込んだ。
年末に赤木さんの本の寺子屋で一部は見てきたが、
「こんな本があれば、子ども達は絶対図書館に来たくなるよねっ !!」
というような、ワクワクの品揃えです。
詳しくは、催し物のご案内をご覧下さい。

3月1日(土)かわいいお客さま

アシードの絵本屋と事務所は、酒田市のはずれにある。
辺鄙なところなので、小さい子がお客さんで来ることは、あまりない。

今日は珍しく、三歳の女の子と、お母さんが絵本を買いにいらしてくれた。
初めてのお客さん。
親子共々絵本が大好きで、ここに来るのを楽しみにしていたそう。

入ってくるなり、女の子は、いきなり面白そうな絵本に手を伸ばした。
ちょっとは見ていたが、お人形を見つけたとたん、いきなりそちらに心を奪われてしまった。
これは、80センチ程の抱き人形で、30年近く前、親友が、幼い娘達に手作りしてくれたもの。
t
随分一緒に遊んだので、あちこち小さなシミがあったりするが、愛らしさは損なわれていない。
私とお母さんが話をしている間、女の子は、
人形を着がえさせたり、髪を結ってあげたり、イスに座らせたりと、生き生き遊んでいる。
話しかけながら、完全に想像の世界で遊んでいふうだ。
お母さんが、
「絵本を見に来たんでしょ。どれがいい?」
絵本を見るように、一生懸命促しても、女の子は、聞く耳を持たない感じ。
「いつもは、絵本が大好きでよく見るんですけどね」
と、ちょっぴり残念そうに言うお母さん。
そして、更に、
「読み聞かせしているせいか、言うことはよくわかるし、聞き分けもいい。
保育園でも、上の子の読み聞かせもよく聞けると褒められるんです」
と、付け加えた。
熱心に読み聞かせをしているお母さんは、我が子のことを、一様にそうおっしゃる。

本の好きな人は、自分が、本でハッピーになれる。
だから、本で、人をハッピーな世界に連れて行くことも出来るのかも。

でも、本じゃなくても、お人形でも、それが出来ることもある。
そのことにも、気がついて下さいね、お母さん。

2月28日(金)お得意さん

いつも荷物を届けてくれる宅配の運転手さんは、お得意さんの一人。
アシードが開業したばかりの頃からのおつきあいだ。
第一子が生まれて、本を買ってくださったのがきっかけで、
「なんかお勧めの本ありますか?」
と、配達に来たついでに、聞いていく。
今は、下にも子どもが生まれ、二人分のお買い上げ。
上の子は、あんなに好きだった乗り物絵本を卒業して、今は料理の本に夢中だそう。
もう子どもが二人かぁ・・・
そうだよねえ、アシードだって、三年過ぎたんだもの。

2月26日(水)もやもや

幼稚園のブッククラブ展示会で山形市往復。
県内で一番雪が多いといわれる尾花沢市付近も、路上には全く雪はない。
それにしても、晴れているのに、あたり一面の、空気のもやもやは、なんだ?
どこまで行っても、ベールに覆われた景色が続く。
雪融けと気温上昇の靄?春霞?黄砂?
なんだかわからないまま帰宅したら、ニュースで、PM2.5が話題になっていた。

肝心の展示会。
今年は、案内板や、展示の仕方も工夫したのに、お母さん達の反応は、今一どころか今三くらい。
反応が薄い。
こっちのほうが、ずっともやもやだ。

2月20日(木) 学校図書館改装後

市内のH小学校から注文のあった図書と紙芝居を届けにいく。
ここは一昨年、赤木かん子さん方式で、図書館の改装をしたところ。
図書主任の先生と図書パートの方から、改装後の様子について、様々お話を聞くことができた。
分類と配置がきちんとなったので、本が探しやすく、整理整頓もしやすくなったとのこと。
あと、この前、読み聞かせで実演した調べ学習の紙芝居は、グッドタイミングで、授業で功を奏したといううれしい報告も受けた。
その調べ学習の紙芝居も、今回いくつか買っていただいた。
かん子さんの調べ学習紙芝居シリーズは、効果絶大、即買い!です。

2月19日(水) 26年度ブッククラブに向けて

掛け持ちの仕事で山形へ。
降雪の後の低温で、道はツルツルとグシャグシャの連続。
ずーッと40キロ走行で、イライラが募る。
ふだんは、山形までの二時間を、読み聞かせや紙芝居の練習に当てているのだが、こんな悪路なので、本を広げただけで、車酔いしてしまった。
時間ぎりぎりで、子育て支援センターの、『あかちゃんとお母さんの絵本教室』へ飛び込む。
初め、おもちゃに気を取られて、全く絵本を見ようとしなかった子が、
『ぱん だいすき』福音館書店刊 征矢清ぶん ふくしまあきええ
をきっかけに、どんどん絵本に集中してきた。
何しろ、今日は、どんなに落ち着きなく騒ぎまわる子も、必ず見るという、最強本ばかりだからね。
『はみがきあそび』偕成社刊 きむらゆういち
『ノンタンのたんじょうび』偕成社 キヨノサチコ作・絵
『おふろにいれて』ポプラ社 せなけいこ
『ばいばい いってきまーす』アリス館 みやにしたつや
 
絵本の合間にわらべうたを入れる。
支援センターにしては、少し大きい3才位の女の子が、大はしゃぎだったのが印象的だった。
お母さんは、わらべうたは初めてらしく、戸惑いがちにやっていたが、
子どもがあんまり大喜びするので、しまいには身を入れて、子どもとはじけていた。
子どもと一緒に、心を解放させられるわらべうたは、やっぱりいい。
私が、支援センターで出会う人は、一期一会の人が多い。
必ずしも、心が伝わる人ばかりではないから、今日みたいに、劇的に伝わる人に会った日は、一日いい気分が持続する。

終了後、二ヶ所目の子育て支援センターで、同じように仕事をし、その後、M幼稚園に26年度のブッククラブの絵本を届けにいく。
2月~3月の間の参観日に展示をして、申込者を募る予定。

今年は、チラシやリストをオールカラーにしたので、父兄への配布物が、目に付きやすくなった。
選書した本は、国内外の絵本賞受賞作品がほとんど。
展示のパネルやサインも本格的に作り、目立つようにした。
しかも、バムとケロのランチコップをおまけに付けた。
などと、今年の売りを副園長に報告したら、
「企業努力は必要です!」
と。
初めて言われたこの言葉。
確かにそうだわねぇ。
今年は、どれだけ実を結ぶかなぁ・・・企業努力。

その後、ブッククラブ新規開拓のため、MT幼稚園に回り、ブッククラブの説明をして、資料一式を置いてくる。

2月18日(火)やっぱりスマホ問題

午前中、酒田市子育て支援課主催の、ブックスタートボランティアフォローアップ講座の講師。
3ヶ月乳幼児健診時に、ブックスタートボランティアとして活躍している25名と、一年間で浮上した諸問題について、解決策を見出す内容だ。

あらかじめ調査したアンケートで出てきたのは、
・第一子と、二子以降の親が一緒になった場合の話のすすめ方。
・二子以降の親から、「以前同じ話を聞いた」と言われないための対策。
・時間がない場合の話の優先順位と取捨選択。
・必須のわらべうた。
・育児中でもスマホをやめられないお母さんたちへのアドバイス。

ここでも、スマホ問題に時間をとられた。
講座参加者は、40代後半以上がほとんどなので、スマホをもってない人が多い。
だから、若い人たちがスマホに依存する気持ちを、なかなか理解できない。
お母さんたちとスマホの関係を知れば知るほど、
「なんで~?赤ちゃん最優先でしょ!」
になるのも、無理はない。
一方は、わかっていてもやめられないし、指摘されれば、拒絶するか反発するかである。
平行線。
育児のベテラン、人生の大先輩が集まっていても、打開策は何も見つからない。
事態は深刻だ。

そんな状況だから、来年度のブックスタートのしおりにも、必然的に、追加がでてきた。

・あかちゃんの声に、なるべく言葉や表情で返す。
・あかちゃんとお母さんがお互いの顔が見える位置関係で読み聞かせする。
・コミュニケーション不全にならないよう、スマホやテレビに配慮しよう。

とにかく、
「ものに頼らず、おかあさんの声と体で育児しましょ!」
と、ニッコリ笑って、はっきり伝えられたらいいですね、ボランティアの皆さん。

2月16日(日) テーマコーナー

去年一年は、『畑とガーデニング』でした。
今年は、なぜか、『ネコ』
格別理由もないけれど。
ざっと見渡したら、意外と、ネコの本が多かったので。
t

2月15日(土)幼稚園ブッククラブ

26年度の基本コース年少、年中、年長合わせて36冊の基本コースの本が決まる。
今年の特色は、
コールデコット賞、ケイト・グリーナウェイ賞、ゴールデン・カイト賞、日本絵本賞、けんぶち絵本の里大賞、講談社出版文化賞絵本賞、ようちえん絵本大賞など、
8割以上の本を、国内外の絵本賞受賞作品で固めたこと。
親子で楽しめ、次世代まで取っておきたい価値あるものをセレクトした

毎月一冊ずつの配本は、待つ楽しみを感じられるペースではなかろうか。
「気がついたら、いつの間にか、家庭の読書環境を豊かになり、親子の絆が深まっていた」
と言って下さるお客様が、一人でも増えてほしいなぁ。
で、今年は奮発して、年間契約の方に、ランチコップをおまけにつけることにしました。
こんなかわいいの!
t

2月12日(水)触れるものと触れないもの

保育園で二歳児クラスに読み聞かせ。
紙芝居と、冒険かな?と思える絵本も二冊入れて、正味30分。

『ぼうし』えとぶん・井上洋介(こどもプレス社刊)
t
2歳児が、ナンセンス絵本にどう反応するかが冒険。

ねずみやさんでねずみぼうし、もぐらやさんでもぐらぼうし、・・・
ふしぎなお店でぼうしを買うと、えっ!というようなおまけが付いてくるお話。

ギョロリ目玉のわにぼうしの男の子の表紙を見た女の子が、いきなりつぶやく。
「わに、怖いから見たくない・・・」
(う~ん、表紙だけで敬遠されたか)

初め、こども達は、暗くて怖そうな絵に、じっと我慢して聞いている感じだったが、
誰かが、
「さわれない」
と、つぶやいたのがきっかけで、ページをめくる度、
ふくろう→「さわれる」
うま→「さわれる」「さわれない」
かぶとむし→「さわれる」
の反応になった。
“触れるか触れないか”にシフトすることで、怖さを乗り換えたということか。
誰かのちょっとした発言が共感を呼び、気持ちが一つになって、本に関わっていくことはよくある。
集団読み聞かせの化学変化は面白い。

『ゆうびんでーす』間瀬なおかた作・絵(ひさかたチャイルド刊)
t
2歳の後半だし、このくらい長いお話は聞けるかな?ということで冒険。

バイクに乗ったゆうびんやさんが、不思議な手紙を、雪深い山奥へ配達に行くお話。
道案内のかわうそがバイクに飛び乗るシーンから、急に静かになって、集中し始めた。
案内の動物が次々出てくるのと、呼びかけのページとで、最後までしっかり聞けた。
集団読み聞かせに慣れている子達になら、充分使える。
春を呼ぶ絵本としてもおすすめです

2月7日(金) 一歳半では

三川町で、新年度から、ブックスタートが始まることになった。
選書や、施行法について、相談にのって欲しいという社会教育委員会からの依頼で、出かけて行く。
ブックスタート開始にあたっては、いろいろな市町村とかかわってきたので、嬉しい限りだ。

一歳半で実施というのは、遅きに失した感はあるが、もちろんやらないよりはずっといい。
90分かけて5冊の絵本の選書と、どんな資料を配布すればよいのかを決めた。
ブックスタート対象の赤ちゃんは、年間60人ほどだという。

ここでもやはり、スマホ問題が話題になった。
スマホに夢中になって、子育てを放棄している親を、どうすればよいのか・・・
「言っても通じない、反発されるだけ」
打開策の見つからない、言う側の、どこでも等しい見解。
気の紛れる楽しいことが見つかりにくい田舎だからか。
スマホの問題がより深刻化するのは。

2月4日(火) 立春なので

t
クリスマスのデコレーションを取ったら、壁が寂しくなったので、新しい額をかけた。
そよ風が、頬に心地いい季節が、待たれる。

2月3日(月) スマホ大問題

午前中、酒田市の子育て支援課主催のブックスタートボランティアフォローアップ講座の打ち合わせで、交流広場へ。
同じフロアの、遊具の施設が整っている子育て支援施設では、大勢の親子がいて賑わっている。
ここなら寒くないし、危なくない。
ママ友同士おしゃべりできるから、冬のお出かけには、もってこいの場所だ。

あらかじめ、スタッフが、活動中のボランティアの悩みや困りごとをまとめておいてくれた。
・複数の親御さんのときの対応の仕方をどうすればよいのか?
・第一子と二人目以上の親御さんが一緒になった場合、同じ話でよいのか?
・短い時間しか取れない時、最低限お話しておかなければいけない事はなにか?

さて、いろいろ話していくうち、ここでも、スマホの問題が、大きく浮上した。
子連れの親が、子どもを勝手に遊ばせて、自分は椅子で、スマホの画面ばかり見ているという。
思い余って、スタッフが椅子を撤去したら、おかまいなしに、今度は床に座り込んで、スマホ。
スタッフは、もう、スマホ持ち込み禁止にしたいくらいだそうだ。

昨日の新聞に、子どもが悪さをしたら、スマホの鬼が怒ってくれるサイトが人気だと掲載されていた。
一時、効果があっても、子どもは、嘘っぱちの鬼なんか、いずれ気付いてしまう。
そしてその時には、親の言葉だって、意味を成さなくなっている。
言葉と体で、子どもに丁寧にかかわってこなかった報いは大きい。
子どもと一緒の時は、スマホを手離さないと、這い上がれない落とし穴が待っている。
見せ掛けの便利さに惑わされてはいけない。
いくら痛みが伴っても、親自身が、直接かかわって、叱らないと!

1月30日(木)トリプルヘッダー

去年に引き続き、市内のH小学校から、トリプルヘッダーの読み聞かせ依頼が来た。
2校時高学年、3校時低学年、4校時中学年。
チャンス到来。
赤木かん子さんが、埼玉福祉会から刊行した『調べ学習紙芝居』を試してみることにした。
調べ学習の現場で困っている教師、図書パート、司書、子ども達、全てに役立つノウハウを、紙芝居にした画期的なもの。
一年生から使えて、知らなければ、中高生にもOKというから、守備範囲は広い。

・図書館へようこそ!
・図書館ってなあに?
・分類ってなあに?
・定義ってなあに?
・百科事典に引きかた
・本ってどうやってできたの?上下
・目次と索引
・テーマの決めかた
・報告書ってなあに?
・報告書を書くまえに
・報告書を書こう!
・人にきくのってどうやるの?上中下

それぞれ、8枚仕立て。
聞く方も、読む方も、負担が少ないのが魅力。
シンプルで、かわいい、きしらまゆこさんの絵は、肩肘張らなくていい。
黒ネコちゃんやチビ魔女のキャラクターも、子ども達は、すんなり受け入れてくれそう。
会話調が苦手な人のために、ナレーションバージョンの脚本もあって、うれしい。

しかし、あまりに数が多すぎて、どれがどの学年に適当なのかわからない。
早めに学校に行って、先生方と相談して、プログラムを決めた。

<高学年>
・絵本『はしれディーゼルきかんしゃデーデ』(童心社刊)すとうあさえ文 鈴木まもる絵
・紙芝居『テーマの決めかた』
『報告書ってなあに?』
『報告書を書くまえに』
『報告書を書こう!』
・紙芝居『数詞のひみつ 一皿と一切れ』
t

t t
絵本は、東日本大震災で実際あった感動的なお話。
機関車が主人公なので、男子が引き込まれているのがわかった。
紙芝居は、とにかく静かに見てくれた。
絵が舞台に入っているというだけで、集中の度合いは、絵本とは段違い。
『数詞』の紙芝居は、低学年から高齢者まで、必ず喜ばれるとてもありがたいシリーズ。

感想タイムに、最初にでた女子の質問。
「読むのに、難しかったところはありますか?それはどんな風に難しかったですか?」
(う~ん、なんか想定外な・・・でもあったのだ、表現が難しくて、繰り返し練習した箇所が!)

「機関車の走行音が、けっこう多く、それを声に出して表現するのが難しかった。
しかもその音が、感情に結びついている。
実際に聞いたことがないので、想像するしかなく、納得するまで一番時間をかけた」
と、正直に答えた。
職員室に戻った時、担任から、
「すみません、ヘンな質問しちゃって」
と、詫びを入れられた。
担任は、どんな質問だったら良かったのだろう。

<低学年>
・絵本『ゴムタとゴムゾー』BL出版刊 かとうまふみ作
・紙芝居『本ってどうやってできたの?上下』
・紙芝居『数詞のひみつ 一本と一個』
t t
絵本は、身近な消しゴムが主人公のお話なので、入り込んで聞いてくれた。
本の成り立ちの紙芝居は、レプリカを見せながらだったので、わかりやすかったと思う。
感想タイムでは、
「紙がどうやってできたのか知らなかったので、勉強になった」
という感想が多くでた。
『数詞のひみつ』で、子ども達は、トンネルを、
“1本、2本”
と数えることが一番印象に残ったらしく、その感想も目立った。
一人の女子の、
「きれいな声で、上手に読んでくれたので、とてもわかりやすかった」
の感想には、思わず苦笑してしまった。

<中学年>
・絵本『ぱんつくったよ』国土社刊 平田昌広文 平田景絵
・紙芝居『人にきくのってどうやるの?上中下』
・紙芝居『数詞のひみつ 一匹と一頭』
・紙芝居『本ってどうやってできたの?上下』
t

t t
絵本は、喜んで一緒に声に出して、楽しんでくれた。
学年に関係なく、言葉のセンスの良い子たちのいるクラスは、盛り上がる。
紙芝居は、これから授業でやるところだからと、担任がプレッシャーをかけたので、子ども達は真剣に見入っていた。
ここでも、『数詞のひみつ』では、勉強になったとの感想が、多く寄せられた。
しかし、何といっても、
「一番楽しかったのは、『ぱんつ、くったよ』です!」
だそうでした。

去年は、絵本がメインだったので、さすがに3回目には、左腕がビリビリいったが、
今回は、トリプルヘッダーでも、紙芝居だったので、体力的には、楽勝だった。
赤木さんの、調べ学習の紙芝居は、非常に使いやすい上に、間違いなく役に立つ。
これから、どんどん広めていかなくては!
まずは、公共図書館に、入れてもらえるようお願いしよう。

1月24日(金)こうたくさんの年賀状

よしながこうたくさんに、サインをお願いしようと、10人分の絵本を送ったのが、今日戻ってきた。
丁寧なお礼状と、お客様にあげてくださいと、オリジナルの年賀状が入っていた。
以前お目にかかった時、
「隅々まできっちり仕事をしないと、気がすまない性格なので」
とおっしゃっていた言葉どおり、小さな年賀状ですら、とても凝っている。
ネズミからウマまで、干支はちゃんと揃っていて、こうたくさんまで挟まっているのには笑えた。
t

1月23日(木) 月例おはなし錬成会

受験生の親2名、家族の介護している人2名、仕事で1名と、事前に欠席の通知があった。
40代後半から、女性は何かと自分の時間が持てないことが多いということだ。

今日は、3名で、近々学校で読む本など紹介しあう。
いろいろ話がでた中で、Mさんの、
「私たちが、学校で読むのは、子ども達に、本で楽しい時間をすごしてもらいたいから。
楽しい時間は、きっと心を豊かにする。
15分はささやかだけど、子どもの心に、幸せの種を蒔いているって感じる」
という言葉が、印象に残った。
子ども達が、毎回Mさんが来るのを心待ちにしているのが、目に見える。

同じMさんからの報告。
よしながこうたくさんのライブに誘われたけど、一冊も読んだことがないので、図書館に借りに行ったら、全部貸し出し中だったそう。
「こんなに人気だったなんて知らないのは、私だけだったんだ」
って。
「ほら、いつも言ってるでしょ。子どもが好きな本は、子どもに聞いて」
ですよ。

1月17日(金) 高学年の読み聞かせ

毎年三学期になると、所属している『花仙人の会』に、山辺町のS小学校から、おはなし会の依頼が来る。
行き始めて、もうかれこれ10年は経っている。

今年のメンバーは、7人で、私の担当は、3時限目5年生41名、4時限目6年一組20名。
年令や季節などを考慮して、持参した中から、子ども達の希望でプログラムを決めることにした。
最初の二冊、目先の変わったものと、皆で声を出せるものは、こちらで決め、あとは、二つのコースから選んでもらうことにした。
①りんごかもしれない(ブロンズ新社)→②ぱんつくったよ(国土社)
t
Aコース③ちきゅうはえらい(福音館書店)→④つくもがみ(岩崎書店)(テーマは限りある資源)
t
Bコース③雪の写真家ベントレー(BL④仕掛け絵本雪の結晶(大日本絵画)(テーマは、雪) 

希望を取ったら、5年生、6年生とも、圧倒的に、Aコースの希望が多かった。
だから、聞いてみないとわからない。
「地球の寿命は100億年で、今はちょうど半分のあたり。地球を長持ちさせるために、私たちのすべきことは・・・」
前フリの勝利かな。

Aコースを読み、Bコースの本を、ブックトークした。
時間が押していたけれど、年一の機会だからと、大おまけして、今話題の『パンダ銭湯』(絵本館刊)を読む。
「パンダには、あっと驚く秘密があるの。絵をよく見ていてね」
と、前フリしたので、男子が、ぐぐっと、前進してきた。

終了後、6年生の男の子二人が、絵本を持って、控え室まで送ってくれた。
途中、
「何が一番面白かった?」
何気なく聞いてしまったら、すかさず、
「『パンダ銭湯』!」
ですよねぇ、面白かった?なんて愚問でした。
我ながら、反省。
どうせなら「印象深かった?」って、聞かないと。
後日送られてくる感想文を、見たいような、見たくないような・・・

1月15日(水) 日本人?って

山形市のO稚園で、卒園記念に、アシードで開発した手づくり絵本キットを使いたいといってきた。
納品ついでに、園児におはなし会を申し出た。
小さな幼稚園で、全園児60名ほどということはお聞きしていたが、
行ってみたら、お帰りのバス待ちを利用して、15分くらいでお願いしますとのこと。

子ども達は、ホールで、鞄を背負って、帽子をかぶって、お帰りの態勢で待っていた。
一応あれこれは持っていったが、子どもの状態を見、時間を考えて、速攻でプログラムを決める。

①ごあいさつ『かくれんぼ人形』
t
②絵本『ぼうしとったら』(Gakken刊)tuperatupera作
③紙芝居『がんばれきょうりゅうぼうや』(童心社刊)黒川光広
t
初対面の子たち向けの最強プログラム。
子ども達は、15分間、集中して聞いてくれて、終わるや否や、私の周りを取り囲んだ。
とりもなおさず、よかったという証拠だ。
一人の男の子が、私の顔をしげしげと見て、聞いた。
「にっぽんじん?」
・・・て。
もう30年近くも子ども達に読んでいるから、プログラムが終わると、
「どこからきたの?」
「明日も来てくれる?」
「この本どこから持ってきたの?」
などなど、いろいろ聞かれることはあった。
しかし、初めてだなあ。
日本人?って聞かれたの。
そう聞きたくなる要素は何だったのだろう。
それにしても、
「そう、日本人よ~」
ってしか、答えられない私は、なんて面白味のない人間なんだ。

「あら!いったい“なにじん”に見える?」
なんて、逆に聞いたら面白いことになっていたかもなのにね。
とっさの機転、ユーモアのセンス、頭の柔軟性が、私には無いのだわ、と悟った日。

1月10日(金) 営業の必要性

お得意先の保育園から、今年の予算で絵本を買いたいとの連絡があった。
追って、保育士さんたちの希望の本が、一覧になってFAXされてきた。

間違いのないというか、オーソドックスな物語が多い。
恐竜、昆虫、乗り物など、男の子好きな本が、極端に少ない。

自分が知らない本は読みたくないのか?
新しい本は、安心して読めないのか?
新刊情報に目を通すゆとりがないのか?

スマホをはじめとするマスメディアなど、子どもの環境は、めまぐるしく変わっているのに、
保育士さんの意識と本だけが、時代についていっていない。
子ども達から大歓迎させるような新しい本のナビゲーターが、絶対必要だと思う。
けれど、問題は、現場の方々が、それを望んでいないということなんだなぁ・・・
意識改革させるためには、
手にとって、実物を見せること!
実演して、子どもの反応を見せること!
つまり、これって・・・営業。
いい本を広めようと思ったら、苦手などと言ってはいられない。

1月8日(水)秘密の解明

山形市の二つの保育園に、6人のメンバーで読み聞かせに行くようになって、もう10年経つ。メンバーのみんなが言う。
「同じ地域で、同じ規模で、同じ年令なのに、二つの園を比べると、聞く態度がはっきり違う」
A保育園は、言葉や文章の端々に、すぐ反応して、にぎやか。
いわゆる盛り上がって、空気がはじけている。
B保育園は、静かで、空気が澄んでいる。
心に言葉がしみこんでいくのが感じられる。
この違いは、どの学年をとっても、同じ感じだ。
どこから来ているのだろう。

いろいろ考えて、改めて気付いた。
B保育園の本は、アシードで納めている。
アップテンポ、簡潔な文章、クリアな絵、子どもに人気の、新しい本が多いのだ。
そうか!原因は、それだ。

そういえば、最近、ほかの保育園から絵本の大量注文があって、その時にも気付いた。
『ぐりとぐら』、『ばばばあちゃん』・・・定番ではあるけれど、保育士さんたちの選ぶ本は古い。
今の子ども達の心が動く本とは、大きくかけ離れている。

子どもが、読んでもらって楽しいと思える本と、保育士さんが安心して読める本の違いが、聞く力の格差を生んでいるのだ。

“大好きな本が、読書力=本を楽しむ力をつける”
ということだ。
手前味噌だが、そういうことだ。

1月6日(月) 質問に応えて

月例、赤ちゃんとおかあさんの読み聞かせ教室の日。
正月明けのところに、吹雪模様の天気。
図書館からは、事前申し込み一名との報告あり。
さもありなん、どうみても、お出かけモードにはなれない天気だ。

それならそれで、開き直って、少ない参加者に膝を交えてきめ細かく対応しよう。
と、会場に行ったら、なんと4組もの参加者があった。

会場入り口の多目的スペースで、小学生の書初め大会をやっていて、
何事にもチャンスを逃さない優秀な図書館職員のNさんが、赤ちゃん連れのママさんをお誘いしてくれていた。

落ち着いて話が出来る程よい人数で、読み聞かせの実演をし、絵本の必要性をお話し、わらべうたとスキンシップ遊びをたっぷりして、滞りなく小一時間を消化。

最後に質問があった。
「本を選ばせて、読んであげようとしているのですが、何冊持ってきて、どれもちょっとですぐに飽きてしまって困っています」
で、回答は、
「よくあることです。まったく心配するようなことではありません。
赤ちゃんに、“絵本は、絵を見て言葉を聞いて楽しむ”という、認識が出来ていないだけです。
自分が見たいものが出ていれば、よく見ようとするとか、喜ぶとか、反応します。
反応しないということは、まだ、本の中に自分の好きなものが見つからないか、絵の意味がわからないかです。
赤ちゃんが、いろいろな経験し、絵がわかるようになれば、集中して見るようになるでしょう。
それまでは、無理して読み聞かせしないで、じっくり物を見つめること、集中して言葉を聞く訓練を重ねましょう。
お母さんが、常に、赤ちゃんの目を見て、ゆったりとにこやかに話しかけること。
まずは、そのことを丁寧にやって見ましょうね。」

答えを聞いたおかあさんの顔が、ぱっと明るくなるのがわかった。
一人ずつの悩みに、地道に、一つずつ答えていく場が、いろいろなところにたくさん欲しいと、改めて思った日。

12月27日(金) 図書館改装のお手伝い

今日は、赤木さんの図書館改装のお手伝い。
場所は、文京区の音羽中学校。
太陽光発電を取り入れているところが画期的だ。
日照時間がたっぷりあるってことで、なんともうらやましい。
t
午前中、床磨き、棚掃除。
午後は、配置。
PTAと先生方、図書委員と文芸部の生徒達で、4時過ぎまでがんばった。
t t
わかりやすい配置の、ゆったりとした棚ができた。
このあたりは、屈指の文教地区。
並んでいる本からしてハイレベル。
何度か、思わず手にとって見てしまった。

12月26日(木) 寺子屋

PO社で、赤木さんの、単発の寺子屋。
本日は、午前が、中学生向けの調べ学習のワーク。
テーマは、修学旅行@京都@?
実際に、ポプラディアを駆使し、三点法でテーマを絞り込み、報告書を作る過程をやってみた。
ワークは、とにかく、情報を探し、できるだけ動くことがポイントかな。
会場には、おすすめの本と、赤木さんの作った日本昔話の紙芝居が、所狭しと、展示されていた。
新しい本の情報を得るには、ここにくるのが一番。
しきりにカメラに撮っている参加者が多かった。
t t
午後二時間は、サイエンスコミュニケーターの出井正道さんの、今年のノーベル賞の話。
t
物に質量を与えているヒッグス粒子について、解説していただく。
難しいことを、初めて聞く人にもわかりやすく伝えようとする努力は、充分に感じられた。

12月25日(水) 上京

26日の赤木かん子さんの寺子屋へ出席すべく、上京。
久しぶりで、特急『いなほ』を使い、日本海側を行く。
窓から見ると、空も海も、陰々滅々。
あまりの暗さに、気分も落ち込み、頭が締め付けられるようだ。
t
でも、新潟は、意外なほど明るい青空だった。
頭のたがが、ちょっと緩まった。

さらに、前橋あたりまでくると、ピッカピカの快晴。
現金なもので、青空が見えただけで、たががはじき飛んだ。
たちまち気分も、晴れ晴れとしてくる。
随分と簡単な転地療養もあったものだ。

2時半から、赤木さんの事務所で、P社の編集者さんと、新しく作る本の打ち合わせ。
冬場の、外の仕事が暇な時期に、何とかがんばろう!

12月22日(日) 師走も押し迫り 

料理に時間をかける暇がないので、事務所のストーブで、小豆カボチャを煮ながら、仕事をする。
10日後は、正月だなんて、時間がなさすぎる。
t
25日は、東京で編集者さんと打ち合わせ。
26日は、赤木かん子さんの寺子屋で、中高生向け調べ学習のセミナー。
27日は、音羽中の図書館改装のお手伝い。
t
年賀状もまだだし、今年は、最後の最後まで忙しくして、終わりそうだ。

12月21日(土) 内職気分

たまたま、三ヶ所の保育園から、絵本の注文が入った。
子ども達が扱うので、損じやすいから、ブックコートフィルムを掛けて納品してほしいという要望があったので、
朝から晩まで、理事を巻き込み、黙々と、作業作業・・・
どうせなら、年内に納品、いやクリスマスまでには、間に合うようがんばろう!
t

12月18日(水) それでも見たがる

山形の保育園で、赤ちゃんクラスで読まれていた、加岳井広さんの『だるまさんが』(ブロンズ新社)の絵本。
かじられ、しゃぶられ、破かれ、それでも大人気で、子ども達は見たがるという。
あまりにも見事に、修繕されているので、カメラに収めた。
生前、加岳井広さんとやり取りした最後のメールを、今も消せない。
t

12月15日(日) こうたくさんライブin最上町

最上町の読み聞かせサークル『めたせこいや』の結成10周年を記念したよしながさんのライブ。
アシードは今回、コーディネーターと本の販売でお手伝い。

大雪にもかかわらず、町の中央公民館に、80名の親子が集まった。
読み聞かせの実演と、お絵かきライブのスタイルは、酒田と変わらないが、できたキャラクターは全く別物。
t
今回は、地球とか、宇宙人とか、スケールが大きすぎ、お話をまとめるまで、難産で、時間がかかった。
t
会場には、こうたくさんお手製のキャラクターがいろいろ飾ってあり、自由に触ったり、撮影したりしてよかったので、みんな大喜びだった。

ライブ終了後、福岡に戻る時も、雪は降り続いていた。
「雪が降りきったところを見てみたい」
と言っていた、こうたくさんの希望は、充分かなえられたと思う。

12月14日(土)夜 こうたくさん懇親会in瀬見温泉

こうたくさんの宿のある瀬見温泉に着いた時には、すでに30センチくらいの雪があった。
ここは、昔、義経が、頼朝の征伐から逃れるため、東北に逃れた時、
静御前が産み落とした赤子の産湯を使わせた伝説があるところだ。
山形県でも最古の木造建築旅館の喜至楼は、鄙びた温泉宿の風情を満喫するには、申し分ない場所だったと思う。
いろいろ、ハプニングがあった模様。
「ありきたりのところに泊まるより、ずっと印象深かった」
という、こうたくさんの弁だったので。

夜は、温泉で一番流行るお寿司屋さんで、最上町のライブのスタッフの方々と、懇親会。
屋根から、音を立てて落ちる、雪の山が珍しいと、障子をあけて、写真撮影していたこうたくさんです。
t

12月14日(土)午後 鈴木まもるさん講演会

午後から、新庄市で、絵本作家鈴木まもるさんの講演会と、最上地区おはなしサークルの交流会があった。
鈴木さんからは、酒田、山形、西川町、中山町と、このところ、毎年山形においでいただいている。
少しお話が出来て、クリスマス用の本に、何冊かサインもいただくことができた。
お元気そうで、なによりだった。
交流会では、お話サークルの方々に、ほんの少しコメントをし、おすすめ絵本を紹介させていただいた。

12月14日(土)午前 こうたくさんライブinみすみっ子クラブ

10時から、酒田市南平田小学校学童保育所(みすみっ子クラブ)で、よしながこうたくさんのライブが行われた。
低学年がメインの子どもと大人、合わせて90名が参加。
前半は、絵本の絵を、スクリーンに投影しての読み聞かせ。
t
最初は、バリバリの博多弁で代表作『給食番長』。
耳慣れない方言と、濃~い脚色の読み聞かせに、初め、会場はシーンとなったが、慣れてくると、あちこち、爆笑の渦が巻き起こった。
その後、実演は、子どもの頃のエピソードを交えて、『ぼくだってウルトラマン』『ぼくのお兄ちゃん』と続く。

後半は、お絵かきライブ。
子ども達に、キャラクターや動物の名称を次々言わせたものを、こうたくさんが描き足し、子ども達と、ご当地キャラクターを作りあげていく。
それだけではない。
更に、出来上がった絵に、子ども達とストーリー作って、お話を完成させていく
その過程は、まるで化学変化みたいに、予想がつかない。

読み聞かせの時、冷静だった子どもたちも、お話つくりではヒートアップ。
手を上げて、発言しまくる子ども達に、こうたくさんは、
「そこの少年!」
とか、
「赤い服の少女!」
とか、指名しながら、言わせていく。
まとめて引っぱっていく手腕は、実にお見事としか言いようがない。
で、こうたくさんが、子ども達の希望に、34年の技術を駆使して、完成したのがこれ↓
t
ライブ終了後、こうたくさんを、次の講演地の最上町まで、送り届ける。
庄内から遠ざかるに連れ、雪がどんどん降ってきて、最上川沿いは、水墨画の景色が続く。
取材と称して、こうたくさんは、雪景色を、ずっとカメラで撮り続けていた。
ほんとに真面目な性格です。

12月13日(金) 長靴をはいたこうたくさん

絵本ライブのため、福岡から絵本作家よしながこうたくさんが来県。
午後五時、みぞれの庄内空港にお出迎えする。
幼児が冬にかぶるような、耳まで隠れる毛糸の帽子に、長靴といういでたちで、ゲイトに現れた。
雪国の人よりも、様になっている格好だ。
かつて出会ったどの絵本作家さんも、初対面ですぐわかる独特のオーラがあった。
こうたくさんも然りである。
開口一番、
「今回、山形に行くというので、何年か前、雪の季節に、上山市立図書館に呼ばれた時、
職員からプレゼントされた長靴をはいてきた」
と、おっしゃった。

三年前、上山でも、本の販売を頼まれていた。
こうたくさんは、ライブが始まる前、本売り場にやってきて、
「完売になるよう、一生懸命がんばりますから、どうぞよろしく!」
と、深々頭を下げてくださった。
そのような作家さんは、跡にも先にもいない。
何よりも気立てがいいのだ。
子どもが、あっというまになついて、群がっているのを見ても、すぐわかる。

夜、7名が参加して、寿司屋で懇親会。
今回、場所を提供してくれた学童保育所のスタッフの依頼にも快く応じ、白紙のカレンダーに、さらさらと、またたく間にイラストを描いてくださった。
t

12月11日(水) 山形行き

月に二度の山形行きの日。
まとめていろいろな仕事をこなす。
午前中は、保育園で、2歳児さんに読み聞かせをする。
支援センターに来た親子が、3組混じっていた。
場慣れしてない子どもが、泣いたりぐずったりし、なかなか落ち着かなかった。
とりあえずじっとしていてくれると、空気はまとまるのだが・・・
それが、なかなか難しい。
しかし、『さんびきのくま』の紙芝居になったら、騒いでいた子の、動きが止まった。
最後にちょっとおまけをし、きつねとたぬきのパペットで、わらべうたをして遊んだ。
これは文句なしに、大喜びされた。

午後、生涯学習財団の職員の方から頼まれた、プレゼント用の絵本を届けに行く。
ついでに、来年度の事業の打ち合わせ。
在野のニーズがどこにあるのかそれを把握するのが宿題となった。

その後、手づくり絵本コンクールの入賞作品を展示のご案内をいただいたので、県立図書館に寄って見ていく。
講座の時に見かけた作品が、けっこう入賞している。
t
手づくり絵本の講師は、試行錯誤の連続だったけれど、なかなか楽しかった。
発想豊かな作品にいろいろ出会えて、とても刺激をもらった気がする。
これから、この三年間に習得したスキルを、どんどん生かしていこう。
とりあえずは、幼稚園保育園の卒園記念向けの手づくり絵本かなぁ。

12月8日(日)絵本月

12月は、クリスマスがあるので、一年で一番絵本が売れます。
何やかやとあった外での仕事が一段落し、事務所はやっと、それらしい雰囲気になりました。
t t
毎年必ず、サンタさんに代わりに、遠くはなれているお孫さんに、絵本を注文するおじいちゃんが、
何人かお見えになります。

12月7日(土)JAの女性の集い

JA庄内みどり本所主催の『第12回女性の集い』の分科会に招かれた。
『絵本で笑顔、コミュニケーションは絵本から』のテーマで、60名の方々に、60分の講話。

いつもは、120分で話すことが多いので、半分にまとめるのは難しいということと、
ふだんからあまり絵本にかかわりのない人も多そうということもあって、
講話内容を吟味するため、JAの担当者と、何度か打ち合わせをして臨んだ。

レジュメの組み立ては、
1.昔話が教える生きる知恵
赤ずきんを例にとり、表現の変遷や、昔話のもつ残酷さの必要性について解説する。
2.今の子ども達の喜ばれる絵本の状況
物語絵本、科学絵本、詩や言葉の絵本について、具体的に例を示して紹介する
3.心を育てる家庭での読み聞かせについて
ポイントは、子どもが望んだ時に、望んだ本を、望むだけ、楽しく、繰り返して読む
4.読み聞かせの効果
人間関係をよくする、学力、個性を伸ばすなど、具体例を挙げて説明する

参考図書として、本をたくさん持っていって、できるだけ読んだり説明したりしたので、終わってから、人々が、本のまわりに群がった。
クリスマスプレゼントにするからと、
『実物大恐竜図鑑』(小峰書店刊)、『たんけんライトからだたんけん』(岳陽舎刊)
『いつまでもすきでいてくれる?』(評論社刊)『ぴよぴよひよこ』(フレーベル館刊)
などが、またたくまに売れた。

「人は、本が買いたくないわけではない。ただ一人では決断する自信がないだけ。
誰かがきちんと説明してくれれば、即、買う人はけっこういるのだ。
大切なのは、説明してくれる人の存在」
ということを実感した日。

12月2日(月)ウィンターブルー

月例赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室。
寒いけれど、定員に達した。
やっぱり寒くなったせいだろうか。
お母さん達のエネルギーが落ちている気がする。
笑顔が無い。
大きな声で歌わない。
わらべうたなど、一緒に進んでやろうとしない。
赤ちゃん達も、ぐずりがち。
明らかに、先月とは異なることばかりだ。
人は、日照時間が少なくなると、活動エネルギーが低下するという。
これから、この地方は、まとめて季節鬱の時季に突入する。

11月28日(木)打ち合わせ

月例勉強会の日。
本日は、まず、よしながこうたくさん絵本ライブの打ち合わせ。
とりあえず、本番の日と、前日の懇親会への参加を確認。

そのあと、各自の朗読を、みんなで聞く。
今日の私の朗読は、この前NHKでみっちり鍛えられた、佐江衆一の『風の匂い』
活舌がよくない。
舌がもたついて、思うようになめらかに動かないのがわかる。
NHKの時は、きれいに読めたのに。
疲れているのか、緊張していないのか・・・。

11月26日(火)二人旅

文通などという言葉は、もう死語になっているのだろうか。
学生時代の友と、手紙のやり取りをして、40年になる。
そのSさんと、年に一度、桜か紅葉の頃、落ち合って、小旅行をしてきた。
近年は、お互い、親の死や、介護をぬって、綱渡りの再会が多かった。
ざっと目的地を決め、他は、行き当たりばったりの旅だ。
今回の目的地は、Sさんの希望で、ドールハウスコレクターのメッカ、氷川台の『ノエ・カフェ』

オープン前の空き時間で、東京都美術館の『ターナー展』を、まず見ることにした。
t
生涯、二万点を描いたそうで、10代から晩年までの作品が、一階から三階に展示されていた。
詩集の挿絵として描かれた小品が愛らしく、思いっきり近づいて見入ってしまった。
大作の前には、人が群がり、あちこちよく見えないところもあった。
さすが東京、平日でこの人の多さ!
と思って、つくづく見ると、ほとんどが、シニアではないか。

ノエ・カフェは、ドールハウスコレクションにかけては、ほんとに、半端じゃなかった。
t
ランチを食べて、一階から二階まで展示された数々を見る。
小さくても精巧で、トータルコーディネイトされている。
何と見事に完成された世界なのだろう。
あまりの細かさに、これを作っている姿を思い浮かべたら、頭がくらくらしてきた。

帰り、駅に向かって、住宅街を歩いていくと、氷川きよしくんの、氷川神社が目に入る。
山形の神社に比べると、全体的に、ちっちゃくてかわいいという感じがする。
折角なので、お参りをしてゆく。
t
「どうぞ、周りの人たちが、安らかに、寿命を全うしてくれますように!」
90歳近くの人たちが、4人もいるから、どうしたってそういう願いごとになってしまう。

「親が倒れていないことを願って。今度は桜の季節に、逢いましょう」
そう誓って、新宿駅で別れた。
いろいろあっても、足腰が動くうち、二人旅は続けたいと思う。

11月25日(月)セミナー二日目

ホテルは、新宿歌舞伎町。
徒歩8分の距離でも、夜は方向感覚が狂う。
用心して、昨夜は駅から、タクシーで帰ったが、今朝は、時間があるし、新宿駅まで歩いてみることにする。
t
ちょっと大きな通りに出ると、同じ方向に歩いて行く人の群れに出会う。
しめた、これに付いていけば、間違いなく駅に出るぞ!
と思い、5分ほどしたら、大きな集団が、不意に左にそれた。
そのまま付いていったら、大きなビルに入って行く。
あら、ヘン?と見上げると、
頭の上には、『アルタ』の文字が・・・
あわてて、元の道に戻って、次の流れについて行くと、ほどなく新宿駅前にでた。
目印になる山も星も見えないから、大都会は迷ったら、やっかい。

たくさんの成果を実感して、セミナー二日目も、無事終了。
12人のメンバーだから、みんなすっかり打ち解け、すぐには別れがたい気持ちになっていた。
北海道に帰る方が、飛行機まで5時間あるというので、付き合って新宿駅で、コーヒーを一緒する。
同じ年ぐらいかなぁ。
かつて理科の先生をしていたとか。
毎年やっている、科学の体験セミナーの話を熱く語ってくださった。
「一度限りの人生だもの、いろいろ自分で、楽しくして生きなくっちゃあね!」
別れ際の、納得の一言でした。

11月24日(日)講師のための朗読セミナー

早朝6時20分無事到着。
さすが澁谷だ。
7時過ぎなのに、道行く人の、何と多いことか。
もちろん、朝食をとるところだって、すぐに探せる。
コーヒーショップで、スモークチキンと根菜野菜のサンドイッチを注文した。
しかし、都会の食べ物は、どうしてこんなに見掛け倒しなのか!?
野菜の風味、香り、味、歯ざわりがまるで無い。
まるで抜け殻を食べているみたいだ。
口慣らしに、『お話のろうそく』を朗読しながら、一時間以上粘る。
こんな早い時間なのに、の~んびりコーヒーを飲み、文庫本を読んでいる、二十歳すぎの女性が目に止まる。
これから出勤するのかしら。

京王線から小田急線に乗り換え、成城学園駅下車。
更に、渋谷行きバスに乗ること15分。
通算7年くらいは来ているから、通学路という感じで、NHK日本語センターに着く。

10時から5時まで、4人ずつ3班に分かれて、朗読テープを聴きながら、指導者としてのテキスト作り。

t
今回参加のコースは、自分の読みを強化するのももちろんだが、自分の会のメンバーにどう指導するかを学ぶセミナーだ。
講師は、かつてニュースで何度も拝見したことのある、斎藤季夫さん。
みんなの心が、温かく一つにまとまるような、心地よい時間をすごせたことに、感謝だった。
一番の成果は、“やる気を起こさせる心のこもったアドバイス”の極意を学べたということ。

終了後、新宿駅南口近くの紀伊国屋書店の前で、読書アドバイザーのNさんと落ち合う。
以前注文いただいた拍子木を届けながら、いっしょに食事をする。
t
毎年、この周辺のクリスマスイルミネーションは、規模といい、センスのよさといい、類を見ないほどだが、でも、そんな美しさに浸る間もないくらい、話し込んでしまった。
子ども達に、本の楽しさを伝える活動をするもの同士、3時間半なんて、あっという間の時間だった。

11月23日(土)初めての夜行バス

毎年、この時期に、NHK日本語センターで、講師のための朗読セミナーがある。
飛行機は高いし、新幹線には間に合わないし。
ということで、最後の手段、夜行バスでの上京となった。
長女が、東京の行き帰りによく使っていて、
「しんどい」
などと言うことは、一度も聞いたことがなかったので、大いに甘く見ていたかもしれない。
まず、眠れない・・・ロシア上空を、夜通し飛行機に乗っていた時の悪夢を思い出す。
走行音、近くの人のいびき、狭苦しさ、リクライニングシートの傾き加減。
でも、辛抱も7時間半。日の出前に、無事渋谷に到着した。

それにしても、同じ時間に、1号車と2号車が、連なって走るくらい需要があるなんて。
たまげた。

11月22日(金)ワークショップとしての“めおと読み”

遊学館を会場に、10時~12時で、県生涯学習センター主催の研修会が行われた。
平田昌広・景さんご夫妻のめおと読みライブは、108名の参加があり、最近類を見ない盛況だった。
参加者とゲストが一体となって、一つの世界を作り出すライブは、
読み聞かせの現場に、活用できそうな要素がたくさんあった。
t
早口言葉や、ことば遊びの本を、一人ではなく、相方と掛け合いで読むというやり方は、
学校読み聞かせのマンネリ打破には、もってこいでしょう。
但し、呼吸が合わないと、盛り上がれないので、充分な練習は必要ですぞ、ボランティアの皆様!

11月21日(木)平田さんご夫妻来県

午前中、山形市内の三ヶ所の保育園に注文の本を届け、忙しく走り回る。
午後、明日の絵本ライブのために、来県した平田昌広さんご夫妻を山形駅に出迎える。
改札口に立っていると、過去にお迎えした方々のことが、走馬灯のように、頭をよぎる。
大概は、映像で事前に知っていても、生身のお姿を拝見するまでは、ソワソワしてしまう。
そして、皆さん、一目で、『絵本作家!』とわかるオーラをお持ちです。
もちろん、平田さんご夫妻も!

リハーサルのため、会場の遊学館へ。
今回のライブは、県生涯学習センター主催の読み聞かせボランティアのための研修として行われる。
かつて無いくらいの、入念なリハーサルだった。

その後は、最近すっかり恒例になった、ガイド付き文翔館観光。
現存する時計台としては、札幌に次いで、二番目に古いという時計塔を、いたく気に入られた様子。
入館時間が少し遅かったので、1時間もしないうちに、閉館時間となってしまう。
親切なスタッフの方々が、気を利かせて、時間を延長してくださったので、ありがたかった。
t
夕闇迫る中庭。
レンガ作りの建物に灯りがともる。
ヨーロッパに来たかと、錯覚しそうな雰囲気にうっとり。

18時半からは、恒例、仙台屋旅館で、懇親会。
おかみさんの、山形郷土料理尽くしのメニューは絶品なので、絵本作家さんの懇親会は、常にここに決めている。
『鯛の兜煮、牡蠣のコキール、鱈のどんがら汁、刺身、モズクといくらの酢の物、むき蕎麦、手打ち蕎麦、モッテ菊、おみ漬け、柿の白和え』
今日はまた、内陸にいながら、庄内浜の味を満喫できる内容で、大満足だった。

平田さんご夫妻は、旦那様が文を書き、奥様が絵を描かれる。
まじめでとても誠実なお人柄で、絵本作家への道のりや、お二人の馴れ初め、絵本にまつわるエピソードなど、どんな質問にも、丁寧に答えて下さった。
この前、山形にいらした野村たかあきさんとの共作があり、12月に山形にいらっしゃる鈴木まもるさんとも、共作がある。
今回は、偶然、平田さんを中心に繋がった。

11月20日(水)事故の影響で

仕事で、毎月、数回は、二時間半かけて山形に通う。
土砂降りでも吹雪でも、何事もなく過ぎていたので、道中何も無いのが当たり前と思っていた。
しかし、今日は、違った。
家を出て一時間くらい行った、最上川沿いの、戸沢村で、車の流れが止まった。
対向車も来ない。
そのまま、一時間経っても、前の車が動き出す気配も無い。
パトカーや救急車が、傍らを通って行ったので、事故があったことは察知できた。
今日は子育て支援センターで、赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室の日。
空も暗く雨も強くなってきた。
どんなにがんばっても、約束の10時には間に合わないと悟り、引き返した。
悪天候だと、気分も引き気味になる。
後から新聞で知ったのだが、スノーシェットの中での、正面衝突事故だったらしい。
事故、病気、何事も無い日々に感謝しなければ。

11月19日(火)倉庫状態

11月は、今までになく、講演会が立て込んでいる。
野村たかあきさん2回、鈴木のりたけさん、平田昌広・景さんご夫妻と、続いていく。
事務所の中は、仕入れた本、講演会場へ運ぶ本、返却する本で、箱がひしめいている。
これでは、ドアを開けても、上へあがれないので、お客様は、どうか、アポ取っていらして下さい。
t

11月17日(土)鈴木のりたけさんin舟形町

会場を舟形町中央公民館に移しての、鈴木のりたけさんのライブ。
子ども達が落ち着いていてお行儀がいいのに感心した。

会場の中央公民館には、今までお呼びした、有名な絵本作家の色紙が、いくつも飾ってある。
本屋も公共図書館も無い小さな町で、毎年絵本作家講演会があり、
作家さんから、直々サインがもらえるなんて、ある意味すごいことだ。
本日も販売担当。『しごとば』シリーズを中心に売れた。
t

11月16日(土)鈴木のりたけさん講演会in酒田市立図書館

鈴木のりたけさんは、新幹線運転士をしていたという異色の絵本作家。
子どもはもちろん、大人も楽しめる2時間ライブだった。

コスプレや歌、クイズ、お絵かき、迷路と、子どもと巧みにコミュニケーションを取りながらの内容は、
今までになかった新しいスタイルだ。
t
その上、絵本作家の日常も、スクリーンに映して、実に詳しく見せて下さった。
これだけ手の内を見せても、誰も真似できないだろうという自負があるのだろうな。
そこに、才能の豊かさを感じた。
本日は絵本の販売を担当。
『しごとば 東京スカイツリー』が、突出してよく売れた。 

11月15日(金)鈴木のりたけさん

明日、酒田市立図書館の主催で、絵本作家鈴木のりたけさんの講演会が予定されていて、今晩は、懇親会。
図書館職員とファンの方8名が参加。
ブロンズ新社が、かがくいひろしさん亡き後、イチオシの絵本作家さんとして、紹介して下さった。
編集者さんが、
「とにかく、みんなを飽きさせず、大人も子どもも楽しめる内容だから!」
という言葉が決め手になって、今日の日を迎えた。

気配りの行き届いた、サービス精神あふれる、明るく気さくなお人柄で、笑いに包まれた二時間が、あっという間に過ぎた。

11月15日(金)野村たかあきさんin高畠

浜田広介記念館で、野村たかあきさんの講演会と原画展が開催された。
t
木のぬくもりのあるホールでの、野村さんの読み聞かせは、実に感動的だった。
スクリーンに大写しされた版画は、くっきりと美しく、低温でよく響く声は、お話をより盛りたててくれた。
t
今年は、広介生誕120年の特別な年に当たる。
代表作『ないたあかおに』の作者、野村さんをお招きしての事業は、大いに意義のあるものだったと思う。
t

11月14日(木)野村さん再び

県生涯学習センター主催で、『野村たかあきさん講演会&原画展』が、
高畠町の、広介記念館で行われることになっていた。
この事業の、コーディネートを頼まれていたので、1時23分高畠駅に、野村さんをお出迎え。
記念館の関係者にご挨拶の後、評議員のHさんと,亀岡文殊や、阿久津八幡をご案内する。

夜は、記念館の理事長、館長、職員、評議員の方々が参加しての懇親会。
野村さんは、かねてからの憧れの地、広介の故郷に来られて、終始大感激のご様子だった。
また、館長が野村さんと同い年ということで、話が大いに盛り上がって、気持ちのいい会となった。

11月13日(水)記憶力を鍛える

山形市の二つの保育園の2歳児さんに読み聞かせ。
Tuperatuperaさんの、『ぼうしとったら』(Gakken)の反応がすごかった。
コックさんや、カーボーイ、おくさんなどが帽子を取ると、中から、あっと驚く意外なものが出てくる、簡単な仕掛け絵本。

読み終わった瞬間、全員から、
「もう一回!」
という声が上がった。
二回目の読んだ時、ページを開く前に、帽子の中がどうなっているか、大概の子が答えられた。
これには、付き添っていた保育士さんもびっくり。
しかも、難しい、
「ちょんまげ~」
などという言葉も、しっかりと覚えていた。
「しかけ絵本なんて・・・」
なんて、侮るなかれ。
間違いなく、記憶力を鍛える力はありましたよ!

11月11日(月)奈良正倉院展へ

今日は、15時55分伊丹発山形行きの飛行機に乗るまでフリー。
大阪に来るまで、仕事に忙殺され、何を見ようなんて考える暇もなかった。
ので、昨夜、懇親会で、地元の人に、
「どこか一ヶ所観光するなら、どこですかね?」
とお尋ねしたら、奈良国立博物館で開催されている正倉院展が、11日で最終日だと教えてくれた。
奈良まで、急行で50分。
これはもう、行かない手は無い。

ホテルを朝八時に出、地下鉄から、JRに乗り継いで、八年ぶりで、奈良へ。
車窓には、規模の小さい田んぼや畑。
奈良市に近づくまでは、けっこう田舎らしいのどかな風景が続く。

最終日とあって、駅から人の流れは、正倉院展の方向へと向かっていた。
開館と同時に、入館できたので、比較的じっくり見ることができた。
シルクロードを経て、日本で完成された美の極地を目の当たりにして、一時、ロマンに酔いしれた。
一度でいいから宝物の数々を見たいと言っていた母に、写真集を買う。
t
二時間後に、外に出たら、長蛇の列だった。
折角だからと、近くの東大寺に向かうが、山門まできたら、雨が降り出した。
正倉院展を見ただけで充分と言い聞かせ、潔く奈良を後にする。
t
山形空港が近づくにつれ、雪模様になった。
着陸寸前、機内に流れたアナウンス。
「山形空港付近は、気温1℃、天気は雪。大阪との気温差は12度。皆様風などひかれませんよう、体調には充分お気をつけ下さい」
乗客は、申し合わせたように、どっと笑った。
やっぱり山形だ~と、笑うしかなかった。
最寄りの東根駅で40分待ち。新庄駅で30分の乗り継ぎ待ち合わせ。
フライト時間は80分だったのに、それから先が、うんざりするほど長かった。
雪降る中だったから、いっそう疲れが、どっとでた。

11月10日(日)ブラッシュアップ講座in大阪

大阪科学技術センターで行われた、JPIC読書アドバイザー養成講座修了生対象の、ブラッシュアップ講座に参加した。

午前中は、『この本読んで!』でおなじみの、フリーライターの永江朗さん。
『本を求める人、本を手渡す人―出版と読書、この20年』という演題で、90分お話を聞く。
豊富なデータに裏打ちされた納得至極の内容で、非常に勉強になった。
以下、頭の片隅に引っかかったものをメモってみた。

○これから本と本屋はどうなっていくのか
  ・老舗書店の閉店・・・不況、雑誌の売れ行き不振、ネット書店の台頭
  ・日本の書籍の20パーセントはアマゾンで買われている
  ・一般書店がアマゾン以上のメリットを出せなければ生き残れない
  ・出版物の変化・・・ライトノベルの広がり、コミック市場の現象、新書ブーム、ペーパーバック化、付録ブーム
          経済不安で廉価な本に、トレンドが移行
○本というメディアの変化
  ・紙の必然性の無いものは、どんどん変わる・・・地図→カーナビ→スマホ、紙媒体の辞書→電子辞書
  ・紙媒体の書籍から電子書籍への移行は、当分先。
○情報環境の変化
○出版産業の変化
○流通諸システムの変化
○本を巡る環境の変化
  ・図書館の変化・・・増加する公共図書館、指定管理者制度によるコストカット、
            多様化するサービス、貸し出しの16パーセントは新刊、
            貸し出し冊数の増加、購入金額の減少、図書館での貸し出しが増加し、書店の売り上げが減少
○読書を巡る諸制度
○この20年で本と読書がどのように変わったか
  ・新刊と雑誌売り上げの減少・・・特に雑誌が売れない→広告収入の減少=出版社収入の減少
                   ↑
                 若者人口の激減
  ・新刊の発行点数は増加だが、全体の部数は減少
  ・販売冊数は変わらないのに販売金額が減少←新書や文庫で買う人が増加
  ・1990年頃までは、人口と時間の増加で販売冊数は増加傾向にあった
  ・雑誌離れは起きているが、本離れは起きていない
○読書離れは進んだか
  ・1990~2011の総合読書率は、70パーセントで変わらない
○書店の多様化
  ・超大型、ネット書店、ブックオフ、駅ナカ書店、レンタルショップ複合店、セレクトショップ、ブックカフェ等
t
午後は、ブックコーディネーター内沼晋太郎さんが、『人と本が出会う仕掛け作り』というテーマで講演。
ビール片手に選書でき、本だけでなく書棚も買えるという書店の形は、目から鱗だった。

その後で、子どもの古本屋、私設ギャラリーなど、ユニークな活動を展開している読書アドバイザー4人の実践発表を聞く。
本を広めること、手渡すことに、生きがいを見出し、輝いている人ばかりだ。

5時半から、パブで、34名が参加しての懇親会。
関西のノリは、格別。
向かい合った人の話声も聞き取れないくらいの賑やかさだ。
東北人は、なかなか付いていけなくて、とり残されがち。
でも、ここでも、一番遠方よりの参加ということで、いきなりコメントを求められる。
そうだ、本来の目的を忘れていた!
月山銘木朴の拍子木の営業も兼ねて、関西に来たんだっけ。
ということで、持参したものを叩いてパフォーマンス。
1000円という値段が功を奏し、たちまち、5組の注文が入る。

結局、二次会まで行って、9時半解散となる。
考えてみたら、二次会も生まれて初めてだった。
それにしても、どこまで行っても、酒と食べ物は、庄内が一番おいしい。
そう実感して、長い一日が終わった。

11月9日(土)大阪へ

2時から4時まで、山形市内の保育園から、園内研修の講師を頼まれる。
・読み聞かせの基礎
・人間関係をよくするわらべうた
・子どもに読み聞かせしたい本のブックトーク
の、三本立て。

みんな必死でメモっているところを見ると、意外と、きちんと勉強する機会はなかったらしい。
子どもに人気のわらべうた、「ぽっつんぽつぽつ」「てってのねずみ」「いちじくにんじん」も、知っている人は少なかった。
ブックトークに使ったダンボール2箱分の本は、じっくり手にとって見てもらいたいので、預けてくる。
終了後、読書アドバイザー20周年の関西ブロックの催しに参加するため、真っ直ぐ、山形空港から大阪へ向かう。

夜7時頃、大阪上空から見下ろす夜景は、宝石箱をひっくり返したようなきらめきで、まさに、中島みゆきの『地上の星』のことばそのまま。
こんなに見とれるほどの景色は、近年お目にかかっていないかもという感じだ。

伊丹空港で待ち合わせて、お世話になっている出版社の編集者Tさんと再会する。
モノレールに乗り、地下鉄に乗り、人ごみを縫い、どこをどう連れて行かれたかわからない。
t
気がつくと、大阪のおっちゃん達に人気だという居酒屋にいた。
煙草と焼き鳥の煙が充満する中で、生ビールで乾杯する。
遅ればせながら、こういうところは初めて。
カルパッチョ、鉄火巻、おでんなど、いろいろ食べたが、美味かどうかよくわからない。
けれど、間違いなく言えるのは・・・
庄内の食材で、自分の手で作る料理の方が、舌になじむということ。
大阪まで来てみて、『食の都庄内』をつくづく実感した。

11月8日(金)旅から帰った絵本たち

山形市のT小学校のボランティアの皆さんに回覧し、購入後の、残った本が戻ってきた。
内容がわかりやすいように、ジャンルごとに分類し、袋に入れてあげたもの。

昔、返品の本を、
「かわいい我が子が旅から帰ってきたようだ」
と、おっしゃった絵本作家さんがいたことを思い出した。
さしずめ、ここは、最後の港だなぁ。
t

11月7日(木)5万分のわくわく

毎年この季節になると、山辺町のs小学校のボランティアの方々が、絵本を買い訪れる。
高速を使っても、2時間の道のりで、かなり遠出なので、感謝だ。

学校から、読み聞かせに使う予算がおり、それをボランティアが選書できるというのもとても恵まれている。
そしてそれらの本は、学校図書館に置かれるので、子ども達にも幸せなことだ。

短時間で選び出すのは大変だろうと、こちらであらかじめ60冊くらいの本を選び出しておいた。
それでも、上質の絵本ばかりなので、そこから絞り込むのは、意外と時間がかかった。
また、書架に並んでいる他の本も見たいしで、たっぷり二時間。
「五万円分自由に選べるなんて、わくわくだよね!」
と言いながら、帰っていかれた。

『上質の本を選ぶ→子ども達は喜んで聞く→教育効果が表れる→学校が図書購入費を予算化してくれる』
循環がうまく行く発端は、何と言っても、上質の絵本を選ぶと言うことだ。

11月5日(火)静か~

月例赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室。
今日の参加者は5組で、今年度一番の少なさ。
多分、三連休の後で、親子ともお疲れモードなのだろう。

少ないと、いいこともある。
赤ちゃんたちがとても落ち着いているので、こちらのペースで、お話がすすめられる。
ふだんは、10分も話が続くと、泣いたり、騒いだりする子がでてくる。
そうすると、即わらべうたに切り替えたり読み聞かせの実演に入ったりということになるのだが、今日は、どこまで行っても静か~~。

絵本の前に大切なこと→絵本の必要性→読み聞かせの方法→本の選び方。
と、ここまで話して、30分近くが経過。
あと、話しきってしまったので、スキンシップ遊びとわらべうたで遊ぶ。
すっかり寒くなって、
「ちっちゃいまめ こーろころ」
の、わらべうたにふさわしい季節だなぁ。
しかし、人とのかかわりで、終始自分のペースで進められ、疲労感が皆無というのも珍しい。

11月2日(土)長野ヒデ子さん講演会in中山町立図書館

中山町立図書館のほんわ館まつりで、
長野ヒデ子さん講演会のコーディネーターを頼まれていたので、お昼に山形駅に出迎える。
3月の花巻図書館以来の再会。
積もる話で、左沢線20分乗車の間も、喋りどおしだったような・・・乗り過ごしたら大変だった。
ほんわ館では、児童スペースで、40名のお客さんに、紙芝居と絵本の楽しさをテーマに、講演。
新作の神話紙芝居『やまたのおろち』『イナバのしろうさぎ』も実演してくださった。
t
山形には、各地にお見えになっているので、多分、お客の半数以上が、根強いファンだったと思う。
それが証拠に、販売していた本は、
「あれも、これもみんな持っている!」
と言う人が多く、代表作の『せとうちたいこさん』が、全く売れなかったから。
その代わり、持っていない本は、全て買ってくださった。
ファンとは、なんとありがたい存在だ。(本屋にとっても!!)
そして、サイン会も、長野さんと再開した方々との、楽しげな積もる話で、延びに延びた。

11月1日(金)野村たかあきさん講演会&ワークショップ

JRACの山形のメンバー4人がフル参加しての支部学習会。
その他、顔なじみの方々が、30名参加して下さった。

野村さんは、デビューまでの道のり、作品に込めた思い、木に彫ることのこだわりなど、
ひとしきり話された後、何冊か読み聞かせしてくださった。
低音の、よく通る声で、心に染み入った。
久しぶりに実演をしたとかで、汗だくだったが、その一生懸命さが、かえって参加者の心を打った。。
皆さん、リピーターなので、聞き方がとても上手!
合いの手、相槌もお見事で、講演会の雰囲気を盛り上げてくれて、とてもあたたかな会となった。
これもひとえに、野村さんのお人柄のおかげでした。
t

10月31日(木) 野村たかあきさん

11月1日は、JRAC(読書アドバイザークラブ)山形宮城支部の支部学習会。
お昼すぎ、講師の版画家で絵本作家の、野村たかあきさんを、山形駅に出迎える。
そのまま、旧県庁文翔館にご案内し、ベテランのガイドさんから、じっくり説明を受ける。
ここは、古い建築物に興味がある人をご案内するには、絶好の場所。
晴天で、庭は紅葉が今盛り。
折しも、カップルが、結婚写真の前撮りの最中で、あっちもこっちも、なかなかいい景色だった。

その後、講演会場になっているなごみの里地域交流ホールに、下見に行く。
原画展は、二週間前から、なごみの里で開催して下さっていた。
版画の二作品『ないた赤おに』と『やんちゃももたろう』は、お年寄りもじっくり見入っていたという、施設長さんのお話だった。
t t
6時半から、いつもの仙台屋旅館で、懇親会。
野村さんは、誰の話にも、気持ちよく相槌を打ってくださる、気さくで温かなお人柄で、楽しい宴となった。
おかみさんの郷土料理尽くしも、いつもに増して、おいしかった。

10月27日(土)拍子木人気

読書アドバイザー20周年関東ブロック記念事業は、御茶ノ水の損保会館をお借りしての分科会と交流会。
午前中は、読書活動の分科会に参加。
文庫、紙芝居、読み聞かせをしている方々のお話を伺う。
科学本に特化させて、読み聞かせやワークショップを行っている方の話が、特に印象的だった。
午後は、書店&取次ぎの分科会に参加。
子どもの本専門店は、私だけだったので、その実態を、一番多く話し、また聞かれる羽目に。
「一番の収入源は?」
などと、ずばずば聞かれ、子どもの本屋の、シビアな実態を、ご披露することになった。

オリジナルの拍子木も販売しているとお知らせしたら、注文が相次いで、びっくり。
おはなし会の必須アイテムなのに、都会では、意外と普及していないと判明した。
ざわつく会場を一瞬で静かにし、お話の世界に誘う優れものの拍子木。
アシードでは、イタヤカエデ、ブナ、サクラ、ケヤキなど、いろいろ材質を試して、響きが一番心地いいホオ(朴)で作らせている。
マイ拍子木は、山形では常識だが、都会には、切り込んでいく余地が、相当ありそうとみた。
t
朴材、重量160グラム、価格1500円です。

10月26日(土) 上京

27日開催の読書アドバイザー20周年関東ブロック記念事業の出席のため上京。
前日の空き時間を利用し、4時半に、約束していた赤木かん子さんの事務所にお伺いする。
赤木さんは、お仕事でまだ帰らないとかで、御用達の顔なじみの仙台の整体師さんが留守番をされていた。
この方には、山形に住んでいた頃、一回目の鞭打ちの時(二回も受傷している)、
一回の治療で劇的に治してもらったことがあった。
女性なのだが、ものすごく腕が発つ。
「あら~お久しぶり」
とかいう間もなく、横にさせられて、たっぷり60分お灸と鍼の攻勢にあう。
普段は、仕事と畑と忙しく飛び回って元気なフリをしているけれど、専門家が見ると、あちこちがたがきているらしい。
治療がすんだ後は、持っていった里芋で、芋煮や煮つけを作ってあげて、一緒に夕食。

赤木さんの寺子屋が無くなり、私も酒田に引っ越して、勉強の機会もぐっと減ってしまった。
事務所の中は、今日も、注目の本や新刊で溢れかえっている。
タイトルを眺めただけで、時代から置いて行かれつつあるなぁと、実感した日。

10月16日(水) よく働いた日

強い台風26号が接近しつつあった。
ニュースでも、不要の外出は控えるようにと、盛んに放送していた。
しかし、今日は、山形市で色々仕事がある日。
朝方は、そう荒れた天気でなかったので、何かあったら戻ることにして、7時半に家を出る。
途中、天童市あたりで、側溝から水が噴出すくらいの豪雨に見舞われた。

午前中の、ニヶ所の子育て支援センターで、『赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』
案の定、台風の影響で、ほとんどお客がいない。
なので、急遽、併設の保育園の1歳の赤ちゃんたちに読み聞かせをすることに。
紙芝居二つ、絵本3冊、スキンシップ遊びを二つ。
どちらの園も、ふだんから、絵本が大好きな子どもたちだそうで、まあ、よく聞くこと聞くこと!

午後から、なごみの里地域交流ホールへ。
17日から半月間われる予定の『野村たかあき絵本原画展』の展示作業しに。
この企画は、アシードとなごみの里の共催事業。
版画『ないた赤おに』16枚、『やんちゃももたろう』16枚が、会場に届いていた。
すでに額装になっていたので、掛ける作業は簡単に終わった。
問題は、絵の下に、文章を添える文章。
絵に合わせた文章を印刷し、糊パネに貼る。
それぞれ文の長さが異なるので、バランスを取るのが大変だった。
理事と二人がんばって、なんとか3時間半で終了。

展示し終わって、改めて眺めてみると、ちょっと距離をおいた方が、迫力が感じられた。
作業の最中、なごみの里のお年寄りや、職員の方々が、原画をじっくり見ていってくれた。
版画と言うメディアと昔話は、こういう場所にしっくり来るようだ。

その後、25日に、T小学校で、読み聞かせ入門講座の講師をするOさん宅に。
・心がまえ
・基本技術
・本選び
・トラブル対処法など
約1時間のレクチャー。

更にその後、19時から2時間、H保育園の保育士向けに、セミナー。
・集団読み聞かせの基礎
・子ども達に人気の新しい本のブックトーク
・わらべうたとスキンシップ遊び
の三本立てで。
おすすめの本は、後で保育しさん達がじっくり見られるように、置いて来た。
園で使えそうな本は、購入してもらえることになっている。
雲間から星がチラホラ見える中、車を飛ばし、夜11時半前帰宅。
台風の影響を受けなくて幸いだった。

10月13日(日) ふだんと変わらないか

20周年記念事業の残務整理が一区切り付き、思わず伸びをして、
「あーぁ、めったに無い大事業が終わったぁ」
と口に出したら、傍らで理事が、
「いつもやってることと変わらないじゃん」
って・・・・・
あ、確かに、全然疲れてないし。
考えてみたら、ふだんの事業に、山寺ツアーがくっ付いただけだった。

10月12日(土) 文翔館ガイド付き見学

9時で、県立図書館へ。
手づくり絵本コンクールの出品作品を見にいく。
作品をというより、手づくり絵本キットの使われ方を見に行く、といったほうが正しい。
去年、自分で製本するキットを開発し、今年は、縦横2バージョンに増やした。

概ね、よくできている。
手づくり絵本を、三年間見てきて、年毎の進化がわかり、大満足だった。
物事は、風向きが変わって、定着するまで、10年かかるという。
何とか、このコンクールが続いてくれるといいなあ!

10時から、JRACに人たちを、山形観光にご招待。
重要文化財の旧県庁『文翔館』を、ガイド付けてご案内する。
大正時代の西洋建築の粋のすごさは、説明無しでは、とても伝わらない。
バルコニーから、時計塔を見上げたら、降りそうで降らない秋の空。
t
山形市内で、どこか一箇所といったら、断然文翔館です。

10月11日(金) JRAC(読書アドバイザークラブ)20周年記念事業

参加者数101名、うちJRACメンバーは11都道府県から18名。
6箇所の公共図書館の職員。
一般参加は、14市町村からあって、盛況だった。
t
午前中、赤木かん子さんの講演会。
テーマは、『今どきの子どもの本事情とおすすめ本のブックトーク』
一年ぶりに話を聞くが、またまた進化しているところがすごい。

午後は、JRACの方々と一緒、観光バスにガイドをつけて、『芭蕉の足跡を辿るセミナー』。
芭蕉記念館で、ギャラリートークを聞き、立石寺は、専門のガイドから、話を聞く。
ガイドは、天晴れ!77歳のお婆ちゃん。
千段の石段を、一日に往復することもあるとか。
お顔も生き生きとしている。

足に不安の方は、山へは登らず、下の茶店休んだ後、こけし工房で、絵付けをしてすごす。
t
夜は、山形グランドホテルで、女子会フルコースの懇親会。
おいしい食事と、飲み放題のワイン。
本で繋がる尽きない話で、三時間は、あっという間に過ぎた。
最後は、山形に来たからにはと、『花笠〆』で、
「ヤッショー マカショ シャンシャンシャン」
と、賑やかにお開きとなった。

10月10日(木) お互い様ということ

明日は、山形で読書アドバイザークラブ20周年記念南東北ブロック事業がある。
前日になっても申し込みが続き、100人近くなりそうな勢いだ。
本当は、当日早朝に出かければいいと思っていたが、だんだん会場設営が心配になってきた。
そこで、急遽、前泊することに決めた。
夜は、最も遠方の参加となった愛知のNさんと、講師の赤木さんご夫妻とで、夕食を共にする。
Nさんには、この前、名古屋ブロックの事業に参加した時に、とてもお世話になった。
今回、はるばる参加してくださったので、今度はこちらがお返しをする番だ。

10月9日(水)300キロの大移動

午前中、二つの保育園で、月例読み聞かせ。
今まで2歳児担当だった方が、仕事に復帰したので、三月までのピンチヒッター。
親子対象にやることがほとんどなので、あかちゃんだけは、ちょっと新鮮。
久しぶりに小道具を使う。
『いないいないばあ』と『こぶたぬきつねこ』のアコーデオン。
絵本は、
『はーい』(アリス館刊)宮西達也 
『またまたはーい』同上
『ぼく なにをたべてたかわかる?』(すずき出版)宮西達也
紙芝居は、
『ころころじゃっぽーん』(童心社)長野ヒデ子 わらべうたで遊ぶ
『よんでよんで』(教育画劇)ときわひろみ文 さとうあや絵

少し短めの25分。
終わるや否や、握手攻め。
楽しかったお礼の、せいいっぱいのパフォーマンスを、気持ちよく受け取って帰る。

午後からは、中山町に移動。
明日、赤木かん子さんが、町立図書館で、T小学校の3年生20人に、調べ学習授業をすることになっていた。
その前段階として、子ども達に、『本はどうしてできたのか?』『目次と索引』を、レクチャーしておくようにというご指示だったので、
解説用グッズ『巻物セット』と、調べ学習紙芝居を使って、30分あまりの授業。
テキストは、『実物大恐竜図鑑』(小峰書店刊)
テキストが、抜群に魅力的なので、子ども達の表情が輝くことといったら!
t
でも、後から思った。
恐竜のインパクトで、肝心の目次の索引の概念が、ぶっ飛んだか・・・と。
学校を後にする時、子ども達は、あらん限りの声を上げて、
「ありがとうございましたぁ!!!」
と手を振ってくれた。
気持ちがしっかり伝わってきた。

その後、金山町に向かう。
見計らいで、こども園と教育委員会に預けてきた“子どもに喜ばれる新しい本”を、引き取りに。
予想外たくさんの本を買っていただいた。
新刊をまとめて見る機会がないので、とてもよかったとのこと。
町には、本屋が無いそうなので、年に何回か、新刊を持ってお伺いすることになった。

10月7日(月) お母さんとあかちゃんの読み聞かせ教室

読み聞かせの実演と絵本のレクチャーとわらべうたとスキンシップ遊びの50分間。
わらべうたを紙芝居にしたので、とてもわかりやすく、伝えやすくなった。
少し時間が取れたら、冬バージョンも作らないと。

9月28日(土)展覧会の季節

どれを出すか・・・迷う。
t

9月23日(月)愛知二日目

半田市からちょっと離れた蒲郡クラシックホテルに泊まる。
独身時代、クラシックホテルが流行って、あこがれだったところだ。

t t
6時過ぎ起きて、ホテルのすぐ下から、橋で繋がっている400キロ沖の竹島へ散歩に行く。
ここには、238種の暖地性植物が自生し、島が丸ごと天然記念物になっている。
朝の海風が心地いい。
散歩する人達がけっこういて、大概の人が、にこやかに挨拶してくる。
島には、5つの神社があり、特に八百富神社は、開運縁結び安産の神様だそうで、ねんごろにお参りした。
t t
島の周囲は全て遊歩道になっていて、45分くらいで一周できるそう。
半周したところで、真黒に日焼けした小学生の姉弟が、貝採集しているのに出会った。
聞いたら、首飾りを作るという返事。
同行して、なるべく傷んでないものを10種拾い、貝類学会会員の家人の土産とする。
t t
午前の日程もあるので、その辺にいた猫をかまいつつ、
通りすがりの『海辺の文学館』を、写真に収めたりしながら、あたふたとホテルに戻る。
それにしても、このあたりは、きれいに整備されていて、ゴミ一つ見当たらない。
呼吸しているだけで気分がいい。
出会った人みんなに挨拶したくなる気持ちもわかるなぁ。

海を一望できるテラスで、一品ずつ運んでもらって朝食。
いつだって、食事は作る側なので、このぜいたくをかみ締める。

午前中は、JRAC中部支部のNさんから、南吉の生家、物語の舞台になった八幡様などを案内していただく。
長野ヒデ子さんが描いた『狐』の出てくる場所なので、感激はひとしおだった。
t生家
t八幡様
駐車場脇で、低木の蜜柑の木に、実がたわわになっていた。
柚子でさえ温室に避寒させなければならない山形から見れば、羨ましい限りだ。

お昼前、長野ヒデ子さんと、知多半田駅で落ち合い、講演会主催の方々と、昼食をご一緒する。
北海道にお住まいの写真家で絵本作家の小寺卓矢さんや、伊東市の図書館のSさんとも同席させていただく栄誉に預かった。
何といっても、すばらしい仕事をなさっているかたばかりだ。

講演会が始まるまで、市の博物館の展示してある『狐』の原画を鑑賞する。
t
もうかれこれ10年近く前になるだろうか。
山形で原画展をしたことがあったが、あの時、確かに光を放って見えた月は、もう記憶のかなたにしかない。
間違いなく移ろっている時を、実感した。

一時半から、博物館隣の『空の科学館』プラネタリウムホールに移動。
丸天井の会場で、『南吉と私』というテーマで、長野さんの講演を聞く。
終了後、中部ブロックの皆さんへの挨拶もそこそこ、帰宅の途についた。
たくさんの方と出会い、それぞれがんばっているお話をお伺いし、収穫の多い二日間だった。

9月22日(日)愛知へ

久しぶりの遠出。
読書アドバイザー20周年を記念して、日本の各ブロックで、記念事業が行われる。
南東北ブロックの山形は、10月11日(金)赤木かん子さんの講演会だ。
開催の参考にしたり、宣伝したりするため、直近の中部ブロックの事業に参加しようと、愛知県まで出かける。

半田市出身の新美南吉の記念館を訪ね、ゆかりの地を巡り、
長野ヒデ子さんの『狐』の原画を鑑賞し、長野さんの講演を聞くという内容だ。

新幹線『つばさ』で東京に行き、そこから『のぞみ』で名古屋へ。
そのあと、JRやら名鉄やら3度ほど乗り換えて、半田市に到着。
読書アドバイザークラブ(JRAC)中部支部のYさんが、わざわざ駅まで出迎えてくださった。
真っ直ぐ、新美南吉記念館に向かい、参加者の方々と合流。
遠山学芸員のギャラリートークを聞く。
これがまた、南吉を10倍理解できたというくらい、実に見事な解説だった。

t記念館内部
t学生時代の三畳の下宿
tごんの剥製 
t『てぶくろをかいに』のワンシーン
それにしても、記念館の内部は、丁寧で、凝っていて、美しかった。
半田市が、南吉を如何に大切にしているかが感じられた。
記念館を見た後は、向かいの土手の200万本といわれる彼岸花を観賞。
t t
今年は、天候に恵まれ、ちょうどお彼岸に開花したとかで、一年で最高の人出となっていた。

夕方からの懇親会までは、自由時間。
たまたま連れ立った4人が一緒、喫茶店で様々な話をする。
読書アドバイザー同士というだけで、すぐ打ち解けて、会話がはずむところがすばらしい。

5時からは、更に4人が加わって、雰囲気のある料亭で懇親会。
皆さん言いたいことがありすぎて、一人ずつの自己紹介が長い、長い。
お料理をじっくり味わう暇もないくらい、話は盛り上がって、4時間後解散となる。

9月19日(木)お話錬成会

月一の夜の自主勉強会。
いろいろ忙しい人が多く、半数の五人が出席。
お話に関しては、皆さん大ベテラン揃いなのだが、今日は、ひょんなことから、介護の話になってしまった。
過去に親を看た人、真っ最中の人。これからの人。
それぞれに、シビアな話が出る、出る。
まあ、そういう年代のあつまりだからしょうがないのだけれど。

現在、一番苦労している人が言う。
「都会では、“嫁”も死語になっているし、まして親の介護に関しては、子どもが協力し合って、親の面倒を見るのが常識の世の中になった。
ネットで、“嫁、介護”で検索してごらん。
嫁は、自分の親を優先して、夫の親には、夫の補助をすればよいという記述ばかりだから!」

どの子どもにも親がいるわけで、だから、親の介護は等しく、子どもが等分する。
お金を出せない人は、労力を、労力の出せない人はお金を出す。
法律でも、そうなったのに、これだけ介護の話が止まらなくなるのは、
まだまだ、この地域が田舎で、非常識がはびこっているということだ。

みんなでエスカレートした後は、冷静になって、
明日学校で読む本の紹介、詩の朗読、昔語り、発声法の指導などで、
あっという間に時間が過ぎ、10時ちょい前に解散となる。
芥川龍之介の『魔術』を練習したので、みんなのコメントが欲しかったが、
他の話を聞いているだけで時間が過ぎてしまった。

9月18日(水)やっぱり!

11時からは、場所を移して、もう一箇所の子育て支援センターで、7組の親子に、おはなしとわらべうたの会。
いつものように、わらべうたで楽しく終了した後は、お母さん達の質問に答える時間だ。
「日本昔話とか買ってあげたんですけど、一歳前にはまだ早いですよね?」
という質問に、
「メッセージや、登場人物の多さ、お話しの長さ、時代背景など考慮するなら、とてもあかちゃん向けではないが、
しっかり絵を見て、集中して聞いているようなら、読んであげていいですよ」
と、お答えする。
お母さんとのぬくもりの時間、様々な言葉の体験の立場から言えば、難しいと思われる本も、全く無意味なことではないからだ。
終わってから、そこのスタッフの方と、ちょっとお話する時間があった。
なんと、毎月絵本の読み聞かせに言っている保育園に、お嬢さんを預けているという。
「この前、加藤さんから、『カラスのぱんやさん』の続き4冊を、全部読んでもらって、すごーく楽しかったから、
本屋で買って!買って!って、毎日言われているんです」
という報告。
ほらね、やっぱりそうだったでしょ!

9月18日(水)0歳児さんに読み聞かせ

月一、山形市の子育て支援センターで読み聞かせの日。
こちらの事情で、会場にかなり早く着いてしまった。
時間がもったいないので、併設の保育園にお願いして、
「どのクラスでもいいですから、読み聞かせさせていただけませんか?」
と申し出てみる。
すぐに対応できるのが、0歳児さんというお返事。
最近、赤ちゃん組にはご無沙汰なので、一瞬ひるんだが、とにかく挑戦してみることに。

お部屋に行くと、一人ずつ、ベビーラックに納まって、5人が横一列に並んでいた。
ん?見慣れない人が来たぞ、いったい何が始まるんだ。
という表情で、紙芝居を準備するところを、まじまじと見ている。
最初に、のりものの紙芝居。
『シビーくんのおつかい』こもりまこと作(童心社刊)
これは、絵が丁寧に描かれていて、どこでも外れない。
次に、絵本二冊。
『ぼくなにをたべてたかわかる?』みやにしたつや作(すずき出版)
『ぽんぽんポコポコ』長谷川義史作(金の星社)
は、たぬきやかえるやごりらやらが、ぽんぽんポコポコと、おなかをたたくだけの話。
なのだが、登場人物にあわせ、抑揚をつけて読むと、段違いに楽しくなる。
ついでに、ぽんぽんを叩かせながら読む。
あかちゃんの、緊張の表情が、次第にほぐれ、笑顔にかわっていくのがこたえられない。
最後は、もみじのお手手で、バイバイしてくれた。
ほんわかした気持ちで、子育て支援センターに移動して、おはなしとわらべうたの会をする。

9月14日(土)絵本作家あべ弘士講演会in鶴岡

t
実行委員に頼まれつつも、何やかにやと仕事が入り、チケットをさばく以外、あまりお手伝いができなかったので、
せめて当日はと、著書の販売を手伝う。
それにしても、あべさんと、実行委員会と、本屋のコンビネーションを、もっとよくできなかったのかしら。
講演で紹介した本と、販売で準備した本と、全く連動していない。
みんなが欲しい本が、品切れ続出。

本は売れなきゃ、広まらないでしょうに。
販売は、本屋と作家と出版社を応援していくということなのですよ。
販売は立派な文化活動だから、売れなきゃ困るのです。
商売って、お金を稼ぐって、卑しいことと思っている人が、まだまだ多い。
文教地区って、特にそういう感覚があるかも。

よその本屋さんを手伝いながら、よそ事じゃなく感じた一日だった。

9月12日(木)読み聞かせマラソンの集計結果について

読み聞かせマラソンの結果が、見事にきれいに出た。
他人の読みで、気になるランキング(多い順)
1.本のもち方(ぐらつく、倒れる、傾く)
2.始め方と終わり方(ゆったりと間が取れているか)
3.本文中の間のとり方
4.遠目が効くか
5. 開きグセ
6.テンポ(ストーリー展開にあったテンポか)
7.ページめくり(もたつく、音が気になる)
8.読みグセ(アクセント、イントネーション、語尾伸ばし)
9.対象の難易
10.本と読み手の相性
11.声の通り
12.姿勢
13.活舌
という順。

他人の欠点って、本当によく目に付くなぁ。
読み聞かせマラソンの集計をして、いつも思う。
でも、これらは、人から指摘されて直せる物理的欠点だ。
半数の人が、気になるという結果がでたら、やはりそれは改めた方がいい。
この世界は、何か言われてへこむような神経では、やっていけない。
人の意見に、素直に耳を傾けることが、ステップアップに繋がる。
それが、読み聞かせマラソンの目指すところだ。

“良かった点”の書き込みで、
「笑顔で、みんなの方を見てから、読み始めたこと」
というのが、一番印象に残った。
私自身、忘れかけていたことかもしれない。
こんなシビアーな会にも、人間的なあたたかみを忘れない人は、貴重だ。
なにか、とてもほっとした。

参加者のアンケートの結果。
大変勉強になったが75パーセント。
まあまあ勉強になったが25パーセント。
皆さん、非常に前向きで、尊敬します。

9月11日(水) わらべうたセミナー

4時半から、金山町で仕事。
子育て支援対策の一環として、町で唯一の子ども園で、わらべうたのセミナーを行うことになった。

<オープニング>
くまさんくまさん
<園で>
カラスがなきます
いちじくにんじん
ひとつとひとつで
ぺったらぺったん
おちゃをのみに
<親子関係をよくする>
たんぽぽたんぽぽ
たかいやまひくいやま
てってのねずみ
おせんべやいて
おらうちのどてかぼちゃ
どっちんかっちん
ぽっつんぽつぽつ
いいこはどーこ
ぼうずぼうず

保育士さんがメインで、モデルは年長さんの子達。
でも、嵩が大きいので、持ち上げたリ、膝に乗せたり、抱えたりは、体力的にきつかったかも。

子ども達はといえば、もうはじけて、ころげまわって大はしゃぎ。
園長も、こんなにうれしそうにしている子ども達を見るのは珍しいと言って下さった。
早速、DVDに編集して、各家庭に配りたいって!
見事なまでの速攻。
一刻も早く、親子の絆をしっかり結ぶ機会を持ちたいと願う気持ちの現われに違いない。
日本国中どこでもそうだが、スマホによる子育て放棄の事態は深刻だ。

9月11日(水) 4冊クリアの達成感

山形市の二つの保育園の五歳児さんに読み聞かせする日。

かこさとしさんの新刊四冊のうち、三冊までは読んだ。
あと一冊が『からすのおそばやさん』
これは、そば、うどん、ラーメン、スパゲッティ、各メニューがべらぼうに多い。
また、それぞれに、絵もついているので、読むほうも大変だが、見るほうは更に大変。
というわけで、最後に残された一冊になってしまった。

子ども達に、盛んにけん制してみる。
「長いよ、だいじょうぶ?」
いや、完全に読む方向に、誘導しちゃってるかも。
言うほどに、
「うん、大丈夫、見れる!」
もう、これは読むしかないでしょう。

活字が多いので、本から、視線をはずしたら、まあ大変。
元の活字に戻れなくなる。
子どもの表情を確かめるゆとりはなかったが、最後まで静かに聞いてもらえた。

しかし、今は、子ども達にとって、重要なのは、内容じゃないのかも。
長いお話を、聞き通したという達成感が先に来ているという気がする。
今まで、読み終えるたびに、
「偉いねえ、こんなに長いお話が聞けて!」
と、褒めてきたからね。

長さはクリアした。
けれど、厖大なメニューもしっかり見てみたいし、次々出てくる登場人物も確かめたい。
何やかやで、まだまだ見足りない。
本屋で、この本を見かけたら、子ども達は、きっと親に、
「買って~!園でよんでもらっておもしろかったから」
と、間違いなくせがむなだろうな。

すでに、今日、読む前に、
「その本、買ってもらったあ!」
と、うれしそうに報告する子が数人いたもの。
そう、読み聞かせは、次に繋がる出会いの場でいいのです。

9月6日(金)モデルのある話

夏休みの親子手づくり絵本講座で担当だった図書館職員から、うれしい報告があった。

最後の最後まで残ってがんばっていた女の子とお母さん。
お話は、プール、教室、保育園が舞台。
典型的に絵が描けないパターンで行き詰ってしまった。
でも、ここでがんばって、夏休みの宿題を、一つ片付けないといけない。
そういうプレッシャーを抱えての参加だから、めどが付くまで、帰るわけにはいかない。
完成の手ごたえを掴み、三々五々帰っていく他の人たちを見るにつけ、不安の表情が広がっていく。

ここは速攻で、路線変更を提案するしかない。
というわけで、ヒントとして、
「モデルのあるお話にしようよ、お家で何かペット飼っていない?」
ときくと、気乗りしない感じで、
「金魚なら・・・」
と言う返事。
「最近さあ、金魚のことで何か変わったことなかった?」
と更に聞いたら、餌やりは自分の担当だったけど、忘れちゃって、死んじゃったかとドキドキしたんだけど、
おじいちゃんがやっていてくれたので、金魚が死ななくて良かった、と言う話が、するするっと出てきた。
「それよ、それ!それにしよう。金魚もおじいちゃんも、見れば描けるでしょ」
「うん!」
半ば強引という感じもしたが、親子は、何とかめどがついたふう。
ほっとして、笑顔で帰って行ったという記憶がある。

9月に入って、そのお母さんが図書館に見えた時、担当者に、その後の報告をしてくれたという。
夏休みの宿題で、学校に提出したら、担任からとてもよくできているからとほめられて、何かのコンクールに出すことになったそうだ。
県立図書館のコンクールに出せないのは残念だが、とりあえず、よかった、よかった。

9月5日(木)読み聞かせマラソンin酒田市立図書館

酒田市立図書館では、読み聞かせボランティア向けの講座として、毎年、春に入門講座、秋に、ステップアップ講座を開催してきた。
ステップアップ講座では、今まで、高学年の読み聞かせや、朗読のテクニックを学ぶといった内容が多かった。
春の入門講座の受講者に聞いてみると、自分にあった本がわからないとか、実践講座をして欲しいとか、読みをチェックしてほしいとかいう要望が多かった。
そこで、今回は、それを踏まえて、要望をまとめてカバーできる『読み聞かせマラソン』を実施することになった。

『読み聞かせマラソン』は、一冊丸ごと、みんなの前で読みを披露し、参加者全員から、チェックシートで診断してもらうというもの。
本が傾く、声が届いていないなど、自分で気付かない欠点は、人に指摘してもらうのが一番。
あと、本と読み手との相性も、人から言ってもらわなければ、わからないこと。
ただ面と向かってでは、人間関係がこじれてしまうので、チェックシートが必要なのだ。
人から、思いっきりチェックを入れられるという点では、シビアーこの上ない。
しかし、自分も、人の読みに、思いっきりチェックを入れるわけだから、ヒフティヒフティ。
フェアーで、恨みっこなし。
自分で気付かない欠点を、言っていただいてありがとうというわけ。
読み手の欠点が改善されれば、子ども達は、余計なことを気にせず、お話を楽しめることになる。

チェックの項目は、13あって、これらの欠点は、意識すれば、直せるものばかり。
チェックシート記入の最重要ポイントは、
「声に癒された、落ち着いていて効きやすかった」
など、その人の読みの“良かった点”を見つけ出し、必ず記入するということ。
チェックに厳しい結果がでても、それがあれば、落ち込みは救われるというしくみだ。

定員20名、ギャラリー希望者を除き、二時間で、14人が読み終えた。
もちろん、ギャラリーも私も、チェックを入れる。
読み手一人に、二十人のチェックが入ることになる。
一週間後の講座まで、集計するのも私の仕事。
そして、その人の評価は、その人にしか行かないという点もミソ。
結果報告と、指摘された欠点の直し方は、来週レクチャーする。

9月3日(火)仙台へ

PIC読書アドバイザーの二十周年記念事業の打ち合わせのため、酒田から、二時間半の高速バスで、仙台往復。
日頃、じっとしていないことが多いので、バスに乗ったら、ほとんど眠りっぱなし。
山形から酒田に移ってからは、なかなか行けない仙台。
広瀬通りのなんでもない景色も懐かしい。

t
読書アドバイザー山形宮城支部のメンバーとランチをしながら、
10月11日遊学館での赤木かん子さん講演会の細かい打ち合わせをする。

9月2日(月) 「なにやってんの、あんたたち!」

と、親にどなってやりたかった。

お昼に、有名なラーメン屋のワンタンメンを食べに行ったときのこと。
私たちが、入り口から出ようとした時、すれ違いざまに、入店してきた子連れの若夫婦がいた。
子どもは、二歳くらいの男の子で、やっと、ちゃんと歩けるようになった感じ。
手には、スマホを持っていた。
親の後を追いながら、指でシュッ!とやった拍子に、入り口のガラス戸に、頭からゴツン。
画面しか見ていなかったので、もろぶつかって、よろめいた。
親はといえば、振り向きもせず、さっさと店の中。
この子の行く末は、どんなだろう・・・

9月2日(月) 首尾は上々

酒田市交流ひろばでの、月例『あかちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』。
わらべうたの紙芝居をデビューさせた。
あかちゃんもお母さんもよく見入っている。
なかなかいい。
図書館職員からも、絶賛された。

9月1日(日) 見えてきたもの

金山町の認定こども園めごたまで、9時半から一時間の親子おはなし会。
初対面の異年齢の子供たちと、直後にバーベキュー大会を控えているお母さん達と、なかなか落ち着かない雰囲気の中ではあった。
事前の打ち合わせでは、乳幼児を連れたお母さんたち対象の会にするはずだったのだが、
会場に行ってみたら、小学生の兄弟とか、けっこう大きい子たちもいて面食らった。
(小学生はおとなしく聞いてくれたので、問題はなかったが)
全体的には、うまく伝わらなかった感を引きずった。

原因を謙虚に反省してみる。
初対面のこども達との、絆の結び方が浅かった。
最初、もっと楽しいものや目を引くものを見せて、面白いことをしてくれる人!という印象を植え付けて、始めるべきだった。
異年齢の子たちを想定してのプログラムを考えるべきだった。
始まる前に、親御さんに、この会の趣旨を、きちんと伝えるべきだった。
親は、子どもを膝から放さないように、事前にいうべきだった。
子ども達に、その場を動かないようにいうべきだった。
親が楽しむ姿勢を見せないと、子どもに伝わらないというべきだった。
親御さんに、もっと声を出させたり、コミュニケーションを取ったりと、巻き込むべきだった。

と、書き出して、ここから見えてくるものを、次の場所に生かそう。
第二ステージは、あるのだから。

8月31日(土)アイデアでしょ

月に三回は、別々の場所で、わらべうたやスキンシップをお母さん達にレクチャーしている。
いつも唐突に歌い出して、その場でパフォーマンスして終わりというので、、残り方が薄いのでは・・・というジレンマがあった。

今日、突然ひらめいた。
「紙芝居にすればいい!!」
見ながら一緒に歌えるし、動きも画像で残る。
これは、絶対いいアイデアだぞ。

無料のイラストをダウンロード、言葉をパソコンで作って、合わせてシール印刷。
後は画用紙に貼り付けるだけ。
なかなか見栄えよくできた。
今までのジレンマが、一気に吹っ飛びそう。
t

8月27日(火)学校図書館改装

去年、に引き続き、東村山地区の図書館主任研修会で話を頼まれた。
赤木かん子さんの、
『図書主任と図書委員会だけで運営できる図書館改装の仕方について』お話ししたのが好評だったのでということで。

打ち合わせで、写真があるなら、リムーバルディスクにして持って来てくださいと、事前連絡があった。
訳もわからず持参すると、いきなり、テレビに映して、見てくれた。
今回は、『改装のビフォーアフター』と、『一人でもできる、“プチ改装”』
についてのテーマだったから、段違いに、わかりやすく、すばらしく説得力がある内容となった。
(と、自分が一番そう思った)
知らないところで、技術はどんどん進んでいると実感した日。

8月21日(水)フェルメール展

昔、国立新美術館で、警備員から、「歩みを止めないで!」と言われつつ、
行列を作って、人の頭越しに、見たフェルメールの『牛乳を注ぐ女』。
そのフェルメールの、全作品が、山形で見られる!という報道を聞いた時は、耳を疑ったが・・・、
やはりね、リクリエイト展だった。
少し前に、BSで、フェルメールの二時間特集をやっていて、ビデオに収めてしっかり見ていたので、
作品の全貌は知っていたが、これはこれで見に行かなくっちゃと、出かけて行った。
しかし、傍らでは、連れが、
「5倍高い入場料を払っても、本物のほうがいい」
と、さっさと見て、とっとと会場を出ていってしまった。
おかげで、あまりじっくり見られなかったけど、たしかに、あの“てらてら感”は、そんな思いを抱かせた。
写真撮影はOKだったので、お気に入りの一枚『レースを編む女』を記念に収めた。
t

8月21日(水) 危機感

午前中、山形市の、二ヶ所の子育て支援センターで、親子に絵本の読み聞かせとレクチャー。
質問の時間では、8ヶ月の子が、絵本をめくるだけで集中しないとか、
1歳半の子が、アンパンマンとノンタンに夢中で、シリーズ全部そろえた方がいいんでしょうか?とかの質問。
子どもとかかわりがあるからこその心配で、何の問題もない。
子どもは、どんどん成長していくので、全く心配ありませんとお答えしておく。

午後は、社会教育委員会からの依頼で金山町に移動。
新庄市を過ぎると、山林ばかりになって、『熊出没注意!!』の昇り旗が目に入る。
秋田県に近い人口6000人の金山は、町の75パーセントが、森林を占める小さな町だ。
町特産の杉を使用した白壁にこげ茶の柱の金山型住宅が、町全体に落ち着いた統一感を与えている。
打ち合わせの場所は、子どものための『森の図書室』も入っている、交流サロンの建物。
かわいいしゃれた洋館だ。
t
社会教育委員会の担当者からの電話では、ブックスタート事業が始まって10年。
担当者も変わり、子どもと本のかかわりどころか、子育て全体に危機感を感じられるようになってきた。

・親子のかかわりが薄い(スマホやケータイのせいで)
・子どもとどうかかわったらいいかわからない親が多い。
・言葉でコミュニケーションが取れていない。
(これらは、今や全国共通の問題だ)

そう思う、読書ボランティア、社会教育委員会、
町でただひとつになったこども園の園長が、タイアップして、模索の道を考えていくことになった。
子どもとお母さんの未来を案じ、何とかしなくては!と思う人たちがいるということは、とても心強い。
小さいところは、全体を把握しやすく、気付くのも、対応するのも早いかもしれない。
2時間近くいろいろお伺いし、現状を鑑み、これからの、二つの事業が決まった。
一つは、小さい子を育てているお母さんたちに、おはなし会を子どもと楽しんでもらいつつ、
読み聞かせのレクチャーをし、ついでにスキンシップ遊びも覚えてもらう。
次には、子ども園のスタッフの方々に、
新しい絵本のブックトークと、子ども達との関係をよくする、わらべうたとスキンシップ遊びのレクチャーということになった。

スマホやケータイが、親子の人間関係を希薄にしているという話から、思い出した光景がある。
何年か前、東京に仕事で行った時の電車の中でのこと。
三歳くらいの女の子とおかあさんが向かいの席にいて、ちょっとはなれて座っていた。
お母さんはケータイの画面を、子どもは、外の景色を見ていたときの会話。
「おかあさん!見て見て○○が見えるよ(○○をよく聞き取れなかった)」
「うん・・・(ケータイ画面凝視)」

「あかあさん!○○だってば!早く早く見て!」
「そう・・・(ケータイ凝視)」

「おかあさん!」「・・・・・」
「・・・・・」「・・・・・」

子どもは、おかあさんとコミュニケーションをとるのをあきらめた。
「もういい・・・」という、子どもとは思えない深い悲しみの表情で。
こうやって、子どもは、親を見限っていくのだなあと、女の子の表情が、強烈に記憶に残った。

「子育て真最中のお母さん達から、スマホとケータイを取上げよう」
といった、赤木かん子さんの見解は、全く正しいと思う。

○何気ないふだんの言葉掛け
○言葉を豊かにし、子どもの能力を伸ばす読み聞かせ
○心を安定させるスキンシップ
これらがトータルで、心を安定させ、子どもの生きる力となっていくはずだ。
このことを、より多くの人に、ニッコリ笑って、はっきりと、言い続けていかねば。

8月7日(水)またまた、かこさとし

山形市の二ヶ所の保育園の年長さんたちに読み聞かせをする日。
本日は、『からすのパンやさん』シリーズの三冊目。
子ども達の希望に従って、おかしやさん、てんぷらやさんに続き、やおやさん。

話しは長く、登場人物も多いというわけで、とにかく読み込む、読み込む。
山形までの、二時間半の移動中、まるまる練習に充てられるのはありがたい。

抱き合わせは、この時期の定番『うりこひめとあまのじゃく』の紙芝居と、相方が選んでくれた、セミや昆虫の絵本二冊。
で、終わってから、
「あと、『からすのおそばやさん』が残ってるんだけど、見たい?」
と、聞いてみたが、この前のように、
「見る!見る!」
と、勢い良く手は上がらなかった。
無理もない。
びっしり35分のおはなし会では、やっぱり頭が疲れたかも・・・この暑さだしね。
「あ、そうね。もう長い話しはいいよね」
と、あっさり引き下がろうとしたら、
「やっぱり見た~い」
と、ぽつりぽつり言い出す子がいて、結局、来月も読むことになった。

シリーズで残った一冊『からすのおそばやさん』
これが、出てくるメニューが半端じゃなく多い。
子ども達が聞けるか?よりも、読み手が読みきれるか?という感じだ。

帰り、スイカの名産地尾花沢の産直で、お盆のお精霊棚にあげる2Lのスイカを買う。
異常気象なのに、味見させてもらったら、予想以上に甘かった。

8月6日(火)手づくり絵本講座in酒田市立図書館(二回目)

夏休みの手づくり絵本講座。
今年で三年目の、酒田市立図書館だけが、二回の設定で開催している。
本日は、初回より一組増えて、32組という盛況ぶり。
これで、夏休みの宿題が一つ片付くと思えば、保護者にもリキが入るというもの。

時間が限られているので、会場を走りながら、挙手順に相談にのって回る。
アドバイスを受けて、
「あと、家で作るから」
と、帰っていった子もいれば、
「家だとやる気なくすから、ここで仕上げていく」
という親子もいて様々だ。
早い子は、製本まで仕上げた。

講座終了間際、図書館職員が、懇ろに、県立図書館のコンクールへの応募を促していた。
が、親子からは、
「これで夏休みの提出物が一つ完了する!」
という安堵感の方が、強く感じられた。

8月5日(月)月例あかちゃんとお母さんの読み聞かせ教室

今月も定員オーバーの14組が参加してくれた。
それにしても、あかちゃん達たちのなんと落ち着いていることよ。
飽きてぐずったら、すぐスキンシップ遊びに移ろうと思っているのに、いつまでも見事に、お母さんのお膝にとぽっと入っている。

あと、あかちゃん達が、確実に本に興味があるのがわかる。
すぐに手を伸ばすし、しゃぶりだすからだ。
家庭でも、身近に絵本がある証拠だ。
酒田市のブックスタート事業は、確実に成果を上げていると実感する。

毎回、読み聞かせのよさを説明すると同時に、
“テレビのつけっ放しは、赤ちゃんのコミュニケーション能力を奪う”
というお話を、必ずすることにしている。
今日も、その話をしたら、表情が固まったお母さんがいた。
今聞いてよかったのですよ!
まだまだ軌道修正は効きますからね。

8月4日(日)手づくり絵本講座in新庄

県立図書館主催の手づくり絵本講座2時間半一回コースは、
山形市、米沢市、鶴岡市、と回って、今日の新庄市で最終回となった。
どこの会場も、科学ものや、詩や言葉の絵本は皆無に等しく、圧倒的に空想系のお話が多かった。

それでも、他に比べ新庄市は、家で作っているお米の話や、自分の祖母がモデルの話など、地に足のついた内容が目立った。
日常に、心動かされながら生きている子が多いということか。
マスメディアに毒されていない分、いい意味で田舎なのかもしれない。

子ども達が飽きないよう、読み聞かせの実演をあちこちに入れたが、ケラケラと、声を立てて
楽しそうに反応する子が目立ったのも、ここの特長だ。

小学校の先生が、何人かの子どもを引率してきてくれた。
けれど、やはり、親には傍にいて欲しかった。
特に低学年は、製本などを含めた一時間のレクチャーは、難しかったろうから。

講座終了後、新庄の産直で昼食を調達。
広い敷地に、案山子がたくさん立っていた。
いろいろいたけれど、案山子だって、アイドルが一番目立つ。
今朝ドラで人気の『あまちゃん』ね。
ほら、すぐ走り出しそうなくらい、完成度が高い。
t

8月3日(土)手づくり絵本講座in鶴岡

本日の会場は、鶴岡市立図書館。
飛び入りが、2組あって、19組が参加。
ここでは、独自に、手づくり絵本コンクールを16回も開催してきている。
それでも、各会場と同じレジュメで、絵本の各部の名称、絵本のジャンル、絵本のスタイル、お話の作り方、絵の描き方、製本の仕方を、60分で説明してから、全員の個別相談にのる。
鶴岡会場は、他とあきらかに異質。
絵本じゃなくて、完璧、ものがたりになってる。
ビッシリとお話の活字は埋まっているのに、どこにも増して、絵を描けない子が多かった。
ずっと付き添って下さった司書の方も、
「コンクールはやってきたけれど、絵本のこと、全然わかってなかったと思います」
と感想を述べていた。

で、
「モデルがあると、描きやすいですよ」
というのの説明に、アシード農園の野菜たちが、モデルデビューしました。
天気のせいで、今日になってしまいましたが。
t
ただの物でも、目や口をつけると、楽しいおしゃべりが聞えてきませんか?
(なんといっても、ヘビウリには、みんな「おお!」でしたよ)

7月30日(火) 課外授業

夏休み手づくり絵本講座は、やっと中盤に差し掛かったところ。
まだまだ一息というわけにはいかないところだけれど、忙しい最中に限って、全く別のことをしたくなる。
久しぶりに粘土をこねたくなった。
t
さて、窯焚きはいつにしようか。

7月29日(月) バージョンアップ

手づくり絵本講座をあちこちでやってみて気付いたことがある。
製本の仕方を説明すると、付き添いの親が、
「え?そんなことまでしなくちゃいけないの」
と、困惑したような、微妙な表情をするのだ。
どこでもそうだった。
だったら、いっそ、製本を完成させた無地の絵本を作ったらどうだろう。
1000円以内で販売できるような製品は可能かどうか。
製本やさんに相談に行き、見積もりを頼んでくる。

7月28日(日) 手づくり絵本講座in米沢

置賜総合文化センターの研修室に、15組の親子が参加。
やはり絵が描けない子が多く、図書館で用意してくれた図鑑類が大活躍する。
どこの会場でもいえることだが、人物は、正面向きの全体像がほとんど。
なので、登場人物の気持ちに合わせ、
「アップやロング、横向きや後ろ向きなど、変化をつけよう」
と、アドバイスする。

虫を主人公にした男の子いて、一方向からしか描けないでいた。
付き添いのお父さんに、
「粘土でモデルを作ったら、あらゆる方向から描けますよ」
と説明したら、親子共々大納得。
活路が開けたみたいで、嬉々として帰っていった。

戻りは、米沢市→川西町→長井市→白鷹町→朝日町→大江町→寒河江市→西川町→鶴岡市→庄内町→酒田市の道のり。
ほぼ山形縦断という感じ。
途中、白鷹町と西川町で、土砂崩れで、迂回させられた。
朝日町では、最上川の濁流と併走。
大江町では、集中豪雨で立ち往生と、あちこちで難儀した。
無事帰り着いたものの、何重にも疲れた。

7月27日(土)手づくり絵本講座in遊学館

手づくり絵本講座、本日は山形市。
連日大雨洪水警報なので、最上川沿いのどこで足止めを食らうかわからない。
用心を期して、開始9時半に合わせ、6時半に自宅を出発。

参加者は、19組の親子。
全体的に、酒田と様相が変わらず、空想的なお話がほとんど。
話は何とか最後までいっているが、絵で立ち往生するケースが多い。
だから、そういうお話は、絵に描けないから、モデルのある話にしようって!
前もって資料も渡してあるのに。
見ていないんだなァ・・・親が。
ここに連れてくれば出来上がると思ってきている。

去年のほうがまだ、実生活に即したテーマが多かった。
話してくれるストーリーも、生き生きとしていて、楽しい子がもっといた。

一年の様変わりに、たじろぎつつ、頭がフリーズしないように付いていくのが精一杯。

午後、土砂降りの中、明日の会場の米沢に移動する。
ずーっと、頭が朦朧としていた。

7月25日(木)じんでなく疲れたぁ

いよいよ夏の陣、2回連続手づくり絵本講座が、酒田市立図書館で始まった。
担当者の型が頑張って募集してくださったので、31人の子どもとその保護者が集まった。
去年の定員は、15名だったから、かなりのオーバーワークになるとは想像していたが・・・

県立図書館のコンクールに出すことよりも、夏休みの宿題がこれで一つ片付けられる!
と、リキが入っている親御さんが多いと見受けられた。

t
まず、絵本の成り立ちを説明し、その後お話作りと描き方のポイントをお話する。

この講座では、アシードが開発した手づくり絵本キットを使って作ることになっているので、キットと、製本の仕方を、理事が説明する。
去年の縦長サイズに、今年はあらたに、少し大きめの横長サイズのキットも作ったので、説明がややこしくなった。
t

最後に、宿題にしてあったシーン割り表(設計図)を見ながら、完成までこぎつけるように、個々にアドバイス。
t

それにしても、親も首を傾げっぱなしの、よくそういう発想ができるよねという話が多かった。
おばけと宇宙人が友達になるとか、
行くのは、遊園地、動物園、宇宙とか
登場するのは、うさぎ、くま、ぺんぎん、きつね、きりん、ぞうが一緒とか・・・(おいおい!絵はどうやって描くの!え?)

『まず、一冊目は、モデルが身近にあるお話を絵本にしよう!
育てているもの(ペット、植物)、家族、キャンプや花火大会など特別な体験などがおすすめ!』
って、がっちり説明しているのに、なんか、言うことが届いていないんだなぁ。

地にしっかり足をつけて生活していない。
じっと物事を見つめ、発見したり、心が動いたりすることが少ない。
そんな子どもたちの日常が感じられる。

でもまあ、現状を嘆いたって始まらない。
折角子ども達が考えたお話だから、とにかく完成までこぎつけるように、相談に乗ったりアドバイスをしたり、頑張る、ひたすら頑張る。

帰宅して、ソファに座ったら、3時間も身動きできなかった。
心身ともに、じんでなく疲れた。
この後、会場を山形、米沢、新庄、鶴岡と移しながら、手づくり絵本講座夏の陣は続く。

7月18日(木)錬成会

月例、お話の技を磨く錬成会。
今日の参加は4人。
おもてなしは、ぐりとぐらのホットケーキ、新じゃが丸ごと蜂蜜煮、庄内メロンと、豪華版。

復職したり、介護で家を離れられなかったり、体調を崩したりと、フルメンバー9人が揃うことはめったにない。
家庭の主婦は、いろいろあって、しょうがないけれど、まあ無理しないでやっていこう。
 
電話も来客もない密度の濃い夜の三時間に、朗読とストーリーテリングを聞きあう。
気持ちの良いひとときが、またたくまに過ぎて行った。
次回は、お盆にかかるので、一週遅れで、8月22日(木)18時半からの予定。
手づくり茶菓付きで、会費300円です。

7月17日(水)初めての女子会

 “女子会”という言葉を聞くようになったのはいつごろからだろう。
午後から、山形のホテルで、初めて女子会に参加した。

二年前まで住んでいた山形で、いっしょに読み聞かせボランティアをした仲間、語りの会の仲間、総勢10人が誘ってくれたのだ。
おばあちゃんになっても、ボランティアは続けていきたいと思っているすてきな方々ばかり。

みんなからは、講演会の時、おはなし会の時、折に触れ、どれだけ助けてもらったかわからない。
酒田に移ってからは、仕事以外ではほとんど引きこもり状態。ましてやランチなんて一度も。
という環境だったから、久しぶりに一堂に会し、感激でうるうるとなってしまった。

和風ランチは、見た目も美しく、ちょっとづつ、たくさんの品数があって、まさに女子会にピッタリのメニューだった。
外食なんてめったにしないから、じっくり味わいたいし、でもみんなとおしゃべりもしたいし。
ミニ天丼、冷たい茶碗蒸し・・・結局、黙々食べていたんだなぁ。
帰宅してから、みんなとろくに話してなかったことに気付く。
おしゃべりしながら食べるなんてできない不器用な性格で。
ああ、折角の機会を、もったいないことした。

7月17日(水)残酷な話に関して

雨が降ったり止んだりする中、山形市の子育て支援センターの『あかちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』へ。

終わってから、あるお母さんから、質問があった。
「自分はあんまり本が好きじゃないので、せめて子どもには好きになってもらいたいと思って、読み聞かせをしているのですが、
昔話の中に、残酷な表現、例えば、ころしましたとかあると、読むのがためらわれるのですが、このまま読んでしまっていいのでしょうか?」
「ちゃんときいていますか?」
「いいえ!すぐどっかにいっちゃいます」(2歳前だそう)
「でしょう。昔話は特に、全体が理解できるようになってからでいいんですよ。
今は、とにかく、じっと見入って,集中して聞けるお話を、繰り返し読んであげて下さい」
とお答えし、昔話の残酷表現は意味のあることと解説したら、本当に胸のつかえが降りたと、何度もお礼を言って帰られた。

読み聞かせばかりでなく、初めてお母さんになった人たちは、なにからなにまで悩みは尽きない。
ささやかな悩みの一つでも解決の糸口につながる、こういう機会があることは、とても有意義だ。

願わくば、わが子への読み聞かせを通し、おかあさん自身が、子どもの時、味わう機会のなかった本の面白さに、目覚めてくれますように!

7月16日(月)成人式に

夏の成人式がらみで、お隣の三川町の社会教育委員会から選書の依頼があった。
新成人が、町の保育園に寄付する絵本だという。
なんとすばらしい企画!
大人が読んであげるのではなく、子ども達が自分で開いて楽しめる本で、とのことわりがあった。
しかも、できるだけ、“最近出版された本で、子どもに人気の本を!”だそう。
「こういう依頼なら任しといて!」
と、事務所にある本を一日で選書し、ささっとブックコートフィルムを掛け納品に行ったら、とても喜ばれた。

けれど、後から、それらの本は、成人式の当日、会場に展示されると聞かされ、思わず、うーんと、うなってしまった。
『ばけばけばけばけばけたくん』『うんちっち』『ようちえんがばけますよ』・・・
どれもこれも、子どもが喜ぶという点では自信があるのだが、町長や教育長や、お偉い方々も見るんだよね。

このあたりの大きい幼稚園でさえ、最大手の本だけ置いて、それでよしとしている現状。
絵本に情緒やメッセージ性を求める大人は、この選書をどこまで理解してくれるだろうか・・・?
「日本で有名な子どもの本の書評家お二人のおすすめから選書したと説明しておいて下さい」
と、くれぐれも念を押して帰ってきた。
何も後ろめたいことをしたわけではないのに、心にうっすら霧がかかってしまった。
どうぞ、子どもの気持ちが理解できる方々でありますように!!

7月11日(木)手づくり絵本キット横長バージョン

「こういうキットがあるんだったら、自分で絵本ができるかも!」
と、絵本つくりのきっかけになればと、去年アシードで開発した『手づくり絵本キット』。
図書館の講座や、保育園の卒園記念に使ってもらったので、200部の在庫はなくなっていた。

この月末から、また県内各地で、手づくり絵本講座が始まるのに合わせ、準備にかかる。
去年の縦長のみに加え、今年は、新たに21cm×26cmの横長サイズを作ることにした。

キット用の紙一式のお願いに、酒田市にある製本会社ウェルボンさんに出かける。
去年と同じのを横長にするだけなので、話はあっという間に終わった。
後は、専ら本にまつわる話。
「昔はよく、司書の方が、図書館で手づくり絵本講座をやっていた。今は、本に愛着を持って仕事をしている人も少なく感じられる」
本に愛着を持って仕事をし続けてきた社長さんの話し振りから、本を取り巻く状況は、総じて懐かしいものとなってきていると感じた。

キットを入れる透明袋は、かなり横長になるので、市販品では見つからなかった。
ネットでいろいろ探したら、特注で作ってくれるところが、京都に見つかった。
1000枚単位は少し多すぎるが、袋は不可欠なので、早速発注。
一週間で宅配になるという。
これもまた便利な世の中になったものだ。

7月9日(火)ぐりとぐらのかすてら

今週は珍しく、外へ出かける仕事がない。
こんな時は、ゆっくりお茶でもしようと、“ぐりとぐらのかすてら”を焼く。
あの手この手で何度か挑戦しているのだが、
まあ ふんわりときいろいかすてらが・・・
と、絵本にあるような色合いには、一度も仕上がらない。
今日も、皮肉なくらい、本物のカステラに近い焼き上がり色だ。
この次は、消火一歩手前、ぎりぎりの弱火にしてみよう。

夕方、配達に見えた肥料会社の社長さんにお出しした。
「懐かしい味がして、たいへんおいしい」
というコメントが返ってきた。
懐かしいかぁ。
言われてみれば、ぐりとぐらのデビューから、50年も経っているんだものねぇ。

7月6日(土)おつきゆきえさんの大人のための絵本の会

鶴岡の“子どもの読書を支える会”主催で行われたおつきさんの絵本の会に出かける。
車の都合がつかないので、余目から電車に乗ろうと思ったら、特急『いなほ』しかなかった。
一駅だけど、ちょっと旅行気分。
鶴岡駅は、山形の観光キャンペーンキャラクター『きてけろくん』だらけ。
看板やのぼり旗や、いたるところにいて出迎えてくれた。
t

おつきさんのお話は、以前、新庄市で二回聞いている。
今回は、『安心』をテーマに、
・『もけらもけら』(福音館書店刊)
・『かあさんのいす』(あかね書房刊)
・『ありがとうフォルカー先生』(岩崎書店刊)
を読んでくださった。
相変わらず、おつき節は健在。
笑わせたと思ったら、次の瞬間ぐっと泣かせる。
こころ丸ごとぽんっと、ジェットコースターに乗せられたようにめまぐるしい。
今までになく、生い立ちや人生を語ってくださった。
事実は小説よりも奇なりというけれど、涙無しでは聞けない話もあって、絵本が霞むほど。
どんなにか、絵本に助けられた人生だったのだろう。
それが、充分しのばれるひとときだった。

7月3日(水)やっぱり見たいかこさとし

月例保育園読み聞かせの日。
予告していた『からすのやおやさん』が用意できなかったので、三浦太郎さんの新刊、
『おおきなおひめさ』(偕成社刊)を見せたら、女の子たちが一斉に、
「みた~い!」
と、声を上げた。
葉っぱに乗るほど小さかったおひめさまが、どんどんとんでもなく大きくなっていくお話に、最後まで静まり返って聞いてくれた。
そして、
「おもしろかった。この次は、『からすのパンやさん』の続きの本お願いね!」
「はい、忘れずに!」
シリーズがあると聞くと、全部制覇したい子どもたちです。

読み聞かせの後は、県立図書館で手づくり絵本コンクールの打ち合わせ。
遊学館一階ロビーに、二年分の最優秀作品が展示されていた。
担当の方が、それぞれの作品にあったカラフルなマットを切って、センス良く並べて下さった。
明るく温かな雰囲気がかもし出されていて、思わず足を止めたい空間になっていた。
今日は、珍しくお昼前に仕事が済んだ。
千載一遇のチャンス。
帰り道、かなり遠回りして、大石田の次年子にある蕎麦屋へ行く。
t

山形市から一時間半ほど、かなりの山の中で、あたりに人家は見えない。
雨降り、平日、午後一時半も回ったというのに、次々お客が見える。
去年は確か紅葉前の週末のお昼時で、並ぶ人が道路まではみ出していたっけ。
メニューは蕎麦のみだが、なんといっても1050円で食べ放題は、なによりの魅力。

7月2日(火)絶版にしない本

“本物の絵本”として、長年紹介し続けてきた木葉井悦子さんの『カボチャありがとう』(架空社刊)
読み聞かせ講座の時、自分の信念を貫き通して亡くなった日本画家木葉井さんの遺作であることや、
読み聞かせした時の子ども達の反応などお話したら、購入希望の方が何人かいらした。
来週学校で読みたいという人もいて、急ぐ模様。
すぐに、ネットで注文してあげようと思ったら,一時品切れという表示が出た。
まさか絶版!?
あわてて出版社に問い合わせたら、電話口に社長さんが出られた。
木葉井さんに直接お目にかかったことはないが、インタビュー記事や書評等でかなり出会っていたので、話がはずむ。
在庫は、500~600あるとのこと。
「いい作品なので、これからも、絶対絶版にしません」
って、社長さんは言い切って下さった。
そして翌日、出版社から直接、本が届いた。
よかった。
『カボチャありがとう』これからも、事あるごとに、広めていくぞ!

7月1日(月)あかちゃんとお母さんの読み聞かせ教室

赤ちゃんたちがとても落ち着いているので、読み聞かせと絵本のレクチャーがスムースにいき、
30分がまたたくまに経過。話すだけ話した後、わらべうたを20分ほどして、終了。
今日は、一組夫婦での参加があった。
お父さんは、わらべうたも一緒にしっかり歌ってくれて、なかなかいい感じ。
お母さんは終始ニコニコ顔。
もちろん、あかちゃんも!

6月30日(日)鈴木まもるさん講演会in中山町

中山町立図書館ほんわ館主催の、鈴木まもるさん講演会で、本の販売をするため出かけた。
広報活動から当日まで、二週間しかなかったので、人の入りがかなり心配だった。
しかし、当日は、会場の多目的室に、子どもも入れて、ちょうどよい具合の人が集まった。

鈴木さんとは、去年の西川町依頼の再会だ。
原画展やら講演会やらで、夏は特に忙しいとか。
お疲れのはずにもかかわらず、講演時間をオーバーするほど気合を入れてくださった。
サイン会もいい雰囲気の中で終わり、参加者は、大満足を告げて帰られた。
講演の後ということで、やはり、鳥と鳥の巣の絵本が率先して売り切れた。
鈴木さんは、12月、新庄市での講演が決まっている。

6月29日(土)読み聞かせ講座inゆめりあ

県の生涯学習センター主催の読み聞かせ講座で講師の日。
今年は、名乗りを上げて下さった最上地区が会場となる。
県内で唯一、学校読み聞かせ連絡会あって、しかも、教育事務所が事務局になっている。

今回は、最上だけでなく、遠くは、お隣の宮城県からの参加もあった。
60歳くらいのその男性は、休憩時間に、
「山形は、読み聞かせ活動が、ずいぶん進んでいるんですね!」
と、わざわざ声をかけていかれた。
みんなのニーズをくみ取って、学ぶ機会をたくさん作ってくれる。
山形は、そういうところがあって、ボランティアも子どもたちも、幸せだ。

6月28日(金)やるせない話

県内のある市での話。
5年契約の学校の図書パートが、一方的に、三年で切られたという。
全ての小学校で。

図書館の仕事は専門職だから、一人前になるには、時間がかかる。
やっと仕事の全貌を見渡せるようになって、
「さあこれからいい仕事ができるぞ!」
と言う時になって、当該者の悔しさはいかばかりか。
人が変われば、図書館運営も振り出しに戻ってしまう。
現場の混乱も甚だしいはず。
学校司書の完全配置のため、長いこと粘り強く戦っている人たちがいる一方、
こんな話が、県内のあちこちで聞かれる現実。

6月22日(土)23日(日)『鶴岡は読書のまち』セミナー

“『読書のまち鶴岡』宣言をすすめる会”からのご案内があって出かけていく。
基調提案、学校や家での読書のかかわりの実践報告、講演会などの内容。
で、『家読はたのしい』と題した講師の結論は、
・トップダウン(知事や市長を巻き込む)
・近隣の市町村、果ては県までも広げる
この不可欠要素二点だけでも、道のりは遠そう。

講師の話の中に矛盾が一つ。
「全国一斉学力テストの成績と朝読の普及率は、正比例の結果がでた」
と言いつつも、朝読の内容は、
「内容が全くなっていない」
と発言。どう解釈すれば?
あと、質問したかったこと。
最近韓国が学力世界一になったそうだが、その原動力はなんだったのか?
ちなみに、前の世界一フィンランドでは、お父さんの読み聞かせが大きく貢献していたのだそう。

参加者が少ないせいで、最後列にいると、人の動向が、いやでも目に付く。
20人もしかいない会議室で、東京からの講師の話に、舟こぐなんて・・・
よどんだ空気の中で、全く別の思いが、頭をよぎっていた。

「読み聞かせしているのに、本好きにならないのは、
もしかして、夜寝る前の読み聞かせに遠因があるのではなかろうか・・・?
体も頭も休もうとしているモードの時に、読み聞かせするのはどうなの・・・?
親だって、子より早く瞼が塞がるくらいだから、本のメッセージを伝えるなんて、とてもじゃない。
早く寝ないかなぁって思って読んでいたら、本のメッセージは、子にもそうに伝わるだろうし・・・
夜寝る前は、心のメンティナンス時間なのに、頭脳労働の読み聞かせに充てたのは、果たして・・・?
人の頭が最も活性化するのは、朝食後2時間ぐらいだそう。
その時間に無理なく読み聞かせする環境を作れればね。
読書推進の効果も違ってくるのじゃなかろうか・・・!」

と、何がおかげかわからないが、ふだん考えないことを煮詰めて考えたひととき。
この先、鶴岡がどのような経過をたどって、『読書のまち鶴岡』を宣言するのか、見守っていこう。

6月19日(水)わらべうたの力

月例山形方面子育て支援センター絵本教室、ダブルヘッダーの日。
台風余波の大雨で、K支援センターは、お客がゼロにつき、急遽、一歳児さんのお部屋で出前読み聞かせとわらべうたの会をすることに。
事前リサーチで、『もこもこもこ』(文研出版刊)が好きだと言うので、スタッフからそれをお借りし、子ども達の前へ。
好きというだけあって、確かに良く聞くけれど、見知らぬ人に、表情が固い。
続けて二冊目、『ぷくちゃんのすてきなぱんつ』(アリス館刊)。
おかあさん向けの本なので、案の定、飽きられた。 
遠慮しない年令は、我慢しても聞くということがないから、わかりやすくて、かえっていい。
気分転換に、さっとわらべうたに切り替える。
『ぽっつんぽつぽつあめがふる』『てってのねずみ』『いっぽんばしこちょこちょ』                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
なじむまで繰り返し、子ども達の顔が和らいだところで、更に絵本をもう一冊。
『なーらんだ』(こぐま社刊)を読む。子ども達の気持ちが、すとんと本の中に入り込んできた。
30分経ち、さよならの時には、後追いして、玄関まで来てくれた。
わらべうたは、短時間で、人間関係をほぐしてくれる心強い味方だ。

場所を移して、T支援センターで第二ラウンド。
天気が悪くても、一時間時間が遅れると、お母さん達の出足もいいようで、7組の親子が参加。
紙芝居一つと、絵本三冊。絵本についてのレクチャーをして、45分くらいで終了。
一人のお母さんが、
「なかなかお気に入りの絵本が一冊も見つからないので、いいんでしょうか?」
と質問してきた。聞けば7ヶ月とか。
「まだまだ、これからです。全く心配はいりません。反応は出しませんが、落ちいついて見て聞いていれば、いろいろ吸収しています。
今は、言葉や絵を取り込むのにひたすら集中している時期と思って、気長に付き合ってくださいね」
と、お答えしておいた。
あかちゃんの顔だけに一喜一憂しないで、お母さんも自分の感覚で絵本の世界を楽しんでほしいな。

6月16日(日)お父さんとあかちゃんの読み聞かせ教室

酒田市立図書館主催、父の日の特別事業です。
あかちゃんを連れての参加で、月例は、7ヶ月から~10ヶ月。

夫婦でいらっしゃる方、お母さんとあかちゃんのみの方、いろいろ。
中に、たった一人で、あかちゃんをベビーカーに乗せてきたお父さんがいた。
貴重です!
思わず見入ってしまった。
時々、あかちゃんを持ち上げて、鼻先に持ってきて、オムツのにおいをかぐ仕草も、とてもほほえましい。
「がんばれ!!お父さん」
と、心の中で、思わずから声援を送っていた。

一体、今日参加されたお父さんは、あかちゃんの扱いも堂に入ったもの。
こういうお父さんが増えてくれると、日本の未来も明るいのになあ。

絵本の読み聞かせの仕方、絵本の紹介、読み聞かせの実演をした後、お父さんができる簡単なスキンシップ遊びも、少し覚えてもらう。
もう、あかちゃんは、きゃっきゃ言って、喜んでいた。

正味一時間で、
「子どもが持ってきた本を、ただ読んであげるだけで、いいお父さんでいられます」
で締めくくって、終了。
皆さん、なごやかな雰囲気に、立ち去りがたかったようで、しばらく歓談して帰られた。

もっとあちこちでできないかなぁ。
おとうさんの読み聞かせ教室。

6月15日(土)おとうさんの読み聞かせ講話

山形市の南山形幼稚園は、絵本による教育に力を入れている。
4年位前、父の日参観日に、『おとうさんの読み聞かせ入門』の講話をして、とても評判だった。
あれから、PTAも代替わりもしているし、ということで、今日の日となった。

幼稚園から依頼されたのは、
・絵本の大切さ
・読み聞かせの大切さ
・母親とはまたひと味異なる父親向けの内容で
ということで、総勢216名のお父さんがたを前に、80分のお話。
t
まず、最初に、子どもを本嫌いにするあれこれを説明し
(実はこれ、おかあさんがやっていることが多い・・・)
お父さんは、その逆で行こう!と口火を切る。

その後は、実演をたくさん入れて、
○最近子どもに人気の本
○理想の父親を楽しむ本
○お父さんに読んでもらった方が楽しい本
○人生を教える本
を紹介。
t
最後に、絵本の読み聞かせは、
・一番大好きな人と一緒、何でもでき、どこへでも行ける、何にも変えがたい幸せな魔法の時間
・言葉、世の中、人生を親の口から教えられる、密度の濃い時間を過ごせるひととき
・小さな積み重ねが、子ども時代の幸せな記憶を作る
どうか、その時間をお父さんの手で作ってあげてください。
と、お願いして締めくくった。

終了後、副園長から、
「寝ている人もいなくて、みんな真剣に聞いていました!」
また、PTA副会長さんからも、
「一人目はちゃんと読んでいたんだけれど、最近疎遠になっていたので、今晩から復活しようと思いました!」
というコメントをいただいた。
今日をきっかけに、読み聞かせに目覚めてくれるお父さんが増えてくれるとうれしいな。

6月12日(水)司書さんの実践読み聞かせ講座in天童市立図書館

本来、読み聞かせは、本を薦める手段として、司書の業務になっている。
が、実際、司書が読み聞かせを行っているところは少ないようだ。
基本技術、本の選び方をレクチャーしたら、お約束の90分が過ぎてしまった。
更に、
「実演も見てください!」
ということで、一人一人から、読んでいただく。

人前で読むのは初めての方ばかりとのこと。
緊張は感じられたが、お人柄が反映した温かな雰囲気で、なかなかよかった。
司書さんのおはなし会が、軌道に乗る日は近いと思う。

6月12日(水)かこさとし再度

山形市の二つの保育園で、絵本の読み聞かせをする日。

5歳児さんのクラスで、先月『からすのおかしやさん』を読み、好評だった。
今回は第二弾、『からすのおそばやさん』に挑戦。

相変わらず文章量も、登場人物も多い。
さらに、“おそばやさん”で、内容も渋く。ハードルが高そうな予感。
案の定、途中、“おかしや”よりは、集中の度合いが・・・と、不安を感じ始めた頃!
「ピーポー ピーポー ピーポー」
きゅうきゅうしゃ登場で、子ども達の集中力が、一気に引き戻される。
さすが、かこさとし!!今回も15分をクリア。

で、
「続きはあるの?」
ときた。
「もちろん!」
ということで、来月も、かこさとしです。
まだ、“やおや”と“てんぷらや”が残っている。
結局、4冊全部読むことになるんだろうな。

6月3日(月)おやこ読み聞かせ教室

申し込みを受けた時点で、二件質問が寄せられた。

Q.読み聞かせに適した時間帯はありますか。

A.理想は、赤ちゃんの頭が一番働く午前中です。
寝る前は、脳に刺激を与えると、と興奮して寝付けなくなるので、ほどほどに。

Q.0才、2~3才くらいの子どもにはどのような本を選べばよいですか。

A.とにかく、赤ちゃんが好きなものがでてくる本。たべもの、どうぶつ、のりものなど。
何がヒットするかは、個人差があるので、図書館からいろいろ借りて、読んであげて、
気に入る本が見つかったら、購入することをおすすめします。

6月1日(土)読み聞かせ講座in天童市立図書館

小学校で、読み聞かせをする人たちを増やしたいということで、依頼があった。
新しく読み聞かせをする人たちは増えているのに、なかなか学ぶ機会が不足しているらしい。
今回も、上山市や米沢市からの参加があった。
全くの初心者が三分の一、10年以上の方が、三分の一という構成。
こちらの言うことに、ニコニコと頷いているのは、リピーターだなぁ。
すぐわかるというか・・・
「えっ!初めて聞くぞ」
みたいな真顔なりアクションがないと、まずいんじゃないの。
時代はどんどん進んでいるし、子ども達も変わってきているから。
新しい情報、新しい技術もっともっと仕入れないと!と痛感させられた今回。

5月25日(火)読み聞かせ講座での質問

酒田市立図書館主催の連続読み聞かせ講座の二回目が終了した。
なるべく皆さんの悩みを解決できる講座にしたいと、毎回質問用紙を配り、講座内で答えるようにしてきた。
今年は、障害児に読み聞かせしている方や、子育て支援サイドで読み聞かせしている方の参加が目立ち、そのサイドでの質問が寄せられた。
読み聞かせが、学校から外へ外へと、広がりを見せているようだ。

Q.児童ディサービスに勤めていた時に、障害児の集団読み聞かせをしたところ
みんな見てくれず、どうすれば見てくれるのかと思っていました。
一人一人に読んであげるのも難しく何か良い方法はないでしょうか?

A.基本的に、集団読み聞かせは、成り立ちません。興味関心がピンポイントでバラバラ。
共感し会うのも難しいからです。
ただし、一対一の読み聞かせなら、かなりの効果が期待できます。
気に入った本で、細やかに対応してください。

Q.現在は親子の来所相談をしていますが、親子と1対1の読み聞かせで良いやり方はありますか?

A.「こういう本を、こんなふうに読み聞かせするといいですよ」みたいな、お手本になるように、お母さんを意識してやるといいです。
結局、赤ちゃんにとって一番いいのは、身近なおかあさんから、赤ちゃんの大好きな本を、好きなときに好きなだけ読んでもらうことなのですから。

5月8日(水)かこさとしさん最強

第一水曜は、山形市の二つの保育園の読み聞かせの日。
年長組みに、いつもは相方のIさんと入っているが、今日は都合で私一人。
子ども達は、
「えーっ!なんで今日は一人なの?」
と、軽い失望感をあらわにする。
そう、Iさんは、いつもお化けや怖い本担当で、子ども達はいつもそれを楽しみにしている。
「大丈夫!お化けの本持ってきたから」と、
『ばけばけばけばけばけたくん』(大日本図書)
をチラッと見せると、
「なら、いいや」
ですって。

いやいや、今日のメインは、かこさとしさんの『からすのおかしやさん』(偕成社)
いまだ現役の『からすのパンやさん』の、40年ぶりにでた続編だ。
これはすぐに読んで見なけりゃーと、

「みんな、『からすのぱんやさん』は知ってるかな?」
「知ってる~だぁいすき!!」

という気持ちを確認したうえで、表紙を開く。
途端に、子ども達が、シーンと固まって、いきなりお話に入り込んだ。
途中、ケーキが満載のページで、
「おいしそう」
とつぶやく子が、わずかにいたけれど、とにかくひたすらシーン。
子ども達が、本気で見たいと思う本は、子ども達を静かにさせるんですよ。

話しは長い。絵が込入っている。登場人物も多い。
と言うことからすれば、集団読み聞かせからは、はずされそうな本だけれど、これは例外中の例外。

そして、長くたって文章が、とてもうまいの。
文末が、「やがてー」「つぎのひにはー」「そんなこんなでー」
というように、次のページに期待させて、話を引っぱっていく手法はお見事。

そんなわけで、読み手も、子ども達も大満足の『からすのおかしやさん』だった。
このあと、『からすのおそばやさん』『からすのてんぷらやさん』『からすのやおやさん』と、
続くので、読むのが楽しみだなぁ。

5月7日(月)今年度はじめての

酒田市立図書館主催の『赤ちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』。
今年で、めでたく3年目に入ったので、新たにテキストも作ってみた。
図書館が、カラー印刷して下さって、なかなかいい感じにしあがった。

定員10組のところ、3組キャンセル、飛び入り3組で、第一回目から満員御礼となる。
今日は特に、赤ちゃんたちが落ち着いている。
ほとんどが、お母さんのお膝か、傍でじっとしている。
こちらが、読み聞かせの実演をしたり、話したりすると、じっと見て、聞き耳を立てている。
このまとまり具合はすごい。
今までになかったくらいだ。
酒田市のブックスタート事業も3年目に入った。
着々と成果が出ていると、今日ほど実感したことはない。
質問が一つあった。
「前回、お父さんからも読んでもらいましょう、と言われたので、夜寝る前に読んでいるのですが、寝る前は良くないですか?」

回答です。
絵本を読んでもらうと、赤ちゃんの頭は覚醒してしまい、寝なくなるということがある。
できれば、お父さんがお休みの日中の読んでもらうのが理想。
でも、時間が取れなければ、仕方ない。
夜でも、読まないよりはずっといい。
あまり興奮させないよう、ゆったり安心して眠れるよう配慮して下さい。

5月3日(金)リスト作り

春は、図書館の読み聞かせ講座が続く。
ゴールデンウィークも返上して、おすすめ絵本のリスト作り。
まず、紙媒体、ネット、いろんな情報を集める。
もちろん、人からの情報も、重要視。
使えそうな本を仕入れ、片っ端から、声にして読む、読む、読む。
なるべく新しいもの。
今まで埋もれていたもの。
そして、何よりも、子どもの心をワクワクさせられるもの。
子どもたち、ボランティア、待っている人たちのことを思いながら、作業は続く。
t

4月26日(金)テキスト完成

酒田市立図書館の、月例『あかちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』のテキストがやっとできた。

・絵本の前に大事なこと
・テレビの害
・選び方とおすすめ絵本
・読んであげ方
・スキンシップ遊びとわらべうた

以上を、8ページにまとめる。
同じものを、子育て支援センターでも使えるようにした。

表紙のイラストは、絵本作家鈴木まもるさんにかいていただいた。
あったかい雰囲気がとてもいい。
しかし・・・自作のわらべうたのイラストが、なんとも情けない仕上がり。
おいおいプロに頼まなくては!
t

4月17日(水)今年度から

 山形市の、二ヶ所の子育て支援センターからの依頼で、新規事業が始まる。

午前中、乳幼児と親を対象に、絵本とわらべうたの会をすることになったのだ。
一ヶ所は、去年まで、午後の設定だったところ。
利用者の多い午前に変更し、同じ内容のものを、もう一ヶ所ダブルヘッダーで。
こちらは、できたばかりの施設で、担当者も園長先生も、熱心そう。
今年から、ちゃんとテキストを作ってのぞもう。

午後、生涯学習センターの、今年度の子どもの読書推進事業の打ち合わせ。

4月10日(水)よだれのでる本

山形市の二つの保育園での、月例おはなし会がスタート。

初めて顔を合わせる年長さん達に、本日は“イチゴづくし”。
『くまくんのバタつきパンのジャムつきパン』(福音館書店刊)は、この時期必ず読みたい絵本。
クマくんが、大きなフランスパンを買って、イチゴジャムを作り、お友だちと食べるかわいい話。
小さいし、話は長いが、子どもの気持ちに、丁寧に沿っているので、とてもよく聞く。
特に最後の、バタつきパンのジャムつきパンを、いっしょに食べるシーンは、ため息とともに、
「たべた~い!」「おいしそ~」
の声が、みんなから上がる。

あとの取り合わせは、
『こぎつねコンチといちご』(童心社)はこの時期に定番の紙芝居。
『いろいろいちご』(くもん出版)は、短いけど、意外な結末にびっくりのお話。
t
2歳から、集団読み聞かせに親しんでいる子どもたち。
とにかく、一つのお話を、みんなで、良く聞ける。
一月一回の読み聞かせでも、積み重ねの力は、間違いなく、大きい。

午後、県立図書館で、継続事業となった、手づくり絵本コンテストの打ち合わせ。

3月28日(木)レクチャー効果

M幼稚園の新園児の親に、絵本の読み聞かせについて、レクチャーしたおかげで、
去年0だったブッククラブの契約者数が、15に増えた。
結果、総契約者数が、一気に倍増した。
まずは、めでたしめでたし!

3月19日(火)棚卸

年度末行事です。
面倒くさいものは、一気に片付けないと!
と言うわけで、在庫の本を、一人が読み上げ、一人がパソコンに打ち込んでいく。
午前午後ガンガンやって、一日で終了。
今年は、不良在庫が、去年より少し増えたようよ。

3月13日(水)今年度最後

月例、山形市で行っている保育園のおはなし会が、今年度の最終日。
私の担当は、年長組。
聞く態度も、再後の挨拶も立派。
感謝のプレートもいただいた。
t
「もう小学校にいっても大丈夫だね!」
そう言ったら、返ってきた子ども達の誇らしそうな顔が、まぶしく見えた。
たった一年でも、子どもの成長ってすごい。
そんな貴重な時間につき合わせてもらって、ありがとう。

3月8日(金)再会

花巻市立図書館へ、講師として紹介したのがきっかけで、絵本作家長野ヒデ子さんと、再会した。
かつて、山形市、上山市、舟形町、川西町とご一緒しているが、何年ぶりだろう。
もう、思い出せないくらい、記憶の中では、ごちゃごちゃだ。

今回、大沢温泉にご一緒させてもらった。
昨日まで会っていたみたいに、なんでもかんでも、話がはずんで楽しい。
相変わらず、好奇心旺盛で、宿の五つの内湯と露天風呂を、全て制覇された。

そして、新たに、長野さんの記憶力が抜群ということもわかった。
(昔、落款印を引き受けたことなんて、すっかり忘れていた・・・とほほ)

3月4日(月)今年度最後

酒田市立図書館主催月例『あかちゃんとお母さんの読み聞かせ教室』
今日が今年度の最終日。
二年が経過し、事業もすっかり定着した。
いつもながら、リピーターもちらほら。
ブックスタートから、読み聞かせ教室へ。
更に図書館のおはなし会、図書館利用へと、子どもの読書推進事業は、繋がっていく。
来年度も継続事業となったとのことで、まずはよかった。

2月28日(木)ブッククラブ展示会

毎月一冊ずつ、園から家へ絵本を持って帰れる『ブッククラブ』
山形市のM幼稚園で始まったのは、今から6年前。
絵本に力を入れていることを、園の特徴としたいということで、依頼を受けた。
以来、年齢別おすすめコースを作ったり、オリジナルで選べるようにしたり。
いろいろ試行錯誤してきたが、契約者は右肩下がり。
去年は、新園児の親に、レクチャーする時間がなかったことがたたって採算ラインぎりぎり。
今年こそは、なんとかせねばと、思い切って、先行投資。
t
パンフレットをカラーにしてみた。
単純計算で、印刷代だけでも、5倍!

あと、新園児の親に、体験入園の時、レクチャーの時間を確保してもらった。
読み聞かせの必要性、読んであげ方、おすすめ絵本について。
30分だが、これがあると無しでは大違い。
去年は、これがなかったために、新園児の契約がゼロと、かつてない苦杯をなめた。
t
今日は、第一回目の展示会。
アシードでは、会場に詰めて、アドバイスや説明をし、選書の手助け。
親子が、30分ほどかけて、展示した本を手にとって、12冊選ぶ。
年令ごとの基本コースは、読み継がれたおなじみの本。
それが気に入らない場合は、取り替えリストの40冊から自由に替えられる。
取り替え用は、比較的出版年度の新しい人気の本を集めてある。
たまに全取替えの人もいる。
また、取り替えの結果から、人気の本も見えてきて、なかなか興味深い。
日にちをあけて、年中、年少の展示会と続く。

2月21日(木)小学校のおはなし会

去年度、1,2年生に一年間読み聞かせに行った酒田市のH小学校から、おはなし会を頼まれた。
この時期恒例の地吹雪に見舞われ、道を見失って、遠回りして学校に着いた。

ほぼ一年ぶりの再会。
毎回拍手で迎えてくれた子ども達。
見覚えのある顔、顔、顔。
子どもの成長は早い。
みんな頭一つ大きくなったように見える。

2時間目、1、2年生。3時間目3,4年生。
「子どもたちは、本当に楽しみに待っていて、この日を励みに、テストも頑張らせたんです」
とは、担任の弁。

3,4年生の教室から出ようとすると、一人の男の子が、ささっとやって来た。
「今日は、“おしまいの話”やらなかったね」
にっこり笑って言う。
そういえば、去年も全校読書の日、一回だけ聞かせたエンディングのお話だ。
たった一回だけど、しっかり覚えていてくれた。
それを告げに来てくれたことに、ホロリとなった。
つくづく、一期一会のおはなし会だと思った日。

2月16日(土)地区公民館の家庭教育講座

寒河江市のT子ども園から、PTA向けに講話を頼まれたので、出かけていく。
T子ども園は、もうかれこれ30年近く以前、二人の娘達がお世話になったところ。
10年位前に一度おはなし会を頼まれたことがあったっけ。
今回は、地区公民館から予算をつけていただいての事業。
親子に絵本と紙芝居を読んだ後、親御さんに、家庭での読み聞かせの大切さをお話した。

建物も何もかも、そのまんま古びて、30年が過ぎた感じ。
園長夫人の、ピアノを弾いて歌う姿は、昔とちっとも変わらない。
精神の強さを感じた。

2月5日(火)まずは現状を

山形県子ども読書活動推進フォーラムが、山形市のビッグウィングで開催された。
ここに行けば、県内の現状が垣間見られるだろう。
そんな期待を抱いて、雪のこの時期に、重い腰を上げ、出かけていく。

実は、このフォーラムの中に、県立図書館の手づくり絵本コンクールの表彰式が組み込まれていて、
そのサイドからの招待状をいただいていたということもあった。

午前中は、文科省の教科調査官の方の『本が大好きな子どもを育てるために』という講演。

午後は『自ら本を手にする子どもを育てるために』というシンポジウム。
中学校校長と公立図書館長とPTA母親委員長がシンポジスト。

その後、一時間ずつの研修Ⅰ、Ⅱ。
読書の動機付け、図書館改装、授業の取り組みなど、主に学校の取り組みが紹介された。

受付で戴いた資料が多くて、目を通すのが大変だった。
それと、シンポジウムも研修も、短い時間に盛り込みすぎ。
発表者が、時間がないのを気にして焦るので、聞いていて尻切れトンボの感が否めない。

(NHKセミナーの、ビジネスにおける話し方で、しごかれたことを思い出す。
ポイントを抑えて話すには、まず大見出しを伝え、その後、項目に分けて解説していく。
まさに、こういう時間がない時のスキルだ。)

本が大好きな、自ら手にする子にするためには??
それぞれが、それぞれの現場で努力しているのだろうが・・・。
なかなか見えてくるものがない。

そんな中で、はっきり感じたのは、やはり学校に入ってからでは、遅すぎるということ。
どうしたって、乳幼児期に、本に親しみ、好きになっておく必要がある。
分析も解釈も抜きにして、純粋に本を楽しむ経験をたくさん積んで。

そしたら、好きな本を山ほど読んで身につけた読書力で、読まねばならない本も読みこなせるようになっているはずだ。

乳幼児の読書推進、更に身を入れて、がんばろう!
と、改めて強く感じて帰ってきた。

2月1日(金) バスクリン『おふろっていいな!おはなし会』

この時期にしては奇跡的な晴天に恵まれた一日。
JPIC(出版文化産業振興財団)から、読書アドバイザーにおはなし会の依頼がきて、山形に。
全国の園児に、お話を通し、お風呂の楽しさを伝える目的の、入浴剤メーカーバスクリンの浴育啓発事業だという。
一県一回で、山形は、29回目。

複数の出演者でという依頼だったので、いつも保育園おはなし会で、
チームを組んでいるベテランMさんにパートナーをお願いする。

場所は、いつも絵本のイベントで会場をお借りしているなごみの里地域交流ホール。
対象は、H保育園の年長と年中の子ども達58名。

“心も体もぽっかぽか”をテーマに、組んだプログラムは、
○絵本『はーい』宮西達也作(アリス館)
○紙芝居『いいものなんだ?』山末やすえ脚本 相野谷由起絵(童心社)
○わらべうた『どっちんかっちんふろやのこ』
○絵本『おふろでぽっかぽか』山本省三作(講談社)
○パネルシアター『おふろだいすき』
○絵本『たんじょうびのおくりもの』ブルーノ・ムナリ作 谷川俊太郎訳(フレーベル館)
t

おはなし会が始まる前、
『カラスがなきます、スズメがなきます』
の手遊びで、ちょっと子ども達の模様を見る。
まあ!あらん限りの声と、はちきれんばかりのパフォーマンス。
何と子どもらしい、元気のいい反応でしょ。

オープニングは、意識を読み手に向け、気持ちを一つにまとめる『はーい』で。
前半に、しっとり聞きたい紙芝居と絵本を持ってきた。
思った以上にシーンと静かに聞き入っている。
等身大の主人公に共感して、お話に入り込んでいるのが感じられる。
t
反面、パネルシアターとわらべうたは、大いに盛り上がった。
聞くところは聞くし、盛り上がるところは、思いっきり盛り上がるし。
メリハリがある反応で、なかなか気持ちよかった。
t

最後に、子ども全員に、絵本とバスクリンのプレゼントがあって、賑やかに終了した。
こういう形で、子どもの読書推進事業に貢献する企業が、どんどん増えればいいのになぁ。

1月24日(木)遅ればせながら

アシードを設立した時、ゆくゆくは公益法人を目指すという計画だった。
春になれば、起業して早や三年目に入る。
ただただ横ばいといったところ。

“三日三月三年”
“石の上にも三年”
いろいろな言葉がある。
要するに三年目って、大事だってことだ。

遅ればせながら、アシードも、三年目を勝負時にしよう。
冬場の比較的時間に余裕のあるうちに、公益法人への移行の段取りに取り掛かからねば。
しかし、申請書をダウンロードして印刷するだけで、40ページ以上。
書類作成を専門家に依頼すると、さっと10万は取られるそうな。
ここは何としても、自力で頑張らなければ。

1月9日(水) 予行演習

JPICからおはなし会の依頼があった。
食育ならぬ浴育がテーマだそう。
二月初め、山形市の保育園で、バスクリン「おふろっていいな!おはなし会」をすることになった。
で、山本省三作『おふろでぽっかぽか』(講談社刊)が必須課題。
プログラム考えていて、あらっと、気付く。
こういう日常生活や家族愛を扱ったものって、私は、よくよく読んでいなかったのね。

確かに、本の中の、非日常に惹かれる傾向にはあるなぁ。
子どもだって、非日常だから面白がると思っていたし。

読んだことのないタイプの本は、子どもの反応も予測がつかない。
というわけで、本日、山形の二箇所の保育園のおはなし会で、予行演習してみる。
ちょうど、相方がお休みで、まるまる30分一人で読めるチャンス。

「ちょうど、みんなと同じくらいの女の子、さなちゃんのおはなしよ」
と、読む前に、一言説明すると、子どもたちの間に、
「さなちゃん、さなちゃん・・・」
という言葉が、さざ波のように広がっていく。
これで掴みOK。
子どもたちは、一瞬でさなちゃんになった。

呼んでいる最中に、笑いが広がったところ。
お父さんがワニの真似をするシーン。
泡ぶくで、親子ゴリラになったシーン。
シャンプーでうさぎに変身したシーン。

ほらね!やっぱり。
子どもが喜ぶのは、日常ではありえない光景。

終わってから、二園とも、子どもたちは、
「あー、おもしろかった!」
と言ってくれた。
予想以上の反応だった。

日常の中に非日常が交差するお話は、身近で理解しやすく、だから、大人が思う以上に、おもしろいのかも。
やっぱり読んでみなければ、子どもの反応はわからない。

1月7日(月) 取材

月例『あかちゃんとおかあさんの読み聞かせ教室』の日。
事前に、大手新聞の記者さんから、取材の申し込みがあった。
図書館の事業についてだろうと、軽い気持ちでokしておいたのだが、
その場になって、取材目的が、私個人と聞いて、いささかうろたえた。
言いたいことを予習しないで取材を受け、いつも後悔ばかりしてきたから。
いきなり質問だから、答えるのだって、出たとこ勝負。
ああいえばよかった・・・言い足りなかった・・・と、いつも後味が悪い。

しかし、
ありがたいことに、今日の親子は、とても落ち着いていた。
時間内に、思っていることの大半を伝えられ、首尾よく終了。

その後、記者さんから、更に45分ほど取材を受ける。
子育て中のお母さん達に伝えたいメッセージ、現在の事業に関わったきっかけなど。
次々に出された質問も、何とかクリアできた。
記者さんが、絵本と絵本作家に造詣の深い人でなかったら、こううまくはいかなかった。

後は、どんな仕上がりの記事になっているかだけれど。
まあ、いいや。
新聞は、多分見ないだろうし。
言いたいことは、全部言ったのだから。
(でも、苦手だなぁ、取材。)

25年1月1日(火) 元旦

あけましておめでとうございます。
『石の上にも三年』と言いますが、アシードも、早や3年目に突入です。
相変わらず、不安定要素はついてまわりそうです。
でも、めげずに、チャレンジ精神は持ち続けていこうと思っています。
本年もどうぞよろしくお願いします。
t